男性の嫉妬のサイン11選|ヤキモチを妬く瞬間と対処法を教えます。

男性の嫉妬のサインを知りたい人へ。本記事では、男性の嫉妬のサインや、やきもちを焼く瞬間から、正しい対処法まで解説します!

男性が嫉妬しやすい瞬間|どんなシーンで男性ヤキモチを妬くの?

男性か嫉妬する瞬間

「男の人って、一体どんなシチュエーションで嫉妬心を抱くのか知りたい」

「どんな言動をすると、彼氏がヤキモチを妬くの?」

そんなふうに、男性の心理が分からずに悩んでいる女性も多いのではないしょうか。

ここからは、男性が嫉妬しやすい瞬間について、具体例を挙げながらご紹介していきます。

ヤキモチを見極めるための参考にしてみてください。


瞬間1. 他の男性と楽しそうに話している時

共通の趣味や話題を持つ男友達と話が盛り上がっている瞬間は、実は彼氏やあなたを意識している人にとっては辛いことも。

  • 「いつもあの山でスノーボード滑ってるんだ!私も行ったことあるよ~」
  • 「洋楽好きなんだね!じゃあ、このバンド知ってる?」

などと嬉しそうに他の男性と喋っているあなたの姿を見ると、いてもたってもいられなくなるのです。

女性の楽しそうな表情を独り占めしたいという心理が働いて、男性は嫉妬してしまうのですよ。


瞬間2. 彼女が同窓会に行くと言い出した時

久しぶりに同級生と再会することを彼氏に告げると、急に不機嫌になってしまう場合もあります。

「来月、高校の同窓会があるんだよね!みんな久しぶりだし会うの楽しみ!」

と言うあなたに対して、

「ふーん…そうなんだ…。行くの?」

と、なぜか彼氏は素っ気ない態度で、実は行ってほしくないと感じているケースも少なくありません。

元彼に会ったり浮気につながったりしないか不安になり、ついついヤキモチを妬いてしまうのです。


瞬間3. 他の男性をかっこいいと褒めている時

好きな女性が、自分以外の男性の容姿について褒めていると、心は穏やかではありません。

「〇〇君って、最近髪型変わってカッコよくなったよね!」

このように、深い意味はなく他の異性を褒めたつもりでも、あなたに気がある男性は「アイツのことが好きなんじゃ…!」と心配に。

自分のことだけを見ていてほしいという心理から、嫉妬してしまうのですよ。


瞬間4. 遊びに行って連絡が返ってこない時

友達と出かけるのはいいけれど、楽しすぎてかLINEの返事がこないと、寂しくなってしまう男性も多いです。

例えば、

「今日みんなと遊びに行ってたんだよね?もう帰った?」

そのようなメッセージに対して未読のままや既読スルーの場合は、「他の男と今も遊んでいるのでは?」と勘ぐってしまうことも。

「もしかして、相手にされていないんじゃないだろうか…」そう考えると寂しくなって、ジェラシーとなって表れるのです。


瞬間5. 元カレの話をされた時

彼女や片思い中の子に、別れた相手とは言え男の存在について直接聞かされると、複雑な気持ちになるケースも。

具体的には、

  • 「前の彼氏とは、あのお店よく行ってたんだけど…」
  • 「元彼とは3年付き合ってたんだよね」

そんな言葉が出てくると、「まだ、前の男のことが忘れられないのでは…?」と思い、元彼の存在に対して妬んでしまうのですよ。


瞬間6. 芸能人を好きと言っている時

女性がアイドルやタレントについて夢中で喋っている時、実は男性はイライラしているケースも少なくありません。

「ジャニーズの〇〇君、すっごい顔がタイプで好きなんだよね~」

そんなふうにうっとりする彼女を見て、「じゃあ、俺は何なんだよ…」という気持ちに。

芸能人には敵わないことは分かっているけれど、同じ男として悔しくなり、ヤキモチを妬いてしまうのです。


瞬間7. 友達との約束を優先された時

男性は、いつも女性には自分を一番に考えてほしいと思うもの。

そのため、

「ごめんね、今週末会おうって言ってたけど、友達にどうしても買い物に付き合ってってお願いされたから、来週でもいい?」

など、女友達との約束を理由に会うのを断られると、「俺より友達のほうが大事なのか…」とプライドが傷つきます。

友達と自分を天秤にかけられて、負けたような気持ちになり、嫉妬してしまう男性も多いですよ。


男性の嫉妬のサイン11選|本命女性に見せるヤキモチをチェック!

