振られた恋人と復縁する方法|元恋人が出す可能性が高い脈ありサインも紹介

恋人に振られたけど復縁したいと思う時ってありますよね。そこで今回は、復縁したい人が行うべきことから、相手に復縁したいと思ってもらう方法、別れた恋人と復縁する方法をレクチャー!さらに、元彼・元カノが見せる脈ありサインも解説します。諦めきれない方は、参考にしてみてくださいね。

恋人に振られて復縁したい方へ。

振られた恋人と復縁する方法

幸せな交際を続けてきても、様々な理由によって振られてしまうことがあります。

相手のことをどれだけ思い続けていても、お互いの気持ちが一致しない限りは2人の関係は戻らず、復縁は難しいもの。しかし、具体的にどうすれば相手の気持ちを取り戻せるのか、その方法が分からず悩むことも。

そこで今回は、恋人に振られた場合に復縁するためにはどのようなことをすれば良いのか、よりを戻すための秘訣を解説していきます。


振られた恋人と復縁したい人が、まず行うべき2つのこと

復縁したい人がまず行うこと

振られたショックな気持ちから立ち直ることができず、日常生活もままならない人も少なくありません。

彼氏や彼女から振られてしまった人が復縁するためには、まず何から始めれば良いのでしょうか

いくつかの段階に分けて詳しくご紹介していきます。


行うべきこと1. きちんと振られた理由を確認する

彼氏や彼女に振られた時に、まず考えなければならないのは、振られた理由についてです。男性と女性が付き合い、その後別れるということは必ず何らかのきっかけがあったはずです。

まずは、なぜ自分は振られたのかをよく考えることから始めましょう。


① 性格や価値観のズレが大きかった

男性と女性が交際をし、彼氏と彼女の関係になるということはお互いに惹かれ合うものがあったということです。交際当初はは結婚を考えるほど真剣だった交際も、時間が経つにつれて相手の嫌な部分が見えてくることも少なくありません。

なかでも多い原因が、性格や価値観のズレです。ものの考え方や金銭感覚など、日常生活をともにすることで初めて見えてくる部分もあります。

ズレによって生じた不満が積もり積もって、ある日突然別れを切り出されて振られたというパターンは少なくありません。

また、男性らしさや女性らしさを求める人と、多様性を重視する人の間ではギャップも生じ、相手に合わせることができなくなって別れを選択されるケースもあります。


② 自分が相手にばかり負担をかけてしまった

振られた人は相手に負担をかけすぎた

同棲生活を経たうえで別れることも多いですが、彼女にばかり家事をさせてしまったり、彼氏にばかり金銭的負担を押し付けてしまったりすることで振られたというパターンも多いです。

