復縁期間の平均とは?冷却期間中の男性心理&原因別に最適な期間を解説

好きな男性から振られて諦められない場合、どのくらいの復縁期間が必要なのでしょうか。本記事では、平均的な復縁期間から、冷却期間中の男性の心理、別れの原因別にわかる適切な期間、復縁期間の効果を解説!さらに、冷却期間後のアプローチ方法や復縁成功のためにやるべきことも紹介します。

復縁期間はどのくらいに設定すれば成功しやすいのでしょうか。

復縁期間の平均

復縁に必要な冷却期間が知りたい、復縁を成功させるには平均してどのくらいの冷却期間が必要なんだろう。別れた原因によって冷却期間は変わるのかな。

大好きだった彼と別れたが、忘れることができずに復縁したいと思っていませんか。

そこで今回は、復縁を成功させるために必要な復縁期間について詳しく紹介していきます。別れてしまった彼氏と縁を戻すために、ぜひ参考にしてみてくださいね。


復縁までの期間ってどのくらいが平均?

復縁までの期間は、平均で4~5か月と言われています。その理由は、最初の1~2カ月は開放感があるため、上記の期間中に復縁を迫ると「ウザい」と思われる可能性が高いです。

しかし、3カ月くらい経つと別れた男性の心にも「寂しい」という心理の変化が出てきます。この時期を見計らって復縁を迫ると成功する確率がグッと高まるでしょう。


【男の本音】冷却期間中の7つの男性心理とは?

なぜ、男性は冷却期間が必要なのでしょうか。その理由は、男性はプライドの塊だからです。

そのため、復縁を成功させるには男性心理を理解した冷却期間がとても重要です。ここでは、冷却期間中の7つの男性心理について詳しく紹介します。


男性心理① 独り身になって寂しい

彼女と一度別れてから3カ月くらいの期間が経つと、元彼は寂しさを感じ始めます。原因は、彼女に対しての憎悪間や楽しかったことを思い出すからです。

特に、あなたとの思い出の品や写真などを捨てていないと、特に寂しさが強くなる傾向があります。優しい人ほどいざとなると、思い出の品を捨てることができなくなってしまいます。


男性心理② やっぱり好きだなと思ってしまう

冷却期間が過ぎて冷静になって考えると、やっぱり「元カノが好きなんだな」と再認識することがあります。元カノ以外の異性と遊んだりしても、あなたのことがどうしても忘れることができないことがあります。

あなたのことが好きと認識したら、四六時中あなたのことを考えているはずです。そうなれば、きっとあなたに連絡をしたいと思っているでしょう。


男性心理③ 今何してるかな?と気になる

男性の憎悪間が収まり気持ち的に寂しくなったころ、あなたの情報が入ってこないと「今何にしてるかな?」と気になり始めます。

男性は、情報が入ってこないと、あなたを想像して良い風に記憶も上書き保存さされていくものです。

共通の知人などがいなく情報が全く入ってこないと、あなたのことを思い出す頻度は高くなって行くでしょう。


男性心理④ 別れて気分がスッキリした

一度別れてしまうと、気分がスッキリしてあなたのことなんて考えていません。元彼の気持ちはあなたとの恋愛に向いていないかもしれません。

特に、喧嘩別れやあなたのわがままで別れたなら、嫌悪感が残ってしまっているかも。

よく謝る男性ほど、この傾向が強いといえます。我慢していたものが一気に引き出してしまうのでしょう。


男性心理⑤ 次の恋を探そうとしている

男性は、あなたと一度別れてしまうと寂しさや思い出を消すために次の恋を探そうとします。

冷却期間中に新しい恋を始めるとあなたと比較し始めます。別れた時は、「早く次の恋に行こう」と切り替えてみたものの、いざそうなるとあなたのことを思い出します。

最終的には、時間が経つにつれ、復縁を考えているかもしれません。


男性心理⑥ 復縁したいけど今更感がある

あなたのことを考え始めると復縁をしたいと思うようになります。しかし、男性はプライドの塊なので「自分から別れようといったのに、言い出すのはどうかな」と考えます。

別れた時に、あなたが泣いて「別れたくない」といった状況であれば、なおさらその気持ちは強い傾向になります。男性は強がってしまう生き物なのです。


男性心理⑦ 自分も悪い部分があったので、元カノを傷付けて後悔している

一度別れて冷静になって考えてみると、自分も悪い部分があることを認め元カノを傷つけ後悔している男性もいます。

そういう男性は後悔の念が強いため、連絡を取りたくてもなかなか取れなくて悩んでいるかもしれません。

自分から別れを切り出しても、元カノから離れていかれるのは嫌と思うのです。

【参考記事】はこちら▽


復縁までの冷却期間ってどのくらい?別れの原因別にベストな期間を解説!