「片思い中の人が、ヤキモチを妬いてくれているのかどうか知りたい」

「男性が嫉妬した時の発言や行動ってどんな感じ?」

など、男性が本命女性だけに見せる言動が気になる女性も多いはず。

ここからは、男性の嫉妬のサインについて具体例を挙げながらご紹介。

脈ありかどうかを見極めるための判断材料にしていきましょう。


サイン1. 突然不機嫌になる

嫉妬している自分を恥ずかしく感じてしまう男性も少なくありません。

そのため、素直にヤキモチを妬いていると言い出せず、かと言って普通に接することもできなくなってしまいます。

不機嫌になることで、「嫌な気持ちにさせるような行為をしているよ!」と主張しようとしているのです。

例えば、さっきまで普通に明るく喋っていたのに、突然黙り込んだり、空返事になったり。

「どうしたの?」

と聞いても、ちゃんと答えてくれないのも、男性によく見られる嫉妬のサインです。


サイン2. その場から立ち去る

嫉妬の原因になる発言や行動を見ていると、

「もう頭がおかしくなりそう…!」

と耐え切れなくなる男性も一定数います。

男性は、自分の気持ちをコントロールできずに、現実逃避してしまいたくなるのです。

そのため、何も言わずにその場からそそくさと立ち去るケースも。

残された女性は、わけが分からずに困ってしまうのですよ。


サイン3. 急に自分の話を始める

嫉妬している相手から自分に興味を移すことで、女性の視線を取り戻せると思っている場合もあります。

自己アピールをすることで、好きな人の気持ちを惹きつけられると考えるのです。

したがって、女性が他の男性と話が弾んでいたとしても、急に、

「俺、最近ジムに通い始めて、既に結構筋肉付いてきたんだよね~」

など、自分の話にすり替えようとするのです。


サイン4. 話に割り込んでくる

目の前で片思い中の女性と嫉妬相手が楽しそうに話していると、じっとしていられません。

止めたい気持ちが溢れてしまい、思わず行動に移してしまうのです。

例えば、職場でそんな状況になった場合、

「〇〇さん、ちょっと聞きたいことがあるんですが、いいですか?」

そんなふうに、会話に割って入り、二人の話を中断させようとする男性も少なくありません。


サイン5. 返事がぶっきらぼうになる

ヤキモチを妬く男性は、実は大好きなんだけど嫉妬の瞬間は相手を嫌いになりたいと思ってしまうもの。

そのため、適当な態度で接して、密かにやり返しているつもりになっていることも。

「だから?」

「あっそ」

「別に」

など、対面でもLINEでも返事が短くなり、明らかにどうでもいいと取れるような返しになってしまうのです。


サイン6. LINEを既読無視する

自分がジェラシーで辛くなっている気持ちを、相手にも味合わせてやりたいというネガティブな考え方になってしまう男性もいます。

LINEを送ったら普通はすぐに返信がくるにもかかわらず、既読無視の状態に。

「どうしたの?」と好きな子や彼女に構ってもらうことで、独り占めできている感覚が幸せに感じるのです。


サイン7. 繋いでいる手の握りが強くなる

嫉妬をすると、彼女が他の男に取られてしまうような気持ちになってしまいます。

「自分よりも他の男が気になってるんじゃないだろうか……」

そんな不安な気持ちと同時に、

「誰にも絶対に渡したくない…!彼女は俺だけのもの」

という強い感情が表れることも。

そのため、つないでいた彼女の手を思わずギュッと力強く握りしめてしまうのです。


サイン8. 見ているテレビのチャンネルを変える

芸能人から恋人の視線をそらして、自分に向けさせようとする男性も。

相手とどうこうなることはないと分かっていても、彼女の興味が自分以外に向くのが嫌なのです。

例えば、彼女が大好きなアイドルが出ている番組を夢中で見ている姿に嫉妬し、

「全然、面白くないし…!」

と言って、お笑い番組などにチャンネルを突然変えてしまうのですよ。


サイン9. デートの予定を焦って立てようとする

彼女には自分を最優先して時間を使ってほしいと思う、ヤキモチ妬きの男性は、女友達でさえも嫉妬の対象となります。

女友達と約束してしまわないように、先手を打ってスケジュールを埋めようとする男性も少なくありません。

具体的には、

「来週の週末はイタリアン食べに行こうよ。人気店だから予約入れとくね」

そんなふうに、結構先まで自分との予定で埋めて、安心感を得ようとしているのです。


サイン10. いきなり寝始める

嫉妬により不安や焦り、怒りといった気持ちが入り混じった男性は、とりあえず態度に出さずにはいられません。

突然ふてくされて寝てしまい、

「一体、どうしたの?私、なんか気に障ること言った?」

と、驚いた彼女がベッドに来て、自分の不安を解消してくれることを期待しています。

「ごめん、そんなつもりじゃなかった。〇〇君だけだよ。」そう言ってほしいのですよ。


サイン11. 他の男性の悪口を言い出す

とにかく女性の興味を自分に集中させて独り占めしたいという思いから、嫉妬相手の評価を下げようとするのも男性の嫉妬サイン。

「ちょっとイメージダウン…」と女性に感じさせて、自分に気持ちを向けさせようとしているのです。

例えば、好きな子がよく話題にする嫉妬相手のことを、

「アイツはちょっと自己中で良い噂全く聞かない。職場でも仕事ができないんだよね。」

そんなふうに、聞いてもいないのに悪く言い出してしまうヤキモチ妬きの男性も少なくありません。


男性の嫉妬サインを感じた時の対処法|どのように対応している?