同棲生活はいわば結婚生活のリハーサルのようなもの。単に彼氏と彼女という立場で付き合うのではなく、よりリアルな生活スタイルが見えてくるもの。

その後の結婚生活を想像した時に絶望的な気持ちになり、別れを選択する人も少なくありません。


③ 相手に他に好きな人ができてしまった

交際期間が長くなると、付き合っている彼女や彼氏以外に気になる人ができたり、目移りしてしまうことがあります。

相手に興味をなくしてしまったりすると、他の異性に逃げてしまうことは当然のこと。

なぜその人のことを好きなったのかを聞いたうえで、自分に何らかの非がなかったのか、今一度考えて見る必要があります。


④ 浮気された、もしくは浮気がバレてしまった

振られた恋人浮気がばれた

好きな人ができてしまったというケースよりも深刻なのが「浮気」。自分自身が浮気をしていて、相手にそれがバレてしまうケースも多いです。

何らかのタイミングや出来心だったとしても、相手にとっては心に深い傷を負わせることになります。


⑤ 喧嘩して感情的になってしまった

長く交際していると、時には喧嘩をすることもあります。

一時的な感情に任せて怒鳴り散らしたり、ヒステリックになってしまうと、相手の気持ちは一気に冷めてしまいます

あまりにも感情的になってしまうと、相手にとってはその時の表情や光景がトラウマになり、恐怖にも似た感情で別れを切り出されることもあります。


行うべきこと2. 振られた理由に応じて冷却期間を設ける

何らかの理由によって振られた場合、すぐに復縁を迫るのではなく冷却期間を置くことが重要です。

しかし、その冷却期間も別れに至った原因によって期間が変わってきます。具体的にどの程度の冷却期間を設ければ良いのか詳しくご紹介していきます。


① 冷却期間を「1〜2ヶ月」設ける場合

一時的に機嫌が悪かったり、つい相手に対して冷たくしてしまったり、些細な言動が原因で別れてしまった場合は、1〜2ヶ月程度の冷却期間をおくことがおすすめです。

別れてみてから相手の良さに気付いたり、相手にとって自分は必要な存在だと感じてくれることも多いため、少し時間をおくだけで関係が修復し復縁できる可能性もあります。


② 冷却期間を「2〜5ヶ月」設ける場合

振られた理由により冷却期間を設ける

相手に対して暴言を吐いてしまったり、傷付く言葉を発したりしたことで関係が悪化して別れた場合、2〜5ヶ月程度の冷却期間が必要です。

関係修復にはかなりの時間を要するため、しばらくは自分からLINEなどで連絡をすることはせず、きちんと反省している姿を見せるようにしましょう。

必ずしも復縁できるとは限りませんが、あなたの態度やタイミング次第ではよりを戻すことも可能です。


③ 冷却期間を「半年〜1年」設ける場合

浮気など、重大な問題によって別れた場合は、半年〜1年以上は冷却期間が必要です。

あまりにも深刻な問題の場合は、そもそも修復不可能な可能性も高いですが、どうしても相手のことが忘れられない場合はタイミングを伺いながら待つのも一つの方法です。

この場合も、LINEなどで連絡をとることは厳禁です。

【参考記事】はこちら▽


振られた恋人に復縁したいと思ってもらう方法

shutterstock_523813840.jpg

一度別れた彼氏や彼女と復縁をするための理想の形は、自分のことを振った相手からよりを戻したいと思ってもらうことです。

難易度が高い方法で必ずしも成功するとは限りませんが、自分自身の態度によっては成功する可能性もあります。


方法1. 振られた原因をきちんと改善する

振られた原因をはっきりとさせ、それを確実に改善することが第一です。

お金や金銭感覚が原因であれば貯金をしたり、女性関係や男性関係のトラブルであれば全て縁を切ったり、はっきりと目に見える形で覚悟を示す必要があります。

女性関係や男性関係に関するトラブルであれば、自分の口から発するのではなく、周囲の人間から「あの人は変わった」と言われるようになるのが理想です。


方法2. 自分磨きをして、以前よりも魅力的な人になる

自分磨きというと漠然とした言葉に聞こえますが、外見と内面の自分のイメージを一心することを意識してみましょう。

ダイエットやエステ、化粧の勉強、ファッションなどは外見上の自分磨きです。これに対して内面は、様々な本や映画、音楽に触れて感性を磨いたり、新しい趣味を見つけて没頭してみるのも良いでしょう。

何かに夢中になっている人の多くは生き生きとした表情をしていて、それだけで魅力的に見えるもの。元恋人の気を引くなら、イメージが変わった自分を見せるのも一つの手段です。

【参考記事】はこちら▽


方法3. 仕事や趣味に打ち込み、私生活を充実させる

復縁したいと思わせる方法は私生活を充実させる

内面の自分磨きとも共通する部分ではありますが、仕事や趣味に打ち込むことで表情も明るくなってきます。

また、現在の仕事以外にやりたいことがあれば、思い切って仕事を辞めて転職してみるのも良いかもしれません。

仕事や趣味が充実してくると自然と自信が身につき、表情が生き生きとしてきます。その様子を見せることで、元恋人が振ったことを後悔して復縁しやすくなりますよ。


方法4. 聞き役に徹して、余裕のある態度を心がける

男性でも女性でも、前のめりでガツガツしすぎる人は良い印象をもたれません。

何気ない会話の中でも話すのが好きな人と聞くのが上手な人とでは、聞き上手な人のほうが安心感があります

特に男性の場合は、女性と対応に会話をするのではなく、あくまでも話し手は女性であり、自分自身は聞き役に徹することでスマートな印象を与えることができます。

余裕のある態度を元恋人に見せれば、他の異性よりも魅力的に見えて、よりを戻してくれることもありますよ。


方法5. 相手の長所を自然に褒めてあげる

男性や女性を問わず、好印象な人の共通点として挙げられるのは、人の良いところをを引き出してくれる人です。その人の短所を見つけ出して責め立てるよりは、長所を引き出しながら嫌味に感じない程度に褒めてくれる人のほうが何倍も魅力的に映ります。

