冷たい人の特徴とは│7つの診断でわかる冷たい人間度と5つの改善方法

あなたの周りに、合理的で冷たい人っていませんか?今回は「冷たい人」について徹底解説!まずは7つの診断テストで、自分の冷たい人間度を調べてみてくださいね。また、冷たい人と関わる時の上手な付き合い方や、冷たい性格を直す改善方法も解説していきます。

冷たい人っていますよね。

冷たい人の特徴

冷たい人と聞くと、何となくそっけない人や冷静すぎる人、合理的な人を想像しますよね。実際には冷たい人間とは感情を表に出さないだけであったり、冷静に考えられる頼れるリーダーであったりすることも。

そこで今回は、冷たい人の意味や特徴、冷たい人かどうかの診断方法について紹介してきます。

あわせて冷たい人との上手な付き合い方や冷たい性格を直すための改善方法もチェックして、人にいい印象を与えられるようにしていきましょう。


周囲に「冷たい」と言われた。「冷たい人」の意味とは?

冷たい人間とは、温かさを感じない人のことを指す場合が多いです。合理的かつ冷静すぎて温かみを感じない人のことを指す場合もあれば、自分さえよければいい人や、周りの人がどう感じようがあまり気にしていない人のことを指す場合も。

また、喜んだり嬉しく思ったりする感情を顔に出すのが苦手な人も冷たい人といわれる場合があります。

このように、冷たい人間といわれる人は、表面上・内面いずれかが冷たい印象を与えてしまう人のことです。


冷たい人とクールな人の違いは?

クールな人とは物静かで落ち着いた人のことを指す場合が多い言葉です。温かさが表面上にあらわれにくい、という意味では冷たい人と共通しています。ただし、クールな人は冷たい人と比べるとポジティブな意味で使われる場合が多いです。

冷たい人間とは「心が冷たい人」「冷静すぎて心が冷たいと誤解されている人」などのネガティブな意味を表すのに対して、クールな人は「心が温かくても表面にはあらわれないだけ」という意味で用いられています。


【参考記事】はこちら▽


半数以上当てはまったら冷たい人間かも?すぐにできる診断テスト

こちらでは、どのような特徴がある人が冷たい人間といわれているのかを診断していきます。7つの項目の中で半分を超える4項目以上当てはまったら冷たい人といえるでしょう。

あなたや周りの人が冷たい人間なのかどうか、順番に見ていきましょう。


診断1. 合わない人は無理に合わせる必要がないと思っている

冷たい人間といわれる人は人がどうあろうとマイペースを貫きます。無理をして人に合わせなくてもいいと考えていることで、温かさを感じられず冷たい人と思われてしまうことがあります。

他の人に比べてみんなに好かれたいという気持ちが少ないため、無理して他人に共感して合わせることがありません。

たとえ相手が落ち込んでいる時であっても、自分の気持ちを優先して無理に合わない人に合わせないことが理由で、冷たい人といわれてしまいます。


【参考記事】はこちら▽


診断2. 職場の人は、仕事さえ円滑に進めばむりに仲良くなる必要がない

あまりビジネス上の人間関係に深入りしないことで、冷たい人間といわれてしまう人もいます。仕事で関わる人とはビジネスが円滑に進めば問題ないと考えている人は仲良くなろうとは考えておらず、ビジネスで知り合った人とも仲良くしたい人から見ると、冷たいと受け取られてしまうからです。

このような人は仕事がうまくいくことを第一に考えている場合が多いので、仕事ができる人も多い傾向にあります。


診断3. 物事は基本的に損得勘定で判断している

冷たい人間といわれる人は、人の気持ちよりも理性を優先して動くため、感情を優先する人からは冷たい人間といわれてしまう場合もあります。このようなタイプは仕事などの目的を達成することの優先順位が高いので、場合によっては相手の気持ちなどお構いなしになってしまうからです。

