心の支えになる人や物のまとめ|辛い時に心の拠り所になる存在とは?

辛い時や寂しい時に心の拠り所になるものがあったら安心ですよね。この記事では、心の支えになるようなものから、心の支えになる異性の特徴について詳しく解説します!

“心の支えがない”って何がダメなの?

「心の支え」

心の支えとは、「くじけずに頑張るぞ」と気持ちを前向きにさせるために必要なもの。

そんな心の支えがないと、失敗や挫折でつまづくことがあったり落ち込んだりした時に、なかなか立ち直れず、やる気が起きなくなってしまうことがあります。

自分の精神的な健康のためにも、何か心の支えとなるものを持っておくことは大切ですよ。


心の支えが欲しくなる6つの瞬間|拠り所が必要になる心理とは?

心の支えが欲しくなる瞬間

心の支えを持っておきたいことは分かりましたが、実際にはどのようなシチュエーションで役立つのでしょうか?

具体的に分かると大切さがよく理解できますよね。

ここでは、どんな時に心の支えが必要になるのかを詳しく見ていきましょう。


瞬間1. 失恋して落ち込んでいる時

気になる異性に告白して振られたり、恋人から別れを切り出されたりすると、悲しくて立ち直れないですよね。

「好かれようと頑張ったのに」「信じていたのに裏切られた」と考えてしまうと、自分が全否定されたようで心は大きく傷つくでしょう。

早く立ち直って新しい恋を見つけるためには、心の支えが必要となるのです。


瞬間2. 試験に落ちて気持ちが沈んでいる時

どうしても合格しておきたい試験やテストに落ちると、「もう自分の人生終わった」というくらい落ち込んでしまうことがあります。

今までの努力が水の泡になり、自分の本番への弱さにガッカリしてしまうと、何もする気力が起きなくなってしまうはず。

心の支えがあると早めにやる気を取り戻せ、次の目標に向かいやすくなるのです。


瞬間3. 仕事で大きな失敗をしてしまった時

心の支えが欲しくなる瞬間は仕事で大きな失敗をしたとき

仕事で重大なミスを犯してしまい、上司から厳しく叱られたり取引先に迷惑をかけてしまったりすると自信を失ってしまいます。

自分の実力のなさを思い知らされ、上司や取引先から失望されてしまったことに、気持ちは大きく落ち込むでしょう。

自信喪失した状態で過ごしても失敗を繰り返すだけなので、心の支えを持って前向きになることが大切なのです。


瞬間4. 何かに挑戦する勇気が欲しい時

転職や独立・起業、プロポーズなど、人生の中で転機となるであろう大きなイベントを前にすると、急に不安が襲ってきます

「本当に大丈夫だろうか?」「失敗したらどうしよう」と決断が鈍り、一歩を踏み出す勇気がでません。

背中を押してくれるきっかけになり、もし失敗しても慰めてくれるような心の支えが欲しくなるのです。


瞬間5. 忙しすぎて心に余裕がない時

仕事や日常生活が忙しすぎて自由に過ごせる時間が無くなってしまうと、精神的に疲れ切ってしまい自暴自棄に陥ってしまいます。

楽しいことなんて何一つ無い人生に思えてしまって、何もかも投げ出してしまいたい心境になってしまうでしょう。

「これを乗り切れば楽しいことが待っている」と心の支えを持つことで、自分を保つことができるのです。


瞬間6. 体調を崩して元気が出ない時

心の支えが欲しくなる瞬間は体調を崩している時

心と体はつながっているので、病気になって寝込んでしまうようなことがあると、体が辛いだけでなく心まで弱ってしまうことがあります。

特に一人暮らししていると孤独感が襲ってくるので、どんどん暗い気持ちになってしまうでしょう。

「体が治ったら思い切り楽しいことをしよう」と考えることが心の支えとなり、早く治そうと頑張れるようになるのです。


探してみよう!あなたの心の支えになるものはどれ?

