彼氏に「別れたい」と言えない女性へ。別れられない理由と女性心理を紹介

大好きで付き合ったはずが、いつの間にか気持ちが冷めてしまうことがありますよね。でも、彼氏に「別れたい」と言えない女性は意外と多いんです。そこで今回は、別れられない理由や女性心理について解説すると共に、円満に彼氏と別れる方法をお教えします。

別れたいのに、彼氏に別れを告げられない女性へ。

彼氏と円満に別れる方法

大好きだから付き合い始めたはずの彼氏。いつの間にか気持ちが変わり、頭の中に彼との別れがチラつくようになっていませんか?

でも、付き合いが長ければ長いほど、実際に別れるのは至難の業

そこで今回は、別れたいと思っているけど、なかなか踏み切れない女性必見!別れの理由から円満に別れる方法まで、具体的にご紹介します。


彼女が彼氏と別れたい時、またはその理由とは?

大好きだったはずの彼氏と別れたいと思うのはどんな時?

いつもはラブラブ仲良しのはずだけど、彼氏との別れが頭をよぎる瞬間ってありますよね?

でも、別れたい瞬間は人それぞれ。ここでは、彼女が彼氏と別れたいと感じる瞬間とその具体的な理由についてご紹介します。

あなたに当てはまっている理由がきっと見つかるはず。


理由1. 一緒にいても楽しくなくなってしまった

大好きな彼とのデート。毎回楽しみだったはずなのに、いつの間にかデートが面倒になっていませんか?

「彼とのデートより、一人で部屋でごろごろしてたいんだけどな〜。」

「どうせ、また映画、ディナー、ホテルでしょ?毎回同じすぎて楽しくないんだよね。」

彼氏と一緒にいても楽しくないのは、2人の関係がマンネリ化しすぎてしまっているからかもしれません。

一緒にいても楽しくないなら、いっその事別れて新しい人を探したくなりますよね。


理由2. 付き合ってみて彼氏の悪い部分が見えてしまった

付き合う前は、彼のどんなところも素敵に見えたのに、いつの間にか素敵だと思ってた部分が欠点に変わる事ってありませんか?

「こまめに連絡してくれるし、LINEも即レスなのが良いと思ってたけど、ただ束縛が激しいだけだった。」

「意見を必ず聞いてくれて、すごく気が使える人だと思ってたけど、ただ優柔不断なだけだった。」

など、彼の本性が分かると気持ちが冷める事はありますよね。また、実はギャンブルがやめられなかったり、風俗通いをしていたりと、自分が受け入れ難い部分を付き合ってから知る場合もあります。

【参考記事】はこちら▽


理由3. 浮気をされていたのが発覚した

カップルが別れる数多くの原因の中でも上位にあがるのが「浮気」です。

もし、彼氏に自分以外にも付き合っていた女性がいた事知った場合、すぐに別れなかったら確実に泥沼修羅場へ一直線!

「でも、火遊びだって言ってたし…。」

「本命は私だって言ってたし…。」

なんて、浮気男の言い訳を信じてはいけません。浮気行為は恋人に対する大きな裏切り行為です。

【参考記事】はこちら▽


理由4. お互いの生活リズムが合わなくてなかなか会えない

どんなに大好きな彼氏でも、生活リズムが合わなくてデートも電話もなかなかできないと、気持ちも少しずつ離れていってしまいがち

「会いたい時に会えない寂しい気持ちを彼にぶつけて、久しぶりのデートや電話で喧嘩をしてしまう。」なんて事もありますよね。

特に、誕生日や記念日など、2人にとって特別な時でも会えないとなると、余計に別れを考えてしまいます。


理由5. 大切にしていたことを否定されたなど、価値観の違いを感じた

人ぞれぞれ大切に思う事は違うもの。時として、それは他の人にはくだらないと思われる場合もあります。

「なに、このぼろいぬいぐるみ。目玉とれかかってるし、キモいから捨てろよ。」

「同人誌作るとか、マジでオタクじゃん。自分の彼女がオタクとかあり得ないんですけど?」

大切にしている事を真っ向から否定されると、それがとても大切であればある程、自分自身を否定されているような気にもなりますよね。


理由6. 他に好きな人ができてしまった

「一生、彼だけを愛します。」なんて、付き合い始めは気持ちが高ぶって、つい言ってしまいがち。

でも、他にもっと自分好みの男性があらわれたら、気持ちが揺らいでしまうのも仕方ありません。

浮気ではないけど彼氏以外に好きな人ができてしまったら、たとえ、その人に告白してなかったとしても今の彼氏とは別れたくなりますよね。

【参考記事】はこちら▽


理由7. 喧嘩をしてしまい、素直に謝れず仲直りがうまくできない時

恋人同士の喧嘩は、他人に話すのも恥ずかしくなるような些細な事が原因の場合も多いですよね。

でも、原因が些細な事であっても、お互いに意地を張って素直に謝れず喧嘩がずるずると長引く場合もあります。

仲直りしたいと内心思っていても、「ごめんね」のひと言が言えなくて、ずるずると気まずい雰囲気だけが続くと、「別れちゃった方が良いかもな…。」なんて思ってしまう事もありますよね。