周りの人が困っているような場合でも、助けるかどうかは自分の得になるかどうかで決めるため、相手の気持ちを考えての行動ではありません。

たとえ困ったときに助けてくれても気持ちに寄り添っての行動ではないため、何となく冷たい人という印象を与えてしまいます。


診断4. 能天気な人を目にすると、現実を見れていないなと思ってしまう節がある

冷たい人といわれる人は物事を冷静に判断する傾向にあるため、大変なときに能天気に振る舞う人を目にしてしまうと、現実を直視できない人と感じてしまいます。

周りの雰囲気を和らげようとして能天気に振る舞っていたとしても冷たい人にとっては必要ないこと。

現実を見れていないと感じ、能天気な人のことを「できない人」「必要なことをやらない人」と感じてしまいます。もし能天気な人のことを現実を直視できていないと感じてしまうのであれば、どちらかというと冷たい人間といえるでしょう。


診断5. 泣いたり、落ち込まれたりしても正直、どう接していいか困る

冷たい人といわれる人はどう行動するかの基準が感情ではなく論理的思考です。そのため、泣いたり落ち込んだりという感情に基づく行動をとられてしまうと、どう対応していいのか困ってしまいます。

泣いたり落ち込んだりしている相手を慰めることが苦手なので、ついつい放置してしまうこともあります。

放置された相手は何もしてくれなかったと感じることで、冷たい人間という印象を周りに与えてしまうのです。


診断6. もとから人や物事に対して興味や関心が薄い

冷たい人間といわれる人は興味の対象が自分自身に向かっています。自分以外の人や物事に対しての興味や関心があまりないことが多いため、他人とのコミュニケーションを必要以上にとりません。結果的に冷たい人という印象を与えてしまいます。

特に恋愛などで相手が人とのコミュニケーションを重視するタイプである場合には相手との間にコミュニケーションギャップが生まれやすい傾向にあります。冷たいと言われた人は元々人に対する興味が薄いだけ、という特徴をお互いに理解しておくといいでしょう。


診断7. どちらかというと自己愛が強いと思う

冷たい人間と言われた人は興味の対象が自分自身に向かっています。これは、自己愛の強さから他人に興味が持てないことが多い傾向があることが理由です。

例えば、周りの人が身の回りの出来事を話していても自分以外に興味がないので聞いていないことも。

このように自分のことばかり考えていて、他人が何をしようがお構いなしなことで、冷たい人間という印象を持たれてしまいます。


【参考記事】はこちら▽


周囲から冷たい人と言われる人に共通する特徴

ここからは、周りの人から冷たいといわれる人に共通する特徴を紹介していきます。冷たいといわれてしまう人がどのような心理でどのような行動をとるのか特徴を把握していきましょう。自身が冷たい人と言われた人は、改善方法を探るために理解しておくといいでしょう。


特徴1. 何事に対しても合理的で、自分にメリットが無いと人を助けようとしない

周りから冷たい人間と言われたことがある人は、「困っていてかわいそう」などの気持ちで人を助けようとすることが少ないです。物事の判断基準は好き嫌いや感情ではなく損得感情なので、たとえ周りの人が困っていても自分にメリットがないと助けようとしてくれません。

もし感情で動くタイプであれば人助けをしたい・人の役に立ちたいという心理で動きますが、合理的な人は心情的な理由では動いてくれないため、冷たい人と言われてしまいます。


特徴2. 人を思いやるよりも、自分さえ良ければOKと思っている

多くの人は困っている時に助けてくれない人に対して、冷たい人という印象を持ちます。そのような人は基本的に自分さえ良ければOKという考え方であるため、周りの人が困ったり落ち込んだりしていても自分に何らかの影響がなければ思いやりの言葉をかけるなど助けようとしてくれません。

たとえ恋愛関係にある相手であっても同じ対応をするので、場合によっては関係に悪影響を与えてしまうこともあります。

恋愛に限らず周りの人や自分が冷たい人と言われるタイプである場合には、日頃からお互いがどのようなタイプなのかをしっかりと見極め、性格に合う付き合い方をするのがいいでしょう。


特徴3. 勝つためなら、平気で人を蹴落としたり嘘をついたりする

自己中心的な性格の人は人を傷つけても自分さえ良ければお構いなし。自分の目的を達成するためなら平気で人を蹴落としたり嘘をついたりすることもあります。好き嫌いや心情が行動するときの判断基準にはならないため、他の人にどう思われようが問題ないからです。

ただし、ビジネス含め相手といい関係を築くには嘘や蹴落としたりすることは長期的には悪影響を及ぼしてしまう場合もあります。もし自分が冷たい人と言われた場合には、長期的な影響も考慮したうえで判断することをおすすめします。


