口が悪い人の意味とは│口が悪い男女の心理と特徴から直す方法を解説!

自分の思っていることをストレートに言葉にしたり、言い方がきついと自分で自覚している人は、周りから「口が悪い人」と思われているかも。今回は、「口が悪い」という言葉の意味から、男女の心理と特徴を大公開!さらに、言葉遣いの悪さを直す方法まで詳しく解説していきます。

口が悪い人っていますよね。

口が悪い人の特徴

口が悪い人は、男女問わずいます。自分の思っていることをストレートに発してしまったり、言葉遣いが汚い人ですね。

気になる相手の口が悪いという場合もあるでしょう。口が悪いと怖いイメージがあるかもしれませんが、実際に優しい人であったり、かわいらしい面があったりすることも。

そこで今回は、口が悪い人の心理や特徴について紹介します。

また、口が汚い人は、損をしてしまうことが多いので、直してあげたいと思うかもしれません。そこで、言葉遣いの悪さを直す方法も解説していきます。


口が悪いってどういう意味?

口が悪いとは、大きく分けて2つ意味があります。自分の思っていることをストレートに発して、相手の心を傷つけてしまうことです。相手の心が傷つけば、どんなに丁寧な言葉遣いでも口が悪いとなってしまいます。

もう1つは、言い方が汚いタイプで、使う言葉自体が汚いので、そこに優しい気持ちが合っても、口が悪いとなってしまいます。

口が悪い人は、男女問わずいて、生活環境が原因の場合もあります。しかし口が悪いその人の心理も関係しています。


【男女別】口が悪い人の心理とは?

ここから、男女別で口が悪い人の心理をお伝えします。口が悪い女性の心理には、相手を安心しきっている女性のかわいらしい一面もあります。

また、口の汚い男性の場合、自分を大きく見せたいという心理も関係しています。詳しく見ていきましょう。


口が悪い女性の心理

まずは、口が悪い女性の心理をお伝えします。口の悪い女性の心理は、特に何も考えず話しているだけであったり、ストレスが溜まってイライラしていたりすることがあります。

自分が女性であれば、当てはまるかチェックしてみましょう。口の悪い女性が気になっている男性も確認してくださいね。


女性心理1. 特に何も考えず話しているだけ

言葉をどのように話すかというのは生活環境に大きく影響されます。多くの人は、親や兄弟姉妹の影響を大きく受けます。ですから口の悪い女性は、特に何も考えずに話している可能性が高いです。

口の悪い人の親や兄弟姉妹の口が悪い場合、そのような話し方が自然に身についてしまった可能性があるのです。もしも気になる女性の口がいつも悪いなら、生活環境から口が悪くなった可能性が高いでしょう。


女性心理2. ストレスが溜まってイライラしている

人は言葉に感情が表れるものです。ですから単純にストレスが溜まってイライラして口が悪くなってしまう女性もいます。

普段は丁寧で優しい言葉遣いなのに、その時だけ口が悪いならストレスが溜まってイライラしていると考えられます。

ストレスの原因は様々です。もしかすると、彼女に落ち込むようなことがあったかもしれません。一緒に会話して話を聞くなら、ストレスを減らしてあげられるでしょう。


女性心理3. 相手に心を開いているから

相手に心を開いているので、口が悪くなってしまうという女性もいます。相手に自分の素を出しているため、言葉遣いがつい乱暴になってしまうのです。こういう人は、生活環境から言葉遣いが悪くなった可能性も高いでしょう。

さらに、相手に心を開いているので、思ったことをストレートに言ってしまうことも考えられます。もしもストレートに自分の悪い点を指摘してきたら、自分を信頼しているのでストレートに話しているということを覚えておきましょう。


