怒りを鎮める方法とは?カッとなった時にイライラを抑えるコツを解説

怒りを鎮める方法について詳しく知りたい方へ。今記事では、すぐにイライラしてしまう主な原因から、怒りを鎮める方法まで詳しくご紹介します。さらに、イライラしないコツも解説するので、怒りっぽいとお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください!

怒りを鎮める方法とは|イライラを上手にコントロールするコツを大公開

怒りを静める方法とは

「理不尽なことがあるとすぐにイライラしてしまう」「夫のちょっとした言動キレそうになる」など、誰にでもストレスのかかる場面はあるもの。

しかし、感情のまま起こってしまう人がいる一方で、上手に自分をコントロールできる人もいます。コントロールできる人は、どのような方法で対処しているのでしょうか。

ここからは、怒りを鎮める方法について詳しくご紹介します。

【参考記事】はこちら▽


怒りを鎮める方法1. その場から距離をとる

目の前に怒りの対象がなければ、冷静さを取り戻すことができるものです。

例えば、旦那にストレスを感じたら、少し外に出て風を浴びる、コーヒーを買いに行くなどして、怒っている場面から一旦距離を置きましょう。

短気な人は怒りだしたら止まらないもの。一度その場離れることで、自分の感情に「間」を作ることができるので、怒りを抑えられますよ。


怒りを鎮める方法2. 軽食をとる

相手にずっと怒っていると疲れてしまいますよね。怒り続けることで論理的でなく感情的にもなってしまいます。

そんな時は、お菓子やケーキなど甘いもの食べたり、コーヒーや紅茶を飲んだりしましょう。特にカップルの些細な喧嘩の時におすすめ。

軽食をとって一息つけば、冷静にもなれますし、幸せな気持ちにもなれます。そんな気持ちになれば、だんだん怒りも静まっているでしょう。


怒りを鎮める方法3. 深呼吸をする

友達の理不尽な発言にイライラした経験のある人は多いはず。そんな時の感情は、必要以上に高ぶってしまっているものですよね。

感情をコントロールするために、スーッと深呼吸してみましょう。

誰しも一度は、深呼吸をして気持ちが落ち着いたという経験があるはず。気持ちが落ち着けば、感情の高ぶりも抑えることができますよ。


怒りを鎮める方法4. イライラしても仕方ないと割り切る

説教がダラダラと長い上司っていますよね。しかし、ずっと怒っていても状況は好転しないもの。

そんな時はずっとイライラしていても仕方がないので、気にしないようにすることに気持ちを向けてみましょう。

そうすることで、自分の中で諦めがついたり、違う方向で結論づけることができるので、怒りを抑えることができますよ。


怒りを鎮める方法5. 心の中でボヤく

短気な人はつい大声で怒鳴ってしまいがち。しかし、声に出してしまうと、興奮して余計に怒りに拍車がかかってしまうもの。

怒りがこみ上げてきそうになったら、「この人器が小さいな」「理不尽だな」と自分の心の中で不満を吐き出すようにしましょう。

そうすれば少し気持ちがスッキリするので、怒りの感情を抑えられますよ。


怒りを鎮める方法6. 感情コントロールに関する本を読む

書籍を読むことで、手軽にいろんな人の研究結果や意見を知ることができます。

感情をコントロールするコツが書かれた本はたくさん出版されているので、ぜひ読んでみましょう。

怒りを鎮めるためのヒントを得ることができますよ。


おすすめの本1. ちいさなことにイライラしなくなる本

ちいさなことにイライラしなくなる本

生きていれば毎日大なり小なりストレスは感じますよね。

『ちいさなことにイライラしなくなる本』は、「家事を全く手伝わない夫」や「指示が抽象的な上司」など、世間にあふれる「よくあるイライラ」を取り上げ、様々なアプローチから解決方法をアドバイスしてくれます。

「些細なことでストレスを感じなくなりたい」と思っている人におすすめです。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本2. アンガーマネジメント

アンガーマネジメント (日経文庫)

「自分が怒ることで職場の雰囲気が悪くなってしまっている。」自分は相手の成長のためと思っていても、相手はパワハラと感じている可能性もありますよね。

『アンガーマネジメント』は、コミュニケーションをテーマにしたビジネス研修の場に年100回以上立つ著者が、怒りの感情とうまく付き合う方法を書いた本です。

職場で部下に注意をしたい時「パワハラ」にならないか心配な人は、この本を読んでみてください。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本3. 怒らない習慣力

怒らない習慣力

「いつもすぐイライラしてしまう」「いつも誰かにすぐ怒ってしまう」怒ることが癖になってしまっている人もいるはず。

『怒らない習慣力』は、なぜ怒りの感情が出てくるのか、どうすれば怒らないことを選択できるのかなどが、イラスト入りでわかりやすく解説されています。

イライラの仕組みから知りたいという方におすすめの本です。

Amazonで詳細を見る


すぐにイライラを抑えるコツは?手軽に実行できる方法を徹底ガイド

イライラを抑えるには、自分を客観視するのが良いでしょう。

怒っている時は、自分の感情でしか物事が見れなくなっていることが多いです。冷静な視点で見つめてみると、客観的に自分を見つめ直せるので、怒りを抑えることができますよ。

イライラしているところを好きな人に見られている姿を想像するのもおすすめ。

イライラを抑える方法はたくさんありますので、自分に合うものを選んでみてくださいね。

【参考記事】はこちら▽


日頃から怒りっぽい人はストレスを溜めないようにして。

「ストレスが溜まったら、ストレス発散すればいいや」ではなく、そもそもストレスが溜まらない状態を作る方が良いですよね。

ストレスが溜まらなければ心に余裕が生まれ、毎日明るい気持ちで過ごすことができます。

そうなれば怒る機会も確実に減るので、自分なりのストレスを溜めない方法を持っておくのも効果的ですよ。

【参考記事】はこちら▽


怒りがこみ上げてきたら、なるべく早めに怒りを鎮めよう。

今記事では、怒りを鎮める方法、イライラしないコツをご紹介してきました。

「部下に対してすぐ怒ってしまいコミュニケーションがうまくいかない」「子どもは悪くないのにすぐ怒ってしまう」など、怒りっぽい自分のことで悩んでいる方は多いはず。

しかし、ほんの少し考え方を変え、行動を変えるだけで怒りの感情はコントロールできるものです。

怒りそうになったら、この記事に書いていることを思い出して実行してみてください。そうすれば、スーッと怒りが鎮まっていくのがわかりますよ。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事