30代女性が結婚できない理由とモテるアラサー女子の特徴とは

30代になって、仕事や恋愛で20代とは違うプレッシャーを感じている女性は多いはず。今回は、結婚できない30代女性と男性からモテるアラサー女子の「あるある」な特徴について、解説していきます。また、30代のうちにやっておいたほうがいいことも紹介するので、30代ライフを充実させてみて。

30代女性の恋愛・結婚事情を大公開!

30代が結婚できる理由とできない女

20代とは違い、仕事や恋愛でさまざまなプレッシャーを感じる機会が増える30代。

特に結婚については、晩婚化が進んでいるとはいえ、30代になると少なからず焦りを覚える女性は少なくありません。

しかし一方で、とても充実した独身生活を送っている30代女性が多いのも事実。

そこで今回は、結婚できない30代女性と男性からモテる30代女性の特徴を解説しながら、30代ライフを充実させるためにやっておきたいことをご紹介します。


男性から見た、結婚できない30代独身女性あるある

仕事をバリバリやって充実している、結婚願望があまりないなどの理由で独身でも気にしていない30代女性は多いです。

しかし男性から見ると、結婚できない共通の特徴があるもの。

ここからは、結婚できない30代独身女性のあるあるについて見ていきましょう。


1. プライドが高く、素直じゃない

自己肯定感が強いのはOKとして、プライドが高すぎる女性はなかなか結婚できません。

「婚活パーティーに必死に出るなんてかっこ悪い」と変なプライドに縛られていると、出会いのきっかけすらつかめない状況が続いてしまいます。

周囲から「こうしたら?」と提案されて受け入れると自分の理想を曲げたような気がして素直に受け入れられず、自分の考えを押し通してきた結果、気づいたら自分だけが独身だったという状況になりやすいです。


【参考記事】はこちら▽


2. 男性に対しての理想が異常に高い

容姿や学歴、経済力、趣味、性格の良さ、次男限定、居住地限定など男性に対する理想の条件が高く、また条件の数が多いのも、結婚できない30代独身女性の特徴です。

自分自身の容姿や学歴などを棚に上げて、相手にばかりいい条件を求めている姿は決して好まれるとは言えません。

理想的な条件の男性はすでに結婚しているケースがほとんどだということに気づいていないパターンもあります。


デート代は男性が奢ることが当然だと思っている

そこそこ男性と知り合う機会があったとしても、デートした時の態度によっては男性から敬遠される女性も多いです。

たとえばデートの時の食事代やお茶代、映画や遊園地でかかった料金はすべて男性が出すものと考えているパターンはまさにあるあるです。

ほとんどの男性はデート代は奢ると決めていますが、たとえ好きな彼女でも「出して当然」といった態度でお礼すらないとなると、感謝の気持ちを伝えてくれない女性だと感じて冷めてしまうでしょう。


3. 年下の男性がすごく好き

20代では年上の男性が好きだった女性も、30代に入り自分自身が年を重ねてくると年下の男性に自然と目が行くようになることが増えます。

女性は自分より体力があって力強く、守ってくれそうな男性に惹かれることが多いため、体力も気力もあふれている年下の男性が気になり始めるのです。

ただし、10歳以上離れている年下の男性を恋愛対象にしているとなると、男性から見れば可愛い恋人というよりお姉さんという意識が強くなるでしょう。


4. 韓流ドラマやジャニーズにハマっている

女性からすると韓流ドラマやジャニーズにハマるのは好みの問題と思うかもしれませんが、男性からすると「現実を見ていない女性」という印象が強くなります。

テレビの中の世界といういわば虚像に夢中になっている姿は、理想ばかりを追う安定感のなさを感じさせるのです。

また、現実の世界にいる周囲の男性を排除しているような印象も与えていることが多く、男性がアプローチする意欲を持ちにくいと言えます。


5. 女性同士でマウンティングをする

女同士の戦いほど男性がこわいものはありません。

仕事での立場や恋人の有無、経済力や容姿などを論点として、職場や友人同士などで互いに自分の方が立場が上だと競い合ういわゆるマウンティングを行っている姿を見ると、結婚相手として意識するのは難しいと考える男性がほとんどです。