心の支えになるもの

落ち込んだ時や悲しい時など、心の支えが欲しくなる状況にはいろいろなパターンがあると分かりました。

では、実際にはどんなものが心の支えになってくれるのでしょうか?ここでは具体的に心の支えとなってくれるものをご紹介していきます。


心の支えになるもの1. いつでもそばにいてくれる恋人

仕事が辛い時や友人との関係が上手くいっていない時など、「理解者がいてくれたら」と思うことがありますよね。

そのような時は、自分のことを大切に思ってくれる彼氏や彼女の存在が心の支えになるでしょう。

恋人は側にいてくれるだけで癒しになり、時には甘えさせてくれる存在。あなたを肯定してくれる一番の理解者なのです。


心の支えになるもの2. 気心知れた友人

恋人と喧嘩した時や職場の人間関係が上手くいっていない時などは、誰かとつるんで嫌なことを忘れたくなりますよね。

お互いのことをよく知っている学生時代からの友人は、気を遣わず自然体でいられるため、気持ちをリフレッシュさせるにはぴったりの相手。

自分に心を許してくれている存在なので、心から笑ったり楽しんだりして辛いことを忘れられます。


心の支えになるもの3. 守りたい家族

心の支えになるものは家族

リストラにあって求職活動する時や独立起業する時など、人生の大きな転機には気持ちを奮い立たせないといけません。

このような状況では、結婚相手や子供、両親など、守らなくてはならない家族の存在が大きな心の支えになるでしょう。

「家族に苦労させたくない」「挫けていられるか!」と自分に活を入れることができ、辛いことがあっても頑張ろうという気持ちになれますよ。


心の支えになるもの4. 愛らしいペット

職場で上司や同僚と関係が悪かったり、友人や恋人に裏切られたりすると、もう誰とも会いたくない心理状態になってしまいますよね。

人間関係で精神的にまいってしまった時は、ワンちゃんやネコちゃんのようなペットが心の支えになってくれるでしょう。

いつでも同じように甘えてくれるペットは、疲れた心を癒やしてくれて辛いことを忘れさせてくれます。


心の支えになるもの5. 憧れの好きな芸能人

例えば親に怒られたり兄弟姉妹と喧嘩したりなど、プライベートで嫌なことがあると元気がなくなってしまいますよね。

そのような時は、好きなアーティストや憧れの俳優・女優がいると良い気分転換になります。

出演しているテレビや動画を見ることで「自分には◯◯の存在がある」と元気が湧き、嫌なことなんて忘れてしまうでしょう。


心の支えになるもの6. 気分を変えてくれる音楽

心の支えになるものは音楽

以前経験した嫌な出来事をふとした瞬間に思い出してしまうと、辛い気分になったり元気がなくなってしまったりすると思います。

そんな時には元気の出る曲や悲しみに寄り添ってくれる歌などは、嫌なことを忘れるのにぴったり

ノリのいい楽曲を聴けば落ち込んだ気分を盛り上げてくれます。また悲しい気分の時はヒーリングミュージックが癒やしになってくれるでしょう。


心の支えになるもの7. どハマりしている趣味

仕事が忙しすぎて先が見えないと、「自分は何のために辛い思いをしているのだろう」という気持ちになることがあります。

そのような時は、プライベートで夢中になっている趣味や、これから挑戦してみたい趣味を心の拠り所にします。

辛さを乗り越えた先に楽しい趣味が待っていると思うだけで、ハードな仕事も頑張ることができるでしょう。


心の支えになるもの8. 毎週の楽しみになるアニメやドラマ

刺激のない平凡な毎日を送っていると、「自分の人生って面白くないな」という気分になってやる気が起きなくなってしまうことがあります。

そのような心を刺激するには、毎週のように放送・配信される連作のアニメやドラマを見るといいでしょう。

「次回はどうなるかな?」週に一度の楽しみができるので生活に張りが生まれるはず。

また、アニメやドラマは非日常を題材にしたものが多いので、退屈な毎日にいい刺激を与えられます。


心の支えになるもの9. 元気の出る思い出

心の支えになるものは思い出

辛いことが続いてしまうと、「自分の人生は何も良いことがない」とネガティブな感情に襲われることがあります。

このような時は、学生時代の楽しい出来事や家族と過ごした幼少期の記憶など、懐かしい思い出を支えにしましょう。

これまでの人生で良かったことを思い出すと、「今が辛いだけじゃないか」と気づいてまた頑張ろうという気持ちになっていきますよ。


