誰もが憧れる「デキる女」の特徴10選。明日からデキる女になる方法とは?

女性なら誰もが憧れる「デキる女」。デキる女は、仕事もプライベートも充実していて、同性にも異性にも好かれるパーフェクトウーマンのこと。そんなデキる女の特徴や明日からデキる女になるための方法を紐解いて解説していきます。この記事を読めば、あなたもデキる女性に仲間入りする日も近いはず!

デキる女になりたいと思うことありますよね。

仕事ができる女

同姓から「かっこいい」と憧れられるだけでなく、異性からも愛されるのが「デキる女」の特徴。仕事ができて、プライベートでも頼りになるデキる女に、誰でも一度は憧れますよね。仕事もプライベートも格好良く生きるデキる女が実際にモテるんです。今回は今からでも遅くない、デキる女になる方法やデキる女の特徴をご紹介します。


デキる女の10の特徴とは

デキる女性の特徴

「デキる女」と一言で言っても、人によってイメージするデキる女は違います。そこで、一般的にデキる女と言われる女性の10の特徴をご紹介。自分はデキる女に近いのか、自分と比較しながら見ていきましょう。


特徴① 物事の期日を決めて、仕事に取り組む

ビジネスでもプライベートでも、物事の期日を決めて取り組むことは重要です。時間が有限であることを知っていることはデキる女になるための大切な要素。仕事に取り組む前に、納期をしっかり決めてスケジュールを整えることで、ONとOFFをはっきりさせることができ、結果的にプライベートも仕事も充実します。

仕事以外でも、物事の期日を決めることは重要。例えば、「資格を取得したい」と思った時に、いつまでに取得すると期日を決めて取り組むことでメリハリをつけて勉強することができ、結果として合格する可能性が高まるのです。


【参考記事】仕事ができるかっこいい女の特徴とは?▽


遅れる場合には事前に連絡する

ビジネスでは特に「ホウレンソウ」が重要。ホウレンソウとは、「報告・連絡・相談」のこと。どうしても忙しくて納期が遅れる時には、事前に相手に連絡をしていつまでにできるのか報告する必要があります。

また、プライベートでも「ホウレンソウ」は大事なポイント。例えば、友達との約束に遅れてしまいそうな場合、事前に連絡をしないと友達からの信頼を失ってしまいます。少しでも遅れてしまう時には連絡を忘れないのがデキる女の特徴です。


特徴② わからない時に質問ができる

「わからないままにしない」というのも、デキる女になるためのポイントです。仕事でわからないことがあった時、人に質問しにくいという人も多いかもしれません。しかし、わからないものをそのままにしておくと、結果として上司に怒られてしまったり、クライアントから叱責を受けることも。

そうなる前に事前に先輩や上司に質問をしてわからない部分をなくすことで、良い結果が得られることが多く、結果として完成度の高いものができあがるのです。


特徴③ 優先順位を立てて、業務に取り組んでいる

優先順位を立てて仕事をする

「何が重要かどうか」を優先順位を立てて決められる人は、男女問わずデキる人です。特に、ビジネスにおいては優先順位を立てて仕事に取り組むことが非常に重要。

プライベートも充実したデキる女になるために、仕事の優先順位を立ててテキパキと仕事を終わらせましょう。優先順位を立てることで、どの仕事を先に終わらせるべきなのか分かり、効率的に仕事を片付けることができます。

家事や育児中心の主婦の方も、日常に優先順位立てを取り入れてみると効率的に時間が使えるようになりますよ。


家事をする時も効率的に行動する

優先順位を立てるのが重要なのは、ビジネスにおいてだけではありません。家庭でも魅力的でデキる女になるコツの1つは、優先順位を立てること。家事を効率的に行うことで、自分の時間を確保することができるんです。

例えば、副業を始めたり、美容に時間をかけて綺麗になることも可能に。自分の時間を作れる人が、デキる女の特徴と言っても過言ではありません。仕事だけではなく、家事も一通りこなせる女性を目指したいですね。