特に嫉妬心をむき出しにしたマウンティングは大きなマイナス要素で、男性からすると「年収や容姿で相手を選んでいるだけなのか」と感じ、性格など自分の本質を見てもらえてないような気がして結婚に躊躇するでしょう。


【参考記事】はこちら▽


6. 体型が乱れており、自己管理ができていない

年を重ねると体型が崩れてくるのは男性も女性も同じです。

しかしなるべく崩れないようにエクササイズをしたり、生活習慣を改善しているといった様子がなく、30代にしてお腹がぽっこり出ていたり足首のくびれがないなどの中年太り体型になっている女性には、魅力を感じにくい男性がほとんど。

「太っているから自己管理ができていない」「毎日だらけた生活を送っているのでは?」というマイナスな印象を抱き、特に第一印象では好感を持ちにくいでしょう。


7. 男性経験が少なく、言い寄られると惚れやすい

30代になるまでの男性経験が少ない女性は、恋愛に対する経験値が低いため男性の本音を見抜く力が不足しています。

「今まで彼氏ができたことがない」「彼氏がいたことはあるが10年以上前でそれ以来付き合ったことがない」こうしたタイプの女性は軽く言い寄られただけで本気になってしまうのです。

男性からすると騙しやすいわけですから、結婚を意識する相手ではなく、遊びの相手にされる原因になります。

雰囲気に流されて結婚を考えていない男性と付き合ってしまう点が、結婚できない原因と言えるでしょう。


【参考記事】はこちら▽


8. 「結婚がすべてではない」と言い始める

本当は結婚願望がとても強いけれど、それを周囲に悟られたくないために、日々の生活がどれだけ充実しているのかをアピールする30代独身女性は少なくありません。

「今のままで充実しているから結婚に意味を感じない」「女性も仕事を持つべき、女性の幸せは結婚がすべてではない」といった発言をするのが特徴です。

しかし、結婚を意識しているからこそ、こうした発言が飛び出すということに気づいていないのは本人だけ。

男性からすると強がっていて素直でない印象を持ちます。


9. 普段の生活は職場と家の往復で変化がない

仕事以外にすることがないのが明らかに分かる女性は、恋愛に対して消極的なイメージを持たれやすいです。

これといった趣味がなく、彼氏がいないので仕事終わりや休日にデートすることもないとなると、男性としては何が楽しいと思っているのか分からずどんな話題を振ったらいいのか迷うもの。

職場と家の往復という変化のない過ごし方を続けているのですから、すべてにおいて消極的で新しい出会いも求めていないのではないかと見られても仕方ないでしょう。


10. ペットを飼っており、溺愛している

「ペットを飼い始めたら結婚を諦めた証拠」と言われることが多いのは、愛情を注ぐ対象を人からペットに移したというイメージを持たれやすいからです。

「夜はいつも一緒にベッドで寝る」「ペットと一緒であれば旅行に行ける」など、飼い主である女性と犬や猫などのペットとの間に強い絆があることを感じると、その間に入りこむのは難しそうだと男性は感じるでしょう。

休日の過ごし方もペットショップめぐりやドッグラン通いがメインだったりすると、男性としては「自分よりペットを優先されるのでは…?」と感じてアプローチする意欲を失いがちです。


男性にモテる30代女性の特徴を教えます。

女性は年齢が若いほどモテるというイメージがあるかもしれませんが、実は男性からもっとも注目されるのは30代女性だと言われています。

アラサーになってモテなくなるというよりも、モテる女性とモテない女性とにはっきり分かれる傾向が強くなるということ。

ではモテるアラサー女性とはどういった特徴があるのか、ひとつずつ見ていきましょう。


1. 上品な立ち振る舞いで、女性として洗練されている

30代になってもモテる女性は、立ち振る舞いが上品という共通の条件があります。

指先がいつもそろっている、座った時に背筋がピンと伸びている、流れるような動きが美しいなど、すれ違った男性が思わず足を止めて見てしまうような上品さを持っているのです。

