男女の友情が成立する派と成立しない派の本音│友達から恋人になる理由とは

あなたは男女の友情が成立すると思いますか?もしくは成立しないと思いますか?今回は、永遠のテーマである「男女の友情」について徹底解説!さらに、男女の友情が成立する男性や女性の特徴と条件も解説していきます。友達から恋愛に発展するタイミングや理由には、どのようなものがあるのでしょうか。

男女の友情は成立すると思いますか?

男女の友情は成立する

男女の友情は成立する?しない?あなたはどっち派の意見ですか?

男女の友情論争は永遠のテーマだといわれています。確かに難しいテーマですよね。

今回は、その難しいテーマに切り込んでいきます。友情から恋に発展するタイミングはどんな時なのでしょう。

また、友情が成立する時の男女の心理状態やタイプは…。そして、友情が破たんしてしまう理由などなど。さまざまな角度から、男女の友情について考察していきます。


男女の友情が成立する派の人の心理

ここでは、男女の友情は成立する、という意見「成立する派」の人たちの心理的状況を3つピックアップして詳しく解説していきます。


成立する心理1. 異性の兄弟がいて、昔から異性と接するのに慣れている

「男女混合の兄妹がいるから、異性と接するのには慣れている」

「慣れているから異性という特別な感情では見ない」

という人は、男女の友情は成立すると思っています。

たしかに、異性の兄弟がいれば、一人っ子や姉妹、兄弟だけで育ったよりは異性と接することに慣れています。

友情成立のために、異性に抱く特別な感情が邪魔になる」と考えれば、この意見は妥当ですね。


成立する心理2. 好きな人と友達の間には自分なりの明確な線引がある

恋愛中であれば、男友達、女友達そして、彼氏と彼女の間には明確な線引きがあるのは、当たり前と言えば当たり前のお話。恋愛中の男女間の暗黙のエチケット、ルールともいえます。

そのため、この意見は、普遍的な男女の友情が成立する派、しない派ではなく「私の場合は友情が成立している」ということですね。

ただ、そのルールの一線を越えることがあることも、よく知られているために男女の友情の成立は意見が分かれるのでしょう。


成立する心理3. 単純に相手のことを異性として意識していない

「あなたのことは異性と思っていない」好きな異性から告げられるセリフとすれば相当胸に応えるセリフですが、こちらの意見は単刀直入。

異性と思っていない相手とは男女の恋愛感情が起きない」故に男女の友情は成立するという意見です。

この意見は、成立する派の成立しない派への完全なる全否定ですが、裏を返せば異性として意識し始めたら、意識するときがきたら、成立しないとも取れる意見です。やはり、男女の友情は奥が深いようです。


男女の友情が成立しない派の人の心理

前項の男女の友情は成立するという「成立する派」の3つの意見はいかがでしたか。

ここでは、男女の友情は成立しないという「成立しない派」の人たちの心理的状況や立場を3つほどピックアップして詳しく解説していきます。


成立しない心理1. いくら友達とはいえ、ムードやお酒の勢いで流されることもあると思っている

たしかに、ムードやお酒の勢いを甘く見てはいけません。男女の関係になったとしても不思議はありませんよね。

成立しない派の人は、何かのきっかけで男女の関係になった経験があったり、男女関係になることがわかっているからこそ、男女の友情は成立しないと思っています。


成立しない心理2. 少なからず、心のどこかしらで異性として認識している部分がある

ふとした時に、男友達、女友達に異性を感じてしまうことは誰しもあることです。ですから、なにも不思議ではありません。

大変正直な意見だろうと思いますが、この時点での相手への好意は友情の好意と同じものなのか、それともすでに友情から愛情へ移行しつつあるのかで、少々違ってくるのではと感じます。

異性への好意のありようで、友情の成立、不成立が決まるとなるとこのテーマはもっと複雑になってきそうです。


成立しない心理3. いつ恋愛感情が芽生えてもおかしくないと思っている

確かに、男友達にしても女友達にしても相手は異性です。恋愛感情が絶対生まれないとは言い切れません。むしろ、恋愛感情はいつ芽生えてもおかしくないと言えますね。

この意見は、恋愛感情はいつでも芽生える、故に男女の友情は成立しないということ。

すでに相手に友情以上のものを感じていることを想定しています。無論、この心理状態では友情が成立するは難しいと思われますので、成立しないという意見の立証ができますね。


男女の友情が成立する相手や条件は?