特徴4. 非常にマイペースな性格で、人が楽しそうにしていても冷静に対応する

冷静さが過ぎてしまい、周りの楽しそうな雰囲気にのまれることなく能面のような表情を貫くことで、冷たい人と言われる場合もあります。

周りのみんなが楽しそうに和気あいあいと談笑しているようなシーンであっても雰囲気に流されることなく冷静に対応。例えば社内でお祝いをしているような状況であっても冷静さを崩さないので、「嫌々参加しているのかな」という印象を持たれてしまうこともあります。

ただし、マイペースな性格は大変なときにはいい方に発揮されます。とても忙しく周りが焦ってミスをしがちな状況であってもマイペースかつ冷静に対応してくれるので周りから重宝され、冷たい人という評価は改善されるでしょう。


特徴5. 協調性がなく、人と何かを共感したり分かり合ったりしようとしない

気持ちでなく理性で動く人は、周りの状況や感情に左右されにくいため、人と喜び合ったりすることが少ないです。人と何かを共感したい・分かり合いたいという心理が働かないため、共感をしたい人からは冷たいという印象を持たれてしまいます。

ただし、感情的になりにくい分、冷静な判断はしやすいともとれます。周りの人が感情に流されて冷静な判断ができていない場合でも流されることなく合理的かつ冷静に判断可能です。うますぎる話かもしれない、と思った場合には冷たいといわれる人の判断を参考にするのもいいでしょう。


特徴6. 良かれと思って指摘はするが、基本的に言い方がキツく言葉にトゲがある

言ってることは間違っていなくても言い方が冷静すぎてキツいために冷たい人と言われてしまう場合もあります。

特に相手の間違いを指摘する場合、冷たいと言われる人はトゲがあろうがお構いなし。そのような言い方をすると相手がどのような心理状態になってしまうか、などを考慮せずにズバズバ指摘してしまうので、相手に怖い印象や冷たい印象を与えてしまいます。

上司がこのような冷静すぎるタイプである場合には、この人は悪気がなく好き嫌いで話している訳ではない、という点を念頭に置いて聞くと心理的なダメージは軽減されるでしょう。


特徴7. 普段から無表情が多く、笑顔を見せることがほとんどない

何を考えているのか伝わりにくいことで、冷たい人と言われてしまう場合もあります。笑顔も見せず無表情であるため感情が伝わりにくく、人によっては怒っているように見えることが理由です。そのような相手と話をするとニコリともしないので、何か怒っているのではないかと不安になってしまいます。

ただし実際は好き嫌いで無表情になっている訳ではなく感情が表に出ていないだけ。誤解されている場合も多いです。


【参考記事】はこちら▽


特徴8. 優劣をすぐにつける癖があり、権力や地位に重きを置いている

上昇志向が強すぎると結果的に冷たい人という印象を周りに与えてしまう場合も。上昇志向が強すぎると権力や地位に重きを置いての行動が多くなります。

自分が出世するための行動や自分が権力を持つためにはどうすればいいのかに基づいて行動するため、相手の状況や心理状態はお構いなしです。

上昇志向が強すぎる人はすぐに優劣をつけ、自分より下と判断した人や影響がないと思った人は相手にしません。そのため、冷たい人という印象を周りに与えてしまいます。


【参考記事】はこちら▽


周囲の人が冷たいと感じるタイミングや瞬間とは

ここまでの記事を読んで、自分が冷たい人間なのではないかとハッとした人もいるのではないでしょうか。ここからは、周囲の人が冷たいと感じる瞬間やタイミングを紹介していきます。身に覚えがあり悩んでいる人は必見ですよ。


タイミング1. 明らかに助けれる立場にあるにも関わらず、見返りがないと手を差し伸べない時

周りの人が困っていても相手の立場より自分の損得を優先してしまう人は、周囲の人から冷たい人と思われている場合があります。特に、どう見ても助けられる状況なのに何もしないでいると、冷たい人だなと思われる度合いが高くなってしまうことも。

手を差し伸べない理由は、感情より理性を優先しているからです。たとえ助けられる状況であっても「かわいそう」という感情的な理由が助けるきっかけになることは少ないことから、放置してしまいます。結果として相手から冷たい人と思われてしまうのです。