特徴④ 机の上やロッカーの中が整理整頓されている

オフィスで机の上やロッカーの中が、整理整頓されていない女性って意外とは多いのではないでしょうか。そのような環境では集中力も下がりますし、心理的にも落ち着かないことが多いもの。周りから見ても、デキない人に見えてしまうんです。

デキる女は、机の上は物が片づけられていて、ロッカーの中もどこに何があるか分かるように整理整頓されているもの。性格的に整理整頓が苦手だという人は、毎日に片付けの習慣を取り入れて、まずは自分の身の周りから見直してみてはいかがでしょうか。


バッグの中も整理整頓されている

オフィスの机の上やロッカーの中だけでなく、バッグの中が整理整頓されているのがデキる女の特徴。メイクポーチやノート、財布などがバラバラに入っていて、どこに何があるか探すのに時間がかかってしまう人も多いはず。

デキる女は、バッグの中でポーチを上手く活用し、綺麗に整理しています。整理整頓されたバッグなら、「物が見つからない…」という事態にはならないですよね。大ざっぱな性格で整理が苦手な人も、一度バッグの中身を見直してみると良いでしょう。


特徴⑤ 物事を順序立てて説明できる

「言いたいことが相手に伝わらない…」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。話を聞いている人が分かりやすいように、物事を順序立てて説明できることは、ビジネスでも家庭でも大切なこと。

ビジネスでは、上司や先輩に状況を伝えたり報告を行うだけではなく、クライアントに説明をする機会も多いです。その際に簡潔に結論から話せると頼りになるかっこいい人、という印象を与えられます。

夫婦や親子で話し合うことの多い家庭でも、分かりやすい説明を心がけるとデキる女に一歩近づけるでしょう。


特徴⑥ 対人のマナーはもちろん、冠婚葬祭のマナーも完璧

仕事以外での場面でも「この人、魅力的だしデキる人だな」と思わせるには、マナーを押さえておくことが重要です。マナーが求められる場所では、言動に気を遣うことが大切。例えば、対人のマナー。どんなに親しい間柄でも礼儀を忘れなかったり、挨拶を必ず行うなど、基本的なマナーはしっかり守るようにしましょう。

また、冠婚葬祭のマナーも必ず押さえておいたほうが良いです。結婚式で白に近いドレスを着るのはNG、お葬式の際は黒の衣服を着る、など、社会人としてのマナーは知っておく必要があります。男女問わずデキる人は、最低限のマナーもそつなくこなせます。


特徴⑦ 相手をたてることができる

デキる女の特徴として、「相手を立てることができる」という点があげられます。ビジネスの場面では、ここぞという場面で上司や先輩を自然と立てられる人がデキる女。わざとらしく褒めるのではなく、自然に目上の人を立てることで、「デキる人だな」という印象を与えることができるでしょう。

また、家庭でもデキる女は時には夫を立てるもの。例えば、夫の会社の同僚が家に遊びに来たときなど、夫をけなすのではなく立てておだてることも重要なポイント。デキる女がモテるのもこのような態度に理由があります。


特徴⑧ 誰とでもコミュニケーションをとり、仲良くできる

家事ができる女性

デキる女は、誰とでも上手くコミュニケーションをとり、社交的な性格の女性が多いのも特徴です。相手によって態度を変えたり、悪口を叩いたり、人によっては心理的な距離を取ったりするような人は、相手からも良く思われません。

デキる女は、誰に対しても積極的に話しかけ、相手の心理的緊張をほぐすコミュニケーションをはかります。そのため、魅力的で頼りになると思われて、多くの人が心を開いてくれるのです。デキる女の周りには、いつも多くの人が集まります。