何かと複雑な男女の友情論争ですが、男女の友情が成立すると仮定した場合。

男友達、女友達、お互いの相手の状況や心理状態などには何か特別な条件があるのでしょうか?ここでは、相手や条件について解析していきます。


1. 話は合うし仲は良いけど、お互いに顔がタイプじゃないと言い合える男女

友だち同士なら仲が良いのは当然ですし、話だって合うに違いありません。確かに一緒にいたら楽しいと思える相手でも、付き合うにはお互いの顔がタイプでないなかなか話が進みません。

男性も女性も、お互いにタイプでないと思っているのであれば、男女の友情は成立するかもしれませんね。


2. 生まれた時からお互いに顔見知りな幼馴染の男女

生まれた時からの仲で、顔見知りの幼馴染となれば、兄妹のようなものですね。友情が成立しても不思議ではない組み合わせです。

お風呂も一緒に入り笑い顔も泣き顔も、すべて知りつくしているのが兄妹ですが、兄妹、肉親へ愛情は恋愛感情とはまったく別物です。兄妹同様の異性には恋愛感情を持つのは難しく、むしろ友情が生まれる確率が高くなります。


3. お互いに恋人がいたり、既に結婚している男女

相手の男友達、女友達にそれぞれに恋人がいる場合。そして、相手が既婚者であるケースでは、友だちとして出会った時にはすでに、パートナーが存在しています。愛する対象が別にいる時点で他の異性に恋愛感情を抱く確率は低く友情が成立する可能性は大です。

出会いが趣味のサークル活動やボランティア、習い事などだった場合は、同じものを目指す仲間として、男女の友情が成立する確率が高くなる組み合わせだと言えます。

既婚者の場合は、家族ぐるみの付き合いがプラスされればなお、成立する可能性が高くなるとの意見が多いようです。


4. どちらもサバサバとした性格の男女

性格がサバサバしている人は、相手に必要以上に踏み込むことがなく、一定の距離間を保つ人が多いようです。一言でいえば、お互いの性格がサバサバしている男性と女性の組み合わせは「君子の交わり」に近いのかもしれません。

「君子の交わり」の二人だとすると、水のように淡白な交際で恋愛感情まで発展するのは難しいと考えるのが妥当です。故に男女の友情が成立する確率が高くなる組み合せだといえるでしょう。


5. 人としては好きだけど、女性側が男性を生理的に受け付けていない場合

女性側が男性を生理的に受け付けていない場合は、男女の友情が成立する可能性がかなり高くなります。

男性も女性も嫌いな人とは恋愛関係になろうと思いませんよね。どんなに話が合う相手でも、恋人らしい行為をすることを想像して、生理的に受け付けられない男性であれば恋愛関係に発展することはないでしょう。

【参考記事】はこちら▽


友達から恋人へ発展するケースはあるの?

友情も恋愛感情も愛情の顕れです。友人も恋人もお互いが好意や愛情をもっている同士ですから友達から恋人へ発展するケースがあっても少しも不思議はありません。

ここでは、発展する派と発展しない派の意見を紹介していきます。


1. 友達と思ったらもう発展しない派の男女の意見

友達と思ったら絶対恋愛には発展しないという確信に満ちた男女は一定数存在します。

さらに、友達と思ったらもう発展しない派の意見は圧倒的に女性に多く「実際に自分自身に男友達がいるがそんな気持ちになれない」そう言われてしまうと、認めざるを得ないのですが、発展しない派の男性の意見はだいぶ温度差があります。

男女の友情は成立しないと考えている男性は女性よりだいぶ多そうです。相手の女性に合わせて発展しない派と言いつつ、自分の心の中の男性本能と自問自答している場合もあります。


2. 友人と思っていても、場合によっては恋に落ちる人の意見

恋の始まりのタイミングなんて、誰にもわかりはしないのだから、突然友達に恋しても何の不思議もないでしょう。友人と思っていても、場合によっては恋に落ちるという人の意見の中にはそんな答えがありました。

友情と愛情、お互いが抱いている感情が違ってしまえば、そこに友情はもう成立していないという考えは正しいのかもしれません。他の人とは違う存在だと認識しているなら、すでに友情から愛情に変わっているのでしょう。