女性心理4. 自分の意見が正しいと思っている

自分の意見が正しいと思って、大口を叩いてしまう女性もいます。自分は正しいと思うあまりにプライドが高くなって、横柄な態度と言葉遣いになってしまうのです。

自分がいつも正しいというような態度や言葉遣いは、他の人に嫌われやすいので、もし自分がそうなら改善しましょう。

また、気になる女性がそういう心理である場合は、できるなら自分がいつも正しいと考える見方は間違っていることを指摘してあげましょう。


女性心理5. 気が強い毒舌キャラだと思われたいから

現在毒舌キャラの芸能人が人気のため、自分も人気者になりたくて毒舌キャラを演じている女性もいるのです。

しかし毒舌キャラでみんなに愛されるのは簡単なことではありません。誤解されてしまうことも多くなります。

【参考記事】はこちら▽


口が悪い男性の心理

口が悪い男性の心理もお伝えします。口の悪い男性の心理として、相手に対して自分を大きく見せたいことや相手からワイルドで男らしいと思われたいなどがあります。

気になっている男性の口が悪い場合、どんな心理が関係しているのか理解し、恋愛に活かしてみてくださいね。


男性心理1. 相手に対して自分を大きく見せたい

偉そうに威張ることで、自分を強く見せたい男性がいます。相手に対して自分を大きく見せたくて、口が悪くなってしまうのです。

自分を大きく見せようとしているかは普段の態度を見ればわかります。女性の前では偉そうにするくせに、自分より偉い人には丁寧な言葉を使う男性もいます。

人の上に立ちたい、もしくは上司の立場になっている男性は、自分を大きく見せたがる傾向にあります。

【参考記事】はこちら▽


男性心理2. いつもどおり普通に話しているだけ

男性は、口が悪い時に、何も考えていない、思っていない可能性も高いです。彼からしてみれば、普段通り話しているだけなのです。

彼の口が悪いのは、親譲りかもしれません。あるいは出身の街の方言が口汚く聞こえるいうことも考えられます。

普段から話し方が変わらないようであれば、彼は何も考えないで話している可能性が高いです。あなたが気になるなら、もっと優しい言葉遣いで話すようにお願いしてみましょう。


男性心理3. 人に追求されたくないので先に予防線を張っている

口が悪い男性は、後ろめたいことがあって、他の人に追及されたくないので先に予防線を張っていることもあります。

もしあなたの気になる男性が、普段は優しい言葉遣いなのに、その日は荒々しい言葉を使っているなら何か後ろめたいことを隠しているかもしれません。

隠し事があれば、彼は「うるせぇ」「うざい」などと言って、さらに荒々しい言葉になるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


男性心理4. 話す相手を親しいと思っているから

単に話している相手に親しみがあって、安心しきっている場合も口が悪くなる男性がいます。

職場などでは、きちんとした敬語を使い、あなたと話す時だけ口が悪くなるなら、それはあなたを信頼している証拠です。

彼は生い立ちから言葉が悪くなってしまったのかもしれません。彼の言葉遣いが気になるなら、あなたが正しい言葉遣いを教えて直してあげると良いでしょう。親しみを感じているあなたの言うことなら、聞く可能性は高いでしょう。


男性心理5. 相手からワイルドで男らしいと思われたい

ワイルドな荒々しい言葉遣いをして男らしく見せようする男性もいます。そうした人はワイルドで男らしい男性に憧れているのです。

任侠映画や学校の不良を扱ったドラマの主人公に憧れて、言い方を真似したことのある男性は多いです。そうした話し方をかっこいいと思っているのでしょう。

もし男性の話し方が気になるなら、そのような話し方はかっこ悪いと感じる人も多いので、話し方を変えるようにと勧めてみましょう。


口が悪い人に共通する特徴

次に口が悪い人に多く共通する性格の特徴をあげていきます。口の悪い人は、気が強く、自己主張が激しいです。また、人の揚げ足を取ったり、だめな部分に目を向けがちです。他にも共通する特徴があります。あなたの気になる異性が該当しているか確認してみましょう。


特徴1. 気が強く、自己主張が激しい

口が悪い人の多くは、思い込みが激しく自分が正しいと思い込んでいます。ですから自分が正しいと思って、自分の主張を押し通そうとしてきます。

いざお付き合いするとなると、あなたが引かない限りケンカが絶えないです。何が何でも自分のしたいようにしたいという感じなので、あなたと意見が合わないとケンカになってしまうのです。

もしもあなたがそうした付き合い方が嫌なら、その人との付き合いは止めておいた方が良いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


特徴2. 人の揚げ足を取ったり、だめな部分に目を向けがち

他の人が言われたくないことを、ストレートに言って、大勢の笑いを取ろうとするタイプの人間もいます。こういうタイプの人間は、普段から他の人のだめな部分に目を向けて、他の人の揚げ足を取りがちです。