心の支えになるもの10. 恩師や有名な人の言葉

仕事などで壁にぶつかると、「もうどうにでもなれ」と気持ちが折れそうになる時があります。

学生時代に恩師から言われた言葉や著名人の名言は経験に基づいたものが多く、困難に立ち向かうためのヒントになりますよ。

やる気に溢れてた頃の自分を思い出し、大変なことがあっても頑張ろうという気持ちを取り戻せるでしょう。


心の支えになるもの11. 自伝本などの書籍

公私共に上手くいかないことが重なると、誰にも頼ることができなくなって心身ともに疲れ切ってしまうことがあるかもしれません。

そんな時は有名人の自伝本やメンタルに関する書籍がおすすめ。寄り添ってくれる友人や恋人がいない時にあなたの心を支えてくれます。

辛いと思った時に読むことで、「自分の悩みと同じだ」「こんな解決法があるのか」と気づかされるでしょう

カバンに入れておいたり本棚に置いたりしておけば、いつでもやる気を取り戻すことができますよ。


心の支えになってくれる異性の特徴6選|恋人にすべきはどんな人?

心の支えになる異性の特徴

「心の支えになる人がいつも側にいてくれたらいいのに」

「どんな男性(女性)を恋人にすれば心の支えになるの?」

心の支えはいろいろありますが、その中でも愛する男性(女性)が支えになってくれることは心強いですよね。

そこでここからは、どんな特徴を持つ異性が心の支えになってくれるかを解説していきます。

恋人探ししている人はぜひ参考にしてみてください。


特徴1. 常に自然体で裏表がない

目の前の相手といつでも真摯に向き合おうという心理があって、ありのままの自分を見せて接しようと考えています。

仕事で納得できないことがあっても「不本意だけど相手に合わせておくか」とは考えず、お世辞でその場を誤魔化すようなことはしません。

損得勘定なしで思ったことを素直に言ってくれるので、「この人なら大丈夫」と信頼できるでしょう。


特徴2. 辛い気持ちを汲み取って慰めてくれる

辛い気持ちを汲み取れるのは常に相手のことを見ているから。いつもと様子が違うようであれば、すぐに察してあげようとしているのです。

いつもは元気いっぱいでよくお喋りするような人が最近浮かない顔をしていると、何かあったことに気づいて「今日は元気ないね」と声掛けしてくれるような人が当てはまります。

気持ちに寄り添ってくれて悩みを話しやすい雰囲気があるので、付き合ったら「この人がいて良かった」と嬉しくなるでしょう。


特徴3. いつでも笑顔で接してくれる

心の支えになる異性の特徴は笑顔で接してくれる

自分がどんなに怒っていたり、落ち込んでいても、優しい笑顔で接してくれる人は、あなたの心の支えになる存在かも。

「この人の優しい笑顔があれば頑張れる」
「何があってもこの人は味方でいてくれる」

と思えるので、心の支えになってくれるでしょう。


特徴4. 愚痴も嫌な顔せず聞いてくれる

「相手のことを親身に考えよう」「ちゃんと向き合うことが大切」と考えている人は、いつでも話を真剣に聞こうとしてくれます。

例えば、会社で部下が悩みを打ち明けてきた時に、嫌そうな表情をして「そっか、そっか」と適当にあしらうようなことはしません。

相手の気が済むまで黙って聞いてくれるような人が職場にいるなら、その人は心の支えになってくれるかも。もしフリーなら仲良くなってみてくださいね。


特徴5. マメに連絡をくれる

マメに連絡してくれるのは、大切な人とは密接な関係でいたくて、疎遠にならないよう繋がりを大切にしているから。

お互い別の会社や学校に通っていてなかなか会えない状況でも、LINEや電話で「最近どう?」「元気?」と定期的な連絡を欠かしません。

直接顔を合わせていなくても孤独に感じないという異性の友人がいるなら、大切にしてくださいね。


特徴6. 予定を合わせてくれる

心の支えになる異性の特徴は予定を合わせてくれる

忙しくても予定をやり繰りし、突然の誘いであっても極力合わせようとしてくれる人は、あなたとの会える時間を大切にしたいから。

「最近忙しいみたいだから我慢するね」と遠慮した時でも、たとえ短くても会える時間を作ろうと頑張ってくれる人は貴重な存在。

少しでも可能性があるなら「無理だから会えないよ」と冷たい態度は取らないでしょう。


心の支えになる言葉5選|辛い時に元気が出る名言とは?

