復縁する冷却期間はどのくらい?冷却期間中に気をつける注意点とは

別れた恋人との距離をとるために必要な「冷却期間」。今回は冷却期間の簡単な意味や、時間をとる理由、理想的な期間、やるべきことなど完全網羅してお届けします。元彼・元カノと復縁を考えている男性&女性は必見の内容になります。

復縁したい時に必要な「冷却期間」とは?

復縁を狙うときの期間

「別れたけど、まだ好き。どうしたら復縁できるんだろう…」といった悩みを抱える女性(男性)は多いですよね。元カレや元カノと復縁を狙うなら、適切な冷却期間を置くことが大切です。

そこで今回は、冷却期間が必要な理由と適切な冷却期間、その間にやっておくべきことについてご紹介します。


そもそも「冷却期間」とは?

恐らく、様々な復縁関係の記事を読んでいる方に引っかかっているのが「冷却期間」ってそもそも何だ?という部分だと思います。

簡単に言うと「冷却期間」とは一度メラメラ燃える恋心を鎮める期間です。別れた後は、振った方も振られた方もお互いに感情が高ぶっており、冷静な判断ができません。

そのため、しっかりと時間かけて冷静な判断が必要という意味になるのです。


復縁したい!そもそも冷却期間が必要な3つの理由

それでは、なぜ冷却期間が必要なのか?という部分をもっと詳細にレクチャーしていきます。元彼・元カノと復縁したいけど、落ち着きたい期間の理由とは。


1. 客観的に関係を見直すため

別れた直後は、お互いに冷静ではありません。きちんと時間をおいて冷静になることで、客観的に関係を見直せるようになります。

復縁するなら、同じ失敗を繰り返さないためにもしっかり関係を見直してから、再構築していく必要があります。


2. 忘れる時間を作るため

別れてからもズルズルと連絡を取り今まで通りの関係を続けていたら、いつまでたっても彼を忘れられず前に進めないもの。

冷静な思考を取り戻して前に進むためには、距離をおいて彼のことを忘れる時間を作ることが大切です。一度忘れて関係をリセットし、それでも彼が好きなら復縁を考えてもいいでしょう。


3. 自分自身を変える時間を作るため

お付き合いしていると外見や言動など、どこかで必ず彼の影響を受けますよね。彼に合わせることで、本来の自分を見失っていた部分もあると思います。

冷却期間は、そんな自分自身を変えて、新しい自分に生まれ変わるために必要です。彼と別れて一人になることで、本来の自分としっかり向き合えるようになります。


どのくらい必要?別れた理由によって必要な冷却期間

復縁に冷却期間が必要な理由をお伝えしましたが、ここからは実際にどのくらいの期間が必要ななのか?別れた理由に適切な、冷却期間をお伝えしていきます。


1. 冷却期間「2週間〜1ヶ月」

まずは別れてから2週間〜1ヶ月と短い期間になります。全体的にライトな別れ方や、振った側ということが多い傾向にあります。


① 些細な喧嘩が原因で別れた場合

「ちょっとしたことが原因で喧嘩になり、売り言葉に買い言葉で別れてしまった」という場合は、冷却期間は短くて良いでしょう。

この場合は、お互いがまだ好きで、別れたことを後悔しているパターンが多いです。

短い冷却期間を置くことで冷静さを取り戻し、お互いの存在の大事さに気付くことができます。冷却期間の後は、LINEや電話ではなくきちんと対面で話し合うと、お互い素直なことが言い合えるでしょう。


② あなたが彼氏を振った場合

あなたが彼氏を振った場合は、彼はまだあなたのことが好きな可能性が高いでしょう。

この場合の冷却期間は、あなたが自分の気持ちを整理するための時間です。あなたにとって彼が必要で「復縁したい」と感じたのなら、彼が諦めてしまう前に早めに冷却期間を終わらせて彼に気持ちを伝えた方が良いでしょう。


2. 冷却期間「2ヶ月〜半年」

続いては冷却期間が2ヶ月から半年と少し長いスパンでの期間になります。重すぎないけど、軽すぎない別れの理由が多く目立ちます。


① 彼氏に別の好きな人ができた場合

彼氏から「好きな人ができた」と言われて別れた場合は、2か月~半年の冷却期間を作りましょう。

誰かを好きになって別れたのなら、2週間やそこらで彼の気持ちが変わることはまずありません。けれどこれだけの期間を空ければ、彼と好きな人との関係にも変化があり、気持ちも変わっているかもしれません。


② 性格や価値観の違いを感じて別れた場合

性格や価値観の違いを感じて別れた場合も、一定の冷却期間が必要です。

性格や価値観はそう簡単に変わらないので、もう一度付き合っていくにはどちらかが妥協して折り合いをつけていくしかありません。しかし、期間を置くことでお互いに自分と向き合い、上手くやっていく妥協案が思いつくかもしれません。


③ 生活のすれ違いで別れた場合

問題が生活のすれ違いだけなら、そこさえ解決したら付き合っていけるということですよね。

彼と復縁したいなら、冷却期間をつくり自分の生活を変えることで解決するかもしれません。また冷静になることで、生活がすれ違っていてもLINEで連絡を取ったりこまめに返信したりと、上手くやっていく方法が見つかることもあります。

