「復縁は準備が9割」元彼・元カノとよりを戻す“復縁の方法”まとめ

彼氏彼女と別れても相手を忘れられなくて、ずっと想いを寄せているあなたに「復縁する方法」を伝授。元彼・元カノとどうしても復縁したいなら、まず準備をすること。気持ちの整理・LINEの送り方・冷却期間など、復縁する準備を始めましょう。復縁の確率を上げる方法も解説するので、参考にどうぞ。

復縁する方法が知りたい男女へ。

元彼・元カノと復縁する方法

彼氏や彼女と別れたあと、「やっぱりあの人しかいない」「なんとかして復縁したい」などと思っている人もいるでしょう。復縁したくても、どんな方法をとればいいのかわからないことも。

この記事では、復縁するためにすべきことから元恋人とLINEする上で大切なこと、さらには復縁の確率を少しでもあげる方法をご紹介します。


そもそも「復縁」とは?

復縁とは、以前は彼氏や彼女として付き合っていたが、何らかの諸事情により恋愛関係性を解消し、そのあと再び元の付き合っている関係性に戻ることを指しています。

一度付き合ってから別れることはよくあることでしょう。ですが、別れたあとから再び関係性が戻るのは簡単ではありませんよね。

タイミングやお互いの「好き」という感情が戻らない限り、たとえ復縁したとしてもうまくいかないことが多いです。


大前提!復縁は長期戦になる可能性が高いことを理解しよう

「あの人とどうしても復縁したい」と思っても、すぐに復縁できるとは限りません。基本的に、復縁は長期的な戦いになりやすいことを頭に入れておいてください。

「別れたけどすぐによりを戻したい」と思って再度アプローチをかけても、お互い了承して別れたので、すぐに元に戻りにくいでしょう。復縁できるまではそれなりの期間がかかると考えて、徐々に相手の気持ちを取り戻しましょう。


元彼・元カノから振られた場合は、「冷却期間」が大事になってくる

長期間復縁に向けて戦う上で、「冷却期間」を常に頭に入れておくことも大切。

冷却期間があることで、お互いの気持ちにもさまざまな変化が起こり、「やっぱり復縁したいかも」と思い直すことも少なくありません。

ちなみに復縁するための冷却期間に関しては、女性より男性の方が長くかかりがち。もしよりを戻したいと考えている人は、彼との距離がどのくらいあるのか確かめながら、復縁に向けて行動してみてくださいね。

【参考記事】はこちら▽


復縁をしたい!まず、初めにやるべきことは?

遠距離恋愛などが原因となって彼氏や彼女と別れたとしても、やっぱり忘れられずに元の関係性に戻りたい人も多いはず。ここでは、復縁をしたいときにやるべきことをご紹介します。

復縁をする時は、一度立ち止まって自分自身を見つめ直すことも大切。ぜひ参考にして、少しずつ距離を縮めてみましょう。


やるべきこと1. 一度別れてしまった事実をしっかりと受け止める

復縁したいとき、まだどこかで付き合っているような感覚を持っている人もいるかもしれません。ですが、大切なのは「今は別れているんだ」という事実をしっかりと受け止めること。

別れたことをしっかり受け止めることで、復縁するために反省しなければならないことが自然と見えてきますよ。

「まだ完全に別れたわけではない」といった感覚を持っていると、復縁がどんどん遠のいてしまう可能性も。


やるべきこと2. 何で別れてしまったのかもう一度考えてみる

直接の別れた原因が相手であっても、自分にも何かしらの原因があるはず。別れたという事実を受け止めたあとは、別れた原因を考えて反省し、さらには改善することが大切です。

ここで頭に入れておきたいのが、別れた原因を全て相手に押し付けないこと。

もしかしたら、過度に束縛していたことが相手が嫌に思っていたケースもあるかもしれません。

主観的になるのではなく、相手の立場に立って客観的に考えてみてくださいね。


やるべきこと3. 元彼・元カノに対する自分の思いを全て紙に書き出してみる

元彼や元カノに対して、「こういうところが嫌だった」「でもこういう部分は好きだったかも」など、いい部分や悪い部分含めて紙に書き出してみましょう。紙に書き出すことで、頭の中で思っていたことが必然的に整理できますよ。