心の支えになる言葉

心の支えとなるものは身近な人だけとは限りません。著名な人物や物語の登場人物などの名言もあなたをしっかりと支えてくれます。

ここでは、心の支えとなってくれる名言をご紹介していきます。自分にぴったりな言葉があったらぜひ覚えておいてくださいね。


言葉1. 「成功するところまで続ければ、それは成功になる。(松下幸之助)」

戦後に電球ソケットを作るところから始めて、パナソニックを一大で世界的大企業にした松下幸之助の名言。

途中で諦めてしまうから失敗になるのであって、時間がかかってもいいから成し遂げるまで続けることが大切なのです。

取り組んでいる事が上手くいかず挫けそうな人にとっては、きっと背中を押してくれる言葉になるのではないでしょうか。


言葉2. 「諦めのいいところが僕の長所なんだ。(野比のび太)」

マンガ「ドラえもん」の主人公・のび太が、冴えない自分自身を変えようとして失敗した時の言葉。

パッと見ると「諦めるなんてネガティブじゃん」と思ってしまいますが、本質はそんな自分を肯定するポジティブな発想なのです。

「他の人のように上手く振る舞えない」と悩む人にとって、考え方次第で劣等感なんてなくなると勇気づけてくれるでしょう。


言葉3. 「逃げない人を、人は助ける。(篠原欣子)」

人材派遣の大手「テンプスタッフ」の創業者・篠原欣子の言葉で、小さな事務所から始めて大企業にまで成長させた裏にある哲学といえます。

失敗は誰にでもあるので、どうすれば良かったか考えて次に活かすということで、経験をムダにするなという意味が込められているのです。

物事がうまくいかずに自信を無くしそうな人にとって、「向き合い方次第で失敗も糧になる」と励ましになるでしょう。


言葉4. 「Sweet are the uses of adversity.(Shakespeare)」

シェイクスピアの喜劇「お気に召すまま」の中で登場する「逆境が人に与えるものこそ美しい」というセリフ。

「困難や辛いことがあっても、立ち向かい方次第でメリットに転じることができる」という意味が込められています。

「なんで自分は運が悪いんだろう」と投げやり気味になっている人へ頑張ることの大切さを教えてくれるでしょう。


言葉5. 「If you can dream it, you can do it. (Walt Disney)」

ミッキーやアナ雪などの映画やアニメで世界的に有名なウォルトディズニーの言葉。

「君が夢を見られるならそれを実現できる」という意味で、目標に向かって諦めずに頑張れば成し遂げられると教えてくれます。

「自分にはできっこない」「理想ばかり追っていてもダメだ」と挫けそうな時に、もっと頑張る勇気を与えてくれるでしょう。


心の支えになる書籍3選|しんどい時に読み返したくなる本とは?

心の支えになる書籍

すばらしい書籍も、名言と同じようにあなたを励まして前向きにさせてくれる力を持っています。

ここでは、心の支えとしておすすめな書籍をピックアップ。頑張りたい時のエネルギー源として、ぜひ手元に置いて読んでみてください。


書籍1. 自分は自分、バカはバカ。 他人に振り回されない一人勝ちメンタル術

自分は自分、バカはバカ。 他人に振り回されない一人勝ちメンタル術

元2ちゃんねる管理人のひろゆきが、マイペースな生活を送るための思考法を語った本。

自分と他人とでは考え方が違うことを認識し、どう生きていけば嫌なことや面倒事に引きずられないかが分かります。

対人関係が上手くいかずに悩んでいる時に読むと、「無理に他人と合わせることはないんだな」と気持ちが楽になるでしょう。

Amazonで詳細を見る


書籍2. イチロー・インタビューズ 激闘の軌跡 2000-2019

イチロー・インタビューズ 激闘の軌跡 2000-2019

メジャーリーグに挑戦する直前から現役引退した直後まで、イチローのインタビューを一冊にまとめた本。

華やかな活躍の裏にあった困難と、それを乗り越えたメンタルを知ることができ、いかにして強い心を養えばいいかが分かります。

何かに挑戦して挫けそうになった時、「こんなところで負けてられるか!」と前向きになれますよ。

Amazonで詳細を見る


書籍3. まいにち、修造! 心を元気にする本気の応援メッセージ

[日めくり] まいにち、修造! 心を元気にする本気の応援メッセージ

松岡修造の熱いメッセージを日めくり形式で読めるようにした一冊です。

勇気や元気を与えてくれたりするメッセージを1ページずつまとめているので、ちょっとした合間に読める点が大きな特徴。

会社や学校へ行かなきゃならないのに気が進まないなど、憂鬱な気分の時に眺めるだけで前向きに頑張ってみる気にさせてくれます。

Amazonで詳細を見る


誰かの“心の支えになる人”になるための秘訣|魅力を身につけるコツとは?

