本当に賢い人の特徴16個│考え方や習慣を見直して賢い人になる方法とは

学力関係なく、賢い人と言われている人には共通する特徴があります。今回は、本当に賢い人の話し方や考え方、行動や習慣などの特徴から、賢い人になる方法までレクチャーしていきます。職場で頼りにされる賢い人になって、充実したワークライフを過ごしましょう。

賢い人って憧れますよね。

本当に賢い人の特徴

職場や日常生活の中で、賢い人に会ったことがある人も多いのではないでしょうか。

本当に賢い人とは、学歴や職歴に関係なく「賢い」というのが分かります。けれども、自分も賢い人になりたいと思っても、どんな特徴や考え方をしているか分かりませんよね。

ここでは、本当に賢い人の特徴や性格、考え方、そして本当に賢い人になるための方法をご紹介します。


本当に賢い人の16個の特徴とは?

本当に賢い人には、普通の人とは違った特徴があります。

とはいえ、具体的な性格や考え方がどのようなものか説明できる人は少ないですよね。

まず本当に賢い人とはどんな人かを理解するために、16個の特徴を見てみましょう。


賢い人の「性格」や「考え方」の特徴

賢い人といえば、頭が良い、頭がの回転が速いというイメージがありますよね。賢さを決める上でポイントになるのが、その人の持っている性格や考え方です。

まず、賢い人が持つ性格や考え方の6つの特徴を順に紹介していきます。


性格と考え方1. 常に謙虚で、学ぶ姿勢がある

本当に賢い人は、賢いことをおごる事なく、常に謙虚な姿勢を保っている特徴があります。

また、今持っている知識や経験に甘えることなく、常に新しい物を吸収して学ぶ姿勢もあります。

自分の考え方に絶対の自信やこだわりを持っているわけではなく、古くても新しい物でも良いものは取り入れようとするので、常に新しい知識や方法を得られるのです。

よって、困難なことがあっても解決策を多く出せるため、賢い人ということになります。


性格と考え方2. 高い向上心を持ち、努力を怠らない

賢い人は、今までの知識や知恵を持つために色々な努力をしてきた人が多いです。

そのため、社会人になっても常に高い向上心を持ち続けていて、いつでも努力を怠らない性格の人が多いといえます。

仕事のやり方も、常にどうしたら効率よく進むかを考えながら行っているため、同じ時間でも大きな成果を上げられます。

日常生活でも、生活が便利になるための工夫を常に学び、取り入れています。

【参考記事】はこちら▽


性格と考え方3. メンタルが強く、気持ちの切り替えが早い

本当に賢い人は、メンタルが強いことも多いです。

もしも失敗したり、嫌なことがあったりしても、それを引きずりません。気持ちの切り替えが早く、もう次の作業や目標に向かって進んでいます。

これは、くよくよしたり、落ち込んだりしても状況が変わらないことを知っているからです。落ち込んだり、くよくよと悩む時間がもったいないと感じ、次に進める強さがあります。

