冷静沈着な人の特徴10選│冷静沈着になる方法と長所&短所まで解説

冷静沈着な人は、頼りがいがあって、職場でも憧れる存在ですよね。そもそも冷静沈着とは、どんな意味・どんな人を指すのでしょうか。今回は、冷静沈着な人の見た目・性格・行動・言動の特徴を10個大公開!さらに、冷静沈着な人の長所や短所、冷静沈着な人になる方法をレクチャーしていきます。

冷静沈着な人っていますよね。

冷静沈着な人

冷静沈着な人は、頼りがいがあって、職場でもプライベートでも憧れる存在ですよね。そもそも、冷静沈着な人には一体どのような特徴があるのでしょうか。

今回は、冷静沈着の言葉の意味をはじめ、冷静沈着な人の見た目・性格・行動・言動にまつわる10個の特徴を大公開。さらに、冷静沈着な人の長所や短所、冷静沈着になる方法をレクチャーしていきます。


「冷静沈着」の意味とは

冷静沈着とは、「冷静に落ち着いているさま」という意味を持つ言葉です。

冷静沈着な人とは、普段から感情的にならずに理性的な態度でいられる人や、何かあっても慌てたり取り乱したりせず物事に動じない人のことを表します。


「冷静沈着」な人の特徴とは

冷静沈着な人とは、一体どのような特徴を持っている人のことを言うのでしょうか。

ここでは、冷静沈着な人に共通している特徴を、見た目・性格・行動・言動に分けて、全部で10個詳しく解説していきたいと思います。


冷静沈着な人の「見た目」に共通する特徴

普段から冷静で、どんな場面でも落ち着いた対応ができる冷静沈着な人。急なハプニングに見舞われることがあったとしても、心が乱れることはありません。

しっかりとしていて頼りがいのある雰囲気は、冷静沈着な人の見た目にも表れています。

冷静沈着な人に共通する見た目には、一体どのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、冷静沈着な人の見た目に関する特徴を解説していきたいと思います。


見た目の特徴1. どんな状況でも取り乱したりせず、ポーカーフェイス

冷静沈着な人は、どんな状況でも慌てふためいたり取り乱したりせず、常にポーカーフェイスです。

普通の人なら驚いてしまうような出来事が起こっても、顔色が全く変わらないという特徴を持っています。

冷静沈着な人は自分に自信があり、判断力にも優れているため、どんな状況でも落ち着いた心境でいられます。

その場の感情に流されるのではなく、冷静に物事を見つめ、次にするべきことを考えているため顔色が変わらないのです。


見た目の特徴2. 常に身だしなみが整っており、いつみても清潔感がある

冷静沈着な人は計画性があり、先のことを想像して行動するので、日常生活の中で慌てるような出来事がありません。

もし、急な出来事が起こっても慌てず対応できるように、普段から時間に余裕を持った行動を心がけています。

冷静沈着な人は、朝寝坊をしてボサボサの髪型で出社することや、慌てて走って服装が乱れるようなことはないと言えるでしょう。

冷静沈着な人の冷静で落ち着いた雰囲気は、整った身だしなみにも十分に表れています。


冷静沈着な人の「性格」に共通する特徴

冷静沈着な人とは、一体どのような性格をしているのでしょうか。

どんな時も冷静であるというイメージや、常に落ち着いているという印象があるものの、冷静沈着な人の具体的な性格についてはよく分からないという人も多いことかと思います。