タイミング2. 話していて露骨に興味のない態度を全面に押し出してきた時

自分が興味がない話題になると、興味のなさを前面に押し出してしまったことがある人は、相手から冷たい人と思われている場合があります。特に会話の内容が相談事である場合には、冷たい人だという印象はぬぐい切れません。

もしかしたら自分も相手にとって興味のないことを話してしまっているかもしれません。お互い様の気持ちを忘れないことと、露骨な態度は控えつつ時間がないなど伝えるべき内容は伝えるのがエチケットといえるでしょう。


タイミング3. LINEでめちゃめちゃ無機質な短文ばかり送ってくる

合理的な性格であるため、冷たい人という印象持たれがちな人は、LINEなどの連絡ツールも必要最小限の文章だけな人が多いです。合理的な性格の人にとってはLINEやメールは単なる連絡手段。長い文章や説明は不要と考えるため、冷たい印象を与えてしまう短文ばかりになってしまいます。

ただし、LINEの文章が短文ばかりな人の中には、感情を表現するのが苦手なだけの場合もあります。LINEの文章が無機質な短文だからと言って必ずしも冷たい人とばかりは言い切れませんので、決めつけないようにしましょう。


タイミング4. 本音を打ち明けず、心が開いていないのを感じた時

相手に対して冷静で理性的な受け答えばかりし感情的な言葉を口にしない人は、冷たい人と感じさせてしまいます。いつも冷静な対応をする人は、あまり感情に左右されず何かの判断をするようなシーンではいい面もあります。ただし、本音ではどう思っているのかを打ち明けてくれない、ととられてしまうことも。

相手に心を開いていないという印象を与えてしまい、結果的に冷たい人だなという評価に変わってしまいます。


タイミング5. 周囲の人の事を心配したり、気にかけたりしない時

冷静な人は職場に限らず頼りになる存在ですが、冷静すぎて気持ちを表に出さなすぎると、温かさを感じられず冷たい人と思われてしまいます。例えば仕事が納期までに終わるかどうかばかり気にして、個人の状況を全く気にかけないと、「あの人が気にするのは仕事のことだけだ」と思われてしまうことも。

あまり感情的になりすぎるのもビジネスでは支障になる場合もありますが、全く心配したり気にかけたりしないと冷たい人という印象を与えてしまいます。体調や仕事の現状程度は気を配るようにしておくといいでしょう。


冷たい人との上手な付き合い方とは

ここでは、冷たい人と上手に付き合っていくにはどう考え、どう行動していくのがいいのかを解説していきます。冷たいと感じる相手であっても適切な接し方を把握することで、苦手意識を感じることなく良好な人間関係を構築していきましょう。


付き合い方1. 「合理的な考えの持ち主なんだ」と割り切る

冷たい人と感じる相手が気持ちを分かってくれないと嘆くより、この人は合理的な考え方の持ち主であると割り切ることをおすすめします。合理的な考え方の人を冷たい人と感じる相手は感情で物事を判断する傾向にある人が多いです。

自分とは判断基準が異なる合理的な考え方の持ち主だということを認識したうえで、割り切って対応するといいでしょう。そうすることでコミュニケーションギャップによるストレスも感じづらくなります。


付き合い方2. 相手の趣味や好きな話を振って、気持ちよく話させて心を開いてもらう

冷たい人と感じる相手であっても、相手が喜ぶことをこちらからすることで、心を開いてくれる場合があります。例えば趣味や好みの話題など、相手がつい心を開いて話したくなるような話題を振ることで、自然と話が弾むことも。

いくら普段冷静かつ合理的な人であっても、興味があることなら仕事以外のことであっても話してくれます。冷たいと感じる人と距離を縮めたければ、相手の趣味や好きなことを探り話題にするのも一つの手段といえるでしょう。


【参考記事】はこちら▽


付き合い方3. 冷たい人が動きたくなるようなメリットや魅力を提示してあげる

冷たいと感じる人は合理的な性格である場合が多いので、感情で動くことが少ない傾向にあります。相手に何かをしてもらたいと考えている場合には、相手にとってのメリットを提示することがおすすめです。

情では動かないタイプかもしれませんが、損得勘定では動くことも多いので、相手にとって得となることをうまく提示することで、相手から動いてくれます。

メリットとなる内容は相手によって異なりますが、どのようなメリットがあるのかをはっきりと伝えつつお願いすることが大切です。しっかり伝えることで、意外とスムーズに動いてくれます。