「付き合ってない男性が、最近妙に変なセリフや行動をしてくる…どうすれば?」

「彼氏が職場の同僚に対してヤキモチ妬いてるっぽいから、対処法が知りたい」

このように、男性の嫉妬のサインを感じて悩んでいる女性も多いはず。

対応を間違えると、さらに状況が悪化する可能性もあるため、慎重な言動が大切です。

ここからは、男性の嫉妬の対処法について解説していきます。


彼氏や好意がある男性の場合

「好きな男性がヤキモチ妬いてるってことは脈あり?安心させてあげるための言葉を伝えたい」

そう思う女性もいるのではないでしょうか。

他の男性のことが好きなのではないかと誤解されているかもしれないので、ちゃんと説明したいですよね。

最初に、彼氏や好意を持つ男性の嫉妬のサインへの対処法を見ていきましょう。


対処法1. 「妬いたの〜?」と聞いて意地悪してみる

男性は「自分だけを構ってほしい」という気持ちが強いので、好きな女性から話しかけられると、嫉妬していたことも忘れてしまう生き物。

次のように意中の女性に言われると、まんざらでもありません。

「もしかして、〇〇君今ちょっと嫉妬したんじゃないの~?」

「それって、ヤキモチだったりして~!」

など、意地悪っぽく言われることで、男性はもっと女性のことが気になってしまいます。

「実はちょっと妬いてる!」と素直に男性が認めて、関係性が発展するかもしれませんよ。


対処法2. 「〇〇が一番だよ」と安心させる

嫉妬をしている人の約半数は、相手が自分に気があることが頭ではわかっているけれど、独り占めできない状況に妬いてしまう傾向にあります。

そのため安心させてもらえれば、気持ちが治まるケースも多いです。

例えば、

「私の中では、〇〇君が最高だと思ってるよ!」

「一番カッコいいのは〇〇さんですけどね!」

そんなふうに言われると、きっと男性は笑顔になるはず。

嫉妬していたことを咎めるつもりはないので、平和に収まるはずですよ。


対処法3. 「じゃあ迎えに来て?」と伝える

飲み会や同窓会に他の男性がいることが不安で嫉妬しているなら、彼氏に迎えに来てもらうことで、朝まで飲んで心配をかけることはありません。

自分から言うことで、やましいことが無いというのを伝えられます。

「ヤキモチ妬いてるなら、会社の飲み会が終わったら迎えに来てくれる?」

「そんなに長居するつもりないし、9時ころ迎えに来てくれたら嬉しいんだけど」

男性は最後に自分が彼女の帰りを見届けられると思うと安心して、ヤキモチも緩和されるはずですよ。


対処法4. 「考えすぎですよ」と言っておく

嫉妬していることに気づいている感じを出すことで、男性の態度が変わり、恋愛的な発展が期待できます。

ちゃんとあなたの想いは伝わっていると匂わせるセリフを伝えてみるのがおすすめ。

「〇〇さんが考えているようなことはないよ!」

「深読みしすぎだよ~、本当になんでもないし」

そんなふうに言えば、

「じゃあ、俺なんかどう?」

踏み込んだアプローチにつながる可能性も高いですよ。

ついつい心配し過ぎてしまう年上の彼氏などでも、安心するでしょう。


片思いされていて、興味がない男性の場合

「付き合ってない会社の人にヤキモチっぽい発言をされる…。私の態度を変えるべき?」

