干渉されたくない男女の心理とは?上手な付き合い方とストレスを溜めないコツを解説!

身近にいる人からあれこれ言われるのが嫌いな人や、自分自身がイラッとしてしまう方へ。この記事では、干渉されたくない人の心理や特徴から、対処法まで詳しく解説します!

そもそも「干渉」とは?どんな意味?

「干渉」とは?

干渉とは、他人のことにずかずかと立ち入って、自分の意志に従わせようとすること。

つまり、相手の気持ちを配慮せずに、口出しやおせっかいをすることです。

ただし、従わせようとするほどの強い意味合いがなく、ただ単に他人に関わることを指す時などにも広く使われています。

そのため、干渉すること全てが嫌な意味合いとはいえませんが、ネガティブな表現で使われることが多いです。


干渉されたくない人の心理|”あまり人と関わりたくない”と思うのはなぜ?

「女性って話好きが多いけど、私は他人と関わるのが苦手だな…。」

「どうして人と関わるとストレスを感じるんだろう?」

遊びや仕事など、場面を問わず他人と極力関わりたくないと思う人は、男性女性問わず存在します。

まずは、干渉されたくない人の心理を解説していきましょう。


心理1. 他人のことを信用できない

干渉されるのが苦手な人は、他人に対しての警戒心が強い傾向にあります。

そのため簡単に人のことを信用できず、指図されたり、自分の考えにそぐわない意見を主張されたりすることにストレスを感じてしまうのです。


心理2. 仕事とプライベートを分けたい

仕事とプライベートのメリハリを大切にしたいという思いから、他人に干渉されたくないと思う人もいます。

職場の人とは適度な距離感を保ちたいので、プライベートな話をして関係を深めることが嫌だと感じるのでしょう。


心理3. 自分のペースを崩されたくない

マイペースな性格の人は、意見を交わし合って向上することよりも、自分が進めやすいペースであるかどうかを重視します。

そのため、人に干渉されることで自分のペースや計画を崩されてしまうことを嫌だと感じるのです。


心理4. 人にあれこれ言われたくない

干渉されるのが苦手なのは、プライドが高いことも関係しています。

プライドが高いと、他人に上から物を言われたり、自分の考えを否定されるような意見を言われたりすることを嫌うのは当然。

自分のプライドに傷がつくことを恐れる心理から、干渉されたくないと思っているのです。


心理5. 自分を知られて幻滅されたくない

干渉を嫌う人には心配性な一面があります

そのため人から質問されると、「相手が思っている自分じゃなかったら、嫌われるかな?」などといちいち考えてしまうのです。

余計な心配をしてストレスを感じるぐらいなら、他人と深く関わらないほうが楽だと感じているのでしょう。


心理6. ひっそりと過ごしたい

そもそも人とコミュニケーションを取るのが苦手なケース。

他人と関わって疲れるぐらいなら、必要最低限のコミュニケーションだけにとどめておきたいと感じている人もいるのです。

仕事は1人で黙々と取り組み、プライベートでは1人でひっそりと過ごしたいと考えています。


干渉されたくないと思う人の特徴|人と距離を置く人の性格に共通することは?

「話しかけても素っ気ないあの男性、もしかして詮索されるのが苦手なのかな?」

「干渉されたくない人って、どんな特徴があるの?」

干渉されるのが苦手な人に対して、必要以上にコミュニケーションを取ることは避けたいですよね。

では、どうすれば干渉されたくない人を見分けられるのでしょうか。

ここからは、他人と距離を置く人の性格について把握していきましょう。


特徴1. 基本は無口で大人しい

他人と関わるのが苦手な人は、誰にも気を遣わずに時間を過ごしたいと考えるもの。

そのため、

  • 友達や同僚に対しても、なかなか自分からは話しかけない
  • 仕事の会議などでは、聞き役に徹して自分の意見を主張しない

などの特徴が見られる人は、干渉されるのが苦手だと感じている可能性が高いと判断できるでしょう。


特徴2. 独創的で自分の世界観を持っている

干渉を嫌う人は自分だけの世界観を大事にしているので、絶対的な考えを持っていることが多いです。

そのため、

  • 自分の考えだけを主張して、他人の意見を聞こうとしない人
  • 他人に対して興味を示さない人
  • 人と会話をしている時も、上の空状態の人

などの特徴がある人は、干渉が苦手な人だと判断しましょう。


特徴3. 人の意見を素直に受け入れない

干渉を負担に感じる人はプライドが高く、人から口出しされることを嫌います

例えば、 

  • たとえ自分が失敗した時でも、他人のアドバイスは素直に聞き入れない
  • 意見が合わない人を批判する
  • 何事も人に相談せずに、自分だけで解決しようとする

