がさつの意味とは|がさつな女の特徴や男性から嫌われる5つの理由を解説

あなたの周りにがさつな人はいませんか?何に対しても適当な女性は、男性から嫌われる傾向があります。そこで今回は、がさつという意味から、がさつな女性の特徴や男性に嫌われる理由まで徹底解説していきます。女性の皆さん、自分に当てはまっていないか確認しながら読んでみてくださいね。

がさつな女性って品がないですよね。

がさつな女の特徴

がさつな人って、嫌われたり避けられがちですよね。がさつだと言われている人は、「どういう点ががさつなのか分からない」ことも多いのではないでしょうか。

今回は、がさつとはどんな状態を差すのか、がさつな女が男性に嫌われる理由を解説していきます。

気が付かないうちに「がさつな人」だと思われないよう、役立ててくださいね。


前提として「がさつ」の意味とは?

がさつの意味

がさつとは、繊細さがなく、細かい気配りができない人を指します。がさつさが表れるのは、言葉、行動だけでなく、見た目にも出てしまうことも。

「お前」とか「あいつ」などの言葉遣いをしている女性は、確実に男性からがさつな人だと思われていますよ。化粧もいい加減だったり、歩き方や動作に品がない女性もがさつな印象を受けます。


周囲からがさつと言われる女性の心理

がさつな女性の心理

がさつな女性は、周囲から「よく見られよう」などと考えていません。無意識に、がさつに見られてしまって困ったことはありませんか。

少しだけ、人から見られていることを意識してみましょう。がさつな女性の心理を分析することで、少しでも繊細な女性に近づくことができます。

がさつだと言われたことがある人は、ぜひ読んで参考にしてくださいね。


女性心理1. 適当にやっても“なんとかなる”と思っている

がさつな女性は物事を綿密に計画したり、マジメに取り組むことをしないので、だらしなく見えます。「なんとかなる」という心理があり、常に物事に取り組む姿勢が適当なのですね。

仕事に限らず、プライベートなことでも、無計画で無気力な姿勢が見られるようなら、その人はがさつだと言えます。


女性心理2. そもそも周囲に対して興味や関心、愛着がない

自分のことにしか意識を向けないのが、がさつな女性の心理です。「周囲で何があっても気にしない」、「どうでもいい」という心理が働くので、いい加減ながさつ女は愛着というものを人にも、モノにも持ちません。

ボロボロの服を着ていたり、自分の周りの人にぶつかってもお詫び一つ言えないなどの行動をするなら、がさつな女だと言えるでしょう。


女性心理3. 見られている意識がなく、特に何も気にしていない

がさつな女性は何も気にしていない

見た目を気にしないで、常にノーメイク、髪の毛も整えないのががさつな女の特徴。メイクやヘアセットをすることで、心理的にも気分がよくなるとか、周囲を不快にしないなどとは考えないので、肌がボロボロ、フケだらけでも気にしません。

人からの視線を意識しない見た目をしても平気で、恥じらいもないようなら、がさつな女です。


がさつな女性に共通する特徴を解説!

がさつな女性は声が大きい

がさつな女性には共通する部分があるのをご存知ですか。どう改善したら良いのか悩む方にとって、すごく参考になる情報ですよ。

まずは、特徴を理解して改善のヒントを探りましょう。性格、態度や行動についての特徴をまとめました。当てはまってないか、ぜひチェックしてみてくださいね。


がさつな女性の「性格」に関する特徴

がさつな人は、どんな性格をしているのでしょうか。ここからは、がさつな女性に関する性格の特徴を解説していきます。


性格① めんどくさがりで細々した作業が嫌い

がさつな人は細かな作業を苦手としていて、面倒くさがりな傾向があります。仕分け作業や、PCでの入力などの細々した作業を嫌い、正確性も低いです。

性格的に細々したことが不得意という特徴があり、手先が不器用だったりして、面倒くさがり屋さんなのががさつな女の性質とも言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


性格② スボラな性格で自分がだらしないと自覚している

自分がずぼらだと自覚している

だらしない自分に対して、諦めにも似た感情を持っているのが、がさつな女の特徴。「どうせ自分なんて…」という発言が多かったり、洗濯や食器洗いを何日も放置しているような傾向もあるのも特徴。

