既読スルーをする人の心理と理由│LINEの返信がない時の対処法とは

好きな人や友達からLINEで既読スルーや未読スルーをされると辛いですよね。そもそも既読スルーをする人はどんな理由で無視をしているのでしょうか。今回は、既読スルーをする人の心理や既読スルーされやすいLINEの特徴まで大公開!さらに、返信がない時にできる8つの対処法も解説していきます。

既読スルーされると悲しい気持ちになりますよね

既読スルーされる原因

SNSやLINEを始めとしたメッセンジャーアプリが発展したことにより、相手から返信が来ない時に、既に内容を読んでいるのか、それとも未読なのかがわかってしまうようになりました。

その結果、私たちを悩ませるのがLINEでの「既読スルー」。多くの男性&女性が悩むこの既読スルーについて今記事では触れていきます。既読スルーをする人の心理と、その対処法について大公開です。


よく聞く「既読スルー」・「既読無視」の意味とは?

既読スルー・既読無視の意味

まず、最初にそもそも「既読スルー」や「既読無視」って何だ?という方に向けて、LINEでのやり取りで良く使われる言葉を解説していきます。


1. 「既読スルー」と「未読スルー」の違い

返信が返ってこない時に考えられる、スルーパターンは大きく分けて2つ。

1つは内容を読んですらいない、いわゆる「未読スルー」。未読スルーの場合は、単に忙しくて読んでいないことが考えられます。

一方、すでに読んではいるマークが付いているのに、返信が来ないのが「既読スルー」です。既に読んでいるのに返信が来ないということは、単に「忙しいから」との理由だけではありません。だからこそ「私何かしてしまったのかな」と不安感を与えがちです。

【参考記事】はこちら▽


2. 何日レスがないと既読スルーなの?

実際、LINEは読んだけど返信しないことは誰にでもよくあること。それでも、あまりにも返信が来ないと気になるのも仕方がありません。

返信とまではいかなくても、スタンプなどのレスすらないと気になってしまいますよね。

一般的に何日来なかったら既読スルーなのか、ということは人それぞれですが、緊急要件ではない場合3日~1週間は返信を黙って待つのが礼儀でしょう。LINEをする相手も、四六時中LINEを見ているわけでなければ、四六時中あなたの相手をできるわけではありません。

だから、既読スルーされて辛いと思っても連投して相手の気を引くことはNG。「しつこい」「めんどくさい」と思われてしまいますよ。


「既読スルー」をする時の心理や理由

既読スルーをする時の心理や理由

ここでは実際に既読スルーをしてしまう人の心理状態や、返信できない理由について触れていきます。なぜ、返信してくれないのでしょうか。


1. 既読して、返すのを忘れていた

既読スルーをする人は、なぜ既読スルーをするのでしょうか。その理由を考えてみましょう。

まず1つが、ただ単に読んで返信した気になっていたから。そもそもSNSや連絡がマメじゃない人の中には、LINEを読んですぐ返事をするという意識が薄い人が多いんです。

だから「後で返そう」と思って忘れてしまうこともよくある話といえます。


2. 返信する必要がないと思っている

SNSや連絡がマメではない人の中には、LINEを読んで、既読マークを付けることで満足する人もいます。

そういう特徴のある人は、悪気なくレスや返信をしません。これは、読んだという印、既読マークを付けること、そのものに「了解」という意味が込められていると解釈している人も多く、返信やレスをする必要がないと思っているからです。


3. 返信をする時間がない

既読スルーをする時の心理や理由で、返信をする時間がない

仕事や学校で忙しく、返信をする時間がない場合もあるでしょう。実際、仕事中やバイト中など、常にLINEを見られるわけではない場面はよくありますよね。

それは相手も同じです。何らかの理由でLINEを読めない時があるのはしょうがないこと。

人にはそれぞれの事情があることを理解し、「返信はすぐ来るもの」と思いこまず気長に待ちましょう。


4. 返信するのがめんどくさい

ただ単に返信するのがめんどくさい場合もあります。

これは、LINEやSNSそのものが苦手な場合と、あなたが返信に困るような内容を送ったことが考えられます。

でも、苦手なものを強制されるのは誰だって嫌なこと。だから、スタンプを連投して相手の通知を何度も鳴らしたり、「何で返してくれないの?」と送ったりすることはおすすめできません。


