2016年8月30日

女性から告白された時の上手な断り方。相手を傷つけない振り方とは

好きじゃない女性から告白された時の、相手を傷つけない“上手な断り方”とは。女友達・元カノ・職場の同僚・先輩・後輩の5パターンに分けて、傷つかない振り方を徹底レクチャーします。断ったその後の人間関係を良好に保つためにも、上手に断る方法をマスターしてくださいね。

好きじゃない女性からの告白。傷つけない断り方とは?

女性を傷つけない告白の断り方

誰しも異性から告白されるとテンションが上がって、心がウキウキしてしまうもの。しかし、恋愛対象ではない女性からの告白だったり、他に好きな女性や彼女がいる時に告白される場合、「お断りしよう」と心の中では既に答えが決まっているはず。

問題は、どう断るか。自分に魅力を感じてくれた女性だからこそ、傷つけないでお断りたいしたいですよね。今回は、女性を傷つけない「告白の断り方」を徹底レクチャーします。告白してくれた女心を汲みとって、スマートで上手な断り方を身につけましょう。

 

告白してくれた女性を傷つけない5パターンの断り方

5パターンの告白の断り方

彼女との別れ方と同じように、告白の上手な断り方も存在します。ここからは、勇気を出して告白してくれた女性のパターンに合わせた5パターンの断り方をご紹介します。仲の良い女友達や職場の同僚など。当てはまっている項目を十二分にチェックしてみてください。

 

告白の上手な断り方1. 仲の良い女友達の場合

女友達の告白を断る

告白してくれた女性が仲の良い女友達の場合、今後とも友達として接していきたいですよね。しばらくは気まずくなることが予想されますが、ここは敢えて次のセリフをおすすめします。

「今後も信頼できる友達で居たいから、ごめんね。」

とシンプルに一言で。これからも友達関係で居たいことをハッキリと意思表示してみると良いでしょう。

【参考記事】振った後、時間が経ったら関係修復も兼ねた誕生日プレゼントを

 

告白の上手な断り方2. 元カノの場合

元カノの告白を断る

別れたけれど、元カノが貴方をまだ想って「まだ好き。もう一度付き合って」と告白してくれた場合。相手は復縁を求めているので、「もう復縁する気はない」と明確に伝えることが大切です。

「もう一度俺を好きと言ってくれてありがとう。今の俺がいるのは◯◯のおかげ。だけど気持ちには答えられない。」

今の自分がいるのは、元カノのおかげと一言添えると謙虚さと誠実さを相手に伝えられますよ。

【参考記事】いい男は、告白を断る時も“謙虚さ”を忘れない

 

告白の上手な断り方3. 職場の女性の場合

職場の女性の告白を断る

毎日顔を合わせる職場の女性だからこそ、下手な断り方をすると今後の仕事に支障をきたす恐れがあります。同じ職場の女性に対しては、相手の良いところを褒めつつ断るようにしましょう。

「他に好きな人がいるので気持ちには答ることができない。でも、◯◯さんみたいに誰にでも気配りが出来て、仕事面でも人柄でも尊敬できる女性に告白されるのってすごく嬉しいです。」

と。自分の良い所を褒められれば女性もそこまで落ち込むことはないでしょう。

【参考記事】50%以上の女性が社内恋愛に興味を持っている、という衝撃の結果が…▽

 

告白の上手な振り方4. 後輩の場合

後輩からの告白を断る

後輩の場合、自分を慕ってくれているでしょう。そのイメージを崩さないように断りましょう。ただ、一つだけ注意点があります。後輩の女性を「妹みたいにしか見えない」と断ってしまうと、女性としてのプライドを傷つけてしまうのでこの言葉だけは避けましょうね。

「いつも懐いて貰えて嬉しいけど、ごめんね。他に好きな人がいるんだ。気持ちには答えられないけど、もし男関係のことで悩んだらいつでも相談して」

気持ちには答えられないけど、いつでもお前の味方だよアピールをしておきましょう。気まずくならなくて済むと女性側も安心できますよ。

【参考記事】ただし、可愛い後輩と付き合うメリットも把握しておいてくださいね▽

 

告白の上手な振り方5. 先輩の場合

先輩からの告白を断る

自分よりも経験のある年上女性に告白された場合、相手を尊重した断り方を意識しましょう。

「自分は今、仕事に集中したい時期だと想っていて恋愛との両立は難しいです。ごめんなさい。でも、◯◯さんみたいな大人の先輩に告白されるなんて勿体ない話で。こんな俺を好きと言ってくれてありがとうございます。」

あなたのように魅力的な大人の女性に告白されるなんて、というニュアンスで断ると先輩女性も悪い気はしません。

【参考記事】ただし、近頃は年上女性×年下男性のカップルも増えていますよ▽

 

上手な告白の断り方は“感謝+否定”