付き合い方4. 本当に合わない場合、最低限のコミュニケーションだけで程よい距離感を保つ

冷たいと感じる人と相性が何をしても合わない場合は、無理に距離を縮める必要はありません。ただし、まったくコミュニケーションできない状態になってしまうとビジネスに支障をきたしてしまいます。

そのような状態になってしまわないよう、最低限のコミュニケーションはとれる程度の関係を保っておきましょう。

程よい距離感をとっておくことで、お互いにストレスを感じることなく過ごせるので、ビジネスに悪影響を及ぼさずに済みます。


付き合い方5. こちらも合理的な態度を心がけ、ビジネスライク関係を築く

冷たいと感じる人は職場の人とは関係を深める意思がない場合も多いです。そのため、無理に仲良くなろうとせずにビジネスライクな関係を築いていくのも一つの方法です。具体的には感情ではなく合理的な判断に基づく態度を心がけるだけ。

感情で判断しがちな人にとっては少し難しいかもしれませんが、と割り切りましょう。合理的な考え方をする人は決して少なくはないので、このような対応ができるようになることは、社会人にとって必要なスキルの一つといえるでしょう。


冷たい性格を直すには?改善方法を大公開!

自分が冷たい性格と感じている人や、上記の診断項目で自分が冷たい人と診断された人のために、冷たい性格を直すにはどうすればいいのかを紹介していきます。

周りとのコミュニケーションを円滑にとれるように、具体的な対策方法を理解していきましょう。


改善方法1. 一人でもいいので、まずは損得勘定を具現化して素直に話せる友人を作る

冷たい性格を直すには、何でも話せる友人を作ることをおすすめします。できればビジネス上で損得がない相手が好ましいです。冷たい性格の人には、素直に話せる相手がいないために合理的な考え方が習慣付いている人もいます。

損得勘定抜きに話せる友人を作ることで、素直に話す習慣が付き、冷たい性格が改善されることがあります。まずは学生時代の友人や近所の人、趣味の仲間など仕事とは関わりがない人の中から話しやすそうな人を見つけてみましょう。


改善方法2. 声のボリュームを上げたり、笑ったり少しでも明るく振る舞うのを心がけてみる

冷たい性格と言われる人には、見た目の印象が原因なだけの人もいます。普段冷静であるため冷たい印象を周りの人に与えてしまう場合も多いです。冷静であるがゆえに感情を表に出す習慣がなく、結果的に冷たい人と言われてしまいます。

そのような人は大きな声を出したりプラスの感情表現を大きくしたりすることを心がけるだけで、冷たい印象が和らぎます。特に笑ったり笑顔を出したりするだけで明るい印象に。少しずつでいいので、心がけてみてください。


改善方法3. 少しずつでいいので、人や物事に興味や関心を抱く習慣を癖つける

自分にしか興味がないために冷たい人と思われている場合には、少しずつ変わっていくことが大切です。具体的には、一見自分と関係ないと思われる人や物事にも目を向けてみること。

例えば仕事の上では、今同僚がどのような仕事をしているのかやどのような習慣があるのかなどに少しずつ目を向けることです。

今まで気付かなかったことに気付くと相手に対する気配りにつながり、冷たい人という印象が和らぎます。自分以外の人や物にも目を向けていきましょう。


改善方法4. 自分の意見を一方的に押し付けず、相手の意見を受け入れる柔軟性を身につける

冷たい人には自分第一主義の人も多いですが、相手の意見も尊重する姿勢を身につけることをおすすめします。相手の意見を受け入れず自分第一主義でいると、柔軟性がなく仕事しづらい相手だなととられてしまい今後の関係に支障が出てしまうことも。

相手の意見を受け入れる柔軟性を身につけることで、相手からの冷たい人という印象が和らぎ、今までよりいい関係を構築していけるでしょう。


冷たい人の印象を払拭しましょう。

冷たい人には冷静で合理的な特徴がありましたね。少しマイペースで自己中心的な面もあることで共感性に欠け、周囲とのコミュニケーションギャップが生まれてしまうこともあります。また、相手の心を開いて上手に付き合う方法も。

また、自身が冷たい人間である場合でも少しずつ改善する方法もありますので、柔軟性を身につけながらうまく付き合っていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事