「冷たい女性」を徹底解説!クールな女の心理・特徴・接し方の正解とは

女性の輪の中にいるというよりも、一歩離れた所にいるクールな女性。感情をあらわにしない女性は冷たい女と言われることも。今回は冷たい女の特徴について詳しく解説していきます!実は男性からモテたり、憧れる存在になりやすい冷たい女。クールな女性への接し方の正解も合わせてレクチャーしますよ。

あなたに冷たい女性の心理や対処法をお教えします。

冷たい女

「あれ、あの子に嫌われてる?」「なんだか冷たい気がする…」と冷たい女性の態度に悩んでいる男性って実は多いのではないでしょうか。

今回の記事では、冷たい女性の特徴や心理、なぜかモテるクールな女性の魅力についてチェックしていきましょう。冷たい女性への対処法を知りたい男性はもちろん、冷たい女性だと思われがちな女性も必見ですよ。


冷たい女の女性心理って?

冷たい女の女性心理

周りから「冷たい人だよね」と噂される冷たい女性。つまり態度や行動、言動が原因でそう思われてしまっているということですが、冷たい女性が思っている本音や女性心理にはどんな感情があるのでしょうか。


1. 自分に自信がない。

冷たいと思われる言動として、自分に自信がなく「声が小さい」「笑顔がない」などが挙げられます。

自分の見た目や性格に自信がないために、会話に参加できない女性は意外と多いもの。また、もともと照れ屋で目を合わすことが苦手な女性は、本当は「話をしたい」と思っていても、つい積極的になれないことが多いのです。


【参考記事】はこちら▽


2. 感情表現が苦手。

もともと喜怒哀楽の表現が苦手な女性もいます。

気になる女性とのデート中、「あれ、この子本当は来たくなかったのかな?」と不安になった経験はありませんか。笑顔や言葉が少ないと、男性も不安になってしまいますよね。

しかし、感情表現が苦手な女性は、自分の気持ちをうまく言葉や態度で示せません。そのため、結果的に冷たくそっけないと誤解されてしまうことも多いんです。


3. 好き避けされている。

意外と女性に多いのが「好き避け」。好き避けとは文字通り、好きな相手だからこそそっけない態度をとってしまう心理のことです。

「相手を好きだとバレたくない」「素直に話すのが恥ずかしい」という心理から、つい冷たい態度をとってしまうんです。特に、あまのじゃくな女性に多い傾向にあります。

好きだからこそクールに振る舞ってしまう、照れ隠しの一種です。


【参考記事】はこちら▽


4. 冷たい以前に嫌われている

「照れ隠し」「引っ込み思案」の性格に関係なく、単純に嫌われている可能性もあります。男性にとってこれは非常に悲しいことですよね。

嫌われているのかを見極めるのは簡単。女性の関心があなたに向いているのかをチェックすることです。

例えば、照れ隠しで冷たく接している場合であれば、女性はあなたのことをつい目で追ってしまいます。感情表現が苦手な女性の場合は、喜怒哀楽は感じられなくても、あなたの話に耳を傾けてくれているはず。

目線も合わず、話も聞いてくれない興味ナシ状態であれば、単純に嫌われている可能性が高いのです。


当てはまってたら注意!冷たい女性の特徴って?

冷たい女性の特徴

周りから冷たいと言われたことがある女性はいませんか?自分のどんなところが冷たいのかわからない人もいますよね。男女問わず周りから「冷たい」と思われる女性の特徴について解説していきます。


1. 感情表現が下手で、あまり笑わない。

みんなが笑っているのに笑顔がなく、表情など見た目に変化がない場合は、冷たい女性の可能性大。

しかし、中には感情表現が苦手だと悩んでいる女性の場合も多いので「おもしろくないの?」など冷たい女性に直接質問してしまうのはNGです。

感情表現をしてほしい場合は、相手がリアクションしやすそうな話題で会話を広げる工夫が効果的ですよ。


2. 「ふーん」「へー」などリアクションが薄い。

リアクションが薄いのも冷たい女性の特徴のひとつです。「ふーん」「へー」など短文で返答されると、会話のなかでつい心が折れてしまいがち。

しかし、冷たい女性は口下手で返答に困っている場合も考えられます。そのときは「こんなことがあったんだけど、そんな経験ある?」など、女性の話すキッカケを探してみるのもおすすめですよ。


3. 挨拶をしない又は、そっけない

挨拶を全くしない、もしくは挨拶をしてもそっけない女性も、冷たいといえます。

朝、ひと言だけでも「おはよう」「今日天気いいよね」と声をかけるだけで、印象はグッとよくなりますよ。そっけない女性と挨拶をきっかけに話を弾ませたい男性は、挨拶に加えて、話のネタになりそうなことを付け加えるようにしましょう。