まさに大人の女性として洗練されたたたずまいは、まだ人生経験が浅い20代ではなかなか出せないもの。

若さに代わる、恋愛につながるモテ要素と言えるでしょう。


【参考記事】はこちら▽


2. ファッションやメイクに清潔感があり、センスが良い

モテる30代女性は、美人に見せようといった気負いがないのでファッションやメイクで自己主張しません。

モテたいと思うとつい有名ブランドのファッションを身につけたり、つけまつげとマスカラにアイラインと目元を強調した濃いメイクをしたくなりますが、むしろ逆。

常に清潔感のあるファッションで、メイクもさりげないという女性が多い傾向にあります。

背が低くてもすっきり見えるファッションや、より肌がきれいにみえるようベースメイクの上手な方法など、自分の体型や顔立ちに合ったファッションやメイクを知っているため、センスの良さを感じさせます。


3. 会話の引き出しが多く、相手を楽しませる会話ができる

30代になっても男性からモテる女性の特徴として、会話が楽しいというのもあります。

どんな相手ともフランクに話すだけでなく、仕事以外の話題、たとえば趣味や食べ物の好みなどを聞きだして上手に盛り上げてくれるなど、言葉のキャッチボールができるため男性も話していて楽しくなるもの。

自分が話したい内容よりも、相手が興味を持っている内容について会話してくれるので、男性は楽しさと同時に「また会いたい」と感じて恋愛に発展すると言えるでしょう。


4. 家庭的で身の回りが整理整頓されている

30代ともなると、誰でもそれなりの生活経験を積み重ねてきています。

モテるアラサー女性はそんな生活経験を糧にして、料理や掃除などを得意としているケースが多いです。

プロのように特別な技術を持っているわけではありませんが、日常生活を快適に過ごすには十分なだけの家事能力があり、とても家庭的。

身の回りをきちんと整理整頓してすっきりと暮らしていると、必要なものだけを大切に使うという丁寧さを感じさせて魅力的に見えます。


【参考記事】はこちら▽


5. 仕事にも熱心に取り組み、社会的に自立している

社会人になってからある程度の期間が経っていることもあり、責任ある立場にいて部下を持っている30代女性は少なくありません。

それだけ仕事に熱心に取り組んでいるという証で、社会的にしっかり自立していることがうかがえます。

仕事内容や人間関係などで壁にぶつかったことが何度もあるはずですが、きちんと向き合って着実にキャリアアップを重ねているアラサー女性は男性にとって魅力的。

自分の意見をきちんと言える、常にチャレンジする気持ちを持っているアクティブさに惹かれるのです。


【参考記事】はこちら▽


20代男性が30代女性に魅力を感じる5つのポイント

男性は年下の女性が好みというイメージは一般的に強いもの。

しかし実は、年上女性が好きという男性は意外にも多いのです。

ここからは、20代男性が年上である30代女性に魅力を感じるポイントを5つご紹介しましょう。


1. 仕事への理解があるため仕事に打ち込みやすい

男性にとって年下の女性はかわいらしさや若さなどの魅力がある一方で、わがままさについていけないという悩みも尽きません。

仕事が忙しくてもマメに連絡するようしつこく求められると、その気持ちはわかるものの、仕事に集中したいのにできないことでわずらわしさを感じてしまいます。

対して年上のアラサー女性は、男性の仕事への理解があります。過剰な期待をせず、「仕事頑張ってね」と言ってくれるため、仕事に打ち込みやすいのがとてもありがたいと感じるのです。


2. 経済的にも自立しているため、出費を抑えることができる

20代の男性は社会人になってまだ年数が浅いため、経済的な余裕がない人がほとんどです。

仕事に使うスキルや資格の取得に投資し待機会も多く、デート代に使えるお金はそう多くはありません。

同年代の女性だとそんなデートは嫌だと言われがちですが、30代女性は自分自身が経済的に自立しているため、お金をかけないデートにも理解があるし、時には女性が出してくれることも。