【参考記事】はこちら▽


理由8. 束縛が激しく、相手の愛情を重く感じてしまう

「大好きな彼女を他の男にとられたくないから。」と、やたらめったら束縛する彼氏っていますよね。

男友達との連絡禁止、胸元が見える服装は禁止、週末は必ず泊まりでデート、仕事が終わったら必ず連絡、など、ルールが多い束縛彼氏。

「愛するがゆえの束縛。」と言えば、聞こえは良さそうですが、重たすぎる一方通行の愛情は、別れが頭の中をちらつくだけです。

【参考記事】はこちら▽


理由9. パワハラやモラハラをされている

大好きだから付き合った彼氏、お互い対等のはずなのに、収入や年齢の差、一方的な女性差別などでパワハラやモラハラをされると、別れが頭の中をチラつくようになります。

殴る蹴るなど、身体に傷が残る暴力行為と違い、言葉や態度によるパワハラやモラハラは、数回程度だと「私が悪かったから…。」と、自分のせいだと思いがちです。

しかし、機嫌が悪いと黙り込む、理不尽な要求を押し付けてくるなど、パワハラやモラハラ行為が続くようになると、その環境から逃げ出したくなるのです。

【参考記事】はこちら▽


彼氏と別れたいのに別れることが出来ない女性心理とは?

別れたいと内心思っているのに、なかなか別れられず、いつも彼氏の愚痴ばかりこぼしている女性っていますよね。

ここでは、「早く別れたいんだよね。」「別れた方が良いのは分かってるんだけどさ…。」などと、ため息をつきながら、なかなか彼氏と別れることができない女性の心理について詳しくご紹介します。


女性心理1. 今でも好きな気持ちがあるから

「彼氏の嫌な部分があるから別れます。」そんな風に簡単に別れられたら、どんなにスッキリするでしょう。

でも、実際には、

「嫌な部分いっぱいあるし、彼氏と別れたい。でも、いい部分もちょっとだけどあるんだよね。まだどこか好きな気持ちもあるし…。」なんて、気持ちが大きく揺らいでいるのです。

また、「別れるのはいつでもできるしさ…。」と、好きな気持ちが残っているため、別れるという選択肢を先延ばしにしている場合もあります。


女性心理2. 別れるほど嫌いではないから

彼氏の嫌な部分や腹の立つ部分は数え上げたらキリが無い程たくさんあるけど、「別れる程でもないのよね。」というパターン。

喧嘩したり、彼氏に腹を立てたりする度に、誰かに愚痴をこぼして「いい加減別れたら?」と友達に面倒くさそうに言われつつ、ストレス発散して、また彼氏と仲直りするのです。

別れるほど嫌いではないという彼女が別れを決意するまでは、ここから更に長い時間がかかります。


女性心理3. 別れ話を切り出すことが気まずいから

もうすっかり2人の間が冷えきっているならともかく、彼氏の前では「彼氏大好き!」という演技を続けている場合、彼氏に別れ話を切り出すのがとっても難しくなります。

そのため、別れを切り出すタイミングを計りつつ、ずるずるとお付き合いを続けているというパターンです。

また、彼氏は明らかに別れる気が微塵もない場合、下手に別れ話を切り出せば、別れる別れないの話し合いをどちらかが折れるまで延々としなくてはならなくなります。


女性心理4. 1人になってしまうことが寂しい

好きかどうかは別として、「彼氏」という役割の男性がそばにいる状況に慣れてしまうと、その彼氏役をリストラして、1人になってしまうのが寂しいから、とりあえず「彼氏役」としてキープしているというパターン。

しかし、最初から「彼氏役」だったわけではありません。最初はもちろん、ちゃんと彼氏彼女の関係だったはずです。好きな気持ちが無くなったり、ただ単に飽きたりして、「彼氏彼女」から、「彼氏役と彼女役」にと変化していったのです。