自分自身がだらしないと自覚して、改善することもしないので、とてもタチが悪いのもがさつな女の特徴ですね。

【参考記事】はこちら▽


性格③ いい加減な性格で「後でやろう」とすぐ後回しにする

時間の使い方も下手なので、要領も悪く、タスクを処理しきれない傾向が。仕事のレスポンスも悪く、家事なども放置して、部屋がぐちゃぐちゃで散らかっています。

いつかやろう、後で良いだろうと何でも後回しにするので、いつも時間に追われていたり、だらしがない様子が部屋を見ればすぐに分かってしまうのですね。


がさつな女性の「態度や行動」に関する特徴

がさつな女性は声が大きい

続いては、がさつな女性の態度や行動の特徴を解説していきます。「もしかしたら、自分はがさつかもしれない」と不安な方は、しっかり自分の普段の行動と比べてみてくださいね。


態度や行動① 場所やシーンをわきまえず、基本的に声が大きい

TPOを理解した振る舞いが出来ない、無神経さもがさつな人の特徴です。

「どう思われても気にしない」と心理がはたらいているので、職場であろうと、プライベートで訪れた場所であろうと、TPOをわきまえずに、大きな声で話してしまうのです。

一緒にいる人や状況を考えない無神経さや、大きな声を出す下品さから、がさつな女だと判断できます。

【参考記事】はこちら▽


態度や行動② バッグや財布、ポーチの中がぐちゃぐちゃと片付いていない

がさつな人は、整理整頓ができておらず、特に人目につかない所が汚い傾向にあります。バッグや財布の中は整理されていないので、ゴミが入っていたり、数ヶ月前のレシートが丸まっていたりすることも。

がさつな女は化粧ポーチもぐちゃぐちゃなので、メイク道具を探すのにも一苦労で、小一時間掛けてコスメを探すことも珍しくありません。

【参考記事】はこちら▽


態度や行動③ 職場のデスクやロッカーが整理されていない

がさつな女性は整理整頓されていない

職場での整理整頓ができておらず、服や書類、筆記用具がぐちゃぐちゃになっているのもがさつな女の特徴。デスクの引き出しやロッカーを閉めている時は綺麗に見えても、一度開けてみると、だらしない様子がひと目で分かってしまうのです。

がさつな女は「扉を閉じれば分からない」、「誰も見ていないから良いだろう」と考えてしまいがちな癖があります。


態度や行動④ 2日連続で同じ服を着用しても気にしていない

普通は同じ洋服を連続して着ないものですが、がさつな女は汚れていても、シワがあってもお構いなしです。

2日連続で服を着ていると、「洋服がないのだろうか?」とか、「ちゃんと洗濯してるのかな?」と思われますが、周囲の目は気にせずに、同じ服を着るのも特徴ですね。

ファッション、周囲からの印象に無頓着なので、同じ服を着ても全く気にしないあたりが、がさつな女そのものです。


態度や行動⑤ よれよれメイクや寝癖など、身だしなみがだらしない

くずれたメイクや寝癖が目立つ髪型をしても平気なのが、がさつな女の特徴。

モテるためにメイクをすると勘違いしているので、「モテなくても良い」というがさつな女は、身だしなみを整えず、めんどくさがりも手伝って、ともかく汚らしいです。

見た目に気遣うことができなくなった人は、がさつな女の特徴の一つです。

【参考記事】はこちら▽


態度や行動⑥ 人の話をきちんと聞いていない

がさつな女性は人の話を聞かない

何か話しかけても上の空で、全く話が届いていないような人は、がさつな女と言えるでしょう。「ちゃんと聞いてよ?」と何度言われても聞く耳を持たずに、自分のことばかりしていたり、スマホに熱中しているような人もいますね。

指示など大事な話を聞き漏らすので、仕事もできませんし、集団行動が苦手で浮いてしまうのも特徴でしょう。


態度や行動⑦ 財布やスマホなど、物の扱いが雑

がさつな人は、持ち物に対しての愛着がありません。財布はボロボロ、革の手入れをしてなかったり、破けてもそのままだったりします。

スマホも画面が割れたまま使っていたり、あちこちに傷だらけなことも少くありません。

物の扱いが雑で、普通なら修理したり、買い換えるのにずっとボロボロのまま使い続けるあたりも、がさつな女の特徴と言えます。


態度や行動⑧ 口に食べ物が入った状態で会話をする

人と話す時に食べ物を食べないなんて、小学生でもわかりそうなものですが、がさつな女は無神経なので、周囲からの目を意識しません。口をモゴモゴさせて喋り、食べかすが飛んだり、こぼしたりしてもお構いなしの、汚らしい食べ方にも特徴があります。