実際に付き合った後のことを考えると、長所を引き出してくれる人は自分自身の成長にもつながっていくためです。また、普段から人の良いところに目を配ることで、性格的にも穏やかな雰囲気が感じられるようになります。

元恋人に振られたからと言って悪口などを言うのではなく、自然に褒めることで、相手に好印象を持たせることができます。関係が継続しているのであれば、ぜひ自然に褒めるようにしてみましょう。


実践編!振られた恋人と復縁する3つの方法

振られた恋人と復縁する方法

振られた恋人と復縁をするためには、やはり相手からのアクションを待っているだけでは難しいものです。

自分からアクションを起こすことで復縁の可能性は高くなりますが、どのような点に気をつければ良いのかご紹介していきましょう。


復縁方法1. 冷却期間を設けたら、自然なタイミングで連絡をしてみる

一定の冷却期間が過ぎたら、まずは連絡を取ってみましょう。新年の挨拶がもっともベターですが、ハロウィンやクリスマスなどのイベント時でも良いでしょう。

この時注意しなければならないのは、長文のメッセージを送ることは厳禁です。簡単な挨拶を送ってみて、相手がどのような返信をしてくるか様子を見てみましょう。

あくまでも重要なのはきっかけ作りであり、焦って本題に入ってはいけません。


復縁方法2. 連絡のやり取りが続くようになったら、食事に誘う

簡単な挨拶から徐々に会話が弾むようになったら、少し間を空けて食事に誘ってみましょう。

一気に復縁を狙うのではなく、食事に誘うことで、お互いの気持を再度確認できますよ

共通の知人がいれば、グループで誘ってみるのがベストですが、難しい場合は食事に誘う前に電話で何度か会話をしてみるのがおすすめです。LINEのようにテキストだけでは伝わらないニュアンスや、相手のテンションなどが見えてくるはずです。


復縁方法3. 何度か食事やデートを重ねたら、再び告白する

振られた恋人と復縁するには何度かのデートの後告白する

食事に連れ出すことに成功し、お互いに楽しいと感じたら次のきっかけを探ってみましょう。その場で次の約束をするのではなく、帰宅してからLINEなどでお礼を伝えつつ、相手の様子をうかがいます。

次の食事やデートの話題を出しつつ、相手が嫌がっていないようであれば、その後何度かデートを重ね、自分の気持ちを伝えましょう

【参考記事】はこちら▽


復縁できる可能性大!元彼や元カノが見せる脈ありサイン

復縁する脈ありサイン

かつて付き合っていた恋人と復縁するには、やはり自分の気持ちを正直に伝えなくてはなりません。

元恋人同士とはいえ、相手が自分のことをどう思っているのかは本人でなければ分からないもの。

しかし、相手によっては様々な脈ありサインを出してくることもあります。どのような言動が脈ありサインとして考えられるのか、具体的に見ていきましょう。


脈ありサイン1. デートや食事の誘いを快諾してくれる

デートや食事の誘いに快く応じてくれる場合、少なくともあなたのことを拒否しているとは考えづらいです。

2人きりの空間であるデートや食事は、嫌悪感を抱いている人とはできないものです。恋愛的な感情とはまた別ですが、「顔も見たくない」、「会いたくない」といった感情ではないと考えられます。すぐに復縁できるとは限りませんが、少なくとも復縁の可能性がゼロではないといえます。

今後あなたの言動次第では、よりを戻すことは可能であると考えておきましょう。


脈ありサイン2. 付き合っていた頃の話題を出してくる

どのような別れ方をしたのかによっても変わってきますが、2人が付き合っていた頃の話題を出してくるということは、楽しい思い出として残っている可能性が高いです。

少なくとも辛い思い出のある話題をわざわざ自分から出してくることは考えづらいため、その人にとって過去の恋愛はポジティブなものであったと認識しているはずです。

相手のほうから付き合っていた頃の話題を出してくるということは、また当時のような恋愛をしたいというサインの可能性もあります。


脈ありサイン3. 「今は恋人いない」アピールをしてくる

復縁の脈ありサインは恋人いないアピール

単純に友達としての食事であれば、自分から進んで「恋人がいない」とアピールしてくることは不自然です。

自ら進んで恋人がいないことをアピールしてくるということは、異性として見ているという意思の表れでもあります。また、あなた自身に恋人がいるのかを聞き出し、チャンスを伺っているサインの可能性もあります。


