他人に興味がない原因とは?人に関心を持てない人の特徴や改善方法まで解説!

他人に興味がない人っていますよね。周りの人が何をしているのか全然わからないという人には、どんな特徴があるのでしょうか?そこで今記事では、他人に興味を持てない原因から興味がないことによるデメリット、さらに周りに関心を持てるようになる方法について徹底解説していきます!

他人に興味がない人って、どんな人なのでしょうか?

他人に興味がない原因

人付き合いがめんどくさい、会話が苦手で話が続かないなど、他人に興味を持てないことで人間関係がうまくいかず、悩んでいませんか。

他人に関心を持ちたいと思ってもうまくいかない人のために、他人に興味がない人の特徴や、関心を持てない心理や原因、さらも他人に興味を持つための改善方法まで紹介します。

他人に興味がない人と言われて悩んでいる人も、ぜひ参考にしてくださいね。


他人に興味を持てない原因とは?

仕事から日常生活まで関わる他人に興味を持てない人は、なぜ他人に関心がないのかが分からず悩むことも。

実は、育った環境や今までの経験など複雑な要素が絡んで、他人に興味がない人の原因になるのです。

主な他人に興味を持てない4つの原因を見てみましょう。


原因1. 自分のことばかりに集中して余裕が無くなってしまうから

他人に興味がない人は、元々視野が狭かったり、一つのことしかできなかったりする場合があります。

自分のことに精いっぱいで、周りから何かを言われても、ついおざなりな対応しかできないため、自己中心と言われてしまうこともあるでしょう。

自分以外を見る余裕がないのも、他人に興味がない、持てない人の原因といえますよ。

【参考記事】はこちら▽


原因2. 過去の経験から他人を信用できないから

好きな人や信頼していた人から裏切られると、人全てを信じられなくなってしまうことも。裏切られるなら、最初から他人に興味がない方が良いと考えてしまうでしょう。

結婚を考えていた人が実は既婚者だった、など過去に人から裏切られた経験を持っていることで、他人に興味を持てないようになってしまった人もいます。

【参考記事】はこちら▽


原因3. 幼い頃に過保護を受けて育てられた

幼いころに両親や祖父母に大切に育てられた場合、多少のわがままは受け入れられてしまうことがありますよね。

自分が世界の中心として育つため、他人に対する配慮や親切などを学ばないまま大人になってしまうのも原因。

自己中心的な性格になってしまい、他人のことを考えられなくなってしまった結果、他人に興味がない人になることもあります。


原因4. 自分のことを知られたくないから

恥ずかしい、人と比較されるのが嫌などの理由で、自分の性格や仕事内容などを人に明かしたくない人も、他人に積極的にかかわろうとしないため他人に興味がない人の原因の一つ。

特に初対面同士なら、お互いのことを話し合うことが多いですよね。けれども自分のことを話したくない、知られたくないため話が続かない場合が多く、おのずと他人と関わることができなくなってしまうでしょう。

【参考記事】はこちら▽


他人に興味がない人の14の特徴を紹介!

他人に興味がない人は、色々な原因で他人に関心が持てないと分かりました。

次に、具体的な他人に興味がない人の14の特徴を、日常生活や仕事面、さらに恋愛面などで見てみましょう。

自分が他人に興味がない人と思って悩んでいるなら、特徴に当てはまるかもチェックしてみて。


他人に興味がない人に共通する特徴

日常生活の中でも、他人に興味がない人は共通した行動や態度を取っていることが多いです。

まずは、普段の生活における他人に興味がない人の持つ特徴を9つ紹介します。

特徴から、他人に興味を持てないのにも色々な心理があるのが分かりますよ。


共通の特徴1. 一人でいることが多い

元々マイペースに行動するのが好きで、周りに干渉されず自分だけで過ごしたいと考える人は、他人に興味がない人になりがち。

周りに合わせるのが嫌い、かつ自己中心な性格は集団行動だと迷惑になってしまうことも。それを自覚しているため、周りに迷惑をかけないためにも一人で行動するようになるのも、他人に興味がない人の特徴の一つ。