それだけでなく、紙に書き出すことで「こんなにいいところあったんだ」「やっぱりこの人しかいない」と、より復縁に対して気持ちが強まることもあるでしょう。


やるべきこと4. 別れてしまった原因が自分にある場合は、その欠点をもう一度見つめ直す

別れてしまった直後は「相手のああいうところがよくなかった」と相手を責めてしまいがち。ですがあれこれ考え直してみると、もしかしたら自分に原因があった可能性もゼロではありません。

もし自分に原因があった場合、そのままの状態で復縁を求めても相手は応じてくれません。以前とは違う自分を相手に見てもらうことで、相手も「なんか変わったかも」と感じて復縁を考えてくれるかもしれませんよ。

【参考記事】はこちら▽


相手の欠点が原因の場合は、もう一度受け入れられるか考える

遠距離恋愛など別れる原因はさまざまですが、相手が一方的に悪い可能性もありますよね。

そんな時は、元彼もしくは元カノの欠点を紙に書き出してみるのもおすすめ。紙に書いて客観視することで、相手の欠点をもう一度受け入れられるか考えやすくなります。

「それでも復縁したい!」と思う人もいるでしょうが、「復縁しても耐えられないかも…」と感じてしまうことも。一度立ち止まって、冷静に考えてみることが大切ですよ。


やるべきこと5. 復縁への感情が一時的な感情ではないか?もう一度冷静に考えてみる

別れてすぐに「やっぱり復縁したい」と思っても、それが一時的な感情である可能性もゼロではありません。復縁してまた同じ悲劇を繰り返さないためにも、一度冷静に立ち止まってみてください。

少し距離を置いて考える期間を置くことで、「やっぱり復縁は無理かもしれない…」と考えが改まる可能性も。期間を置いて自分を客観視してあげて、復縁するかしないか冷静な判断してみましょう。


やるべきこと6. 別れてからしっかりと冷却期間をとっているのか再検討する

別れたあと、すぐに復縁を望もうとしていませんか。別れてすぐはどうしても視野が狭くなり、「復縁したい」という感情が先走ってしまいがちに。そこで大切にしてほしいのが冷却期間です。

冷却期間がしっかり取れているか再度見直すことで、冷静な自分が取り戻せることも。冷却期間が浅いために冷静な判断ができないだけで、しっかりと冷却期間をとると考えが変わる可能性も高いでしょう。


復縁する方法の中でも重要!元恋人とLINEをする上で大切なこと

別れたあとにしっかり考え直した上で、再度「よりを戻したい」という結論に至ったとき、重要な鍵を握るのがLINEではないでしょうか。

復縁を迫ろうとする時、まずはLINEでメッセージを送る人がほとんどでしょう。ここでは、元恋人とLINEする中で大切なことを解説します。


1. 大前提。別れてすぐにLINEを送らない

まず大前提で頭に入れておきたいのは、下手に出ないこと。別れてからすぐの場合、相手の様子が気になってついLINEを送ってしまいがち。

ですが別れてからすぐにLINEを送ってしまうことで、場合によっては都合の良い存在になる可能性もゼロではありません。

復縁するためには、お互いが見つめ直す冷却期間が必要です。しばらく連絡を送らないことが復縁するための近道だと思っておきましょう。


2. スクロールが必要な長文を送るのはNG

メッセージを読むときは相手に読んでもらいやすい長さになるよう意識してみてください。

復縁したいと思う相手だと、ついあれこれ言いたくなってしまいたくなるかもしれません。そうなると、文章もつい長くなってしまいがちに。

ですが相手からすると、「なんだかめんどくさいな」と感じてしまい、さらに嫌われてしまうかもしれません。目安としては、1〜2行の短さが読みやすくておすすめです。


3. 彼女面、彼氏面をしないことも大切

別れた直後は、付き合っていた当時の感覚が残っているので、彼氏面や彼女面してしまいがち。別れたあとにそうした態度をLINEにも出てしまうと、相手が引いてしまう可能性も。

