彼氏が嫉妬する瞬間&心理とは│嫉妬深い彼氏の上手な対処法を解説!

付き合っていて、彼氏がいつ嫉妬するのか気になった経験はありませんか?実は、女性の知らないところで男性は嫉妬しているのです。そこで今回は、彼氏が嫉妬する瞬間や瞬間する男性心理を大公開!また、嫉妬深い彼氏と上手に付き合っていく方法をお教えします。

彼氏が嫉妬していることに気付いていますか?

彼氏が嫉妬する瞬間&心理

彼女のことが大好き過ぎて、ついつい嫉妬をしてしまう彼氏は意外と多いはず。愛されているのは嬉しいですが、独占欲や嫉妬心が強過ぎるとに困ってしまうことも。

そこで今回は、嫉妬している瞬間の彼氏の特徴や言動、対処法をまとめてご紹介します。普段の彼氏に当てはまるところはないか、チェックしてみてくださいね。


彼氏が嫉妬してしまう5つの心理を大公開!

束縛したり急に怒ったりと、嫉妬している彼氏の扱いは難しいもの。些細なことで嫉妬してしまう彼氏には、どのような心理が働いているのでしょうか?

まずは、彼氏がついつい嫉妬してしまう5つの心理をご紹介します。


心理1. ”自分だけのモノ”という独占欲

付き合った女性は「独り占めしたい」という考えを持つ彼氏の場合、束縛をすることが多いです。自分だけのものなので、自分に合わせてくれるのは当たり前だと思っており、時間や曜日関係なく連絡をしてきます。

また、どんなことでも知っておきたいという気持ちも強いので、行動や1日の予定をすかさずチェックすることも多いです。

【参考記事】はこちら▽


心理2. 他の男性に取られてしまうのではないか不安

嫉妬心の強い男性の中には自己肯定感が低く、不安や恐怖心が働いている可能性もあります。彼女のことが大切であるあまり、他の男性のものになってしまうことをひどく恐れていることも。

少し連絡が取れないと「心配だから連絡した」「気になって仕方ない」など、彼氏が不安定な感情を抱きやすいのもこのタイプです。


心理3. 過去の恋愛で浮気されたトラウマがある

今までと同じことをされたくないという恐怖心から、彼女を束縛をしているケースがあります。

「大切にしていた彼女が二股をしていた」「内緒で違う男性と遊んでいた」など、元彼女に裏切られたトラウマを未だに引きずっている男性も。

同じことをされたくない気持ちから、執拗に疑ったり浮気をしていないか検索したりします。


心理4. 彼女のことが好きすぎる

彼氏が彼女に依存しておりゾッコン状態の場合「ひと時も離したくない」「ずっと近くにいたい」と考えていることも。そのため、連絡頻度や「会いたい」という頻度が多くなり、束縛をしているような状態に。

もちろん、彼女のことが大好きなので「他の男性に触れられたくない」「取られたくない」という恐怖心も潜んでいます。

【参考記事】はこちら▽


心理5. 愛情不足で、もっとかまって欲しい

スキンシップや愛情表現を望む彼氏の場合、構ってもらえないといじけるような態度を取ります。

素直に構って欲しいと言えればいいのですがそれもできないので、嫉妬心に変わってしまいます。

「どうせ構ってくれないからいい」「他の男性には優しいんでしょう?」などと、根拠のないことを言って構って欲しいことをアピールします。

【参考記事】はこちら▽


彼氏が嫉妬してしまう瞬間は?彼女の行動や言動から解説

では、彼氏はどのような時に嫉妬心を持ってしまうのでしょうか?

ここからは、具体的な彼女の行動や言動を交えながら彼氏が思わず嫉妬してしまうポイントをご紹介します。「そのポイントで嫉妬をするのか!」と参考になるはずですよ。


行動や言動1. 他の男性ことを彼氏の前で褒める時

嫉妬深い男性は、自己評価が低く自分に自信がないことが多いです。そのため、彼女が他の男性に対して「○○くんって優しいね」「○○さんは何でもできるんだよ」と褒める発言をすると、嫉妬してしまいます。

「彼女の中で彼氏よりも評価が高い男性だと位置付けられている」と思ってしまい、自分にないものを持っていることに劣等感を感じてしまうようです。


行動や言動2. メールやLINEので返信がいつもより遅いとき

彼女のことが大好きでついつい束縛をしてしまう彼氏の場合、彼女が今どうしているか、どこにいるのか分からないことに嫉妬心や不安を抱きます。

LINEやメール、電話の返信が遅いと「他の男性といるのでは?」「自分よりも優先すべきことがあるんだな」と想像を膨らませて、見えない相手に対して勝手に嫉妬をしてしまうのです。


