“スルースキル”が高い人の6つの特徴|受け流す技術の身につけ方とは?

「他人の言葉にいちいちイライラしてしまう...」と悩んでいる方へ。この記事では、ストレスフリーな人生を送るのに必要不可欠な「スルースキル」の身につけ方について、詳しく解説します!

そもそも「スルースキル」の意味とは?

スルースキルって?

「スルースキル」とは、他人から嫌味を言われたり、ネガティブな発言をされたときに、気にせず聞き流すことができる能力のことを意味します。

例えば、

「お前って仕事できないよな」と言われた時、「あ〜そうだね〜」と軽く返事をするのように、

相手の言葉を真に受けずに受け流せることがスルースキルといえますよ。


スルースキルが高い人の6つの特徴|共通する性格や心理とは?

スルースキルが高い人の特徴

「スルースキルが高い人はどんな性格なのか知りたい」

「スルースキルを活用している人は、どんな心理で発言を聞き流しているのか参考にしたい」

スルースキルが高い人の意味はわかっても、どんな特徴があるのかまではわからない方も多いのではないでしょうか。

ここからはスルースキルが高い人の特徴を解説します。スルースキルが高い人の共通する性格や心理を知って、ぜひ取り入れてくださいね。


高い人の特徴1. なんでも前向きに捉えるポジティブ思考

何か言ってくると言うことは嫌われてはいない」とスルースキルがある人はポジティブに考えられるので、言われた内容はそこまで気にならない傾向があります。

  • 気に障るようなことを言われても、「自分に関心があるのだな」と捉える
  • ネガティブなことばかり言う人の話を聞いたときは、「この人からしたら、今の自分は幸せだな」と自分の状況に感謝する

と、むしろ話しかけられることに楽しみすら見つけられるポジティブ思考が特徴です。

【参考記事】はこちら▽


高い人の特徴2. 他人に興味がない

自分本位で考える性格なので、人が何を言ってようが関係ない、と思うのが特徴です。他人に興味がないからこそ、何を言われても気にも留めていません。

  • 突っかかってこられても、そもそも聞いていない
  • むしろ、「この人誰だっけ?」と存在すら把握していない

冷たいと思われがちな性格ですが、そうではなく、基本的に他人の評価が気にならないため、普通に受け流せるのです。

【参考記事】はこちら▽


高い人の特徴3. 冷静で感情に流されない

高い人の特徴3. 冷静で感情に流されない

スルースキルがある人は、常に冷静に行動するので、一瞬のイライラなどに左右されません。そのため、何を言われても引きずることなく聞き流せます。

「今日の服装おかしくない?」としつこく食い下がられても、「こんな人相手にしても仕方がない」とすぐに冷静になれるのです。

感情的にならないよう、自分の感情をいつもコントロールする器用さを持っているのが特徴といえます。

【参考記事】はこちら▽


高い人の特徴4. 「ド」がつくほどの天然

驚くほど天然で嫌味を言われているのに、それが嫌味だと気づいていない人も。嫌なことを言われても、ケロッとしています。

「今日のスーツにそのネクタイを付けられるのは君ぐらいだね」と遠回しにバカにされても、嫌味だとわかっていません。

むしろ、褒められたと思って「ありがとうございます!」と答えることも。

自分では意識していないので、「あの人は受け流すのが上手だよね」とスルースキルがあると思われていることにすら気づいていないでしょう。

【参考記事】はこちら▽


高い人の特徴5. 精神年齢が高く落ち着いている

スルースキルがある人は、考え方が大人なので自分の気持ちの保ち方を知っています。

そのため、常に落ち着いて物事を考えられるので、無駄な反応をせずに受け流すのが上手です。

  • 嫌がらせする人を「子供のようだな」と相手にしない
  • 人間関係にストレスは付き物だと割り切っているため、気にしない

上司であろうが友人であろうが、精神年齢の低い人間がいることは仕方がないとわかっているので、それなりに上手く付き合っています。


高い人の特徴6. サイコパスの気質がある

高い人の特徴6. サイコパスの気質がある

サイコパスは感情の欠落している人を指します。悪い意味ではなく、効率だけを求めた思考ができるので、いらない情報は受け入れません。

「チームで動いているんだから空気を読みなさい」と言われても、指摘された内容が無駄であると感じたら全て聞き流します。

感情では動かないので、周囲からは「あの人は仕事ができるな」という印象も持たれるでしょう。


スルースキルがない人の4つの特徴|相手の言葉を受け流せない理由とは?

