仲良くなりたい人と仲良くなるには?同性と異性別に親しくなる方法を解説!

ひと目見ただけで「絶対に仲良くなれる!」と感じる友人っていますよね。そこで今記事では、仲良くなりたい人と実際に仲良くなる方法を同性・異性別に解説していきます。また、相手から仲良くなりたいと思ってもらえる方法もレクチャーしますので、人間関係の構築に役立ててくださいね。

仲良くなりたい人と距離を縮めたい方へ。

仲良くなりたい人と仲良くなる方法

自分と共通点のある人を見つけると、「仲良くなりたい!」「友達になりたい!」と思いますよね。ですが接点がなくてどうすれば良いか分からないという方も多いでしょう。

どれだけ相手のことが気になっていても、あなたの方から行動を起こさなければいつまでも話せません。

この記事では、同性、異性に分けて気になる人と仲良くなる方法を解説。仲良くなりたいと思われる人になる方法についても紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。


【同性・異性別】仲良くなりたい人と実際に仲良くなる方法は?

気になる人がいても、チャンスを待っているだけでは友達になれません。仲良くなるために最も大切なのは、あなたからの積極的なアプローチ

ここからは、仲良くなりたい人を同性、異性に分け、実際に仲良くなる方法を解説していきます。


「同性」と仲良くなる方法とは

同性の人とは異性以上に話す機会が多いため、今は接点がなくてもいつの間にか仲良くなれるかもしれません。しかし、気になる人が別の仲良しグループに属していたりすると、話す機会は激減。

放っていれば、話すチャンスが無くなります。ここからは、同性の人と仲良くなる方法を紹介しますので、参考にしてくださいね。


同性の場合1. 積極的に話しかけて、相手との共通点を探す

趣味が同じだったり、境遇が同じだったりと、何かあなたと相手との間に共通点があれば、相手との心の距離が一気に迫るチャンスです。

しかし、仲良くなりたい人のことをあまり知らず、何が共通点なのか分からないという方も多いはず。まずは相手と自分の共通点を探すため、あなたの方から積極的に話かけてみましょう。


同性の場合2. 相手に趣味がある場合、趣味について教えてと頼んでみる

友達になりたい人の趣味について、周りの人から聞いたことがある人もいるでしょう。趣味を知っていれば、あなたの方から「趣味について詳しく教えて」と頼み、聞き上手なあなたの存在を積極的にアピールするのがおすすめ。

男性でも女性でも、自分の好きなことについて興味を持ってくれる人には好感を持ちます。あまり接点のない人でも、趣味をきっかけに話しかけるようにしましょう。


同性の場合3. 話を聞く時はリアクションを大きく、楽しんでいることを伝える

仲良くなりたい人と話すチャンスがあれば、それを最大限活かさない手はありません。多くの人にとって、自分の話を聞いてくれる人は大切な存在。

「話を聞いているよ」というメッセージを伝えるため、友達になりたい人と話すときはリアクションをなるべく大きくしましょう。

また、「あなたと話して良かった」など、相手との会話を楽しんでいることを言葉で伝えるのも効果的です。


同性の場合4. 会話が盛り上がるようになったら、食事や飲みに誘ってみる

あなたの方から相手に話しかけているうちに、だんだん共通の話題が増え、会話が盛り上がるようになってきます。

ある程度仲良くなりたい人との距離が縮んだと感じたら、食事や飲みに誘い「プライベートでも仲良くしたい」という気持ちを伝えましょう。

職場や学校以外の場所で会えばお互いいつもと違う表情を見ることになるので、二人の親密度はさらに上がります。


同性の場合5. 自分の悩みや本音を打ち明けてみる

特に同性同士の場合、お互いを信頼しあうことが親密度アップへの鍵となります。相手との心の距離がかなり縮まってきたと感じたら、あなた自身が抱える悩みや本音を打ち明けてみましょう。