男女の友情から恋愛に発展する時の主な理由

男女の友情は相手の性格や状況で変わり、なかなか一言では言い表せない、微妙な問題と難しさがあるようです。

ここでは、男女の友情から恋愛に発展したという、とてもリアルな理由を3つピックアップして紹介していきます。


1. 落ち込んだ時や辛い時にいつも支えてくれるので、自然と好きになった

遠くの親戚より近くの知人と言いますが、落ち込んだ時や辛い時にいつも支えてもらえたら友人関係でなくても恋に落ちてしまいそうですよね。落ち込んだ時や辛い時にそばで支えてくれるのが友人なら、なおのこと好きになってしまうのは、本当に自然の成り行きなのでしょう。


2. 飾らずに自然体の自分で過ごせる相手だと分かったから

恋人といるときより異性の友達といるときの方が、素のままの自分が出せるという人は相当数に上ります。恋人にはダメな自分は見せたくないが異性の友達の前なら何でもさらけ出して大丈夫。

そんな心理が働いていれば、飾らずに自然体で過ごせる相手に心が移って行くのは誰にも止められないかもしれません。


3. 異性の話をされた時、嫉妬している自分に気が付いたから

嫉妬心は厄介なものですが、異性の友達の恋愛話に嫉妬している自分に気づくのは、ある意味、本人にとっても衝撃的なことかもしれませんね。

同性同士の友人関係なら、単に仲の良い友達がとられてしまうような気持ちになり嫉妬心がわいたで、ことが済みます。ですが、異性間の友人関係では、本人が一番自分自身の気持ちの変化に戸惑うことになると想像できます。気付いた以上、男女の友情は形を変えて恋愛関係に発展します。


男女の友情が成立していても、破綻してしまう場合とは

異性同士の友情は、男性と女性の気持ちのバランスがうまくかみ合い、初めは男女の友情として成立していても、なんらかの事情で破綻してしまうことは少なくありません。

ここでは、友情関係が破綻に至った原因が何かを探っていきます。


原因1. キスをしてしまう

キスという行為自体が、お互いの愛情表現です。だからといって、一般的には友人関係にある同性同士がキスをするということはありえません。

ある日突然、友人関係にある男女の一方がキスをする、あるいはキスをされる。それが原因で男女の友情が破綻することは大いに考えられます。

キスをするのが愛情表現にしても、友人と信じていた相手方の衝撃は計りしれません。その際は、キスという行為自体が破綻の原因ではなく、相手を無視した自己中心的考えが友情を破綻させたということなのでしょう。


原因2. 相手に「好き」と告白をする

友人関係にある男女の一方が相手に恋愛感情を持ってしまった時。

相手に「好き」と告白した時点で、友情は終わるとみるのが妥当ですが、友人関係にある男女の一方が恋に落ちるのを阻止することはできませんね。

告白して結果がどうだとしても、変わらない関係でいれる男女は少ないと言えます。


原因3. 肉体関係を持ってしまう

友人関係にある男女が肉体関係を持ってしまった場合、その後の男女の友情は破綻すると見るのが普通です。友人には好意を持っていて当たり前ですが、友人関係にある男女の場合は好意のありようが問題です。

肉体関係を持つと、突然の成り行きや同意の上でも、お互いの気持ちは大きく変化してしまうはずです。そのことがきっかけで恋人になるか離れるか、いずれにしても、そこに以前の友情は存在しないでしょう。

【参考記事】はこちら▽


男女の友情が成立するかは、結局お互いの信頼関係レベルが決める。

自分にとって大切な友人が、同じように自分を大切な相手として認めてくれているなら、それが男性でも女性でもその友人との友情は成立しています。ただし、男同士、女同士の友情と男女の友情には、やはりお互いの意識に違いがあります。

友人同士として付き合うのには相手が自分を絶対異性としてみないという信頼が必要ですし、成立にはどれだけ相手を信頼しているかというお互いの信頼関係の深さでも変わってくるようです。

親密さが増し理解が深まり、愛情が生まれていくことは友情というよりも、純粋な恋愛の始まりかもしれません。

一生続くような友情も素敵ですが、素敵な出会いも見逃せません。皆さんも、素敵な出会いを見つけてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事