そのため、仕事でもプライベートでも、何かあっても影響なく前に進むことができます。


性格と考え方4. 物事を長期的な目線で見ている

賢い人は、物事の表面だけでなく内面もきちんと理解し、短絡的に考えません。

今は役に立たないものかもしれませんが、長期的にみれば自分の役に立つものを見極められるため、より賢くなるための知識や経験として取り入れることもできます。

また、目先だけでなくその後のことも見据えているため、スケジューリングも得意です。

長期的な目で見られるので、最終目標や日にちから逆算して、どのくらいの日時がかかるかが分かります。


性格と考え方5. 自分を客観的に見ており、過大評価していない

自分を客観的に見ると、自分の良いところも悪いところも判断できます。

そして、本当に賢い人は自分を客観視するだけでなく、過大評価もしていない特徴もあります。

自分の良い点は認めつつも、より良くなるように努力をします。悪い点は改善できるように努めます。

前述の、常に努力を忘れず向上心が高い特徴も相まって、より多くの知識をもっと吸収しようとするため、さらに賢くなります。


性格と考え方6. チャレンジ精神旺盛で、失敗を怖がらない

本当に賢い人は、チャレンジ精神も旺盛です。失敗を恐れていないため、何事にもチャレンジしようとします。

新しいことにチャレンジするには勇気が必要ですが、その結果新しい知識や経験を自分のものにできます。

さらに、賢い人はもしも新しいことにチャレンジして失敗しても、その失敗から新しいことを学べます。

成功しても失敗しても得られるものがあると知っているため、常に新しいものに挑戦し続ける姿勢を崩しません。


賢い人の「行動」や「習慣」の特徴

賢い人には性格や考え方にも特徴がありますが、実は行動や習慣にも特徴があります。

行動や習慣は、客観的にも把握しやすいです。そのため、賢い人の行動や習慣を真似して、自分自身が賢い人になるのにも役に立ちます。


行動と習慣1. セルフマネジメントが上手で、ストイック

本当に賢い人は、セルフマネジメントが上手です。

夜更かしや暴飲暴食など、生活習慣を崩すようなこともしません。常に規則正しく健康的な生活を送っているため、体調管理も得意です。

さらに、仕事や趣味でも、常に最大限のパフォーマンスを出したいと思っているからこそ、物事に取り組み姿勢もストイックになります。

仕事も集中して取り組んだ方が、効率よく進み、結果や成果につながることを知っているからですね。

【参考記事】はこちら▽


行動と習慣2. 冷静で落ち着いた判断ができる

予想外の物事が起きても、焦ったり慌てたりすることなく冷静に対応できます。

物事の変化にも強く、いつでも柔軟な対応ができるのも特徴です。

そのため、想定外の対応だけでなく、新しい取り組みを行う時にもすぐに受け入れて行動ができます。

例えば、職場で新しいやり方を導入しても、すぐに適応していませんか。新しい取り組みでもすぐに理解してできるため、周囲からは賢いと思われるのです。

【参考記事】はこちら▽


行動と習慣3. 洞察力に優れており、本質を見抜くのが早い

賢い人は例えば、人から手紙やメールを受け取った時でも、その文面だけを判断するのではなく、その裏に隠れた人の心理や気持ちを見抜けます。

また、人の仕草や話し方から本質を見抜けるため、場の空気を読むのも上手です。

人に不快感を与えないための行動ができるため、色々なタイプの人に合わせることもできます。

人を見抜く洞察力は、コミュニケーション能力の高さにも現れているのです。

【参考記事】はこちら▽


行動と習慣4. 一度した過ちは二度と繰り返さない

賢い人は、もしも仕事や日常生活などで失敗をしてしまっても、その失敗を糧にして今度は成功につなげようとします。

同じ失敗ばかりを繰り返している人は、逆に賢い人とは言えません。

失敗をしないことは大切ですが、万が一失敗をしてしまっても二度としないことも大切です。

賢い人は、失敗や過ちから学んだ経験や知識も吸収して、二度と同じことは繰り返しません。さらに、失敗を糧に新しい成功に結び付ける力も持っています。


行動と習慣5. 軸がしっかりしており、その場の雰囲気に流されない

賢い人は、自分自身をしっかりと持っています。

自分の本質や考え方の軸がしっかりしているため、他人から何か言われてもぶれず、その場のノリや雰囲気にも流されません。

例えば、普段は絶対にできないことも集団になると気が大きくなってやってしまう「集団心理」がありますよね。

賢い人は、集団心理が働いてその場の雰囲気に流されることがないため、過ちを犯すこともほとんどありません。


賢い人の「話し方」の特徴

賢い人が何かを話していると、分かりやすい、面白いと感じたことはありませんか。

実は、賢い人は人に理解させるための上手な話し方を身に着けている特徴もあります。

「この人ともっと話したい」と人に思わせる、賢い人の話し方の5つの特徴を見てみましょう。


話し方の特徴1. 難しい内容でも、相手に噛み砕いてわかりやすく伝える

賢い人と話していると、「分かりやすい」と感じたことがありませんか。

賢い人は、相手を理解させやすい話し方を心得ているのです。

例えば、仕事上で何かを相手に説明する場合も、できるだけ専門用語は使いません。一般の人でも分かりやすい言葉に言い換えて説明をします。

話の内容が分かりやすいため、相手からの同意や理解も得やすいです。

ビジネス上の交渉事にも強いです。さらに、お詫びをしなければいけない時にも、賢い人なら相手に誠意を伝えられます。

【参考記事】はこちら▽


話し方の特徴2. 要点を簡潔に話すことに長けている

誰かの話を聞いていて、結局要点が分からない、何を伝えたいのか分からない、という経験をしたことはありませんか。

回りくどい言い方をしていると、要点がぶれやすくなり、話の内容が相手に正しく伝わりません。

賢い人の話し方は、要点を簡潔に伝えることに長けています。大切な部分をかいつまんで話せるため、短い中でも要点だけをスムーズに伝えられます。