などの特徴がある人は、干渉されるのが嫌いな人の可能性が高いです。


特徴4. いつでもどこでもマイペース

干渉されたくない人は、自分のタイミングで物事を進めたいと考えているもの。

そのため、

  • 他人と競ったり、比べたりしない
  • 職場では1人でコツコツ作業をすることを好む
  • 焦りや緊張感がなく、いつでもおおらか

などの特徴がある人は、自分のペースを持っている干渉が苦手な人だといえるでしょう。


特徴5. 静かに過ごせる一人の時間が好き

干渉を嫌だと思っている人は、そもそも人と関わるのがめんどくさいと感じています。

例えば、

  • 仕事の休憩時間をいつも1人で過ごしている人
  • プライベートでも1人で過ごすことが多い人
  • 飲み会などにあまり参加しない人

などは人との交流が苦手なタイプであり、干渉もされたくないと考えているでしょう。


特徴6. 図星なことを言われるとキレる

干渉を嫌う人は警戒心が強く、自分のことをあれこれ聞いてくる人を敵だと捉えてしまうもの。

そのため、

  • たとえ自分のミスでも、素直に反省しなかったり逆ギレしたりする
  • 深く追求されないように、人に強く当たって圧をかける

など、自分を守ることに必死な言動をする人は、干渉されるのが苦手なタイプだと判断しましょう。


特徴7. 感情表現が控えめでミステリアス

干渉されたくない心配性の人は「周囲の人に引かれるかも…」と不安に感じる心理から、本当の自分をさらけ出すのが苦手です。

具体的には、

  • いつも穏やかで怒らない
  • 自分の気持ちを口に出さない
  • 嬉しい時も悲しい時も冷静

というような、落ち着いたテンションの人は干渉が苦手な人の可能性が高いと言えます。


特徴8. 怒られるとすぐに泣いてしまう

干渉が嫌いな人には繊細でストレスに弱い人が多く、傷つきたくないという強い思いから、周囲の人を警戒してしまうと言われています。

そのため、

  • 自分に対するアドバイスでも、悪口だと捉えてしまう
  • ミスをして怒られると必要以上に落ち込んでしまう

などの特徴がある人は、干渉されるのが嫌いなタイプだと考えられるでしょう。


特徴9. 褒め言葉で喜べない

人との距離を置きたいと思っている人の多くは、劣等感を抱えており、自分に自信がありません

そのため他人に褒められても、「どうせ本当のことじゃないんだろうな…」などと卑屈に考えてしまうのです。

具体的には、

  • 人から褒められても嬉しそうな顔をしない
  • 「私なんて…」と自分を卑下する言葉を頻繁に発する

などの様子が見られる人は、干渉されるのが嫌いなタイプといえます。


干渉されたくない人との付き合い方|適度な距離感を保ちながら関わるには?

「干渉が苦手な人とは、どう接するのが正解なんだろう?」

「干渉しないようにするって、具体的にはどう対処するということ?」

自分の周りに干渉が苦手な人がいたら、関わり方に悩みますよね。

適度な距離を保たなければ、ずかずかと立ち入ってくる嫌な人だと思われてしまうかもしれません。

ここからは、干渉されたくない人との付き合い方を解説していきます。


付き合い方1. 自分の意見を押し付けない

干渉されたくない人はプライドが高く、他人に意見を押し付けられることに抵抗があります。

そのため、自分の意見をわかってもらおうと押し付けることはやめておきましょう。

ただし、職場などでは意見がぶつかることもあるはず。

そういう場面では、「私の意見は○○ですが、あなたはどう思いますか?」などと、疑問形で投げかけてみるのがいいでしょう。

押しつけがましくない印象のまま、自分の意見もしっかりと伝えられます。


付き合い方2. 相手のペースを尊重する

干渉が嫌いな人のなかには、マイペースな性格の人が多いです。

マイペースな人は何よりも自分の計画を大切にしているため、無駄に干渉して相手のペースを崩さないように接しましょう

例えば、

  • 「もっと急いで!」「遅くない?」など、相手のペースをコントロールするような発言は避ける
  • 「この人なりの計画があるんだな」とマイペースな性格を受け入れてあげる