あなたがこういうタイプの人と付き合うことになると、自分が言われたくないことを大勢の前で言われてしまうでしょう。

また、普段から揚げ足取りをする人は、クレイマーになる可能性もあります。会話していても他の人や世の中の文句ばかりで楽しくないでしょう。


特徴3. 人の意見や話を基本的に聞いていない

口が悪く、他の人の悪口ばかり言う人は、他の人の意見や話を基本的に聞いていません。他の人の悪口ばかり言っている人は、他の人の意見などどうでも良くて、自分の不満を述べたいのです。

こういう性格の人と一緒にいると、自分まで性格が悪くなってしまうか、悪口を一緒になって言った後に嫌な気持ちになってしまいます。

自分の意見や話を聞かない人と付き合いたいと思う人は少ないでしょう。


特徴4. 見栄っ張りで自分を強くみせたいと思っている

口が悪い人は見栄っ張りという性格があります。見栄を張っりなため自分を悪ぶって大きく見せたいのです。

このようなタイプの人と付き合うとなりと、大変です。ええかっこしいで他の人の前にお金を使って見栄を張ります。

しかし自分の身内にはけちで、お金を使いません。あなたはそのギャップでイライラするかもしれません。また、あなたとお付き合いするうちは、あなたにお金を使いますが、結婚すると、あなたにお金を使うこともないでしょう。

【参考記事】はこちら▽


特徴5. プライドが高く、自分の意見が正しいと思いこんでいる

口が悪い人の性格として、自分の意見がいつも正しいと思い込んでいることがあります。そのような性格の人は、独りよがりでプライドが高く、自分の意見を押し通そうとします。

あなたがそういうタイプの人とお付き合いすれば、ケンカが絶えず、楽しくないかもしれません。その人は、自分の意見がいつも正しいと思い込んでいるので、意見が衝突した時に謝ることはないでしょう。

あなたが折れなければ、ケンカが絶えないカップルになってしまいます。

【参考記事】はこちら▽


特徴6. 性格は優しいけれど、全体的に大雑把でガサツ

口の悪い人は、育ってきた環境ゆえにそのような言い方をしてしまうのかもしれません。使う言葉が汚いだけで性格は優しいというタイプの人もいます。

あなたがお付き合いした時に、本当にその人が優しい性格であれば、話し方を変えてくれる可能性は高いです。

ただし生まれつきガサツな性格の人もいます。あなたが本当はその人が優しいというのをわかっているなら、ガサツな部分は許して付き合っていくこともできるでしょう。


特徴7. 物事をすぐに偏った見方をしてしまう

物事を偏った見方をするというのは、本来は本質をとらえようとする良い言葉でしたが、現在はひねくれた見方という意味合いで使われていますね。

口が悪い男性は、そのひねくれた見方をしてしまう性格の人が多いです。何事も消極的に見てしまい、不平不満を強い口調で述べてしまうのです。

もしそのようなひねくれた性格の人とお付き合いしたら、いつも消極的な話を聞かされるかもしれません。


口が悪い人への上手な対処法や付き合い方

ここから口が悪い人との上手な付き合い方を述べていきます。友達の口が悪い場合、反発せず相槌を打って聞き流すのが良いです。勢いで負けないようハキハキと話すのも上手な対処法でしょう。