話の要点が分かるため、話し方が上手とよく言われるのも特徴です。


話し方の特徴3. 人の話を聞くことが好きで、質問が上手い

賢い人は、自分の話がうまいだけでなく、人の話を聞くのが好きという特徴もあります。

新しい知識や県分が広がるきっかけにもなるため、幅広い人の話を選り好みせず聞こうとするのも特徴です。

もしも新しい分野の話を聞いたときに、分からないことがあれば質問をしますよね。

賢い人は、分からないことがあったときの質問も上手で、話し手に理解できる言葉を選び、自分の疑問点が解決できる質問をします。


話し方の特徴4. 反対意見も言うときは、代替案を用意している

誰かと話をしているときには、反対意見を言わなければいけないこともあります。

けれども、反対意見を言っても聞き入れられない場合がありますよね。そこで話が止まってしまった、という経験はありませんか。

賢い人は、もしも反対意見を言わなければいけない時には、代替案も一緒に用意している特徴があります。

もしも反対意見が通らなかった場合には「ではこちらはいかがでしょうか」と代替案をすかさず提案できます。よって、話も止まらず意見もスムーズにまとまるのです。


話し方の特徴5. 論理的に物事を捉え、感情的に話をしない

会議や討論の場で、ついつい話に熱が入って感情的になってしまいませんか。

感情的になると、判断力が鈍くなったり、話の本質を見失ったりしてしまいますが、賢い人は話をするときに感情的になりません。

常に物事を論理的にとられているため、会議や討論に自分の感情を挟まないのも、賢い人の長所。

その結果、感情的になって相手をののしったり、言葉遣いが悪くなったりすることもないでしょう。


賢い人に見られたい!賢い人になるための6つの方法

賢い人の性格や考え方、行動や習慣、話し方の特徴を紹介しました。

特徴を知っても、賢い人になるにはどうすれば良いか分からない人も多いですよね。

次に、今日からできる賢い人になるための6つの方法をご紹介します。


方法1. まずは自分を客観的に評価し、自己分析を行う

賢い人は、自分を客観的に見ています。そして、過大評価もしていません。

まずは、客観的に自分を評価するために、自己分析をしてみましょう。自己分析をしてみると、自分の良いところも悪いところも客観的に判断できるようになります。

そして、良いところはもっと伸ばし、悪いところは改善するにはどうすれば良いのかを考えます。

自己分析の結果を具体的な行動に移し、向上心を忘れないようにすれば、賢い人に一歩近づけます。


方法2. 新しいことにもチャレンジし、経験値を上げる

賢い人は失敗を恐れずに、常に新しいことにチャレンジしています。

新しいことにチャレンジするのは勇気がいりますが、失敗からも経験として学ぶことはたくさんあります。

仕事でもプライベートでも、新しいことにチャレンジして経験値を上げていきましょう。

経験から色々な対応方法や知識を学ぶことができます。経験値を活かして新しいことにも対応できるようになるため、賢い人としての行動がとれるようになりますよ。


方法3. 読書時間を習慣化し、知識を養う

賢い人は、幅広い知識を持っています。幅広い知識があれば、それを仕事や日常生活で便利に活かすこともできます。

知識を身に着けるには、本を読むのが有効です。本を読むのを習慣化するために、まずは読書時間を設けてみましょう。

通勤の電車の時間や、お風呂の間など、日常生活のある一部の時間を読書にあてれば、読書も習慣化しやすくなります。

読書と同時に、時事に強くなるために新聞を読むのもおすすめです。


方法4. 何事も鵜呑みにせず、自分で考える習慣をつける

賢い人は、正しいことと間違ったことを判断できる能力も持っています。

まずは、何事も鵜呑みにせずに、自分で考える習慣を身に着けてみましょう。仕事のやり方についても、ただ言われた通りのことを毎日繰り返すだけでは進歩がありません。

同じ作業の繰り返しの中でも、より効率よく仕事を進められる方法はないか考えてみるのもおすすめです。

また、他人に言われたことをそのまま受け入れるだけでなく、自分の意見や考え方もしっかり持つようにしましょう。


方法5. 全体を把握し、的確なスケジュール管理を行う

賢い人は、目先の物事だけでなく、将来のことも考えています。そのため、予定を把握したり、スケジューリングをしたりするのも得意です。

予定を詰め過ぎてしまったり、約束や期限を破ってしまったりと、スケジュール管理が苦手な人もいますよね。

賢い人になるには、正しいスケジュール管理ができるようになるのも大切な要素です。

目先だけでなく、計画や予定は全体を把握し、先のことを見えるようにすればスケジュール管理ができるようになります。


方法6. 知識を押し付けるのではなく、相手の視点に合わせた話し方を心がける

自分ではたくさんの知識を持っているのに、話をしても相手が理解してくれない、と思っていませんか。

賢い人は、自分が持っている知識をそのまま押し付けるのではなく、聞いている相手に合わせた話し方ができます。

専門用語は分かりやすい言葉に変える、表現はなるべくかみ砕くなど、相手に合わせて分かりやすい話し方を心がけましょう。

自分の得意な分野の話を、全く知らない人に上手に伝えられるようになれば、あなたも賢い人に近づいています。


賢い人の特徴を真似して、周りから頼られる人になりましょう。

賢い人の性格や習慣、行動や話し方などの特徴を、賢い人になれる方法と一緒にご紹介しました。

「賢い人になりたいけどなれない」と落ち込む必要はありません。賢い人も今の状態になるために、多くの努力をしてきました。常に向上心とチャレンジ精神をもっていれば、より知識や経験を得られます。

ぜひ、あなたも周りから一目置かれる、賢い人を目指してみましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事