共通の特徴2. 人の話を聞いてる時に別のことを考えている

そもそも他人に興味がない人は、目の前にいる人が誰であろうと興味を持てないため、その人のことを深く知ろうとはしませんよね。

誰かが自分のことを話している時でも、話に耳を傾けないでしょう。

他人の話に興味がないため、他の人が話をしている時には上の空、他のことを考えてしまいがちなのも他人に興味がない人の特徴ですね。


共通の特徴3. 感情を表に出そうとしない

顔の作りや雰囲気などで、人から第一印象が悪く持たれがちな人もいますよね。

人から悪い印象しかもたれないと、表情作りや感情を出すのに苦手意識を持ってしまい、だんだんと感情を出さないように。

感情を表に出さないと、何を考えているのか分かりづらいため、他人との付き合いがうまくいかず、社交的でなくなってしまうため、他人に興味がない人の特徴として出てしまうでしょう。


共通の特徴4. 他人に干渉されるのが嫌い

仕事上での集団行動など、義務的に他人に合わせて行動する時以外はマイペースに過ごしたいと考えている人もいますよね。

他人に合わせるのが苦手、さらに自分のことを他人に知られたくないと思っているため、おのずと自分から他人を避けるようになります。

他人にペースを乱されたり、干渉されたりするのが嫌なのも、他人に興味がない人の特徴ですよね。


共通の特徴5. 会話をすることが苦手

どちらかといえば社交的で、他人と関わるのは決して嫌いでなくても、話が下手なため他人と関わらなくなってしまった、という人もいるでしょう。

人見知りで積極的に話しかけられない、話が続かない、相手に何を言っているか分からないと言われてしまう、などで、会話に対して苦手意識を持ってしまいます。

「どうせ自分と話してもつまらないと思われる」という心理から会話を避けている人も、他人に興味がない人といえるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