と、恋愛対象として見ていない男性の嫉妬サインに困っている女性もいるでしょう。

ここでは、片思いされていて、興味がない男性への対処法をお伝えしていきます。


対処法1. 気づいていないフリをしておく

嫉妬に気づいていることを知られてしまうと、もっとアピールされたりしつこく聞かれたりしてしまう可能性もあります。

面倒くさい状況にならないように、何も気づかないふりをしておくのが一番です。

例えば、仕事の同僚男性の話をしていて、彼の態度が急に不機嫌になったと思っても、気にせずにそのまま話を続けましょう。

気づいてもらえないと分かれば、男性もそのうち恥ずかしくなってきて、元通りに接してくれるようになるかもしれませんよ。


対処法2. 嫉妬を加速させて諦めてもらう

恋愛関係にない相手からのヤキモチは、迷惑なだけですよね。

友人などに協力してもらい、男性の影を匂わせることで、さらに嫉妬が深まり諦めてもらうきっかけになりやすいです。

みんなで遊ぶ計画をしている時に、友達に次のように話しを振ってもらうのも一つの手。

「〇〇は週末は予定あるんだっけ?デート?」

「まぁ、そんな感じ」

このように、親しい男性の存在があることを、さりげなく分からせてみましょう。

男性は一時的に嫉妬心で燃えますが、自分が相手にされていないことが分かり、そのうち諦めるはずですよ。


対処法3. 期待させるような行動を慎む

思わせぶりなことをしてしまうと、人によっては自分に気があると勘違いしてしまうことも少なくありません。

また、中には逆ギレをしてくる男性もいるため、普段からそっけないくらいの対応で接するようにしましょう。

もし、男性が

「俺との約束はどうなってんの~?他の人と遊ぶ時間あるんだったら俺とも遊んでよ~」

そのように言ってきた場合は、

「ごめん、もうずっと予定入ってるし」

など、塩対応するのがおすすめ。

きっと、男性はあなたにその気がないと気づき、嫉妬的言動も控えるようになるでしょう。


対処法4. できるだけ関わらないようにする

好きでもない人からの嫉妬は嬉しいわけもなく、時にはストーカー行為につながるなど、恐怖感さえも覚えることがあるので注意が必要です。

可能であれば、できるだけ関わらないように、物理的な距離をとりましょう。

具体的には、

  • 男性も顔を出す可能性がある集まりには行かない
  • 会社では挨拶や仕事上のことなど必要最低限の会話に留める

関わりが薄い状況になると、嫉妬されるようなシチュエーションも消えるはずですよ。


男性の嫉妬のサインを見抜いて距離を縮めるきっかけにしてみて。

男性の嫉妬のサインについて、具体例とともにご紹介してきましたが、「あるある!」と思われた女性も多いのではないでしょうか。

交際相手か興味のない相手かにもよりますが、本記事で解説した対処法も参考にして、適切な言動を取っていきましょう。

気になる人の嫉妬は、距離を縮めるきっかけになるケースも。

自分から誤解を解くと同時に気持ちをアピールして、恋の進展につなげられるといいですね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事