大切なのは適度な距離感を築くこと。すぐに恋愛感情を見せると警戒心が高まることもあるので、相手に心情を悟られないよう距離を置くよう意識してみてくださいね。

恋人ではないので、言葉をしっかり選んで相手にメッセージを送りましょう。


4. すぐに返ってこなくても焦らない

LINEを送ったとき、相手から返事がなかなか来ないからといって、催促するようなメッセージを送らないようにしましょう。

メッセージが来ないと不安になるはず。ですが「返事遅いけど何かあった?」などと催促するような行動をとれば、相手はしつこさを感じて余計に嫌われます。

LINEがなかなか来ないからときは、焦らずじっくり待つことが大切。気になるかもしれませんが、大きい器を持つよう心がけてみてくださいね。


5. 自分もすぐにLINEを返信しないようにする

返信の速度も非常に重要な要素。相手からLINEの返事が来たからといって、すぐに「返さなきゃ」と思わないことが大切です。返事が来たら嬉しいのは理解できます。

ですが返信が早すぎることで、がっつかれている印象を持たれてしまうことも。

基本的には、相手の返信速度に合わせることをおすすめします。1時間後に返信が来たら自分も1時間後に返すなど、相手のペースに合わせることでLINEが続きやすくなるはずです。


6. 誕生日や正月などのイベント日にLINEをするのはGOOD

お正月や相手の誕生日など、特別なイベントのときにLINEを送るのはおすすめ。「おめでとう!」と送ることで相手も受け取りやすく、まさにLINEを送る絶好のチャンスです。

「元気にしてる?」「最近どう?」などといった近況を尋ねることで、相手からの返信を待ってみましょう。

ここでポイントとなるのが、復縁を含ませる内容を送らないこと。相手が復縁のニュアンスを感じ取ってしまうと、せっかくLINEしても途切れてしまうかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


どうしても復縁したい!元彼・元カノと復縁する方法

一定期間の冷却期間を置いたあと、「やっぱり復縁したい!」と思っても、どのように復縁に向けて行動すればいいのか方法がわからない人もいるはず。

ここでは、「どうしても復縁したい!」という人向けに、復縁する方法について解説します。


復縁方法1. しっかりと冷却期間を置いたことを再確認する

復縁するには、お互い自分自身を見つめ直すためにも、やはり冷却期間は必要。冷却期間として、少なくとも1ヶ月は空けているかどうか確認してみてください。

冷却期間を置かず、すぐによりを戻そうなんて考えてはいけません。お互いに距離を置いて見つめ直すことで、相手を許す時間を作ったり、別れた原因をあれこれ考えたりするようになります。

復縁したい場合は、できるだけ焦らず長い目で考えることをおすすめします。


復縁方法2. さり気なく元彼・元カノと連絡を取る

冷却期間がしっかり取れたと感じたら、元彼もしくは元カノにLINEしてみるのも方法のひとつ。

ここでぜひ覚えてほしいのが、もう一度最初から恋愛関係を築くという意識を持つこと。いきなり復縁を迫っても、うまくいきにくいでしょう。

通常の恋愛と同じように、友達から徐々に恋愛関係になる過程を辿るのも方法のひとつ。仲の良い友達の状態でい続けることで、「やっぱり彼氏彼女として一緒にいたい」と思ってくれるかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


復縁方法3. 勇気をだして食事やデートを誘ってみる

連絡を取り合っていい感じになってきたら、「食事に行きませんか?」「映画観に行きませんか?」など、会う約束を取り付けてみましょう。

やはりいくらLINEなどでメッセージをやりとりしていても、会わない限り復縁は難しいでしょう。

まずは復縁を迫らずに、気軽な感じで誘ってみるのがおすすめ。非常に勇気が入りますが、復縁したいのであれば必要なことです。何度か会うことで、「やっぱりいいかも」と復縁を考えてくれることも。