一度別れた原因によって冷却期間は変わります。その理由は、別れ方がひどければ男性は気持ちの整理に時間がかかり、そうでなければ気持ちの変化も早まるからです。

そのため、冷却期間に1年間必要な人もいるし必要ない方もいます。ここでは、別れた原因別に必要な冷却期間を紹介します。


冷却期間① 今すぐ連絡:女性から別れたいと切り出した・遠距離

遠距離恋愛で会えないことに耐えられなくなり、あなたのほうから勢いで別れを切り出してしまった場合は、今すぐにでも「やっぱり別れたくない」と伝えましょう。

遠距離恋愛で寂しいのは男性も同じです。すぐにでも謝ってやり直したいと伝えれば元彼もきっと分かってくれます

あまり期間を置きすぎてしまうと男性も「しょうがない」次に行こうとなり気持ちが冷めてしまう可能性があります。


冷却期間② 2週間:嫉妬・喧嘩

些細な喧嘩や嫉妬であれば、少しの時間でお互い頭を冷やすことができます。そのため、2週間くらいの期間を開けて「この間は私が悪かったね。ごめんなさい」の一言があれば、相手も「こっちも悪かった、ごめん」とあゆみ寄ってくれるでしょう。

しかし、時間を置きすぎてしまうとずるずると引きずり、すぐに仲良くなる関係が仲良くならなくなってしまいます。


冷却期間③ 1ヶ月:浮気・彼氏の趣味の時間を奪った

彼氏の時間を奪って別れたのであれば、時間を取らないことを伝えましょう。

復縁の際に、すぐ時間を取らないと伝えても元彼は信じてくれません。信じてもらうためにも、時間を取らないという気持ちや変化を彼に見てもらい、信用を得る必要があります。

そのためにも、2週間では足りないので最低でも1カ月は開けましょう。


冷却期間④ 3ヶ月:束縛・彼氏が仕事を優先する

彼が「仕事を優先したいから」と切り出してきたら今は仕事が重要というメッセージです。男性は、恋愛よりも仕事を優先する傾向があります。

また、依存されると男性は「重い」と感じるようになり、他の女性へと目を向けてしまいます。依存されていると感じてしまうと解消するまで結構な時間が必要になります。

束縛や仕事が原因であれば3カ月と長い冷却期間が必要になってくるでしょう。


冷却期間⑤ 半年:マンネリ

マンネリ化が原因で分かれたのであれば、かなりの冷却期間を開けなければ復縁は難しいでしょう。

マンネリ化を払拭させるには、新鮮さや変化を相手に見せなければなりません。新鮮さや変化は、1ヶ月や3ヶ月といった短い期間ではなく、半年くらいの長い期間が必要になります。ですが、割り切ってしっかりと距離をおくことができれば、あっさりと復縁できるかもしれません。


冷却期間⑥ 1年以上:価値観の相違・婚約を破棄された

婚約を破棄されたということは、原因がどうであれ相当な決断だったはずです。婚約を破棄するくらいの決断が元彼にはあったということなので、復縁はかなり難しい状態です。

復縁がかなり難しい状態の時は、長い期間を置いて関係をリセットするところから始めなければなりません。長い期間とは、最低でも1年間の冷却期間が必要だといえます。

【参考記事】はこちら▽


きちんと理解してる?冷却期間がもたらす3つの大きな効果

冷却期間を取る本当の理由を知っていますか。復縁したいからといって取り合えず冷却期間を取るのでは効果がありません。

本当の意味は、昔の2人の関係に戻すためです。ここでは、3つの冷却期間の効果を紹介します。


効果① お互いが相手のことを本当に好きか考えられる

長く一緒にいるとつい自分中心の意見を押し付けてしまい、相手の大切さに気付きにくくなってしまいます。元彼も人です。お互いが相手を思いながら行動していくしかありません。

それができないのであれば、一度離れて距離を置くことにより相手の大切さに気付く事ができるでしょう。本当に好きなのであれば、離れた分だけ相手を思いやることができます。