脈ありサイン4. 相手からも食事やデートの誘いが来る

相手からの誘いが頻繁に来るようであれば、復縁ができる可能性は一気に高くなります。あなたと2人きりで会いたいという意思の表れでもあり、復縁まで秒読みの段階といっても良いでしょう。

はじめの誘いは友達としての関係だったり、単なる近況報告の目的の可能性があります。

しかし、頻繁に会う機会が増えていった場合、付き合うタイミングを伺っていたり、告白を待っているサインの可能性もあります。


脈ありサイン5. 「今付き合ったら、上手くいくかもね」と発言する

過去に付き合っていた頃からお互いが変わり、同じ失敗を冒さないと感じたことで出た発言の可能性が高いです。

単に一時的な感情ではなく、あなたのことを冷静に見ている証でもあります。

ただし、相手は客観的かつ冷静に見ているため、あなた自身に焦りが見えてしまうと逆効果です。大きな脈ありサインではありますが、慎重に考える必要もあります。


復縁する際に気をつけたい注意点もチェック!

復縁するときの注意点は別れてすぐに連絡しない

最後にご紹介するのが、復縁をする際に絶対にやってはいけないことです。

安易な気持ちで再会したり関係を持ってしまうと、そのままズルズルと以前と何も変わらない状態で引きずってしまう結果になります。

どのような点に注意すべきなのか、具体例を挙げていきましょう。


注意点1. 別れてすぐに連絡してしまう

別れた直後は誰しもが孤独に感じ、寂しさに耐えきれずに連絡をしてしまいがちです。

しかし、何の目的もなく、単に寂しいからといって連絡をしてしまうと、相手にとっては迷惑に感じてしまいます。

まずは孤独と向き合いながら、なぜ別れることになったのかをしっかりと考える時間が必要です。もっとも辛い時期かもしれませんが、ここで我慢できるかがその後の成長につながっていきます。


注意点2. 振られた原因を直さないまま、再会してしまう

振られた原因が分からないまま、何も変わっていない状態で再会してしまうことも良い結果を招きません。

再会した相手は「何も成長していない」「何も変わっていない」と感じてしまい、その後一切連絡が取れなくなることもあります。

しっかりと自分と向き合い、どこを変えれば良いのかを考え、自分なりの答えを出してから再会する必要があります。


注意点3. 別れた後も恋人面をしない

復縁の注意点はは別れた後も恋人面しない

ほとんどの場合、別れたからといって相手にすぐ恋人がいるわけではありません。

そのため、中には別れた後も恋人面をする人も少なくありません。既に恋人同士ではないのに恋人面すると、恋人でもないのに迷惑と思われてしまうことがあります。

これは辛い現実かもしれませんが、正面から受け入れて変わろうと努力することで、相手は再び振り向いてくれる可能性もあります。


注意点4. よりを戻す前に体の関係を持ったりしない

もっとも注意しなければならないのが、安易に体の関係を持つことです。

彼氏と彼女という関係ではなく、単なる体だけの関係となる可能性があります。また、人によっては軽い人という印象を持たれてしまうので、恋人に戻るのが難しくなってしまいます


恋人と復縁したい時は、相手の気持ちを考えつつ行動しましょう。

復縁したいときは相手の気持ちを考えて行動しよう

今回は振られた元恋人とよりを戻す方法や注意点について解説してきました。必ずしも全ての人に対して当てはまるものではありませんが、参考になった方も多いのではないでしょうか。

別れた直後はもっとも辛い時期で、どうしてもすぐに連絡をしてしまったり、安易に会ってしまいがちです。

しかし、そこを我慢して相手の気持ちを考えながら自分と向き合うことで、また一つ成長することができるはずです。彼氏・彼女とよりを戻したい方は、本記事を参考に復縁を進めてみてくださいね。


【参考記事】復縁方法完全版はこちら▽

【参考記事】元カレに復縁したいと思わせるテクニックを公開▽

【参考記事】復縁の可能性が高いパターンと低いパターンを解説▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事