共通の特徴6. 自分から誘おうとしない

他人に興味がない人は、基本的に人と一緒に行動せずマイペースに過ごしたいと考えています。

仕事帰りは早く家に帰って一人になりたい、休日は一人で気ままに過ごしたいでしょう。

一人で過ごすことがありきのため、たとえ仕事が早く終わったり、休日の予定がなかったりしても自分から誰かを誘って、一緒に過ごそうとはしないのも特徴の一つ。


共通の特徴7. 他人の情報を把握することが苦手

他人に興味がないということは、自分から他人の情報を入れようとしませんよね。

他人の情報を自分から知ろうとしないと、日常生活で関わる人の性格や好みはもちろん、顔と名前が一致しない、ということもあるでしょう。

おのずと他人に興味がない人は、他人の情報が分からず把握できなくなる特徴も持っていますよね。


共通の特徴8. 他人と比較しない

元々マイペースで自己中心な人は、自分のことしか考えていないため、他人がどうであろうと関心を持たない気質を持っていますよね。

自分が良ければ他人はどうでも良いため、たとえ他人が何か評価されることがあっても、それで競争心に火が付く、羨むといったことはしないでしょう。

自己中心で他人に関心がないため、自分と比較しないのも他人に興味がない人の特徴の一つ。


共通の特徴9. 優しい印象を受けることがある

他人に興味を持たない、人付き合いがめんどくさいと考えていても、社会生活上は最低限の人付き合いをしなければいけませんよね。

他人を極端に避けると悪い印象になってしまうため、問題ごとを避けるために、誰にでも当たり障りない対応をします。

その行動が逆に社交的で優しい印象を受けることもあるでしょう。


他人に興味がない人の恋愛における特徴

他人に興味がない、ということは日常的な人づき間けでなく男女間の恋愛関係にも影響を及ぼすこともあります。

次に、他人に興味がない人の恋愛における3つの特徴を見てみましょう。

恋愛関係でうまくいかない人もぜひ参考にしてくださいね。


恋愛の特徴1. 恋人に嫉妬することがない

他人に興味がないことは、恋人が何をしていても関心がないという気質にも現れます。

例え恋人が自分と違う異性と親しそうにしていても、自分と恋人は別の人間と考えているため、特に嫉妬や気に留めるようなこともしないでしょう。

恋人からは優しい、器が大きいと思われがちですが、恋人が寂しくなって浮気や不倫をされやすいのも特徴の一つ。


恋愛の特徴2. 恋人を束縛することはない

恋人が何をしていても関心がなく興味がないため、自分の見えないところで何をしているかも気になりません。

連絡がないと返信を強要する、飲み会など帰りが遅くなる時は門限を設けるなど、自分の見えないところで恋人の行動を束縛しないのも、恋愛における他人に興味がない人の特徴として現れます。


恋愛の特徴3. そもそも恋愛に興味がない

他人に興味がない、何らかの理由で人との接触を避けがちな人は、同性異性関係なく人と関わろうとしません。

よって、人を好きになったり恋に落ちたりすることがないため、彼氏や彼女ができなかったり、結婚自体をしなかったりします。

他人へ興味がないことから恋愛感情を元から持たないのも、他人に興味がない人の恋愛における特徴といえますね。


他人に興味がない人の仕事における特徴

社会生活を送る上では、どうしても他人と関わらざるを得ない場合がほとんど。他人に興味がない人は仕事でどのような働き方をしているのでしょうか。

他人に興味がない人の仕事における特徴を2つ見てみましょう。


仕事の特徴1. 作業が遅れている人がいても定時で帰る

仕事は個人プレーではなく、時にはチームプレーも必要になりますよね。

一人ずつの作業ではなく、班や部単位の仕事なら、一人の遅れが全体の遅れにつながるため、お互いにフォローしながら作業することも。

ところが、他人に興味がない人は仕事においてもマイペース、自己中心な気質として現れます。

自分の作業さえ終わっていれば周りには関心がないため、たとえ作業が遅れている人がいてもフォローはしません。自分の仕事さえ終われば、周りを気にせず定時で帰るのも特徴の一つです。


仕事の特徴2. 仕事仲間と休憩をせず、作業を黙々と行っている

他人に興味がない人は、「めんどくさい」などの理由で必要最低限の人付き合いしかしたくないと考えています。

休憩を取ると、一緒になった仕事場の人とその場を過ごしたり、会話したりしなければいけませんよね。

休憩中は誰かと関わりたくないために、一人で他の所で休憩したり、休憩を取らずに一人で作業を続けたりする特徴もありますよ。


他人に興味がないことによるデメリットとは?

