感情をコントロールする方法6つ|感情的になりやすい人のデメリットも紹介

感情をうまくコントロールする方法について詳しく知りたい方へ。今記事では、感情をコントロールできないデメリットから、感情をコントロールする訓練方法まで詳しくご紹介します。イライラしたり、悲しくなったり、感情的になりやすい方は、ぜひ参考にしてみてください!

自分の感情をコントロールできないデメリットとは?

感情のコントロールが出来ない原因

感情のコントロールができない最大のデメリットは、人間関係の構築が難しいという点。

感情を自分で制御できないと、思い通りにならない物事があると、すぐに怒鳴り散らしてしまい怒りを抑えることができなくなります。

コントロールできない感情を学校や会社、恋愛相手の前でさらしてしまえば、その場はピリピリとして他人からは距離を取られてしまうでしょう。


感情をコントロールできるようになるメリットは?

感情をコントロールするのがうまい人は、その場の状況に応じて最適な対応ができたり、怒りやストレスを抱えにくかったりします。

感情的になることがなくなれば、周囲の人との人間関係もスムーズになりますし、冷静に大人として振る舞うことができるでしょう。

行動を感情で左右されることがなくなるため、とても落ち着いた精神状態で過ごせ、内面的にもプラスになります。


感情を上手にコントロールできるようにする訓練方法6つ

自分の気持ちをコントロールするのが苦手な人は、つい人前で感情的になってしまい後悔することも多いのではないでしょうか。

ここからは、感情をコントロールできるようになる練習方法をいくつかご紹介します。

大人として対応するためにもぜひコツをつかんで、冷静に対応できるようになってくださいね。


感情をコントロールする方法1. 気持ちが落ち着くルーティンを見つける

感情がすぐに表に出てしまう人は、思っている気持ちをそのまま表現してしまうわけですから、逆に考えると落ち着くのも早いはずです。

気持ちが高ぶってきたと感じたら、深呼吸をする、軽いストレッチをする、頭の中で数字を数えて冷静になる、など自分だけの落ち着くルーティンを見つけてみましょう。

「これをやれば落ち着くはず」と自分で信じることで、次第に感情のコントロールができるようになりますよ。


感情をコントロールする方法2. 自分の感情を認めてあげる

感情のコントロールが苦手な人は、自分の今の感情を主観的にしか捉えられない人が多いです。

怒りの感情が湧いてきたら「自分は今怒っている」、泣くほど悲しいなら「今とても悲しんでる」と、自分の感情を自分で認めてみましょう。怒りや悲しみ、妬みなどの感情を認めることで、客観的に感情を見つめることができますよ。

今の感情を客観視できると、なぜそう思うのかの原因究明ができるようになり、突発的な感情爆発が減ってくるでしょう。


感情をコントロールする方法3. 紙に書いて視覚化してみる

頭の中で一生懸命に感情を整理しようとしても、堂々巡りになりまとまらないことがあります。

今の感情を紙に書き出して視覚化することで、「なぜ自分はそう思ったのか」「感情の原因は何か」などが分かりやすくなります。きちんと整理することは、感情コントロールのトレーニングにもなるでしょう。

今の感情の原因や理由が理解できれば、冷静に対処しやすくなりますよ。


感情をコントロールする方法4. 環境を変化させる

感情的になりそうな時は、一度冷静になってみることが大切。

抑えきれない感情が湧いてきてしまったら、その場から離れるのも有効な方法です。怒ったり、悲しんだりと感情的になりそうな時は、速やかに場所を移動し環境を変えると冷静になれますし、少し時間を置いてから落ち着いて再挑戦できます。

違った場所で自分と向き合えますので、感情の爆発がしづらくなってきますよ。


感情をコントロールする方法5. 人の意見にしっかり耳を傾ける

感情のコントロールが苦手な人は、自分の気持ちを優先することが多いです。他人の意見を受け入れることができないと、自分とは合わない考え方に反発するようになってきます。

普段から対峙している相手の言葉を聞き入れるよう意識してみましょう。

自分の感情を優先しすぎずに相手の感情についても考えるクセがつけば、大人らしく柔軟な行動ができるようになってきます。


感情をコントロールする方法6. 感情に関する本を読んでみる

感情のコントロールを身につけるためには、感情について書かれた本を読んでみるのも練習になりますよ。

ここでは、感情コントロールについて書かれたおすすめ本をご紹介します。

仕事や友達付き合い、人間関係の構築に役立つはずですので、感情的になる自分をどうにかしたいという人は、ぜひ読んでみてくださいね。


おすすめの本1. アンガーマネジメント入門)

アンガーマネジメント入門 (朝日文庫)

アメリカ・ニューヨークで怒りをコントロールする心理トレーニング「アンガーマネジメント」を習得した安藤俊介氏の本です。

アンガーマネジメントについて分かりやすく解説されているので、怒りと上手く付き合うとどう人生にプラスになるのか、基礎的なコントロール方法を学ぶことができます。

自分の怒りで周囲に迷惑をかけたことがある、上手く怒りをコントロールできない人におすすめの本です。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本2. マッキンゼーで学んだ感情コントロールの技術

マッキンゼーで学んだ感情コントロールの技術

マッキンゼー・アンド・カンパニーなどで、経営、人材戦略へのコンサルティングに携わってきた大嶋祥誉氏が、ビジネスエリートたちの感情コントロールについて書いた本。

感情を上手くコントロールし、引きずらないことで成果につなげる技術などを紹介していますので、エリート達の感情コントロールについて知りたい人やビジネス、社会で成功したい人にぴったりの本です。

Amazonで詳細を見る


自分の感情とうまく付き合って、冷静に行動していきましょう。

感情を上手くコントロールできない人は、周囲の人にも迷惑をかけますし、人間関係が上手くいかないと悩んでいるのではないでしょうか。

今回は感情コントロールの訓練方法や考え方について詳しく解説しています。日々習慣にして練習を続ければ、すぐには無理でも、いつか感情に流されずに冷静な対応ができるようになりますよ。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事