マナーがなってなく、ちゃんと食べてから話すという当たり前のことができないので、非常識でだらしがない女と思われて、結果的にがさつという印象を持たれます。


態度や行動⑨ 面倒だと感じると、「別にいいか」とすぐ妥協する

がさつな女性は妥協する

何かトラブルが起きた時、がさつな女はすぐに楽な方を選びます。面倒事を解決しようとせず、「まぁ、いいか。」と妥協して、そのまま放置したり、しっかりと対応しないので、事態は深刻化してしまうんですね。

家庭やプライベートのゴタゴタを抱えて、長期間放置しているのも、がさつな女に見られる、典型的な悪い行動の例です。


態度や行動⑩ 自分勝手で空気が読めない

もう飲み会をお開きにしようとしてるのに、追加で大量に注文したり、カラオケで皆が知らないマニアックな歌を入れるような行動を平気でする傾向があります。

状況を理解し、一緒にいる人を見て、空気を読んで行動ができないというのは、性格面でも問題ありなので、がさつ以前に人間性を疑われてしまいます。


ついつい「がさつ」になってしまう原因は?

がさつな女性の原因

無意識にしている行動が、他人にはがさつに映ることがあります。自分で原因を考えても分からないことって、ありますよね。

がさつに見えてしまう人には、共通する原因があるのではないでしょうか。生育環境、心理面、マナーなどの確度から分析しましょう。

今、問題意識を抱えてない人も、原因を知ることで「がさつ」に見らないで済みますよ。


原因1. 両親も大雑把でがさつな環境で育っただったから

がさつな女に見えてしまうのは両親の影響が少なからずあるのかもしれません。本人が無神経だからという訳ではなく、育ってきた環境が原因であることも。

両親ともにあなた同様、がさつで適当な環境で育ってしまったが故に、その性質を受け継いでしまったのです。

親の影響というのは大きいので、本人に否があると思い込まず、「生育環境によって形成された性質ではないか?」と、まずは家庭環境を疑いましょう。


原因2. 忙しくて丁寧にやる余裕がないから

丁寧さがなく、ぶっきらぼう、投げやりな印象があるのもがさつな人の特徴です。がさつに見える原因は、スケジュールが過密すぎて、全く余裕がないため、細かいことに気配りができなくなっているケースも少なくありません。

自由に使える時間が限られてしまうと、丁寧に見直しをしたり、じっくり取り組むことができず、結果的に周囲にとってがさつな印象を与えかねません。


原因3. 単純に常識やマナーを知らない

がさつな女性はマナーを知らない

マナー、礼儀に対して無頓着、学ぶ機会が無かった人も、がさつな女に多い印象。マナーを学ぶ意味を理解していないので、人に対して適当な対応をしたり、失礼な態度をとってしまっても気にしません。

人付き合いも限定的、マナーについて怒られても聞く耳を持たないので、常識がない人だと思われ、周囲から嫌われるのですね。


がさつな女性は嫌われる?印象が悪い主な理由

がさつな女性が嫌われる原因

別に特別なことをしてないはずなのに、周囲からの反応が悪くて困ったことはありませんか。

それは、もしかしたらあなたが「がさつ」だからかもしれません。ここからは、がさつな女の印象が悪い理由を紹介していきます。


印象が悪い理由1. 空気が読めないため、周囲から嫌われやすい

周囲のムードをしっかり察知できず、適切な言動ができないのも、がさつな女の印象が悪い理由です。人の気持ちを理解できないので、雰囲気的に席を外したほうが良いとか、黙っていた方が良いという判断ができないのですね。

いわゆるKY女なので、自己中な言動をするためムードをぶち壊しにすると思われ、集まりがあっても呼ばれないなど、露骨な避け方をされてしまって嫌われます。

【参考記事】はこちら▽


印象が悪い理由2. 仕事の詰めが甘いため、周りが補助する必要があるから

仕事に対しても責任感や繊細さがないので、がさつな女は自分で仕事をやりきることができません。

単純な仕事でもモチベーションが低く、注意力も散漫、注意も聴かないので、適当に仕事をこなして、周囲に迷惑ばかり掛けます。

意味を理解して仕事をしないので、何度も同じ指示を受けたり、最悪なケースでは周囲が補助する必要があり、印象がとても悪いんですね。


印象が悪い理由3. 下品でだらしなく、一緒に行動していて恥ずかしいから

がさつな女性は一緒にいて恥ずかしい

がさつな女はだらしない見た目、行動をするので、誰も一緒にいたいと思いません。人前で鼻をほじったり、おならをしたり、大きな声で笑ったりします。

「あの人がいるなら行きたくない」 、「隣に座りたくない」と思われてしまうので、友達同士の集まりとか、特別なイベントに誘われることは誘う事自体が恥ずかしいと感じられています。