「5分だけ会ってくれない?」と呼び出すのも“アリ”

もし食事などデートに誘っても、相手がなかなか応じてくれないこともあるかもしれません。そんな時は、「5分や10分だけでいいから」と伝えてみるのも奥の手。

2時間や3時間のデートと比較して、この方法だと相手も会いやすさを感じやすいです。さらに「短時間だけでも会いたい」という気持ちをアピールすることで、相手も誠意を感じて、気持ちが揺らぐこともあるかもしれませんよ。


復縁方法4. 自分の正直な復縁したい気持ちを伝える

デートの約束をして実際に会えたときは、いよいよ告白タイムです。

「ちょっと話があるんだけど…」から始まり、「やっぱりいろいろ考えたけど、好きな気持ちは変わらないしどうしても復縁したい」なんて言われたら、相手も真剣に考えてくれるはず。

思いは言葉にしないと伝わりません。勇気は必要かもしれませんが、自分のありのままの気持ちを話すことで、また彼氏や彼女といった関係性に戻れる可能性もありますよ!


回りくどい言葉ではなくシンプルに伝える

相手に復縁したいという思いを伝えるとき、奥の手としてストレートに気持ちを伝える意識を持ちましょう。

回りくどい言葉になると、相手も「何が言いたいのかわからない」と思ってしまいがち。せっかくの告白が、台無しになる可能性もゼロではありません。

相手に気持ちを伝えるときは、やはり素直かつ正直に伝えることが一番です。まっすぐな気持ちを伝えることで、相手も誠実さを感じて、復縁への可能性も高まるはずです。


復縁方法5. どちらに転んでも、しっかりと相手に感謝の気持ちを伝える

「復縁したいと思っている」と相手に誠実に伝えたあと、復縁できるケースもあれば「ごめんなさい」と断られてしまう可能性もあるでしょう。

もし断られたとしても、それは相手もしっかり考えた上での結論。「せっかく復縁してやってもいいと思ったのに」と悪態をついてしまうと、相手が引いてしまいかねません。

「聞いてくれてありがとう」と相手に感謝の気持ちを伝えることで、そのあとの関係性もギクシャクせずに済むでしょう。

【参考記事】はこちら▽


復縁したい時に、少しでも確率を上げる方法を教えて!

どうしても復縁したいと思ったとき、可能ならば復縁できる確率を少しでも高めておきたいですよね。ここでは、復縁できる確率を上げるための方法をご紹介します。

あとで後悔しないためにも、ぜひ参考にして復縁できるよう努力してみませんか。


確率の上げ方1. 別れている間に自分磨きを怠らない

本気で復縁したいのであれば、言葉だけでなく行動で示すことが大切です。そのために、自分磨きに目を向けてみるのも奥の手のひとつ。

別れたときに「自分のこういうところがダメだったのかも」と思い当たる節がある人は、自分磨きをすることで改善を図ることが大切です。

自分磨きをしておくことで、久しぶり会ったときに「なんか以前とは違う」と新たな印象が植え付けられますよ。良いギャップを見せつけることで、再び恋愛感情を抱いてくれるかもしれません。


確率の上げ方2. 男性であるなら、仕事に打ち込み自信を付ける

もし復縁したい女性がいる場合、自分にもう一度自信をつけるためにも、目の前の仕事に集中してみるのもひとつの方法。別れたあとは悲しい気持ちになってしまい、なかなか仕事に集中できないかもしれません。

ですがそんな時こそ、あえて仕事に精力を注いでみてください。仕事で認められることで、元カノにも新たな自分で挑みやすいでしょう。元カノからしても、「なんだか以前とは違う」と思ってもらえるかも。


確率の上げ方3. 元彼・元カノがいる未来、いない未来をしっかりと考える

この先の未来をしっかり考えてみるのもおすすめしたい方法のひとつ。「ただ復縁したい」とだけ考えている人は、復縁することがゴールになっています。

その場合、復縁しようとしている過程において諦めてしまう可能性もゼロではありません。

そうではなく、復縁したあとのこと、もしくは元彼や元カノがいない未来も考えてみてください。その先まで視野を広げて考えることで、未来が見据えた行動ができて復縁の可能性も高まります。


復縁したい時の男女の脈あり行動とは?