男性でも女性でも、悩み相談をされれば「自分は信頼されているんだ」と感じ、嬉しい気持ちになります。

また、あなたが本音を話すことで、相手も本音を話してくれるようになるでしょう。


同性の場合6. 相手が困っている時には、できる範囲で助けてあげる

まだ友達同士と言えない関係であっても、相手のためになることをすれば、相手からの好感度は一気に上がります。仲良くなりたいと感じている相手が困っている時は、惜しみなくサポートをして相手の力になりましょう。

あなたが相手を助けてあげることで、あなたの「仲良くなりたい」という気持ちが相手に伝わります。また、相手もあなたへの感謝の気持ちから、あなたを信頼するようになるでしょう。


「異性」と仲良くなる方法とは

同性と比べ、異性とはなかなか話すきっかけが無く、「仲良くなりたいけど、接点も共通点もない」「どうすれば仲良くなれるか分からない」と悩んでいる方は多いでしょう。

特に、今まであまり異性のいない環境にいた人だと、「男性と話したことが無くて何も分からない」「女性が喜びそうな話題を全く知らない」と不安になってしまいますよね。

しかし、あなたの方から動けばチャンスはめぐってきます。ここからは、異性と友達になる方法について解説していきます。


異性の場合1. まずは接触回数をとにかく増やし、自分の印象を相手に残す

異性との交流が少なかった人にとって、異性に話しかけられるのは驚きの連続。

あなたの方から何度も話しかけると、「男性から話かけられるなんて、人生で初めてかも」「自分に話しかけてくれる女性がいるのか…」と、相手にかなり大きな印象を残せます。

積極的に話すのが苦手という方も、休憩時間中さり気なく近くの席に座ったりして、あなたの存在をアピールしていきましょう。


異性の場合2. 連絡先を聞いて、LINEやメールのやり取りをする

気になる人と友達になるため、必要なのが連絡先交換。少し会話できる程度の親密度になれば、あなたの方から相手の連絡先を聞き、仲良くなりたい気持ちをアピールしましょう。

しかし、「男性と連絡先交換してトラブルになるのが怖い」「女性の連絡先があると彼女から怒られる」といった理由で、連絡先交換を断られることもあります。

そのような時は、今以上に職場や学校などで話す機会を増やすようにしましょう。


異性の場合3. 相手の話を聞く時は、リアクションを大きくしっかりと同調してあげる

友達に自分の話を聞いてもらえると、ついつい嬉しい気持ちになりますよね。特に男性の場合、魅力的な女性から話を聞いてもらうことで自尊心が大きく満たされます。

そのため相手の話を聞くときは、いつも以上にリアクションを大きくして、相手との会話を楽しんでいることをアピールするのがおすすめ。

適度に相槌を打ったりして、相手の意見に同調するのも効果的です。

【参考記事】はこちら▽


異性の場合4. 積極的に相手の名前を呼ぶことを心がける

人は、自分の名前を何度も呼んでくれた人に好感を持ちます。名前を呼ばれるほど親近感を持ってもらいやすくなるため、仲良くなりたい人と話すときは会話の中で相手の名前を呼ぶことを心掛けましょう。

「どう思う?」だけでなく、「○○さんはどう思う?」と一言入れることで、相手からの好感度アップに繋がります。相手との会話チャンスがあれば、不自然にならない程度の頻度で相手の名前を口に出しましょう。


異性の場合5. 相手と自分との共通点の多さをアピールする

やはり自分と似た性格の人や、似た境遇の人とは会話が発展しやすいです。相手とある程度会話が出来るようになったら、あなたと相手との共通点を探し、その共通点を積極的にアピールしましょう。

男性、女性問わず「趣味一緒なんだ!」「長男or長女なんだね」と、共通点を出せば相手も話に乗って来やすくなります。

共通点が無い場合でも、職場や学校の不満について話したりして、親密度を上げていきましょう。


異性の場合6. 会話が弾むようになったら、遊びに誘う

毎日ではなくても、相手とかなり頻繁に話をする間柄になれば、親密度アップに向けて次のステージへ進みましょう。異性の場合でも、仲良くなりたい人との距離を縮めるためには、職場や学校以外の場で話すことが大切。

あなたの方から相手のスケジュールを聞き、二人で遊ぶ約束をしてみましょう。二人きりで会えば今以上に会話のチャンスが増えますので、さらに相手を知ることにも繋がります。


反対に、相手から仲良くなりたいと思われる人になる方法は?