スルースキルがない人の特徴

「些細な言葉かもしれないけど、ずっと心に引っかかっている」

「SNSのコメントが否定的だった時、もやもやする」

スルースキルが低い人は、傷ついてしまいがちですよね。

ここからはスルースキルが低い人はなぜ心無い言葉を受け流せないのかを解説します。スルースキルが低いかどうか気になっている人は自分と比べてみてくださいね。


ない人の特徴1. とにかくプライドが高い

自分に対しての評価を高く見積もっているので、プライドが高め。

友人や上司に自分のことを否定されたりすると、聞き流せず、実力をわからせようとしてしまいます。

「なぜ上司は自分のスキルを理解してくれないのだろう」
「友人たちにいじられるけど、本当の自分をわかっていない」

と、自分に自信をもっているからこそ、人の言葉が気になるのです。

【参考記事】はこちら▽


ない人の特徴2. 生真面目で冗談が通じない

スルースキルがない人は、真面目すぎる性格なので、冗談で言ったことも本気で受けて止めてしまいがち。

言葉の裏を読むことができないので、ストレスを感じてしまいます。

例えば、

「お前は本当にバカだな」と、友人は軽い冗談で言っても、「俺はそんなにバカなのか。友人にまでバカだと思われていたのか」と傷ついてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


ない人の特徴3. 友人が少なく、人付き合いに慣れていない

ない人の特徴3. 友人が少なく、人付き合いに慣れていない

もともと内向的な性格で消極的な特徴なので、友人が少ないです。

そのため、人生において人付き合いをする機会が少なく、どのように人と接していけば良いのかわかりません。

人付き合いの中ではいじられることもありますが、いじりがどのようなものかわかっていないのです。

その結果、ちょっとしたことも気になってしまい、スルーできずにいつまでも気にしてしまいます。


ない人の特徴4. IQが低くて相手の言葉をストレートに受け取る

単純に頭が悪い人は、周りが強い言葉などで奮起させようとしても上手く解釈できません。言葉の意味をそのまま受け取ってしまい、落ち込んでしまうでしょう。

  • 「バカでもやればできるよ」と言われても、「自分はバカなんだ」と落ち込む
  • 「そんな失敗誰でもあるよ」と慰められても、「失敗したのは自分。直接関係ない他人に何が分かるんだ」と反発する

と、否定的に受け取ってしまうので、スルーできないのです。


スルースキルを身につける3つのメリット|戯言を受け流す効果とは?