心を支えになる人になるための秘訣

「もっと恋人の支えになってあげたい!」

「どうすれば友人を力づけられるだろう?」

心の支えになる人たちが周囲にいて救われていることを実感すると、自分も同じように心の支えになりたいと思いますよね。

でも、どうすればなれるかよく分からない人も多いのでは?

そこでここでは、心を支える存在になるために心がけたい行動をご紹介します。


秘訣1. 相手のことをよく観察する

普段と変わった点がないか注意しながら接することで、悩みや辛いことを抱えていそうな雰囲気などを察してあげられるようになります。

観察する部分は相手の性格にもよりますが、

  • 元気がなくなっている
  • 何か言いたそうな瞬間がある
  • 不自然な行動が目立つ

など、いつもの姿を思い出しながら比較すること。

「何か困ってることでもあるんじゃない?」と声をかけ、話を聞いてあげたり力になってあげたりして支えてあげましょう。


秘訣2. 相手の話を親身になって聞いてあげる

相手が悩みを相談してきた時、断ったり面倒臭がったりしないで話につきあってあげることで良き理解者になれます。

話を聞く時は相手の立場になることが大切で、

  • うなづきながら真剣に聞く
  • 話を肯定的に受け取り、強く否定はしない
  • 辛い話は一緒に悲しんであげる

のように、気持ちを共有するつもりで向き合うこと。

話しにくいことでも相談できる人だと信頼されれば、相手はあなたのことを強い支えだと思ってくれるでしょう。


秘訣3. アドバイスではなく「共感」してあげる

心を支えになる人になるための秘訣は共感してあげる

悩みを相談してくる人の心理として「何かアドバイスしてほしいわけではない」ことはよくあります。

単にストレスを吐き出したいだけなので、「こうしてみたら?」と言われてしまうと逆効果になって反発心が芽生えることも。

「そうだよな」「その気持ち分かるよ」と共感してあげれば気持ちがスッキリし、悩みが軽くなるのです。

自分を受け入れてくれる人だと思ってもらうことが大切で、安心して話せる相手がいるということが心の支えになっていくでしょう。


秘訣4. 支えになってあげたい人のできるだけ傍にいる

不幸な出来事が重なったり辛い生活を送っていると、心を許せる人が傍にいてくれるだけで救われるような気持ちになれます。

傍にいるといっても毎日べったり寄り添う必要はなく、

  • 声をかけられたらいつでも会えるようにする
  • 予定のない日は積極的に会うようにする
  • こまめに連絡をとって傍にいる気持ちにさせる

のようにして安心させてあげましょう。

何かあった時にフォローできる状況を作っておけば、心の支えになる人と思ってもらえますよ。


秘訣5. 思いやりのある言葉遣いや表現を心がける

心が弱っている時に厳しい言い方をされた人は、自分の味方なんていないという気持ちが強くなってしまいます。

そのような人と接する場合に孤独感を与えないようにするには、

  • 「自分だけは見方だよ」と優しさを感じさせる言葉を選びつつ会話する
  • 「仕方なかったよね」と思いやりのある言動になるよう心がける
  • 落ち着いたトーンでゆっくり話す

など、これ以上心を傷つかせてしまわないように配慮しましょう。

相手は気持ちが落ち着き、「この人にならもっと深く相談できるかも」という心境になります。


自分の心の支えになるものを見つけてみて。

対人関係の難しさや努力中に起こる挫折、不幸な出来事など、男性女性問わずストレスで心が折れそうになることはどなたにでもあるでしょう。

そのような時に欲しいのが心の支え。悩みや不安でいっぱいの心に安心や勇気を与え、前向きに進んでいこうという気持ちにさせてくれます。

心の支えが欲しい人や支えになりたい人は、今回の記事を参考にして自分に合った支え方を見つけてみてください。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事