冷静沈着な人の性格や思考を知れば、どんな時も冷静でいられるヒントも見えてくるはず。

ここでは、冷静沈着な人の性格に共通する4つの特徴を詳しく解説していきたいと思います。


性格の特徴1. 物事を客観的に捉えられ、論理的に説明できる

自分自身やある物事について、客観的な視点で捉えられるのは、冷静沈着な人の代表的な特徴です。

普段から主観で判断することが多い人は、感情的になったり思考が偏ったりしがち。その時々で感情に流されてしまうので、冷静さを失いやすいと言えるでしょう。

冷静沈着な人は常に客観的な視点をもっているため、何事も論理的に説明できます。

選択や判断に失敗が少ないため、周囲から厚い信頼を得ることが多いようです。

【参考記事】はこちら▽


性格の特徴2. いつでも冷静な判断ができるため、決断力が高い

例えば、新しく洋服を購入する時に、色々迷っていつまでたっても決められない、といった経験はないでしょうか。

こんな時、冷静沈着な人なら「欲しい」という感情はひとまず置いておき、その洋服は自分にとって本当に必要なものかどうかを客観的に考え、冷静に決断することができます。

どんな場面でも、その場の感情に流されずに正しい決断ができることは、冷静沈着な人の大きなメリットでもあります。


性格の特徴3. 合理的に物事を捉え、切り替えるスピードがはやい

冷静沈着な人は客観的な視点を持つことが習慣化しているため、物事を合理的に考えるのが得意です。

追い詰められた状況やピンチの場面においても、不安や焦りなどの感情に流されることが少なく、切り替えるスピードが早いという特徴を持っています。

不安や焦りなどの感情に捉われると物事はスムーズに進展せず、また、良い結果にも繋がらないということを熟知しているのでしょう。

物事の方向性を切り替えたり修正したりする場面での行動や連絡もスピード感があります。


性格の特徴4. 常にいくつかの選択肢を用意することで、万が一の時も動じない

冷静沈着な人は、普段から先のことやリスクを考えて行動しています。

これから起こる出来事に対して、常にいくつかの選択肢を用意しているため、万が一の時も動じることがありません。

もし、自分にとって悪い出来事が起こったとしても、冷静沈着な人からすれば想定内。慌てふためいたり動揺したりすることなく、冷静に落ち着いて対応できます。

冷静で落ち着いた判断ができることから、仕事面において高く評価されることも多いようです。


冷静沈着な人の「行動」に共通する特徴

冷静沈着とは、どんな時も冷静で動じないという意味があり、それは冷静沈着な人の行動面においても顕著に表れています。

男性女性を問わず、周囲から冷静沈着と言われる人には共通している特徴があるものです。

冷静沈着な人が普段どのような行動をしているのか、具体的に知りたいと思う人もいるのではないでしょうか。

ここでは、冷静沈着な人の 行動に共通する特徴について挙げていきます。


行動の特徴1. 何事に対してもストイックに努力できる

冷静沈着な人は、普段から物事を客観的な視点で見ているため、何事でも計画性を持って臨めば達成できることを分かっています。

普通の人なら「ちょっと無理な目標なんじゃないか」と諦めてしまうような高い目標でも、真っ直ぐに向かい合い、達成へ向けて努力を続けます。

また、冷静沈着な人には自制心が強いという特徴もあります。

自分自身の心を上手にコントロールしながら努力することが得意だからこそ、目標達成に向けてストイックに取り組めるのでしょう。

【参考記事】はこちら▽


行動の特徴2. 常に冷静な判断ができるよう心に余裕を持つことを心がけている

冷静沈着な人は、「余裕」の重要性をしっかりと認識しています。

もし、時間に余裕がなければ焦る気持ちが生まれ、また、心に余裕がなければ正しい判断ができなくなることをよく理解しているためです。

冷静沈着な人は、どんな時も冷静な判断ができるように、普段から余裕を持つことを心がけています。

自分自身や時間に対して管理能力が高いのも、冷静沈着な人の魅力的な部分です。


行動の特徴3. 自分を見直すためにも、一人で過ごす時間を作る用意している

人間が心に余裕を持ち、冷静でいるためには、一人で過ごす時間が欠かせません。

冷静でいるためには、日頃の出来事や自分の気持ちを見直し、整理する時間が必要。

一人きりの落ち着いた環境で自分と向き合うことは、より正確に自分自身を客観視することに繋がります。

冷静沈着な人は、日頃から一人で過ごす時間を確保することで心の余裕を維持し、どんな時でも冷静で正しい判断ができるようにしているのです。


冷静沈着な人の「言動」に共通する特徴

冷静沈着とは、どんな状況でも冷静で取り乱さないこと。周囲から冷静沈着と言われる男性や女性は、慌てたような発言や動揺を感じさせる発言はしません。

冷静沈着な人の言動には、共通している代表的な特徴があります。それが一体どういうものなのか、気になるという人もいるのではないでしょうか。

それでは、冷静沈着な人の言動に共通する特徴について詳しく解説していきたいと思います。


言動の特徴:「大丈夫!問題ない」と常に取り乱したりせず、冷静に物事に対処できる

冷静沈着な人が、大きなハプニングやピンチに見舞われたとしても、「どうしよう」「困った」などと焦りや不安を口に出すことはありません。

日頃から冷静で客観的な視点で物事を見ているため、次にするべき行動や連絡を落ち着いて考えられるからです。

そのおかげで、どんな状況でも「大丈夫。問題ない」と常に取り乱したりせず、冷静な心で物事に対処することができます。

冷静沈着な人が発する頼りがいのある言葉は、焦っている周囲の人を落ち着かせて安心させる効果もあります。


「冷静沈着な人」の長所や短所は?