自分から別れを切り出したあと、相手に復縁を迫られるなんてこともあるかもしれませんよね。ここでは、復縁したい男の行動さらには女の行動をご紹介します。

もし当てはまる言動がありあなたも気持ちが残っているならば、復縁を考えてみてはいかがでしょうか。


1. 定期的にLINEやメールなどで連絡をとってくる

LINEやメールで、「元気にしてる?」「久しぶり!」もしくは「好きな人できた?」などと連絡が来るかもしれません。

そういうときは、相手は復縁を望んでいると考えて良いでしょう。相手は、あなたが何をしているのか気になっている状態です。

「元気にしているよ」などと返すと、食事などに誘ってくる可能性も高いでしょう。もし元彼・元カノと復縁を考えている人は、その誘いに応じることで復縁を狙ってみてくださいね。

【参考記事】はこちら▽


疑問系で複数回、連絡が続くようであるなら脈あり

LINEで連絡がきたとき、何度かやりとりする中で「最近仕事の調子はどう?」「最近変わったこととかある?」などと疑問系の質問が続くかもしれません。疑問系で聞くということは、それだけやりとりを続けたいということ。

もし復縁したいと思わないのであればスルーしてもいいかもしれませんが、自分も復縁を考えているのであればいいチャンス。

何通かやりとりしていると、デートに誘われる可能性も高くなるはずです。


2. 「俺(私)、変わったよ!」と連絡をしてくる

別れた原因が相手にあるとき、別れた原因を反省したことをアピールしてくる人も。もう一度あなたに認められたいからこそ、わざわざLINEなどで「俺、昔とは変わったから!」などと連絡してきます。

「まあ、会ってみてもいいかな」と思うときは、ぜひ会ってその変わった様子をチェックしてみるのもいいでしょう。以前とは違うそのギャップに、思わず惚れ直してしまうかもしれませんよ。


3. 「彼氏(彼女)できた?」と頻繁に聞いてくる

復縁したいとき、相手に彼氏または彼女ができたか気になるもの。LINEなどで「彼氏できた?」「好きな人できた?」などとよく聞いてくる人も、まさしく復縁したい男の行動です。

もし復縁に興味がない場合、たとえ嘘あっても「新しい彼氏ができたんだ」「好きな人いるよ」などと言ってみるのも”アリ"です。

相手は傷つくかもしれませんが、いないとわかった途端、連絡がしつこくなることも。他に想っている人を匂わせるだけで、「もうどうしようもないな」と思い諦めてくれるかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


4. 付き合っていないのにデートに誘われる

「今度〇〇行こう!」と誘われたときも、復縁したいと思っている脈ありサイン。もし復縁したいと思っていなければ、別れた相手とデートしたいなんて思わないはず。

もしあなたも復縁を望んでいる場合であれば、そのデートに応じることで気持ちが相手に伝わるでしょう。

ここで注意しておきたいのが、そのデートに下心があるかどうか。元彼がデートに誘ってきた場合、ひょっとすると都合の良い関係になりたい可能性も考えられます。


復縁したい時は、事前準備を入念に行いましょう。

ここまで、復縁をしたいときにやるべきことから、別れた恋人とLINEをする上で大切なこと、さらには復縁する方法と復縁の確率を少しでも上げる方法を解説しました。

遠距離恋愛や浮気など別れる原因もたくさんありますが、それと同じくらい復縁する方法もさまざま。

ですが注意しておきたいのが、いきなり復縁を迫らないこと。しっかりと冷却期間を置いた上で、その復縁の意思を相手に伝えてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事