5. 返信の内容に悩んでいる

例えば、あなたが送った内容が深刻なものだったり、長文だったりする時、どうやって返信しようか迷っている可能性があります。

これはめんどくさいとか、そういう理由ではなくて、あなたの言葉に真摯に向き合いたいという心理からくる行動

あなたのことが好きだからこそ、きちんと伝える必要があると考えているかもしれません。


6. 会った時に話せばいいと思っている

既読スルーをする時の心理や理由で、会った時に話せばいいと思っている

「言いたいことはあるけど、なんとなく文字にしたら誤解を生みそう」「実際に伝えたいことではなかった意図で、相手に伝わってしまった」そんな経験はありませんか。

LINEを既読スルーする人の中には、言いたいことが違った方向で相手に伝わってしまうことを恐れている人もいます。

だから「会った時に話せばいいや」との心理であえて返していないのかもしれません。


7. 意図的に無視している

「どうしても返せない状況だった」という場合や、SNSが苦手だからというわけではないけど、意図的に無視をすることもあります。

意図的に無視する理由としては、例えば「好きではない相手から好意を持たれている場合」や「返信することで事態が悪化しそう」など、さまざまな理由が考えられるでしょう。

こうなってしまった際、下手に行動してしまうとさらに関係が悪化しかねません。無理に返信やレスを求めることは控えたほうが良いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


8. 一時的にスマホを失くしていた

時間がない、返すのがめんどくさいなどの理由とは別に一時的にスマホをなくしていたり、電波が悪いところにいたとの理由も考えられます。

既読マークがついて以降、あまりにもスルーが続くようであれば、一度SNS以外の手段で連絡を取る方法を取っても良いかもしれません。

それでも連絡が取れなかった時には、なんらかの不具合か事故に遭った可能性が考えられるでしょう。


既読スルーされやすいLINEの特徴

既読スルーされやすいLINEの特徴

既読スルーをする人の心理や状況は、人によってそれぞれあることがわかりました。

しかし、その一方で既読スルーされやすいLINEがあるのも事実です。ここからは、既読スルーされやすいLINEの特徴について紹介します。


1. 長文すぎて返信に困るLINE

まず考えられるのが、長文すぎて返信に困るLINEを送っている場合。長文のLINEは、ただ一言「了解」と返すと適当だと思われるし、だからって文章を考えるのもめんどくさいと思わせてしまいがちです。

返そう返そうと思った結果が、既読スルーという形になってしまったパターンです。


2. 自分のことしか話さない一方的なLINE

「こういう時どうしたらいいかな」「こうしたらいいかな」「やってみてしまった」「大丈夫だったよ」と返信やレスを送っていない間に、自己完結をしているようなLINEを送ってはいませんか。

このような一方的なLINEは、相手に返信をどうやってすればいいか迷わせてしまう傾向にあります。

また、相手に相談しても「でも…」ばかり続いて、聞く耳をもたないような内容も相手の返信させる気力を失せさせてしまいがちです。


3. スタンプのみのLINE

既読スルーされやすいLINEの特徴で、スタンプのみのLINE

スタンプだけのLINEが送られてくると返答に困りますよね。それはLINEを送られた相手も同じです。シンプルに何と返したら良いかわからないものです。

また会話の途中でスタンプだけで返答すると「もしかしたらLINEのやり取りを終わらせたいのかな」との印象を相手に与えるのも事実。返信やレスがほしい場合は、スタンプだけで送るのは避けたほうが良いかもしれません。


4. 「うん」「そうなんだ」などの一言のLINE

スタンプだけのLINE同様に「うん」や「そうなんだ」といった一言だけのLINEも返答に困らせてしまいがち。

顔が見えないからこそ、一言の相槌ではどのような意図をもってその反応をしたのかがわかりません。だから返信する時に「こっちはどんなテンションで返せばよいのだろうと」と返信相手は悩んでしまうのです。


5. 「今日飲もうよ」などのしつこい誘いのLINE

「今日飲もうよ」との誘いが過度だと、既読スルーされてしまう原因につながります。

さらに「なんで?」「ちょっとだけでも行こうよ」「この日なら行ける?」だなんて連投されると、さらに返信する気が失せるのも事実

実際に、自分が気のない相手からしつこく連絡が来たらレスする気も失せるのは当然の心理ですよね。自分がされて嫌な行動は相手にしないように心がけましょう。


6. 愚痴やネガティブなLINE

既読スルーされやすいLINEの特徴で、愚痴やネガティブなLINE

自分の送ったLINEを振り返った時に、愚痴やネガティブばかりになってはいませんか?

愚痴やネガティブが文字で送られてくることは、直接言葉で話される以上に辛いもの。相手の言っていることを理解しようと、きちんと読んでいるうちに気が滅入ってしまうこともあるでしょう。

そんなLINEは返信するどころか、読むことすら嫌になってしまっても仕方がありません。だからLINEは開いたものの、読まれていない可能性もあります。


7. 深夜など、迷惑な時間帯のLINE

0時過ぎてから送った深夜の時間帯のLINEや、仕事中のLINEは既読スルーされがち。

なぜならば、迷惑な時間帯のLINEは、その場でふとスマホをチェックし、読んだとしても、「あーなんか長いから後で返そう」と思わせてしまうからです。

さらに、そんな風に思っていたものの忙しくて「後から返そう」と思っていたことを忘れてしまうケースもあります。

【参考記事】はこちら▽


これで既読スルーなら脈なし!既読スルーされたときの8つの対処法

既読スルーされた時の対処法

原因はわかっていても、既読スルーをされると悲しいと感じてしまうのも事実。できることなら、既読スルーはされたくないですよね。

そこで、ここからは既読スルーされたときの対処法についてご紹介します。


1. もう何日か待ってみる

まず、定番の対処法として考えられるのが何日か待ってみるということ。既読スルーを気にする人の中には、マメな人が多くいます。しかし、全員が全員マメな人ではありません。