冷静沈着とは、一般的に長所として憧れられたり尊敬を抱かれたりするイメージが強いものですが、場合によっては短所として捉えられてしまうこともあるようです。

ここでは、冷静沈着であることの長所や短所について代表的なものを挙げていきたいと思います。


周りが憧れるタイプ。冷静沈着な人の長所とは?

冷静沈着な人は、男性女性を問わず魅力的に見えるものですよね。そばにいると頼もしくて心強い存在なのではないでしょうか。

「自分もあの人みたいに理性的で落ち着いた人になりたい」と周囲の人から憧れの気持ちを抱かれることもしばしばあるようです。

そんな冷静沈着な人の長所には、一体どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、冷静沈着な人の長所について代表的なものをご紹介していきます。


長所1. 気分にムラがなく、いつでもフラットに接してくれる

冷静沈着な人は、常に冷静。イライラしたり八つ当たりしたりするなど、感情的になることはありません。精神的に安定しており気分にムラがなく、いつでもフラットに接してくれるという長所を持っています。

顔色や機嫌をうかがいながら接する必要がないので、周囲の人たちは安心して接することができます。

冷静沈着な人はどんな時でも冷静で穏やかなため、職場の良好な人間関係に一役買うことも多いようです。


長所2. 視野が広く、いつでも客観的な意見を述べてくれる

冷静沈着な人は、物事を様々な視点から客観視できるため、世の中には色々な考え方や感情があることをよく知っています。

例えば、仕事上のトラブルで「どうしたらいいのか分からない」と周囲が焦っている場面でも、異なる視点から冷静に解決方法を提案することができます。

冷静沈着な人は持っている知識も幅広いので、仕事に関することだけでなくプライベートな恋愛の話題など、頼りになる相談相手として重宝されることもしばしばあります。


長所3. 常に同等と構えており、一緒に居て落ち着きや安心感を得られる

冷静沈着な人は、周囲と自分は常に同等と構えており、同じ目線で接します。

自分がいつも冷静で落ち着いていられるからといって、立場が上であるかのような威張った態度をとることはありません。

一緒に居て落ち着きや安心感を得られるため、自然と周囲に人が集まってきます。

理性的で頼りがいのある冷静沈着な人は、男性女性を問わず周囲の人たちから好感度の高い存在だと言えるでしょう。


悩んでいる男女は意外と多い。冷静沈着な人の短所

冷静沈着な人というと、いつも冷静で落ち着いていて、周囲から憧れや尊敬の目で見られることが多いイメージですよね。

冷静沈着とは、一般的に褒め言葉として使われるものですが、冷静沈着な態度や性格によって誤解や勘違いが生まれ、時には冷静沈着さが短所となってしまうこともあるようです。

ここでは、冷静沈着な人の短所についていくつか挙げていきたいと思います。冷静沈着な部分がデメリットとなり、悩んでいる男性や女性は意外と多いそうですよ。


短所1. 親しくなるなるまでは素っ気ない人だと勘違いされやすい

冷静沈着な人は、常に冷静で落ち着いています。

感情の起伏があまりないように見えるため、親しくなるまでは素っ気ない人だと勘違いされてしまうことがあります。

また、冷静沈着な態度が淡々と接しているように感じられ、冷たい人だと相手から誤解されることも。

喜怒哀楽の感情コントロールが上手く、常に冷静でいられるのは長所なのですが、場合によっては誤解や勘違いをされ短所と捉えられてしまうようです。

【参考記事】はこちら▽


短所2. 論理的思考が強いため、上から目線で理屈っぽいイメージを抱かれやすい

冷静沈着な人は、いつも冷静で客観的。論理的思考が強いため、上から目線で理屈っぽいイメージを抱かれやすい特徴があります。

冷静で落ち着いた態度に対して、「偉そう」「気取っている」とネガティブに受け止められてしまうことも。

どんな状況でも冷静で動じないというせっかくの長所が、場合によっては短所にもなってしまうのです。

周囲の人から好意的ではない雰囲気を感じ取ったら、事務的な対応にならないように、少し丁寧さを足して発言や行動をするといいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


