気配り上手な女性の8つの特徴|周りに心遣いができるために必要なこととは

美しい女性やかわいい女性がいる中でも男性人気が高い「気配り上手な女性」。今記事ではそんな気配りができる女性になりたい人のために、行動や口癖といった特徴、仕事場での振る舞いを徹底レクチャーします。最後には気配り上手になる方法まで紹介するので、モテたい女性必見です!

男性人気◎!気配り上手な女性になるには?

気配りできる女性

恋愛においても仕事においても気配り上手な女性って周りから一目置かれていたり、信頼を得ている印象が強いですよね。

向上心の強い女性なら「気配り上手になる!」と目標の1つに掲げている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、気配り上手な女性に近づくための秘訣をレクチャーしていきます。仕事、恋愛、プライベートと場面に限らず応用してみて下さいね。


そもそも「気配り」とは

気配りは、“周りの人にあれこれ気を使うこと”“抜かりがないように”という意味があります。

“気配り上手”な人は、相手が欲していることを察する力を持っているのでビジネスやプライベートでも高評価を得られることが多いですね。

気配り出来る人が会社内や友人でいたら、長く付き合っていきたいと長期的な信頼関係も築きやすいでしょう。


気配りができる女性は「モテる?」

気配り上手な女性は、恋愛においても有利です。なぜなら、一々口に出さなくても察してくれるので一緒に居て安心できるから。しかも、気が効くので身近な友人にも自信を持って紹介できます。

男性が結婚相手に選ぶ条件でも“気配りが出来る女性”はよくランクインしています。結論、気配り上手はモテるので片思い中の女性から彼氏持ちの女性までぜひとも身につけておきたいですね。

【参考記事】気配りができる女性以外にもモテる女の特徴をレクチャー▽


評判が高い!気配り上手な女性の8つの特徴

気配り上手な女性の特徴

では、実際どんな女性が気配り上手なのか詳しく解説していきます。職場や周りの女友達で思い当たる人の行動を思い出しながら、チェックしてみて下さい。

【行動】・【口癖】と分けてお送りしていきます。


気配り上手な女性の3つの「行動」

まずは行動編。飲み会の時や普段のふとした会話中などで、どんな行動に気配りが現れるのでしょうか。

「言われてみれば」と思う行動ばかりかも。気配り上手な女性あるあるな行動をお送りします。


行動① 飲み会の席で“一番端”に座って誰よりも機敏に動く

飲み会や食事会は楽しむ場でもありますが、それ以上にお互いの気遣いあってこそ素敵な時間になります。

気配り上手な女性ってその場を楽しみつつも、料理を取り分けたり周りの人の空いたグラスにすぐ気づいてオーダーしたりと機敏に動きます。「お店の人なの?」ってくらいとにかく休まないんですよね。


行動② 相手が話をしている時は、じっと目を見て100%話を聞く姿勢

気配り上手な女性は、聞き上手でもあります。相手の話を遮ったり、腰を折らずに最後まで話を聞く姿勢が出来ているんですよね。しかも、表情がコロコロ変わって話し手側も「もっと話したい」と自然と導かれていきます。

「相手は今どんな気持ちで話してるんだろう?」と気持ちに寄り添いながら話を聞いているので、“大きいリアクション”や“的確なタイミングで相槌”が自然と出てくるのでしょう。

【参考記事】聞き上手な女性になりたい方はこちらをチェック!▽


行動③ 遊びでも仕事関連の連絡でも前日に必ずリマインドをする

デートの前日や仕事関連のリマインドの言葉1つでも気配りな女性は、他の女性と一線を画します。

「明日の打ち合わせ宜しくお願い致します。貴重な時間ありがとうございます。」とか、「明日のデート楽しみで夜寝れない!」という一言をサラッと言葉にできるんですよね。相手のことを大事に思う気持ちが伝わってきます◎。


気配り上手な女性の5つの「口癖」

続いては口癖編。これと言って特別な言葉ではないのですが、これ言われると確かに「気を遣われてるなぁ」と感じる一言ばかり。

何気ないあの言葉で気配り上手な印象を与えられます。気配り上手な女性の口癖とは?