寂しがりやな性格の女性によくある場合です。

【参考記事】はこちら▽


女性心理5. どこか情が芽生えてしまったから

付き合いが長ければ長い程、相手に対する情が湧くのは自然なこと。

「まだ大好きか?って聞かれたら、即答できないや〜。でも、付き合い長いし。『愛情』の『愛』はとっくに消え失せたけど、『情』は残ってるって感じかな。」

「別れて、誰かと新しい恋始めるのも面倒じゃん。だったら、まぁ、今のままでもいいかなって程度だよ。」

など、彼氏として愛する気持ちはなくても、別れる程嫌いにもなっていない。まさに情で付き合っているという女心です。


女性心理6. 言い出すきっかけを伺っていて、言い出すことができない

お互いに気持ちが冷め切っていないと、別れ話は大なり小なり揉めるもの

特に、別れ話を切り出したら、怒り出しそうな気性の荒いタイプやストーカーに変身しそうな執着心の強いタイプの彼氏の場合は、注意が必要です。

この手のタイプは、別れ話の切り出し方やタイミング、説明の仕方を間違えると、様々な嫌がらせをしてくる場合もあるので、なかなか別れ話を切り出せず慎重になってしまうという心理状態になるのです。

【参考記事】はこちら▽


女性心理7. 別れを切り出した時、何をされるか分からないから

彼氏がモラハラ系の場合、別れ話を切り出すと言葉や態度で非常にえげつない圧力をかけてくる場合があります。

この圧力は、別れを切り出した彼女を精神的にボコボコにする威力を充分に持っているため、別れたいと心底思っていても、怯えてなかなか切り出せないのです。

特に、彼氏が別れたくないと思っている場合、別れを切り出した彼女に対して激しい怒りを覚えて逆上し、何をしでかすか分からないため、別れたいという素振りすら見せるのが難しいという心理です。


彼氏と円満に別れるための上手なサインの出し方とその方法を解説

別れたい時に彼氏とすんなり別れるためには、一体どうしたら良いのでしょうか?

特に、自分の事を大好きなままの彼氏との別れ話は、慎重にしなくてはなりませんよね。

ここでは、彼氏と円満に別れるための上手なサインの出し方を具体的にご紹介します。


別れ方1. LINEの連絡の間隔を少しずつ空ける

円満に彼氏と別れるためには、長期的に少しずつサインを出していくのがおすすめ。まずは、彼氏とのLINEの連絡頻度を少しずつ空けていきましょう。

付き合い始めは即レスしていたLINEでも、未読の時間を少しずつ長くし既読にしても即レスはやめましょう。

一番分かりやすいのは、今まですぐに連絡がついていた時間帯を狙って、あえて未読スルーと既読スルーをすること。そして、返信する時もスルーしてた言い訳は一切無しがポイントです。


別れ方2. こちらから会う予定を入れないようにする

今までは、どちらからともなく、次のデートの約束をしていたとしても、別れたいと本気で思うなら、自分から彼と会う予定を入れないようにしましょう。

また、彼からデートのお誘いがあった時も、嬉しそうな演技はしない事。

「金曜の夜?まぁ、まだ予定ないし。ご飯ぐらいならいいけど。」

「遊園地行きたいの?別にいいけど。」

など、彼からのお誘いにも「別に会わなくてもいいんですけどね。」という雰囲気をにじませながら、淡々と返事をするのがポイントですよ。

また、「デートに誘った時は塩対応だったのに、実際に会ったら嬉しそうにしてた。」なんてギャップをうっかり見せないようにしましょう。


別れ方3. もしデートをする場合はできるだけ先の予定を提示する

お互いの空いている日をすりあわせてデートをする事になった場合は、不自然にならない程度に、でも、できるだけ先の予定を提示しましょう。

「今、仕事忙しいから、ちょっとまだよく分かんないんだけど…。多分、来月の頭ぐらいかな?」

「今、プレゼンの資料作りで、休日返上で仕事してるんだよね。だから、プレゼン終わった後ぐらいとかかな?まぁ、プレゼン通ったら、もっと忙しくなるから、確実ではないんだけど…。」

など、曖昧にできるだけ先の予定をざっくりと伝えておきましょう。「来週の水曜日なら」などと、うっかり特定の曜日や日にちで言ってしまうと、ドタキャンしにくくなるので気をつけましょう。


別れ方4. 会う頻度を徐々に減らしていく

会う時間が作れない理由はどうとでも言い訳できますよね。でも、彼に怪しまれないようにバリエーションを事前に豊富に用意しておきましょう。

「来週、うちのお父さんが出張でこっち来るらしくて、うちにその間泊まるんだよね。」

「新しいプロジェクトチームに配属になったんだけど、上司が厳しくて仕事がめちゃくちゃ忙しいの。」

「今担当してるクライアントが、しょっちょう打ち合わせしたがってて、すごい振り回されてて大変なの。」

など、「とても忙しくてデートしてる暇ないんです。」と多少申し訳なさそうなフリをしつつデートを断り続けてみましょう。


別れ方5. 「明日話したいことがあるんだ」と事前に告知し、心の準備ができる時間をつくる

改まって事前に告知されると、それだけでドキドキしてしまいますよね。この告知をするまでに、連絡頻度や会う頻度を減らしていれば、彼の方でも「もしかして、別れたいとかって言われるのかも…。」と、想像する事ができます。