短所3. 楽しい、嬉しいと思っていても相手に伝わらない事が多々ある

冷静沈着な人は、普段から冷静で落ち着いているため、周囲から感情が見えづらいという短所があります。

楽しい、嬉しいと心から思っていても表情や態度に出ないので、相手に伝わらない事が多々あるようです。

冷静沈着な人は、電話だけでなくメールやLINEなどの連絡手段においても、感情豊かな表現をしない傾向があります。

もっと相手と距離を縮めたい場面では、自分の感情を伝える努力が必要になることもあるでしょう。


「冷静沈着」と言われる人になる方法とは

どんな状況でも冷静で落ち着いた態度でいられる冷静沈着な人は、頼もしくてかっこいいですよね。

「冷静沈着になるにはどうすればいいんだろう?」と疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。

ここでは、冷静沈着になる方法をレクチャーしていきます。


1. 物事を冷静に捉えるべく、論理的思考について勉強してみる

物事を冷静に捉えるためには、ひとまず感情的思考は置いておき、論理的思考をする必要があります。

「冷静沈着になるためには論理的思考をすればいいんだ」と思っても、今から急に論理的思考に切り替えるのは難しいもの。

まずは、論理的思考の仕組みや、論理的思考の身につけ方について勉強するのがおすすめです。

論理的思考が身についてくると、その場の感情に流されず、冷静で客観的な行動ができるようになっていきます。

冷静沈着になる方法として、論理的思考を身につけるのは大切なポイントです。

【参考記事】はこちら▽


2. 一つの手法に固執しすぎず、常にいくつかの選択肢を用意するようにする

冷静沈着になるには、常にいくつかの選択肢を持つことが大切。

人生から日常の物事まで、一つの手法に固執しすぎず幅広い選択肢を用意するようにすると、心に余裕やゆとりが生まれます。

常にいくつかの選択肢を用意しておくと、「これがダメでも別の方法がある」「これもあれも良い選択肢だ」と思えるため、気分的に追い詰められることや焦ることがないはずです。

幅広い選択肢を持つためには、経験や学びが必要。色々な物事に挑戦するなど、自分の幅を広げておくことが重要です。


3. 焦って答えを出すのではなく、正しい答えを出すことを重視する

焦って出した答えは、誤ったものになりがち。冷静に落ち着いて物事を考えるように心がけましょう。

冷静沈着な人がいつも冷静で高い決断力を持つのは、様々な視点から物事を客観視できるからです。

ある出来事に対して答えが出せないときは、「もし友人が同じ立場だったら自分は何をアドバイスするだろうか」と、客観的な視点から想像すると正しい答えが見つかりやすくなります。

一歩引いた目線で考えてみることは、冷静に正しい答えを出すことへと繋がっていきます。


4. 何が起きても動じないよう、良いことだけでなく最悪の自体も考慮する

冷静沈着になるには、物事の先のことやリスクについて、事前に考えておく癖を身につける必要があります。

想定外や予想外の悪い出来事に見舞われると、人は大きく動揺するものです。焦りや不安に包まれて、取り乱してしまうこともあるかもしれません。

何が起きても動じないように、良いことだけでなく最悪の自体も考慮するようにしておくと、もし、悪い出来事に見舞われたとしても、冷静に落ち着いて行動しやすくなることでしょう。

【参考記事】はこちら▽


5. 自分の心を落ち着けるルーティンやゲン担ぎを取得する

人間は決められた同じ動作を定期的に行うと、心が静まり落ち着きを得られると言われています。ルーティンやゲン担ぎは冷静沈着になる方法として有効な手段。

嫌な出来事があった日や、何となく気分が乗らない日も、ルーティンやゲン担ぎを行うことで平常心を取り戻す効果が期待できると言われています。

多くのトップアスリートが行っているという、ルーティンやゲン担ぎ。冷静沈着な人を目指すなら、ぜひ日常に取り入れてみてはいかがでしょうか。


周りから好かれる、冷静沈着な人になりましょう。

冷静沈着な人の見た目・性格・行動・言動にまつわる10個の特徴、さらに、冷静沈着な人の長所や短所、冷静沈着な人になる方法を詳しくお伝えしました。

どんな状況でも理性的で落ち着いていられる冷静沈着な人は、同性からも異性からも魅力的に見えるものです。今回レクチャーした冷静沈着になる方法を参考に、冷静で頼りがいのある人物を目指してみてはいかがでしょうか。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事