他人に興味がない人でも、生きていく上ではどうしても誰かと関わらなければいけません。

しかし、人付き合いができないだけで、悪いこととして受け取られたり、デメリットが発生したりもします。

他人に興味がないことで出てくる悪いことやデメリットを見てみましょう。


デメリット1. 視野が狭くなり、偏った考え方しかできなくなる

他人に興味がないため、他人からの意見や情報もおのずと受け取らなくなり、考え方はどうしても自己中心的なものに偏りがち。

柔軟な考え方ができないため応用が利かず、どんどん視野も狭くなってしまうでしょう。

生きていく上で視野が狭くなり、自分で自分の選択肢を狭めてしまうのも、他人に興味がないことで起きる悪いことの一つです。


デメリット2. 人と深い付き合いができない

他人と関わると、同じ時間や気持ちの共有にも繋がります。お互いの信頼関係が築けるだけでなく、素敵な思い出や自分の経験としても蓄積できるでしょう。

他人に興味がないと、他人と時間を過ごすことがありません。当然他人と親密にならず、距離も離れたままでしょう。

他人と深い付き合いをすることで得られるメリットを得られないのもデメリットの一つ。


デメリット3. 恋愛が失敗しやすい

他人に興味がないのは、恋人に対しても同様です。

恋人に対しても嫉妬しない上に、恋人のことをもっと知りたいと思わないため、他人に興味がない人と恋愛すると本当に愛されているかどうか不安になる人が多いでしょう。

さらに、恋人がどこで何をしていても気にならないため、浮気もされやすいです。恋愛が失敗しやすい傾向にあるのもデメリットでしょう。


デメリット4. 仕事で評価をもらいにくい

自分一人ではなく、周りと協力することで大きな仕事の成果にも繋がりますよね。

ところが他人に興味がない人は、他人の意見や話を聞かない、自分の作業が終われば周りをフォローすることはない、といった仕事の仕方をしますよね。

協調性がないと判断されるなど、仕事でも悪い印象になったり、評価を受けにくいのもデメリットです。


他人に関心を持てるようになる方法をレクチャー

他人に興味がない生き方をしてきたけれども、生きづらさを感じたり、本当は誰かと一緒の時間を共有してみたい、と思っている人も少なくありません。

次に、他人に関心を持てるきっかけにつながる改善方法を見てみましょう。


方法1. 会話をする時は、聞き手になってみる

他人に興味がない、付き合いたくない理由の一つに会話が苦手ということがあります。積極的に話題を提供できないなら、聞き手に徹するのも有効ですよ。

ただし、他人の話を聞く時には他のことを考えず、話の内容に集中するようにしましょう。きちんと他人の話を聞いている態度を示せば、話している人に安心感を与えられるでしょう。


方法2. 自分と価値観が合う人と接してみる

今まで他人に興味が持てなかった人は、自分と本当に馬の合う人と会っていない可能性があります。

逆に自分と趣味や好みが一緒だったり、考え方が似ていたりする人なら、おのずと話題や過ごし方も一緒になるため、一緒にいても苦痛を感じず、逆に楽しいと感じられるでしょう。

改善のためにまずは全ての人と付き合おうとせず、価値観が合うと思った人と接することから始めてみて。


方法3. 何で?どんな?など他人の情報に疑問を持つよう意識する

他人に興味を持つということは、その人のことをもっと知りたいと思うことです。

人が何かを話している時には、その人のことをもっと知るために話を深堀りして、より多くの情報を得ようとするのが有効ですよ。

他人が話している内容から深堀りすれば、自分から積極的に話題を考えなくても会話が続きますし、会話への苦手意識もだんだん薄れていくでしょう。


方法4. 他人の立場に自分を置き換えてみる

他人に興味がない人は、他人の考えや意見が分からず、自己中心的な考えになってしまいがち。他人の考えを理解するには、他の人の立場に自分を置き換えてみるのがおすすめです。

「自分ならこうするが、この人はこうした」と他人の視点から違った考え方に気が付き、自分の視野も広げられるチャンスになるはず。

視野が広がる楽しさを知るきっかけになるため、他人へも徐々に興味を持てるようになるでしょう。


方法5. 自分がされて嬉しいことを他人にしてみる

一人で仕事を進めていて困った時に誰かが助けてくれたことはありませんか?

自分が誰かにやってもらって助かった、嬉しかったと感じた経験があれば、それを人と接する上で活かすのは有効です。

自分から積極的に困っている誰かを助ければ、今度はその人が助け返してくれるきっかけにもなります。

他人に興味を持って行った行動が自分のためにもなる」と考えると、他人に興味を持てるようにもなるでしょう。


どうしても興味が持てない人に対しては、無理に興味を持とうとしない

他人に興味を持てない人には、育った環境から生まれ持った性格まで、様々な原因があります。

色々努力してもどうしても他人に興味が持てない場合は、最低限の人付き合いで構いません。無理をせずありのままの自分を受け入れてあげましょう。


他人に興味がない人は少しずつ習慣を変えてみて。

他人に興味を持てないことで、視野が狭まったり、仕事の評価がもらえなかったり、恋愛がうまくいかなかったりといったデメリットがあります。

他人と関われば、視野が広がり、楽しい時間が持てて、自分の良いこととして返ってくるメリットも。

他人に関心が持てないのは、自分と価値観の合う人と出会ってないだけの場合もあります。新しい出会いを求めて一歩踏み出して、自分を変えてみましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事