口癖① 飲み会の席で「次何飲みますか?」と聞く

飲み会の席で周りの空いたグラスに気づいた時の一言です。この一言がサッと出るということは、周りの様子をよく観察している証拠です。

そして、相手が注文したい飲み物を聞いたらすぐに店員さんを呼んで代わりにオーダーをしてくれることも。“おもてなし感”を感じますね◎。


口癖② 仕事中に「何か他に手伝うことありますか?」と確認する

自分のタスクが片付いたらそのまま終了にせず、周りの仕事を手伝う姿勢に気配りを感じますね。

入社仕立ての後輩女性がこの言葉を言えたら「デキる子」と株も上がりますし、違うプロジェクトの人にも声がけが出来たら社内の雰囲気も良くなるはず。

新入社員から古株社員の女性まで、仕事中は是非とも言っておきたい口癖です。

【参考記事】仕事ができる女性の特徴に迫ります▽


口癖③ 「ゴミまとめて捨てますね」と言って全員分のゴミを預かる

社内で何か作業をしている時、全員で買い食いをした時って多少ゴミが出ますよね。

ちっちゃいことですが、ゴミをまとめて捨ててくれる人もさりげない気遣いを感じますね。「ありがとう」と思わずほっこりする瞬間です。

こういうちっちゃいことでも良いので、普段から気配りの習慣をつけたいですね。


口癖④ 髪型を変えた人に「美容室行った?似合う!」とすぐ言える

男性も女性も髪型を変えた時って、リフレッシュして気分上々な時。顔を見た瞬間、「あれ?髪型変えた?似合う!」と即座に気づいて貰えたら凄く嬉しいですよね。

時々、気づいてても言葉に出来ない人もいますが凄く勿体ない。だって、一言言うだけで相手を喜ばせることが出来るのですから。惜しまず言っておきたいですね


口癖⑤ 飲み会や誕生日会の企画をする時に「私幹事やります」と立候補する

幹事をやりたがる人って正直ほとんど居ないです。「避けたいことランキング」上位に位置するのではないでしょうか。特に女性の場合、リーダーシップを発揮することに躊躇してしまう場面ってありますよね。

率先して幹事をやろうとする女性は、ほとんど存在しないので希少価値もあるし気配り上手な人と印象付けられるはず。周りでやりたがる人が居なければ、「私が幹事やります」と一言言える勇気を持っておきたいですね。


女性必見!気配りな女性になるための3つの方法

仕事で大事な場面や好きな男性とデート中に“その場しのぎの気遣い”を発揮しても、不自然になってしまうことも。

仕事中や普段の生活から気配りする癖を付けておけば、無意識レベルで気配り上手な女性になっていきます。

では、具体的にどんなことを心がけると良いのでしょうか?気配り上手な女性になる方法をお届けします。


方法1. 観察力を磨く

気配り女性に近づく第一歩は、いかに周りの状況を見渡せるかが大事なところ。目の前のことばかり気をとられず、周りの人の状況を常に観察しておきましょう。

観察力が無いと、自分がどう動いたら良いのか先を考えて行動できないので基礎中の基礎とみなしましょう。仕事中は、忙しそうだったり辛そうにしている人がいないか。

プライベートの飲み会では、空いたグラスはないかなど。特に相手の表情や仕草はしっかり観察して「今この人はどんな気持ちなのか?」と考えると◎。


方法2. 相手を褒めたりポジティブな一言をかけてみる

挨拶する時にこれは是非とも心がけていきたいもの。「おはよう。あれ?今日なんか雰囲気違うね」と言ってみたり、「こないだ遅くまでお疲れ様。」と労う一言もかけてみると気配り上手な人に見られますよ。

なぜなら、大抵の人は挨拶だけで終了でそれ以上の会話はしないから。もし気になる男性がいるなら、何かしら一言かける癖を付けると良い雰囲気に持っていける可能性もありますよ。


方法3. 誰もやりたがらない地味な作業を率先してやる

気配り力を磨く“奥義”と言っても良いでしょう。1番の近道は、誰もやりたがらない作業や仕事を率先して自分がやってしまうのです。

そうすると、周りから一目置かれて感謝されたり良い人間関係を築きやすくなります。ちなみに誰もやりたがらない作業は、飲み会の幹事やお店決め、誕生日会の企画立案、ゴミの分別など。

地味な作業をしているうちにサービス精神が身に付いて、自然と周りに気を配る体質に生まれ変わるはず。


気配り上手になって仕事も恋愛も「いい女」アピールを。

気配り上手な女性の特徴や近く方法までお届けしました。仕事も恋愛も気配りがあればあるほど、魅力的でいい女感が出るので私生活から周りの状況を見る癖付けをしていきましょう。

あとは、身近で気配り上手な女性の真似を率先すると◎。会社の人、彼氏、片思い中の人とぜひ良好な関係を保つためにも日々訓練をしてみて。

【参考記事】可愛い女性の特徴はこちら▽

【参考記事】男が考えるいい女の特徴について完全レクチャー▽

【参考記事】気が利く女性に迫ります。▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事