そんなアラサー女性の器の大きさに20代男性は惹かれるのでしょう。


30代独身女性は貯金をしっかりとしている人が多い

社会人になってからずっと頑張ってきているアラサー女性は、経済観念がしっかりしている人がほとんど。

特にひとり暮らしをしていると、自分の収入で生活のすべてをまかなっているため、収支をきちんと把握し将来のことを考えて地道に貯金しているケースが多いです。

自立心が強いこともあり、無駄づかいはしないけれど欲しいものがあったらバンと使うというメリハリの効いたお金の使い方をします。

家計を管理できる能力に加えて、豊富な生活経験から自分に必要なものが何かよく分かっている点に年下男性は魅力を感じるのでしょう。


3. 愛情表現を求めすぎないため、ちょうど良い距離感を築くことができる

女性は好きな男性からまめな愛情表現を求めるものですが、30代女性はあくまでもできる範囲でしてくれたらいいと思っている傾向が強いです。

常に好きと言ったり、いつも手をつないだりといった仕草での愛情表現がすべてではないことをよく理解しています。

仕草による愛情表現を求めすぎないアラサー女性は、仕事で忙しい20代男性からすると付き合いやすい距離感を築くことができてとても心地よいのです。


4. 語彙力があり、会話をテンポ良く進めることができる

社会人としての経験を積み重ねている30代女性は、言葉を使った表現力が高いのも特徴です。

職場や取引先などの人間関係においてさまざまなやりとりをしてきていますから、語彙力があり会話の内容に幅があります。

20代男性にとっては、内容が面白くテンポのいい会話をしてくれる30代女性は大きな刺激をもらえる存在。

会うたびに、彼女ともっといろんなことを話したいと思うことも多いでしょう。


5. 夜の営みも経験豊富なため、バリエーションが豊富

20代男性にとっては、容姿や仕草に内面からじわりとあふれる色気をまとった30代女性の存在はとても魅力的です。

見た目のセクシーさで言えば20代女性にも色気はありますが、深みのある色気は30代女性にしか出せません。

さらに男性経験も豊富なので、バリエーションが広い夜の営みを楽しむことができます。

内面から出る色気と豊富な経験という2つの要素を持つ30代女性は、20代男性をいろんな角度から引き付ける力を持っているのです。


【参考記事】はこちら▽


30代のうちにやっておいたほうが良いこと

恋愛や結婚ができないことに悶々と悩んでいるだけでは、せっかくの貴重な30代ライフを無駄にしてしまいます。

モテる30代女性として、またその後の人生において充実した毎日を送るために、30代のうちにやっておいたほうがいいことをまとめてみました。


1. 一生モノの趣味や勉強を始める

強い熱意とモチベーションで勉強したことは、必ず自分自身の糧になります。

一生楽しめる趣味を始めたり、今後もずっと活用できそうな知識を得るための勉強に取り組むことは、自分自身で人生のかじ取りをできる選択肢が増えるので、これからの30代ライフの充実度に大きく影響するでしょう。