紳士らしくスマートに断る

上手な断り方は、ズバリ“感謝+否定”であること。

  • 感謝=「告白してくれてありがとう」or「好きになってくれてありがとう」
  • 否定=「でも、気持ちには答えられない」or「他に好きな人がいる」

まずは告白してくれた女性に感謝の気持ちを伝えましょう。相手は勇気を振り絞って貴方に気持ちを打ち明けてくれたのです。はじめから「気持ちには答えられない」「付き合えない」と否定するのはデリカシーの欠片も感じません。もしも貴方の答えが決まっているなら、相手の気持ちを無碍にしないよう、紳士らしく丁重にお断りするのがベストです。

【参考記事】モテる紳士は、告白の断り方も桁違いにカッコいい▽

 

告白してくれた女性を傷つける。ダメな断り方3パターン

女性を傷つける告白の断り方

今度は逆に告白してくれた相手を傷つける、デリカシーのないダメ男がやりがちな3つの断り方をお送りします。恋する乙女を傷つける、NGな告白の断り方とは一体?

 

女性を傷つける告白の断り方1. 冗談交じりにかわそうとする

冗談交じりで告白を断る

告白してくれた相手が仲の良い女友達なら、「ネタなのか?」と一瞬考えてしまうはず。明らかに冗談っぽく言うなら、冗談の可能性が高いですが、いつもと違って真剣な表情なら話は別です。

真剣な相手に対して、「え?嘘でしょう?」などと不届きなことを言うのは控えましょう。いくら仲の良い女友達でも、冗談交じりにかわされると辛いはず。

【参考記事】モテない男は女心を無下にしがち。あなたは大丈夫?

 

女性を傷つける告白の断り方2.「考えてもいい?」と一旦保留してから断る

一旦保留してから断る

告白された時点で、もう断ると決めているならその場で断るのがマナー。決断できないメンヘラ男がやりがちな、何日か保留期間を置いてから答えを出す断り方はおすすめしません。なぜなら、相手が「もしかしたら、私と付き合うのを前向きに考えてくれてるのかな?」と期待をしてしまうから。

淡い期待を抱きながら待っていたのに、何日か時間を置いてから「ごめん。やっぱ付き合えない」なんて言われたらショック大。断るなら早めが吉ですよ。断るまでの保留期間を設けると、「あの保留期間はなんだったの?先に言って欲しかった」と相手の女性もご立腹になります。

【参考記事】告白の返事を保留する女性心理も参考にしてみて▽

 

女性を傷つける告白の断り方3. なぜ断ったのか理由を素直に答える

振る理由を素直に打ち明ける

時折、「私のどこがダメなの?断る理由を教えて」と食い気味に聞いてくる女性もいます。しかし、断る理由を素直に答えてはいけません!

「◯◯は俺のタイプじゃないから」

「もっと〜だったらOKしてた」

なんて言葉は完全アウト。断る理由を食い気味に聞いてくる女性は、自分に自信があるので、はっきりと理由を言われると自信消滅に繋がる可能性も大きいです。理由を教えてと言われても、本当のことを答えちゃダメ。相手の女性のためにちょっとした嘘も必要です。

「俺は今恋愛する気になれない」

「今は仕事が一番で恋愛と両立は無理なんだ」

と建前を言ってやんわりと断りましょう。

【参考記事】嘘も方便。女性は表面上の優しさなど求めていませんよ

 

女性を傷つける告白の断り方に共通すること

傷つける告白の断り方に共通する特徴は、相手の気持ちを考えずに自分本位であること。告白してくれた女性とこの先も良好な関係を保ちたいのなら、まずは相手の気持ちを汲んで誠実に断りましょう。女性のことを思うと、優しい嘘も必要な場面があるでしょう。しっかりと状況を見極めていきましょう。

【参考記事】いい男なら、相手の気持ちを考えた告白の断り方を意識してくださいね▽

 

告白する女性にもプライドがある。そこを尊重する上手な断り方を

振るときは相手を尊重する

せっかく自分を好きでいてくれる女性の好意を受け取れないのなら、せめて断り方だけはスマートに。告白する側の女性にもプライドがあります。女としてのプライドと自信を持っているからこそ、素直に「好き」という想いを伝えてきたんです。相手のプライドを守るためにも、告白してくれた女性に対する感謝の気持ちを忘れず、男らしく真摯に向き合ってあげてください。そうすれば、「やっぱりこの人を好きになれて良かった」と告白した後悔も軽減されるはず。想いに応えられなくても、相手を尊重した傷つかない断り方を意識してあげてくださいね。

【参考記事】告白される前に、女性の脈ありサインを見抜くのも一つの手▽

【参考記事】ただし好き嫌いしすぎると、ずっと彼女ができないのでご注意を▽

【参考記事】告白の断り方以前に、本気で人を好きになれない!とお悩みの男性へ▽

【参考記事】絶対に付き合わないと損。あげまん女性の特徴をお教えします▽

Smartlog(スマートログ)
このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の記事

関連する記事

こんな記事も人気です!

男を磨き、人生を遊ぶ。
かっこよく、挑戦的であり続けたい現代の男性たちが
自分を楽しんで生きる情報と出会う場所が、Smartlogです。