行動や言動3. 他の男性がいる前でオシャレをしようとした時

嫉妬深い男性は「彼女を他の男性に取られたくない」という気持ちを人一倍抱いています。そのため、彼女のファッションやメイクはこまめにチェックしていることが多く、普段と違うと「どこに行くの?」「誰に会うの?」などど聞いてくることがあるでしょう。

その時に男性の名前が挙がると、良からぬことまで想像をして嫉妬心を燃やしてしまいます。


特に露出の多い服を来ていくときは心配になる

嫉妬深い男性が特に心配になるのが、彼女が普段よりも露出の多い装いで出かける時。

「わざわざそんな服装しなくてもいい」「みっともないから止めて」などど、回避させようとすることも。自分の居ない場所で、彼女がチヤホヤされることを想像してしまうのです。


行動や言動4. 元彼の話を持ち出した時

「元彼はいつもこうしてくれた」「ここ、元彼と来たことがある」などと、悪気なく元彼というワードを出してしまった瞬間、彼氏の表情が曇ることがありますよね。

今は付き合っているわけでもないのにと思うのですが、彼氏は「今でも未練があるのでは?」「まだ、連絡を取っているのかな?」などと憶測をしてしまうよう。そして、元彼にまで嫉妬心を抱いてしまいます。


行動や言動5. 他の男性と楽しそうに話している時

彼女は自分だけのもの、と思っていることが多い嫉妬深い男性。彼女が会社の同僚や男友達などと話しているところも目撃するだけでも、イラッとして嫉妬していることをアピールしてきます。

「今のは誰?」「どういう関係?」などと自分が納得できるまで、彼女との仲を探ろうとする場合も。

さらに酷い場合は「紹介して」などと言って、自分の存在を明らかにして欲しいと話してきます。


行動や言動6. 男性が多くいる場の飲み会に行くとき

嫉妬深い男性は、彼女が他の男性に取られてしまうことを警戒しています。そのため、男性のいる飲み会に彼女が行くことになると、気が気ではありません。

「飲み会に来る男性は全員敵!」というスイッチが入り、嫉妬心を見せて来ることも。飲み会中に「大丈夫?」「もう帰り?」などとLINEやメールで連絡を入れてくることもあります。

【参考記事】はこちら▽


行動や言動7. 「ここ来たことある!」と良いお店や、デートスポットを知っていたとき

嫉妬深い男性は今の彼氏は自分のはずなのに、彼女の過去にまで嫉妬する傾向があります。デート中に「ここ昔来たことがある」「ここの料理美味しいよ」など、他人と来たことがある事実を匂わせると不機嫌になることが。

「元彼と来たのかな?」「いつ来たんだろう?」と様々な憶測を立てて、自分の知らない彼女を知っていることに嫉妬してしまいます。


行動や言動8. 彼氏以外の男性とLINEをしている時

彼女が連絡を取らなければならない男性は、彼氏だけではありません。会社関係の男性や昔から仲良くしている男友達など、交友関係が広いほど必然的に様々な男性と連絡を取る必要があります。

しかし、嫉妬深い彼氏は自分以外の男性と連絡を取っていることに嫉妬することがあり「何の連絡?」など、LINEやメールの内容を確認しようとすることも多いです。


行動や言動9. TwitterやInstagramで男性と親しそうに絡んでいる時

大好きな彼女のSNSをチェックしている彼氏は多いはず。そこに、自分以外の男性が映り込んでいるものを見つけた瞬間、一気に嫉妬心が燃え上がります。

例え大人数の中の一人であっても、自分以外の男性といることに嫉妬してしまうので「この男性は誰?」と考え込んでしまうことも。

直接聞いて来なくても、どのような関係なのか様々な想像を膨らませてしまいます。


彼氏が嫉妬している時に見せる行動やサイン

彼氏は嫉妬している瞬間、どのような行動やサインを送っているのでしょうか?ここでは、嫉妬している彼氏が取る行動をまとめてご紹介します。

彼氏が急に怒ったり無口になったりした時は、嫉妬をしているサインかもしれませんよ。


行動やサイン1. わかりやすく不機嫌になり、口数が減る

男性が嫉妬している時は、自分に劣等感や疎外感を感じていることが多いです。そのため、意地を張って無口になったり感情を上手くコントロールできず不機嫌になったりすることが。デート中に口数が減った時は、嫉妬しているのかもしれません。