スルースキルを身につけるメリット

スルースキルが低いと傷つくことが多いですよね。そんな自分を変えるために、スルースキルを身につけるとメリットがたくさんありますよ。

では、戯言を受け流すとどのような効果があるのでしょうか。人生を楽しむためにスルースキルを身につけ、ストレスを溜め込まないようになりましょう。


メリット1. 人付き合いが上手くなる

スルースキルが高い人は人間関係を円滑に進める能力が高いです。

スルーすべき場所、反応すべき場所が理解できるようになるので、人と付き合うのに慣れて人間関係を円滑にすることができます。

例えば機嫌の悪いときに暴言を吐かれたとしても「今はイライラしているな、そっとしておこう」と受け流して気にしません。

そのため、自分に合わない人ともストレスを溜めることなく上手に付き合えますよ。


メリット2. 人間関係でストレスを感じにくくなる

言葉を上手に受け流す能力を高めることで、ストレスを溜め込まないようになります。

単純にイライラしたり落ち込んだりすることが減るので、人生が楽しく感じられるでしょう。

仕事が上手くいかずに小言を言われても「そもそも自分よりも成績の悪い同僚はいくらでもいる。小言を気にしても仕方がない」と真に受けなくなります。

ストレスを感じなくなることで、肩の荷が下りより良い結果に結びつく可能性もあるでしょう。


メリット3. バカにされたり、からかわれなくなる

メリット3. そもそもからかわれにくくなる

からかって楽しんでいる人は、相手の反応を見て喜んでいるもの。

しかし、スルーできる人に対しては、いじっても面白みがないと思われるので、無駄にいじられることがなくなります。

「その髪型おかしくない?」と言われても「あっそう?」とそっけなく返すことで、反応がなく手ごたえがないと感じるでしょう。

このように、自分に合わない人を遠ざける効果が期待できます。


スルースキルを身につける7つの方法|生きやすくなるコツとは?

【必見】スルースキルを身につける方法とは?

「スルースキルを身につけて、不満を溜め込まない性格になりたい」

「自分でもできるスルースキルは何があるの?」

スルースキルを身につける方法は習得するのが難しそうですよね。しかし、スルースキルを身につけるのは誰でもできます

ここからは、スルースキルを身につける方法をわかりやすく解説するので参考にしてください。


方法1. 情報の取捨選択を覚える

耳に入る情報は全てが必要なものではありません。情報を選択するスキルを高めることで、スルースキルを身に着けられるようになります。

  • 自分に関係なさそうな情報を聞き流す
  • 関係ありそうな情報なら、内容を精査して判断する

自分にとって必要な情報なのか、いらない情報なのか、考えるようにしましょう。

ポイントとしては悪口でも本質をついていれば、スルーせずに聞き入れること。もし、戯言だと思うのであれば無視してください。


方法2. ストレートな悪口はアドバイスだと思う

火のないところに煙は立ちません。相手が何か言ってくる場合には、理由があるはず…と考えるようしてみましょう。

そこで、はっきりした悪口は、自分にとって良いアドバイスだと捉えてください。

  • 仕事についての悪口なら、自分の仕事のレベルが低いことを教えてくれている
  • 外見に対しての悪口の場合は、もっと素敵になってもらいたいから言っている

と思っておくと、落ち込まなくなります。この考え方が身につけば、悪口を言われても気にならなくなりますよ。


方法3. 嫉妬させている自分が勝ちだと考える

方法3. 嫉妬させている自分が勝ちだと考える

嫌味を言ってくる相手は、あなたに敵わないと降参しているようなもの。自分の方が優れていることに自信を持つことで、気にならなくなります。

何かを言われても「これは自分のレベルが高い証拠」と思うようにすることがポイントです。

嫉妬は自分が相手よりも劣っていると実感しているからこそ生じる感情です。相手は実力では敵わないので、悔しさを言葉にして伝えてきます。

自分が優位に立っていると考えれば、何を言われても負け犬の遠吠えにしか聞こえなくなるのでおすすめですよ。


方法4. うざいと感じた時は何も考えずに返事だけする

シカトしてしまうと「この人は何を言ってもいいんだ」と調子に乗り、相手の言葉はエスカレートします。

でも、とりあえず返事は返しておくと、相手はどう対応すればいいのかわからなくなるでしょう。

  • 仕事で小言を言われたら「はい、わかりました!」と返事だけしてその場をすぐに去る
  • 友人の嫌がらせは「はいはい」と軽くあしらう

相手の言葉に反応せず、適当な返事を返してください。もちろん、自分が悪いときは真摯に向き合いましょう。


方法5. 同じ土俵に立ったら負けだと考える

そもそもレベルが同じだからこそ争いは起きるもの。わざわざ嫌がらせをしてくる人と同じレベルまで落ちる必要はありません。レベルの低い人だなと思っておけば、ストレスにもなりませんよ。