また、友達や彼氏・彼女、上司の場合とでは対処法も変わってきます。順に見ていきましょう。


対処法1. 友達が口が悪い場合、反発せず相槌を打って聞き流す

友達の口が悪い場合は、何か言い返したりせずに聞き流すのが良いでしょう。あなたと友達であるということは、あなたはその友達の本当の人となりがわかっているのでしょう。

本当は優しい性格かもしれませんし、思いやりのある人かもしれません。単に生まれた環境から話し方が悪いのでしょう。それがわかっているなら、大丈夫です。

あなたは良い友達として、これまで通り普通に接していけば良いでしょう。


対処法2. 勢いで負けないようハキハキと話す

口が悪い相手の言われっぱなしにならないためにこちらもハキハキと話すというのも上手な対処法です。

嫌なものは嫌とハッキリ自己主張しましょう。もし口が悪い相手が、あなたを傷つけるようなことを言ったら、「傷ついた」とハッキリ述べるべきです。

あなたがハキハキした口調で話すなら、相手は謝ってくるかもしれません。また、謝らないにしても次にそのことは言ってこないでしょう。


対処法3. 彼氏や彼女の口が悪い場合、外では丁寧な言葉遣いを心がけるよう注意する

彼氏や彼女の口が悪い場合は、直してあげたいと思うことでしょう。その場合は、外だけでも丁寧な言葉遣いを使うように言いましょう。

あなたが、恋人に直してほしい理由をきちんと伝えるなら、彼氏や彼女はわかってくれるかもしれません。

あなたは恋人のことが好きで、「外で恥をかいてほしくないと思っている」と伝えましょう。あなたの愛情が伝われば、きれいな言葉を使うように努力してくれるかもしれません。


対処法4. 上司が口が悪い場合、同僚やさらに目上の上司に相談してみる

上司の口が悪い場合は、別の話です。これはモラハラやパワハラに当たります。まずは同僚やさらに上の上司に相談してください。

あるいは、企業や学校によってはコンプライアンス対策の部署があります。そうした部署に相談することもできるでしょう。

毎日のように、上司に口汚く怒鳴られれば、精神的に参ってしまい、うつ病になってしまうこともあり得ます。我慢せずに相談することが大切でしょう。


対処法5. できる限り会話しないようにする

できる限り口が悪い人と接触しないという方法もあります。上司の口が悪い場合で考えたように、毎日のように怒鳴られていれば、うつ病になってしまう可能性もあります。

会社に相談しても、上司の口の悪さが直らないなら、部署を変えてもらうのもありでしょう。あるいは、転職を考えてもよいかもしれません。

恋人や友達の口の悪さが不快で、許すことができないのであれば、関係を終わりにすることも考えましょう。


周囲に口が悪いと言われて改善したい時の口調を直す方法

もしかすると、あなたは友達に口が悪いと言われたことがあるかもしれません。改善したい時には、思ったことをそのまま口にせず、一度考えてから発言するようにしましょう。他にも改善方法があるので、口が悪いと言われたことがある人は、試してくださいね。


直し方1. 思ったことをそのまま口にせず、一度考えてから発言する

口が悪いといっても、他の人にストレートなものの言い方をして傷つけてしまう人は、一度考えてから発言するようにしましょう。

素早いレスポンスで、思ったことをそのまま話してしまえば、相手にとっての地雷を踏んでしまう可能性もあります。

まずは、少し考えて、それを言ったら相手がどんな気持ちになるかを考えましょう。また、相手に何か指摘するにしても、どんな言い方をしたら相手を傷つけないか考えてから話しましょう。


直し方2. 丁寧な言葉遣いを心がけ、地道に習慣化していく

話し方というのは、性格も関係していることをお伝えしました。性格から変えるには、非常に長い時間がかかります。ですから丁寧な言葉遣いを心がけて、それを地道に続けてください。

時には、失敗して声を荒げてしまうこともあるかもしれません。それでもガッカリしないでください。

穏やかな性格になるように意識して、長い間継続していけば、少しずつ話し方は変わっていくことでしょう。

【参考記事】はこちら▽


直し方3. 正しい言葉遣いの本を買って読んでみる

TPOをわきまえた正しい話し方を覚えたい人は、正しい言葉遣いの本を購入することをおすすめします。

育ってきた環境によっては、あなたの親や兄弟姉妹の口が悪くて、移ってしまった可能性もあります。

そのような人は、正しい言葉遣いを教えてもらってないでしょう。ですから自分で学ぶ必要があるのです。職場で敬語を使えなければ、あなたの評価は下がってしまいます。本を購入し、少しずつ直すのが良いでしょう。


自分で口が悪いと思ったら直していきましょう。

口が悪い人の、心理や性格を紐解きました。口が悪い人の中には、生まれた環境から口が悪いだけで、本当は優しい性格の人もいるでしょう。

しかしそのような理由であっても口が悪い人は、良く思われないことが多いです。もしも恋人の口が悪い場合は、あなたの愛情を伝えて直してもらいましょう。

もし、口が悪いと指摘されたことがある人は、まずは考えてから発言するクセをつけてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事