などが具体的な方法です。

ペースを尊重してあげることで、相手からの信頼も受けやすく円滑な関係が築けますよ。


付き合い方3. プライベートな質問はしない

干渉されるのが苦手な人は警戒心が強く、プライベートなゾーンに入ってくる人を敵だと認識してしまいます。

そのため、人と仲を深めたいと思うとつい聞いてみたくはなりますが、

「彼氏はいるの?」

「彼女はいるの?」

「休日は何して過ごしたの?」

「趣味は何?」

というような、プライベートな質問を投げかけてはいけません。

職場では仕事に関する質問だけをする方が、結果的に良好な関係が築けるものですよ。


付き合い方4. 相手の表情で察してあげる

干渉が嫌いな人は、自分の感情を表現したり、対面で言葉を交わしたりするのが苦手な傾向にあります。

そのため、

  • 話しかけても素っ気ない態度を取られたら、今は喋りたくないんだなと察してあげる
  • 会話中に嫌そうな表情をしていたら、話題を変えてあげる

など、相手の表情や態度から気持ちを汲み取ってあげましょう。

無理にコミュニケーションを続けないことで、相手に嫌な思いをさせず適度な距離感が保てますよ。


付き合い方5. やりとりはできるだけ事務的に行う

干渉されたくない人は、1人でコツコツと取り組むことを好み、他人に邪魔されるのが嫌いな性格をしていることが多いです。

そのような相手に対しては、

  • あいさつなど、必要最低限のコミュニケーションだけを取る
  • 淡々とした態度で、話を短く済ます
  • 忙しそうな時はメールでやり取りするなど、極力邪魔にならないようにする

など、事務的なやり取りを心がけるのがいいでしょう。

仲が深まることはないかもしれませんが、干渉してくる嫌な人だとを認識されるよりはマシなはずです。


付き合い方6. たくさんの話題を用意しておく

他人との距離を置きたいと思っている人は、会話中に苦手な話題が出るとわかりやすく態度に表すことが多いです。

相手が嫌そうな態度を見せたときに話題が変えられるように、話のネタを複数用意しておきましょう。

具体的には、

  • 仕事の話題
  • 芸能の話題
  • 食事の話
  • スポーツの話題
  • 新しいお店の話

など、幅広いジャンルの話題を用意しておくのがベスト。

もし盛り上がれる話題が見つかれば、仲良くなれるきっかけにもなりますよ。


【職場】干渉されたくない時の対処法|仕事に支障が出ないように関わるには?

「職場で他人に干渉されるのが耐えられない…」

「でも干渉されたくないことを態度に示したら、仕事に支障が出そうで心配…」

1人で黙々と仕事をしたいと思っていても、態度に出すのが怖いと思っている人もいるでしょう。

ではどうすれば、干渉されずに仕事をこなせるのか?