  • 些細な言い間違いを指摘したりするなら、「器が小さい」と判断する
  • ちょっかいを出されても、反撃せずに適当にあしらう

など。同レベルの返しをしてはいけません。周囲からも同じレベルに見られてしまわないように気をつけましょう。


方法6. 行動で見返してやる

方法6. 行動で見返してやる

行動で見返せば、何を言われても相手がむなしくなるだけ。

さらに努力をすることで自身のレベルは上がるので、一石二鳥になり、自分にとってのメリットになるでしょう。

  • 営業成績について小言を言われたら、チームで一番の結果を出す
  • その場は黙ってやり過ごし、相手が得意としている分野で目に見えるように成果を示す

アドバイスとしては、行動が成果として表れる方法で見返すようにしてください。

上記のように、営業成績だったら数字になるので、行動の成果が一目で分かりますよ。


方法7. 自分の欠点をあらかじめ理解しておく

嫌味を言われるということは、自分に欠点があるということ。

自分の欠点をはじめから知っていれば、「はいはい、そのことね」と思えます。言われるたびに落ち込まなくてすみますよ。

  • 時間がある時に自分の弱点や欠点を洗い出す
  • 友人や恋人に自分の欠点は何があるか聞いてみる

そして、欠点を少しずつ改善していけば、短所が長所に変わるかもしれません。誰もが欠点は持っているので、完璧な人間はいないと思っておくことが重要です。


他人にイライラしないメンタルを手に入れる本のおすすめ3選

【3選】他人にイライラしないメンタルを手に入れるのにおすすめの本とは?

スルースキルを身につける方法を解説しましたが、実践するのは難しいですよね。そこでおすすめなのは本を読むことです。

書籍はわかりやすく解説しているため、効率よくスルースキルを手に入れられますよ。

ここからはスルースキルを学ぶのにおすすめの書籍3選を紹介します。

おすすめの本
  1. スルースキル
  2. 反応しない練習
  3. スルーする技術
タップすると移動します

おすすめの本1. スルースキル - “あえて鈍感”になって人生をラクにする方法 -

スルースキル - “あえて鈍感”になって人生をラクにする方法 -

相手の発言に反応する人は、感受性が豊かな人。様々な言葉に反応してしまい、「人生は辛い」と傷ついてしまいますよね。

この書籍は面倒な人が存在する理由を解説し、簡単にできる対処法を紹介しています。

空気が読め過ぎてしまう人や、ちょっとのことでも気にしてしまう人におすすめ。

あえて鈍感になることで、傷つかないようになりましょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 電子書籍:◯
  • 著者:大嶋 信頼
  • 出版日:2018/8/24
  • 出版社:ワニブックス

おすすめの本2. 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超- 合理的な「考え方」

反応しない練習  あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」

人の言葉を受け流すことが苦手な人は、物事に過敏に反応することが多いです。

しかし、無駄に反応しないシンプルな生活を送ることで、人生における幸せを実感できます。

この本は自分を苦しめる言葉や感情などは必要ないと主張しているのが印象的です。

現実世界はもちろん、SNSで上げるコメントに傷つく人にもおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 電子書籍:◯
  • 著者:草薙龍瞬
  • 出版日:2015/7/31
  • 出版社: KADOKAWA/中経出版

おすすめの本3. イヤイヤ- モヤモヤから脱却するコミュニケーションの取り方 スルーする技術

イヤイヤ・モヤモヤから脱却するコミュニケーションの取り方 スルーする技術

現在はITが進み、様々な情報が手に入るようになりました。

そのため、いろいろな考え方で行動する人が増えたので、合わない人とは付き合わない選択をしないと人生損してしまいます。

しかし、スルースキルがないと自分と合わない人の考え方を真に受けてしまい、もやもやしてしまうでしょう。

この本は上手に受け流すスキルを5章に分けて説明しています。基礎から応用まで段階的に説明しているので、少しずつスキルを身につけたい人におすすめ。

知識としての理解ではなく、実生活で役に立つスルースキルが身につきますよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 電子書籍:◯
  • 著者:高野 文夫
  • 出版日:2018/10/3
  • 出版社:スターアップ出版

スルースキルを身につけて、人間関係を良好にしていこう!

誰かの発言で傷ついてしまう人に向けての受け流す方法を解説しました。スルースキルを高めることでストレスをためずに生活できることがわかりましたね。

現在はインターネットでどこでも繋がれる時代。現実世界の他、SNSに上げるコメントに傷つく人も多いはず。

しかし、スルースキルは誰でも身につけられるので、この記事を参考にして、ストレスフリーの生活を手に入れてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事