実際、既読スルーをする人の中には、深い心理はないけど、とにかくSNSが苦手だったり、そんなに連絡を取ることに重要性を感じていない人も多いのは事実。

スタンプや話題を連投したりするのではなく、時にはどっしりと待ってみても良いかもしれません。


2. 話題を変えてLINEする

既読スルーをされる原因の1つとして、会話が終わりそうなタイミングであることが考えられます。

でも、これは日常生活においても自然なこと。もしもLINEを終わらせたくないのであれば、どんどん自分から話題を変えてみても良いかもしれません。

この時、注意しなくてはいけないのが相手の会話をしっかりと聞くこと。どうしても自分本位で一方的な内容が続いてしまうのは、相手に既読スルーされるLINEの特徴の1つでもあります。


3. チャーミングなスタンプを送る

既読スルーされた時の対処法で、チャーミングなスタンプを送る

LINEを既読スルーされたくないとき、または既読スルーされているときの対処法として、チャーミングなスタンプを送るのは効果的です。

例えば、好きな相手が仕事が終わったであろうタイミングで、かわいらしいキャラクターと「おつかれさま」なんて言葉が添えられたスタンプを送られたら、一気に相手から見てあなたの好感度がアップするでしょう。

また、相手の特徴を連想させるようなものや、思わずツッコミたくなるスタンプを送って返信させるのも良いかもしれませんね。


4. 過去に話していた、お店や食べ物の写真を送る

LINEを送られた際、ホーム画面やトーク一覧の画面でどのような文章が送られてきたかの一部を見ることはできます。しかし、写真を確認することはできません。

そのため、まずは読んでもらうために前に話していたお店や食べ物を送るのがおすすめです。

「前に話していた、ここに行ってきたよ」と写真と一緒にLINEを送ったのに、数日待っても帰ってこなかった時には残念ですが脈なしの可能性が高いといえるでしょう。


5. 相手の好きなモノ、詳しいモノについて聞く

一方的な内容のLINEは、既読スルーされやすいといった特徴があります。

そこで逆手を取って、相手の好きなものや詳しいものについて聞く側に回ってみてはいかがでしょうか?

しかし、過度に話を聞かれると、尋問を受けている気分になり「辛い」と思われるのも事実。

「私は○○が好きなんだけど、△△に興味ある?」と聞いたり、「この間、話してくれた映画ってまだやっているかな?」「お肉がおいしいご飯屋さん知っている?」と自分と相手がいることを思わせるLINEをすることをおすすめします。


6. 共通の友人に相談する

既読スルーされた時の対処法で、共通の友人に相談する

あまりにも期間が空いていて、何度かLINEをしているのに返信がない時は残念ですが、脈なしの可能性が高いでしょう。

もっと悪い方向に考えると、ブロックされている可能性も考えられます。ブロックすると、あなたがいくらLINEを送っても、通知が行かないどころか、メッセージの内容が確認できないのが特徴。

そうなってしまっては、調べる方法もないので共通の友人に「ずっと連絡がつかないんだけど、何か知らない?」と正直に相談するのがおすすめです。


7. 電話や別のSNSで連絡を取ってみる

LINEのパスワードを忘れてログインできない場合や、スマートフォンの機種変更をして引き継ぎを行なっていない場合に、既読スルーしてしまうこともあります。

その可能性があると感じた時には、電話や別のSNSなど他の手段で連絡を取ってみてはいかがでしょうか?

とはいえ、相手が意図的に無視している場合、この方法はさらに「めんどくさい」と思われてしまう原因になりがちなので注意が必要です。


8. 既読スルーされて悲しいことを伝える

恋愛における駆け引きは、している方もされている方も疲れてしまうもの。特に男性の場合は、回りくどい方法よりもストレートな方法を好みがちです。

そのため「既読スルーされると悲しい」とストレートに伝えることが有効的でしょう。

ストレートに伝えることで相手が自分のことをどう思っているのか、単純に連絡をマメに取るのが苦手なのかということもわかるのでおすすめです。

【参考記事】はこちら▽


既読スルーについて深く考えすぎないのが“吉”

既読スルーについて深く考えすぎないのが吉

今回は既読スルーされてしまう理由や、その対処法について紹介しました。

好きな人から既読スルーされると悲しい気持ちになるのは仕方がないこと。しかし、既読スルーの原因は相手から見てあなたが脈なしだからという理由だけではありません。実際、ただ単にLINEなどでこまめにコミュニケーションを取ることが苦手な人も多くいます。

なので、数時間、2~3日返信がないからと言って、執拗以上に落ち込む必要はありません。相手と会った時の態度を信じ、自信を失わないように過ごしてくださいね

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事