効果② マンネリとなった恋人との生活から脱出する

マンネリ化が続いてしまうと、刺激を求めて浮気をされてしまう原因にもなりかねません。

マンネリ化してしまう理由は、いつも同じパターンであるから男性は退屈になってしまい違う刺激を求めてしまいます。

一度距離を置き離れてみることで、今まで退屈だったマンネリ化が実はとても幸せなことに気づくことができるでしょう。


効果③ 別れた原因に対して改善する時間がある

喧嘩や性格の不一致で別れたのであれば、反省してお互いの性格などを改善するのにいい期間です。

常に一緒にいるとどうしても相手を認めることができず意地を張ってしまい、素直になることが難しいですよね。

冷却期間を開けることにより、お互い素直になることができれば、さらに良好な関係を持つことができるでしょう。


冷却期間が経過した後のアプローチ方法

無事に冷却期間が過ぎた後は、アプローチをするだけです。しかし、冷却期間が過ぎたからといって何も考えずに連絡するのはやめておきましょう。

一度別れてしまったのは事実なのでしっかり考えてから連絡を取りましょう。ここでは、3つのアプローチ方法を紹介します。


アプローチ方法1. 「久しぶり。元気?」と好意をアピールせずにLINEする

別れてからしばらく経って、元カノから連絡があると男性は嬉しいものです。「久しぶり。元気?」とLINEがあると、とドキッとしてしまいます。

すると元彼は、自然とあなたのことを意識するようになり、まめに連絡を取ってくるようになるでしょう。連絡を取り合っているうちにそれが当たり前となって、復縁となる可能性が高いです。


アプローチ方法2. まずは直接会って付き合う前の友達関係に戻る

喧嘩別れや最悪な別れ方をしてしまった人は、まず友達関係から始めてみましょう。LINEやメールで思いを伝えるのではなく直接会って話すことが重要です。

あなたに非があるのであれば「ごめんなさい」とちゃんと伝えましょう。誠意をもって伝えれば、元彼もわかってくれるはずです。

まずは、付き合う前の友達の状態に戻ることができれば、後はあなたの頑張り次第で復縁も可能ですよ。


アプローチ方法3. 二人っきりになった時に、素直に気持ちを伝える

元カノから「やっぱり好きです。」とストレートに思いを伝えられれば、嫌な気持ちになる男性はいません。特に、冷却期間を終えたばかりの男性には一番効果的です。

実際、元カノからの再告白で復縁をしたという話はよく聞きます。本当に「この人しかいない」と思うのであれば、回りくどいことをせずにストレートにあなたの想いを伝えてしまいましょう。


復縁までの期間で復縁成功のためにやるべき3つのポイント

冷却期間を置いたからといって復縁が成功するわけではありません

復縁を成功させるには、別れた原因を改善することや、自分磨きをすることで成功率がUPします。

ここでは、復縁に成功するためにやっておくべき3つのポイントを紹介します。


やるべきこと1. 原因が自分にある場合は、改善すること

性格や価値観を修正するのは確かに大変かもしれません。しかし、もう一度復縁したいのであれば、自分の欠点を直す努力をすることも重要です。

いきなり直すのは難しいと思うので、まずは小さなことから改善していきましょう。

あなたが原因で一度別れてしまったのであれば復縁もあなた次第ということになります。


やるべきこと2. 女磨きをして元彼にとって魅力的な女性になること

久しぶりに再開しても、依然と同じようなあなたを見たら彼に「変わってないな」と思われてしまいます。そう思われてしまうと、彼のテンションも少し落ちてしまいます。

しかし、あなたが以前よりも綺麗になっていたら、きっと彼は努力しているんだなと感じるでしょう。

彼がいないフリーの時こそ、運動やネイルなど普段できないことをやって自分磨きに時間をかけましょう。

【参考記事】はこちら▽


やるべきこと3. 共通の友人に協力してもらって、元彼の現状を知ること

復縁期間に頑張って自分磨きなどをしても、彼に彼女がいれば意味のないことになりかねません。

そのため、共通の友人に協力をしてもらい、彼の現状を知っておくことも重要です。また、会社で忙しくて恋愛どころではないかもしれません。

忙しい時期に彼に会いに行っても迷惑がられる可能性が高くなります。情報収集はまめに行っておきましょう。


元彼とよりを戻したい時は、復縁期間中の努力が大切!

彼と別れたけど復縁したいという女性のために、復縁に必要な冷却期間について紹介しました。

冷却期間は、男性心理の変化や別れた原因によって期間が変わります。また、冷却期間を開けたからといって復縁が成功できるとも言えません。

少しでも復縁の成功率を上げたいのであれば、自分磨きも積極的に行いましょう。変わったあなたを見れば、彼との復縁も上手くいく可能性はグッと高まりますよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事