この告知は、LINEなどテキストで彼に送るのがおすすめ。電話や面と会った時に言ってしまうと「じゃぁ、今話せよ。」と押し切られてしまう可能性があります。


別れ方6. 別れたいことを直接会ってストレートに伝える

別れたいという様々なサインを出し続け、いよいよ別れを切り出す時は、直接会ってストレートに伝えましょう。

「顔を合わせたくないから。」「会って話すのは気まずいから。」などと、LINEで別れ話をするのはおすすめできません

LINEでひと言「別れよう」と送るのはとっても簡単ですが、とても乱暴な別れ方でもあります。彼の性格によっては、誠意がないと怒り出す可能性もありますよ。


この時別れたい原因は自分にあるように伝えるとトラブルを避けることができる

別れたいと思った原因が彼氏にあっても、別れ話を切り出す際は、自分に非があるように話をすることで、余計なトラブルを避ける事ができます。

「〇〇君に相応しい彼女になりたいって頑張ってきたつもりなんだけど、私じゃ難しかったみたい。ごめんね。」

「私が全然女の子っぽくなかったから、◯◯君が他の女の子と浮気したくなるのも仕方ないよね。私のせいで◯◯君に浮気させちゃったんだね。ごめんね。」

など、内心は全く思っていなかったとしても、「私が悪いんです。私のせいで別れるんです。」という姿勢をとる事で、彼を逆ギレさせずにすみますよ。


別れ方7. 相手が引き止めて来たときも、中途半端に同情しないようにする

別れる気がないのに別れを切り出されたら、大抵の場合、引き止めにかかりますよね。

「もう、絶対浮気しないから!だから、もう1回だけチャンスちょうだい!」

「つい心配で、それで束縛しちゃったっていうか…。そんなに嫌がってるなんて思わなかったんだ。もう束縛しないから!」

別れを阻止しようと、必死で食い下がる彼氏を見ていたらつい同情で別れを撤回したくなりますが、本気で別れたいのであれば、中途半端に同情するのは絶対にやめましょう。


別れ方8. 何をされるか不安な相手であれば、友人に付き添ってもらうと良い

別れ話を切り出したら、どんな反応をするか分からないタイプの彼氏なら、信用できる友人に付き添ってもらいましょう。

それまで、様々な別れを予感させるサインを出しておいた上で、別れ話を切り出すという事は、その時が本当に別れたい時ですよね?

確実に穏便に別れるためには、まず、自分自身の安全も確保しておく必要があります。そのためには、彼の家や自分の家など密室になりやすい生活空間は避け、日中のカフェなど、他の人の目がある場所がおすすめです。


LINEで別れ話を切り出すことも考える

できれば、直接会ってきちんと伝えたい別れ話ですが、彼の性格上、直接会って話をするのが危険そうなら、LINEで別れ話を切り出す事も考えておきましょう。

LINEでの別れ話が向いている彼氏は、大抵の場合、それまでに出していた別れを予感させるサインもスルーできる鈍感力の持ち主、もしくは、別れのサインに気づいているけど別れたくないからわざとスルーしているか、どちらかのタイプ。

この手のタイプは、直接別れ話をしても自分のペースに無理矢理持っていき、別れたい時に別れさせてくれなくて、気がついたら関係続行することになっている場合があるので気をつけましょう。


別れ方9. 感謝の言葉を伝えることを忘れないようにする

彼がどんな性格であろうと、別れの原因が100%彼にあったとしても、穏便に別れるためには本心かどうかは別として、感謝の言葉を伝えることを忘れないようにしましょう。

「◯◯君とは、もう彼氏彼女じゃなくなるけど、◯◯君と付き合えて楽しかったよ。ありがとうね。」

「◯◯君と付き合えて、なんか成長できたような気がするの。今までありがとうね。」

など、感謝の言葉を伝える事で、「2人の関係は全て終了しました。」と線引きもできるので、彼が別れる事に反対していても別れたい時に比較的スムーズに別れられますよ。

ただし、この感謝の言葉を別れたい時に伝えるのではなく、別れてからしばらく経ってから伝えると、「あ、こいつ、より戻したいから連絡してきたのかな?」と勘違いされる恐れもあるので気をつけましょう。

【参考記事】はこちら▽


彼氏と別れを決めた時は、勇気を出して一歩踏み出しましょう。

付き合いが長くなればなるほど、別れるのは難しくなりますし、別れを切り出すのも簡単ではなくなります。

別れたい理由がどうであれ、別れたい時にできるだけ円満に別れるためにも、別れを予感させるサインの出し方は頭に叩き込んでおきましょう。

また、「別れるのはいつでもできるから。」と好きではなくなった彼氏といつまでも付き合っていると、次の恋のチャンスを逃してしまいますよ

愛は無くて情が残っていようと、どこかできっぱり気持ちを決めて、新しい恋のための一歩を踏み出してみましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事