苦手なことをクリアするためというよりは、得意なことを伸ばすためにチャレンジするという考えでやっておいたほうがいいでしょう。


2. 身近な友人や、家族を大切にする

広く浅い人間関係も悪くはありませんが、深みを感じないうわべだけの関係は虚しさにつながることもあります。

年齢を重ねてくると、身近な友人や家族など本当の自分を理解してくれる相手を大切にして、狭く深い人間関係を築いていくことが大切です。

互いを信用できる関係を持っていると、悩みを打ち明けやすいのでストレスがたまりませんし、安心感があるので地に足の着いた人生を送れます。


3. 将来のために貯金をはじめたり、投資の勉強をする

30代でやっておいたほうがいいことのひとつが貯金。

身体的にも精神的にも安定した日々を送るには、ある程度の貯えが必要です。

若いころは日々の楽しさを優先して散財したという経験を持つ人も多いでしょう。

しかし長い人生において状況は常に変化し、今の時点では予測できない出来事が起きる可能性はゼロではありません。

そういった万が一の問題が起こった時のために、貯金をしたり投資の勉強をしてお金を生かすことを考えるのも、30代だからこそやっておいて損のないことでしょう。


4. 仕事のキャリアを見直してみる

ひとつの仕事をずっと続けるのはすばらしいことですが、変化が激しい現代社会においては、変わらないことがマイナスになる場合があります。

ずっと信じてやってきたことが自分のライフプランと合わなくなってきたり、違うことに関心が向き始めるといったことは珍しくありません。

仕事のキャリアを棚卸という形で見直すことは、ぜひやっておいたほうがいいです。

そして前向きな変化は恐れずにどんどん受け入れていきましょう。


思い切って転職を考えるのも一つの手

仕事のキャリアを見直す中で、現在の職場や仕事内容では自分の目指すライフプランから遠ざかってしまうと思ったら、思い切って転職を検討するのもいいでしょう。

これまでに培ってきた知識や経験を、さらに効果的に生かせる仕事が他にあるかもしれませんし、プライベートを重視してゆったり働ける職場に変わるのもアリ。

正解は周囲からの声の中ではなく、自分の心の中にあると信じて選択しましょう。


5. 運動を習慣化し、健康的な生活を送る

30代に入ると、20代の時のように無理が効かなくなることを感じる機会が増えます。

平気だった徹夜がつらくなったり、多少食生活が乱れても一晩眠れば戻っていた肌のハリが戻らなくなったりします。

新陳代謝が悪くなってくるスピードをできるだけ抑えるためにも運動を習慣にしましょう。

筋力を落とさないことで体力が低下するのを防げますし、過剰なダイエットをする必要もなくなります。


6. 何事にもチャレンジする気持ちを忘れない

30代になると、20代の頃よりも経験値が上がる分、未体験のことが少なくなってきます。

安定を求める傾向も強くなりますが、人がもっとも生き生きと輝くのは新しいことに挑戦しているまさにその時です。

同じ時間を過ごすなら、変化のないつまらない日々を送るよりも、チャレンジによってドキドキワクワクする日々を送る方が何倍も楽しいはず。

いろんなことに関心を持って、チャレンジし続ける気持ちを忘れないようにしましょう。


7. 自分にとって嫌なことは、断る勇気を持つ

したくないことも頑張ってクリアすれば自分の力になる、それはその通りです。

しかしそんな経験を重ねて成長してきたわけですから、30代からはそろそろ自分の気持ちに正直に生きることも考えてみましょう。

人生は長くはありませんから、したくないことに時間を費やす余裕はありません。

勇気をもって断ることができるようになれば、他人のためではなく自分のための人生を送れるのです。


8. 自分に似合う、ファッションやメイク習得する

20代の頃は自分探しの時期でもあり、可愛いと言われるファッションや美人に見えるメイクに挑戦していたのではないでしょうか。

多少似合っていなくても若さでカバーできていた部分は大きいはずです。

しかし30代になってもそんな状態だと、「自分に似合うファッションやメイクを知らない人」という残念なイメージがついてしまいます。

可愛いと言われることや美人に見えることよりも、自分らしい魅力を生かせるファッションやメイクを楽しみましょう。


9. ポジティブな雰囲気を持つ人たちと時間を過ごす

人生を楽しめるかどうかは、身を置いた環境に大きく左右されます。

特に人間関係は感情が伴うことですから、どんな人と時間を過ごすかによって日々の充実度が大きく変わって来るでしょう。

前向きで他人のことを優先して考えられる、ポジティブな雰囲気を持った人に囲まれて過ごせば、自分自身もポジティブになれるだけでなく、同じような価値観の人たちが自然と集まってくるはず。

30代だからこそ、自分らしくいられる居場所を作ってみてはいかがでしょうか。


10. 他人と比較する人生をさっさとやめる

FacebookやInstagramといったSNSを利用していると、ついうらやましくなるような友人の投稿を見かけて、自分の現状と比較して心が乱れる経験をしたことがあるのではないでしょうか。

輝いているように見える友人にも悩みはあるでしょうし、その投稿が本当に真実なのかは実は分かりません。

そもそも他人と自分は別の人間ですから、比較しても意味はないのです。

他人のことを気にするためにではなく、自分が心身ともに充実して過ごすために時間を使えるようより広い視野を手に入れましょう。


男女からモテる、素敵な30代女性になりましょう。

いろんな悩みや問題を抱えることが多い30代は、いわば人生の岐路です。

どう過ごすかによって、結婚はもちろんさまざまな面において今後の人生の方向性や充実度が定まる年代と言えます。

この記事を参考に、ぜひ魅力あふれる30代独身女性へと変身し、自分らしく輝ける30代ライフを送るためのヒントをつかんでくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事