ここからは、職場で干渉されたくない時の対処法を解説していきます。


職場の対処法1. 遠回しに「嫌です」アピールをする

「干渉しないでください」とストレートに伝えたり、態度に表したりすると、冷たい印象を与えやすいことから人間関係が崩れてしまいます。

触れて欲しくない話題になった時は、

「あ!そういえば、昨日の会議はどうだったの?」

「ところで、明日のプレゼンの資料って完成してたっけ?」

などと、急に思い出したように質問をして、さりげなく話題を変えましょう。

干渉してくる人のなかには、あなたと仲良くなりたいという心理を持っている人もいるので、優しい心や言葉で接することが大切です。


職場の対処法2. プライベートの話をしない

もし職場に気の許せる人がいたら、プライベートな話もしたくなるでしょう。

しかし、1人に話すと情報や噂が広まってしまう可能性が高く、他の人からも様々な質問を受けるようになります。

他人にプライベートを干渉されたくないのなら、職場では誰にもプライベートな話はしないことが得策です。

口が堅い人になら話しても大丈夫と思いがちですが、通りがかった人に会話を聞かれてしまうなど、噂はひょんなことから広がるものですよ。


職場の対処法3. 適当に答えてうまく誤魔化す

人から受けた質問には正直に解答することがベスト。

しかし、どうしても立ち入ってほしくない内容なら、適当に答えて誤魔化してしまうのも1つの方法です。

例えば、「彼氏(彼女)はいるの?」という質問に対して、「最近は忙しくて仕事のことしか頭にないよ」と答えるなど。

質問の内容をはぐらかすことで、相手に冷たい印象を与えずに答えたくない意思を遠回しに伝えられるでしょう。

知られたくないことを無理に明かさなくて済むので、自分の気持ちも穏やかでいられます。


職場の対処法4. 自分のことは話さず聞き役に徹する

相手の話を聞くことに徹すれば、自分の情報を出さずにその場の会話を進められるでしょう。

聞き役に徹するには、

「それでどうなったの?」

「もっと詳しく教えて」

など、相手が話役を続けたくなるような言葉を投げかけるのがポイント。

もし自分に話役が回ってきたら、「○○さんの話を聞いてるほうが楽しいな」とはぐらかしてみるのもおすすめです。

仕事の休憩時間など、どうしてもプライベートな話で盛り上がりがちな場面で役立ちますよ。


職場の対処法5. はっきりと秘密主義だと伝える

干渉されたくないことを正直に伝えておくことで、嫌な話題を振られる機会が減るでしょう。

例えば、

「私って、恋愛に関することは秘密にしておきたいタイプなんです」

「私は仕事の話は好きですが、プライベートなことに関しては秘密主義を貫いています」

などのように言葉で伝えます。

その際、自分の答えたくない話題のジャンルを明確に伝えることを意識してください。

コミュニケーション自体を取りたくないと誤解されてしまうと、人間関係が構築できなくなってしまいます。


職場の対処法6. 任意の行事は欠席する

干渉されやすい場所に行かないようにすれば、当然干渉される機会が減るもの。

仕事先で行われる任意参加の飲み会や、ボランティア活動などは欠席してしまいましょう。

ただし、仮病などを使って当日に行けないと伝えるだけでは、行事開催の度に不参加を伝えなければいけません。

相当な勇気が要りますが、思い切って「休日は自分のために使いたいので、行事には行きません」と伝えてしまうのがポイントとなります。


【家族・恋愛】干渉されたくない時の対処法|プライベートでの関わり方は?

「彼氏(彼女)に干渉されるのがめんどくさい…」

「恋人や親と適度な距離を保つにはどうすればいいの?」

干渉が苦手な人は、プライべートでも一人の時間を大切にしたいと考えますよね。

ではどうすれば、身近な人に干渉されずに済むのでしょうか。

ここからは、プライベートでの人との関わり方を解説していきましょう。


家族や恋愛の対処法1. 詮索される前に自分から連絡する

恋人や親から詮索されたくない人は、あらかじめ自分から伝えて相手を納得させておくことで、あれこれと質問されずに済みます。

例えば出掛ける時には、「今日は駅の近くのお店で友人と食事するから、帰宅が21時ごろになるよ」などと伝えておきましょう。

そうすると、

「どこに行くの?」

「誰と会うの?」

「何時に帰ってくるの?」

など、相手から質問攻めにされることはないはず。

恋愛相手や家族は、あなたを心配する気持ちから詮索することが多いため、誠意をもってしっかりと伝えることが大切です。


家族や恋愛の対処法2. 遠慮せず自分の気持ちを話す

恋人や家族など身近な人には、遠慮せずにしっかりと言葉で伝えた方が理解してもらいやすいでしょう。

「たとえ恋人でも、仕事のことをいろいろと聞かれるのは苦手なんだよね」

「親に結婚について指図されると、ストレスに感じて嫌なんだよね」

というように、何が嫌でどんな気持ちなのかをきちんと伝えることが重要となります。

身近な人なら口に出さなくても、態度や表情から理解してくれるだろうという考えは間違いです。


家族や恋愛の対処法3. 遅めに帰宅して食事の時間をずらす

家族にいろいろと聞かれるのが嫌なら、会話をする機会を減らすことで干渉されることも少なくなります。

特に家庭では食事の時間に会話をすることが多いため、遅めに帰宅して1人で食事をしたり、外で食事を済ませたりするのがいいでしょう。

ただし、家族と一切会話をしないでいると、心配されて逆に詮索されやすくなってしまうことも。

週に1回は家族と一緒に食事を取るようにするなど、家族に安心感を与えることも必要かもしれません。


家族や恋愛の対処法4. きちんとコミュニケーションを取る

自分が干渉されるのが苦手だと感じるのと同様に、家族や恋人にも思いがあります。

お互いが気持ちよく過ごせるように、相手の気持ちにも寄り添ってみましょう。

「なぜ干渉してくるの?」

「どんな気持ちでいるの?」

とストレートに聞いてみるのも1つの方法です。

相手がどんな心理から干渉してくるのわかれば、お互いの妥協点が探りやすくなるはず。

例えば「仕事についてはお互いに詮索しないけど、結婚については質問してOK」など、具体的な取り決めができるようになりますよ。


家族や恋愛の対処法5. 一人暮らしをして自分だけの時間を作る

とにかく干渉されることから逃れたいと感じるなら、思い切って一人暮らしを始めてみましょう。

一人暮らしなら当然ですが、自宅で1人だけの時間を過ごすことが可能になります

「家族に干渉されたらどうしよう…」という不安がなくなれば、気分も晴れるものですよ。

ただ、どうしても一人暮らしが難しい場合は、休日に1人で出掛けるのもおすすめ。

図書館や早朝の公園など、静かに過ごせる環境に身を置くことで、ストレスが軽減されるでしょう。


干渉されたくないのは当然の心理。適度な距離感で付き合っていこう。

男性女性を問わず、他人に干渉されたくないと思っている人は存在しています。

そんな人には、自分のペースを大切にしたいと思う心理や、プライドを傷つけられたくないという心理が隠されていることがほとんど。

他人からの詮索を避けるには、「プライベートな質問には答えたくない」と伝えることが必要です。

また、干渉されたくない人が身近にいる場合は、自分の意見を押し付けないことが良好な関係を築くための第一歩となります。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事