印象が悪い理由4. 常に落ち着きがなく、バタバタしているから

いつも忙しそうにしていて余裕がないのもがさつな女にある特徴で、対応が適当になるので印象もよくありません。

落ち着きの無さはだらしないとも受け取られてしまうので、特に男性には嫌われるポイントです。

スマホをいじりながら仕事をしたり、物をなくしたと探し回ったり、電話しながら友達とランチをしたりと、落ち着き無くバタバタしている様子に、周囲はマイナス評価を下すのです。


印象が悪い理由5. 自己中心的で周囲への配慮ができないから

がさつな女は自分のことだけしか考えず、自己中心的な思考回路を持ってます。口を開けば自分の話ばかり、人の相談があれば「暇じゃないから帰るね」などと言ったりする割に、自分のことには関心を持って欲しいわがままぶり。

何か困っている人がいても周囲に配慮ができない性格が、身勝手な人と思わせて、印象をとことん悪くします。


がさつな部分を改善する方法とは?

がさつな女性を直す方法

がさつな部分を自覚したら、気になるのは直す方法ですよね。がさつさは治らないと思っていませんか。

でも、ちょっとした心掛けで、あなたのがさつさは改善できるはず。ここからは、がさつ女が気をつけたい習慣化のコツに触れていきます。


改善方法1. 人の話にはきちんと耳を傾けるようにする

がさつな女は、人の話が聴けません。せっかく時間を割いてくれて、自分に話してくれているという感謝をしないので、人の言葉を聞き流したり、何度も同じことを聞き返したりします。

一度、人が何か話してくれたら、しっかりと聞き、メモを取るなどの工夫をしないといけません。ちょっとした心がけをすることで、人の話を聴ける女になれますよ。


改善方法2. 家や職場など、日頃から整理整頓する癖を習慣化する

整理整頓、掃除をできるようにし、身の回りを綺麗にする癖をつけることを意識していきましょう。まず、散らかしたらすぐに片付け、定位置をしっかりと決めることです。

家だけでなく職場でも片付けを心がけ、習慣化できれば、あなたの周囲からの印象は大きく変わり、がさつ女というレッテルをきっと克服できるでしょう。


改善方法3. 仕事や家事でも終わった後に見直しをするようにする

がさつな女性は家事を見直す

がさつな人は「確認する」という工程を省略して、適当な仕事、家事をしてしまいます。めんどくさがりな性格を直して、家事やタスクの確認作業を怠らないようにすると、ミスや見落としが減りますよ。

仕事や家事を細分化して、細く工程ごとに見直しをすることで、あなたのミスが減って、周囲からの評価も良くなるでしょう。


改善方法4. 髪型や服装など、身だしなみには気を配るように意識する

がさつでめんどくさがりな女は、身だしなみを改善すると、周囲からの評価があがり、がさつな女ではなくなります。こまめに髪を切りに行く、整髪料をつけるようにする、洋服は綺麗なものを着るなど気をつけましょう。

身だしなみへの気配りができないと第一印象も悪いですし、一緒にどこかに行きたいと思われなくなるので、まずは身だしなみを真っ先に整えてください。


改善方法5. 食事マナーや言葉遣いなど、一般常識を勉強してみる

一般常識がなく、食事の仕方や言葉が汚いのもがさつな女の特徴。直す方法としては、マナースクールに通ったり、いつも以上に気遣って、食事をしたり、話すようにすることですね。

一般常識に関する本を一冊買って読んでみたりするだけでも、随分とあなたのマナーは変わるはずですよ。マナーがしっかりしている人に教えてもらうのも良いでしょう。


印象の悪いがさつな女を卒業しましょう。

がさつな女性を卒業しよう

がさつな女には繊細さがなかったり、常識不足という共通点がありましたね。あなたは、当てはまっていませんでしたか?

男性だけでなく、同性からも印象が悪い「がさつな女」は卒業して、異性からモテる繊細で素敵な女性になりましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事