また、冷たい女性だと誤解を受ける女性は、職場や学校でまず挨拶するだけでも効果的です。自分から挨拶をしてみるようにしましょう。


4. 何でも一人でやろうとして周りを頼らない

人を頼らない女性

職場などで、自分一人の力でなんでも乗り切ろうとする女性も、冷たいと思われる可能性が高いのです。

もちろん、自分の力で一生懸命頑張る姿は魅力的ですが、いつもクールな態度でいると職場で一匹狼だと思われてしまうかも。

男性は女性に頼られるのが好きな生き物です。重いものを運ぶときや仕事面でどうしても悩んだときなどは、職場の男性に相談してみると好印象ですよ。


【参考記事】はこちら▽


5. 常にクールでスキがない

会話のなかで冗談を言い合うこともなく、冷静な返答が多い女性も、冷たいと認識されているかも。

クールな女性も魅力的ですが、常にスキのない態度だと、とっつきにくい相手と誤解されてしまうかもしれません。

たまには冗談を言い合ったり、笑顔を見せたりすると印象はずいぶん変わりますよ。普段クールな分、笑った顔はより素敵に映るのです。


6. 自分以外にしか興味がなく、他人への関心が薄い

職場などで自分の仕事にしか関心を示さない女性は、冷たいと認定されてしまう場合が多くあります。また、友達がイメチェンした場合など、見た目の変化に全く気付かない無関心な女性も、冷たいと思われがち。

相手に関心を持つことは、コミュニケーションを取るうえで非常に有効なことです。そのため、相手の話に耳を傾けるなど、他人への興味や関心も表すように心掛けましょう。


【参考記事】はこちら▽


7. ストレートな物言いで、毒舌。

毒舌な女性

冷たい女性に多いのが「毒舌キャラ」。何でもストレートにズバズバ切り込む、クールな女性に多い傾向があります。誰も言えないことをしっかり主張する芯の強さが魅力的です。

しかし、場合によっては、そのストレートな物言いによってきついと感じられてしまう可能性も。誤解されないように相手を傷つける表現はしていないか、注意する必要があります。


【参考記事】はこちら▽


8. 他の人の話に対しての共感能力が乏しい

他人のエピソードを聞いても「私はそう思わない」と伝えてしまう、共感能力が乏しい女性も冷たいと思われがち。

特に感動するエピソードや、つい誰もが涙するような悲しいエピソードを聞いても、なんとも感じない女性。冷たいと認識されてしまっているかもしれません。

もちろん、人の感情はそれぞれ振れ幅があります。同じ話を聞いても、どう感じるかは違いますよね。

しかし、冷たい女性だと誤解されないためにも、共感できない場合にその違いを強調するのは避けるようにしましょう。


9. 飲み会やイベントごとの2次会には行かない

飲み会やイベントなど、参加はするものの2次会にいかない女性も、人付き合いが苦手な冷たい女性だと思われる可能性が高いです。

用事があってどうしても参加できない場合には「今回参加できないの残念。また誘ってね!」と声をかけるようにしましょう。

また、睡眠不足を避けるためや、お酒が苦手な場合など、2次会にどうしても参加したくない女性の場合。「睡眠のリズム崩したくないからもう帰るね」「酔っちゃったから先に帰るね」と、ひと言声をかけるようにすると印象が変わりますよ。


【参考記事】はこちら▽


無駄につるまない傾向に

女性特有の、グループ行動が苦手な女性も、冷たいと思われがちです。

しかし、無理に大人数で行動する必要はもちろんありません。一人で行動するのが好きな女性であれば「みんなと仲良くて、コミュニケーションも取れている。ただ、いつもグループでいるわけではない」とイメージ付けましょう。


冷たい女性への接し方はどうしたらいいの?

冷たい女性の接し方

冷たい女性は、隙がなくてなかなか近づけないイメージがありますが、冷たい女性に惹かれている男性もいるでしょう。冷たい女性への接し方の正解をレクチャーするので、ぜひ参考にしてくださいね。


1. 共通の話題をつくること

女性のなかには、異性と話すことが苦手な人や、口下手な人もいます。冷たい態度を取っているのではなく、何を話そうか困っているだけのことも。そんな女性の場合は、共通の話題を見つけ、相手が話しやすい雰囲気を作ってあげるのが効果的です。

知り合ってすぐの場合など、共通の話題が見つからないときは、相手の持ち物をチェックしましょう。「そのスマホケースかわいいね。どこで買ったの?」など相手が返答しやすい質問形式の接し方は好印象ですよ。