期間を置くことで彼の生活パターンが変わることもありますよね。


3. 冷却期間「半年以上〜」

最後は半年以上というとても長い期間になります。別れた理由がほんのちょっとのことでは変わらない理由が多数です。ものによっては半年以上経っても変わらないものもあるため、心して見る必要があります。


① 結婚を諦めて別れた場合

結婚のタイミングは、大人の恋愛において重要な要素ですよね。

結婚したいけれど彼はまだ早いと感じ、タイミングのズレで別れた場合は、半年以上の冷却期間を置いてみましょう。一度離れることで、彼も「結婚するならこの人しかいない」と考え直してくれるかもしれません。

逆に女性側が、結婚にこだわらず彼と一緒に居たいと思うようになる可能性もありますからね。

【参考記事】

男性にと理想的な女性の特徴の特徴を大公開

女性にとって結婚したい男性とは?職業や行動を大公開


② 自分の浮気が原因で別れた場合

自分の浮気が原因で別れた場合は、彼に許してもらえるまでに長い時間が必要です。浮気をされて、彼はとても辛い思いをしたはず。一度浮気をされたらなかなか忘れることはできません。

またあなたを信じられるようになるまでには時間がかかるでしょう。彼の気持ちの整理がつくまでじっくり待ち、それまでに信頼を積み重ねましょう。


③ 十分な話し合いの末、別れた場合

十分な話し合いの末別れたということは、お互いが別れに納得しているということですよね。

しっかり話し合ったのであれば後悔も少ないので、すぐに「もう一度付き合おう」とはならないかもしれません。しかし期間を置けば、お互いの状況や気持ちも変わります。

もう一度出会い直したつもりで、一から関係を築いていきましょう。


まだ時間はある!「冷却期間中」にやるべき3つのこと

ここでは実際に自分の冷却期間がどのくらい必要か?とわかった方に向けて、復縁を考えている人が冷却期間中にやるべきことをお伝えしていきます。


1. 別れの原因になったことを改善する

冷却期間中にまずやるべきなのは、別れの原因になったことを改善することです。別れの原因を改善しないと、復縁してもまた同じ理由で別れてしまいます

まずは何が原因で別れることになったのかしっかり見直しましょう。そして自分が改善できるものであれば、改善していきましょう。

例えば彼のLINEの返信が遅くて喧嘩になったのなら、彼に依存しないよう他に趣味を作ると解決するかもしれませんね。


2. ダイエットやイメチェンを試みる

冷却期間の間に、ダイエットやイメチェンに挑戦してみましょう。打ち込むものがあれば、失恋した寂しさも紛らわすことができます。

ダイエットのためにジムに通ったり髪を切ったり、「彼を見返す」ぐらいの気持ちで魅力的な女性になれるよう努力してみましょう。ダイエットして可愛くなれば、自分に自信もつきます。外見も中身も変わったあなたを見て、彼も惚れなおすかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


3. 元カレのことを忘れるくらい他の事に没頭する

元カレのことを忘れるくらい、他の事に没頭するのもおすすめです。

彼のことばかり考えていると長く感じる冷却期間ですが、他のことに没頭しているとあっという間に時間が過ぎます。趣味に打ち込んだり、友達と遊んだり、彼のことを忘れる時間も大切です。

一度元カレを忘れてみることで、「元カレに固執しなくてもいいや」と気づくかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


冷却期間に気をつけるべき2つのこと

実際に冷却期間中には注意点があります。特にまだ元カノ・元彼がやりそうなことをピックアップしてお届けします。


1. 自分から連絡を取らない

寂しいとつい、元カレにLINEしたくなることがありますよね。

しかし、冷却期間には自分から連絡を取らないようにしましょう。自分から連絡を取ってしまうと、お互いに気持ちを切り替えることができず、冷却期間の意味がありません。

相手からのLINEに返信するくらいは良いですが、あまり連絡を取りすぎないようにしましょう。冷却期間中はしっかりと距離を置き、お互いに考え直すことが大切です。

あなたの存在の大きさに気付いてもらうためにも、自分から連絡は取るべきではありません。


2. 元カレの悪口や秘密を周りに言わない

別れたからといって、元カレの悪口や秘密は周りに言わないようにしましょう。

「元カレの悪口を言う女」は周りからの印象も良くないですし、どこから彼の耳に入るかもわかりません。もし冗談だったとしても、彼の耳に入ったら嫌な気持ちになるはず。復縁したいと思ったときには、嫌われてしまうかもしれません。

気心の知れた友達であっても、悪口や秘密は言わないほうが無難です。


冷却期間はもう一度自分を見つめ直す大切な時間

今回は、冷却期間が必要な理由と別れた原因別の適切な期間、その間にやるべきことをご紹介しました。冷却期間は、一度距離を置いて自分の気持ちや相手と向き合うためにも大切な期間です。

彼と復縁したいなら、冷却期間で中身も外見も磨いていくことで、きっと人生が好転します。今の期間だからこそ、できる努力をしてみてはいかがでしょうか。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事