いくらあなたが「仲良くなりたい」と思っても、相手から仲良くなりたいと思われる人でなければ、せっかく話しかけても好感を持たれません

ここからは、気になる相手に「仲良くなりたい」と思われる人になる方法について、解説しますのでぜひ参考にしてくださいね。


仲良くなる方法1. 常に笑顔を心がけ、話しかけやすい雰囲気を演出する

陰気な顔をしている人から話しかけれられても、相手が困ってしまいます。相手から仲良くなりたいと思われる人になるには、なるべく笑顔で相手と接することが大切。

話しかけやすい雰囲気さえ作っていれば、相手の方から会話を振ってくれることもあるでしょう。相手の近くにいる時は、常に笑顔でいるよう心がけましょう。


仲良くなる方法2. 相手と盛り上がる話題を数多く共有し、一緒に居て楽しい人と思ってもらう

会話を楽しめる人となら、相手も一緒にいたいと感じてくれます。仲良くなりたい人がいる時は、なるべく相手が分かるような話題を用意し、より有意義な会話を心掛けましょう。

相手が分からない話題ばかり話しても、一緒にいたいと思われる人になれません。相手の表情を見つつ、相手が興味を持ちそうな話題を話すようにしましょう。

【参考記事】はこちら▽


仲良くなる方法3. 聞き上手になり、相手が話したいと思う人を目指す

「話すのが苦手…」という人も、聞き上手な人さえいれば積極的に話してくれるかもしれません。相手が話好きなタイプではないという場合、あなたの方が聞き役となり、相手に話させるという意識で会話をするようにしましょう。

自分が気兼ねなく話せる人に対して、多くの人は好感を持ちます。相手に心地いいと思われる人になるため、ひとまず自分の話はぐっと我慢して、相手の話を聞く姿勢を取り続けてくださいね。

【参考記事】はこちら▽


仲良くなる方法4. フットワークを軽くし、誘われたら基本的に断らない

あなたと仲良くなるため、相手の方から遊びに誘ってくれることもあるでしょう。しかし、せっかくの誘いを断っていては相手の方も「実は嫌われているのかも」と感じ、あなたと距離を置いてしまいます。

相手から見て話しやすい人になるためには、基本的に誘いを断らないことが大切。内気な性格の人も、相手からの誘いにはなるべく喜んで答えるようにしましょう。


仲良くなる方法5.初対面から好印象を抱いてもらえるよう、清潔感のある身だしなみを心がける

いくらあなたが笑顔で話しかけても、あなたの身だしなみに明らかな問題があれば、常識を疑われてしまうかもしれません。

しわしわの服やボロボロの靴を身に着けていると、相手から不安に思われ、無視されることさえあります。

相手から好感を持ってもらえるよう、気になる人と話すときは、できる限り良い服装と身だしなみで臨むことが大切です。


仲良くなりたいと思ったら、自分から積極的に話しかけてみて。

どうすれば気になる人と仲良くなれるのか、悩んでいる方は多いでしょう。

同性でも異性でも、相手に仲良くなりたいと思わせるには、まずはあなたの方から積極的に話しかけることが大切。

人見知りな性格の方でも、さりげなく相手の近くにいるようにして、自分の存在をアピールしていきましょう。

あなたが笑顔を見せれば、きっと相手もあなたに好感を持ってくれるはずです。


LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事