特徴⑨ 家事は一通りマスターしている

仕事がデキる人は、家事もできているのでしょうか。本当にデキる女は、家事もそつなくこなす人が多いです。仕事のできる人ほど、お弁当をしっかり持参していたり、服にアイロンが綺麗にかかっていたりします。

朝の時間や家に帰ってきてからの時間を上手く使って、掃除・洗濯・料理などの家事を一通り行うのがデキる女です。

忙しい毎日、完璧にとはいいませんが、一通りの家事はマスターするように、コツコツ練習しておきましょう。仕事だけできる女性よりも、家事もこなす女性のほうが男性からもモテるのです。


特徴⑩ 周りへの気遣いができる

デキる女は、周りへの気遣いを忘れない人が多いです。自分のことだけを考えるのではなく、ビジネスでは会社の後輩や先輩、上司に対して思いやりのある言動を心がけ、家庭では夫や子供、両親への感謝を忘れず細やかなケアを行います。

例えば、ビジネスにおいて、自分だけの利益を考えずに後輩が成長する道を応援したり、落ち込んでいる後輩を飲みに連くなど、心理的なケアも欠かしません。そのようなケアを自然に行えるデキる女は、誰にとっても魅力的な存在なのです。


デキる女になるための3つの方法とは

デキる女性になる方法

デキる女の特徴はわかりましたが、今すぐ見よう見まねで真似をするのは無理があります。そこで、デキる女になるための3つの方法をご紹介。これであなたもデキる女に一歩近づけますよ!


デキる女になる方法① 何事も時間を意識して行動してみる

まずは、一番簡単なところから。何事も「時間内に終わらせる」ということを意識してみましょう。時間を意識して行動するだけで、言動や行動が変わり、周りから「デキる女」という印象を持たれやすくなります。

例えば、ビジネスの場面なら「定時ぴったりに帰る」ということを意識してみると良いでしょう。意識を持つだけで、不思議と早く帰ることができ、プライベートも充実させせられます。休憩時間や、お昼終わりの気が抜けてしまう時間についダラダラと仕事をしてしまう人は是非意識して変えてみてくださいね。


デキる女になる方法② 一つの行動に対して目的を持って取り組む

次に、1つの行動に対して目的を持って取り組むようにしましょう。目的を持たずにただ物事を進めてしまうと、ゴールがぼんやりしてしまい、思うような結果が得られないことが多いもの。目的をはっきりさせることで、同じ行動でも学びが多くなったり、良い結果が得られます。

例えば、ジムに通う際にただ漠然と通うのではなく、「3か月で5kg痩せる」「週に2回はジムに行く」という具体的な目的を持つことで意識が変わり、そのゴールを達成するための行動ができるようになります。意志が弱いと自分で思う人は、友人や家族に宣言してみるのも一つの手ですよ。


デキる女になる方法③ ON・OFFをしっかりとつける

「仕事ができるようになりたい」と思って無理をしてしまうと、パンクして体調を壊してしまうことに。デキる女は、ON・OFFをしっかり使い分けられるのが特徴。平日に仕事をやりきったなら、休日は息抜きに友人とご飯を食べにいったり、カラオケにいったり、自分の好きな時間を作るのがコツです。

「最近忙しくて、疲れが溜まっているな」と感じたなら、たまには思い切って休んでみましょう。メリハリをつけて毎日を過ごすだけで、時間の使い方が上手くなり、良い体調を維持しながら仕事もプライベートも充実させられます。


デキる女は同性にも異性にも好かれるモテる女性の代名詞

デキる女性になる

今回は、「デキる女」になるためのコツを紹介しました。デキる女は、仕事もプライベートも充実させていて、たくさんの人から好かれている女性が多いです。

時間の使い方や目的を決めるなど、すぐに実践できるポイントも紹介したので、誰からも好かれるかっこいいデキる女になるために、まずはできることから始めてみて。


【参考記事】モテる女性が持っている絶対的な条件を大公開!▽

【参考記事】男性目線で解説する「いい女」の特徴とは?▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事