【参考記事】はこちら▽


2. 些細なことも、的確に褒める

どんな女性も、褒められてイヤな気分になることはありません。照れ屋な女性の場合は、クールな態度のままかもしれませんが、内心は嬉しいもの。

しかし、ただ褒めるだけではNGです。やみくもに褒めても「遊びなれているのでは」と疑われて、本気にしてもらえない可能性があります。相手がどこを褒めてほしいのかを的確に、自然に褒めることが重要なのです。

例えば、髪を切ったばかりの女性には「ショートも似合うね」と髪型について褒めるなど。相手を観察して、些細なことを褒めるようにしましょう。


【参考記事】はこちら▽


3. ストレートな言い方に傷つかない

ストレートな言い方をするクールな女

冷たい女性は、話す内容や口調もストレート。クールに言い放たれると、傷ついてしまう男性もいるでしょう。

しかし、そんなときにいちいち傷ついていては、会話が成り立ちませんよね。「この子はこういう言い方なんだ」と割り切って、クールな接し方にショックを受けないようにしてくださいね。

女性の心理は意外と単純。傷つけるつもりはない場合がほとんどなんですよ。


そういう人だという認識を持つ。

冷たい態度を取られた場合、「なんであの子はあんなに冷たいんだろう」と考えてしまいがち。

しかし、人それぞれ性格が違うように、話し方や接し方も異なるものなんです。自分や周囲の友達と比較して悩んでも仕方ありません。「あの人はああいう性格なんだな」と割り切るようにしましょう。


4. 自分が何かしてしまったか考えて、改善する

冷たい態度を取られる理由に、あなたが嫌われる行動をしてしまっている場合もあります。

この場合は、なぜ嫌われてしまったのかを明確にする必要があります。相手が不快に思ったポイントはどこなのか、客観的に自分の言動を振り返ってみてください。

「もしかしてあれが原因?」と感じたら素直に謝ることも重要ですよ。


5. 今は無理だと思い、諦めて距離を置く

嫌われている理由のもうひとつは、単純に「合わない相手」だと認識されている場合。

初対面であっても「なんとなく馬が合わない」「話をしたくない」と思われることもあります。そんなときに絶対にしてはいけない接し方は、しつこく絡むこと。どうして嫌われているのか探ったり、積極的にアプローチをしたりするのはNGですよ。

より嫌われてしまうことを防ぐためにも、「今は距離を置こう」と諦めることも必要なんです。


なぜかモテる。冷たい女性が男性にモテる理由

冷たい女性はモテる

冷たい女性は周りに対してクールな態度をとる女性なので、あまり男性からモテるイメージがわかないかもしれません。しかし、実際のところ、冷たい女性って男性から密かに人気があるのです。そこで、冷たい女性が男性からモテる理由について解説していきます。


1. つかめないところが追っかけたくなる。

「そっけない態度を取られているのに、なんだかあの子のことが気になって仕方ない」。こんな経験をしたことがある男性も多いのではないでしょうか。

冷たいけど、そこが魅力的。そんな、モテる冷たい女性も存在するんですよ。

実は、男性は追いかけたい志向が女性よりも強いといわれています。そのため、つかみどころがなくそっけない態度を取る女性を、本能的に追いかけたくなってしまうんです。

「冷たいあの子をどうにかして振り向かせたい」と感じるうちに、好きになっていることも多いんですよ。


【参考記事】はこちら▽


2. 表裏がなく本音で話せる。

冷たい態度は、悪い面ばかりではありません。

冷たい態度を取る女性は、異性に必要以上に媚びたり、本音を隠したりしないのです。そんな裏表のない素直な性格に、魅力を感じる男性も多いんですよ。

また、普段は冷たい女性がたまに見せる笑顔は、とびきりキュート。特別感も増して、ますますその一瞬が男性にとっては忘れられない時間となります。


【参考記事】はこちら▽


3. 性格がさっぱりしており、根に持たない。

冷たい女性は、性格がさっぱりしている人が多くいます。

男性は、ケンカしたときなどに、女性から昔のことを持ち出されるのが大の苦手。「なんでそんな前のことを今言うの?」と嫌悪感を抱く男性も少なくありません。

しかし、クールな女性は、さっぱりした男性のような性格をしています。ケンカをしても昔のことを持ち出さないのです。

「この子と付き合ったら、お互い尊重しあえそうだな」とイメージし、魅力を感じるんですよ。


【参考記事】はこちら▽


冷たい女性から認められる男性になりましょう。

冷たい女性から好かれる男

冷たい女性の特徴や心理、対処法、意外とモテる冷たい女性の魅力まで、たっぷりご紹介してきました。

一見「冷たい」「そっけない」と思われてしまう行動でも、実は照れ隠しの心理描写や感情表現が苦手という背景があるのです。

「冷たい女性と仲良くなりたい」と思っている男性は、女性が話しやすい雰囲気作りや、話のネタを考えることから実践してみてはいかがでしょうか。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事