彼女は悪くないと分かっているのですが、勝手に他の男性と自分を比較して上手く処理できない感情をぶつけてしまうのです。


行動やサイン2. 急にスキンシップを取り、甘えてくる

「もっと自分のことを見てほしい」「もっと大切にして欲しい」という気持ちから、急に甘えてくることもあります。「彼女は自分だけのもの」と気持ちと他の男性には触れられたくないというマーキングの意味を含んでいる場合も。

普段はクールな彼氏が、急に甘えてきたり抱きついてきたりした時には、彼女のことが大切で他の男性には取られたくないという嫉妬心が含まれるかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


行動やサイン3. 他の女性の影を見せて対抗してくる

自分だけ嫉妬心を抱えてモヤモヤしていることに腹が立つ!と思ってしまう男性は、あえて他の女性の存在をアピールしてきます。

「今日。○○ちゃんたちと遊んだよ」「○○ちゃんにご飯に誘われた」などと、他の女性に取られてしまうと彼女を煽ろうとすることも。

彼女が嫉妬しているところを見て「自分も大切に思われているんだな」と確認しようとしています。


行動やサイン4. 他の女性と連絡を取り出す

嫉妬深い男性は、自分の中で想像を膨らませてどんどん悪い方向に考えてしまうケースもあります。

別に彼女が他の男性と付き合っているわけでもないのに、「浮気されたからもういい!」「他の男性を見ているし」などと考えてしまうことが。

彼女には本当のところを確認しないで、そのまま突き進もうとします。その結果、この恋愛には見切りをつけようと、他の女性とも連絡を取り始めてしまうのです。


行動やサイン5. 自慢話をしてアピールしてくる

彼女が他の男性の話をした瞬間、自分の方が魅力的だとアピールをして承認欲求を満たそうとする彼氏もいます。

「○○さんよりも多くの国を訪れたことがある」「こんな賞をもらったことがある」など、自分を大きく見せて話をすることが。普段はしないような自慢話をする時には、彼女に魅力的だと思ってもらいたいサインかもしれません。


行動やサイン6. 「俺のこと好き?」などと愛情表現を求めてくる

自分に自信がない嫉妬深い男性は、彼女のちょっとした行動や言動にもあれこれ心配しすぎて、一人で辛い気持ちを抱えていることも。

悩み疲れてしまうと単刀直入に「俺のこと好き?」「他の男性よりも俺は一番?」などと聞いて、承認を求めることも。

彼女の気持ちを確かめて言葉を聞くことで、自分のことを大切に思ってくれていると安心したいのです。


行動やサイン7. LINEの中身を確認してきたり、束縛が激しくなる

中には嫉妬をすることで彼女への愛情が燃え上がり、他の男性には渡したくない!という独占欲が強くなってしまう男性もいます。このような場合、以前にも増して束縛が激しくなり、彼女の行動が制限されてしまうことも。

他の男性と連絡を取っていると想像していた場合、LINEやメールなどの返信を見せてと迫ることも多いです。

【参考記事】はこちら▽


行動やサイン8. 話題や問題を変えて他の事で怒り出す

嫉妬心を上手く処理できない男性は、怒ることで発散しようとします。今、目の前に居ない男性や元彼氏に嫉妬していることを悟られるのは恥ずかしいので、話題を変えて他のテーマで彼女に怒りをぶつけようとすることも。

「今朝、起きるのが遅かった」「この前のデートは遅刻してきた」など、とにかくどんな話題でもいいので、怒りをぶつけられるテーマを見つけてスッキリしようとします。


行動やサイン9. 嫉妬の対象になっている男性を否定する

何に嫉妬をしているのか自分で理解できている男性は、嫉妬の対象に対して怒りをぶつけようとします。

例えば、嫉妬の対象が男友達の場合には男友達の話をした瞬間「いい子だとは思えない」「ここはよくない」などとあからさまに否定をして、評価を落とそうとします。

彼氏が一人の男性を強く否定する時は、嫉妬している証かもしれません。


嫉妬深い彼氏への対処法を解説!

嫉妬されていると「愛されているな」と感じるのと同時に「少し面倒かも」と感じるもの。ここからは、嫉妬深い彼氏への対処方法を具体的にご紹介します。嫉妬された時には、ぜひ次のような対処方法で乗り切ってみてくださいね。


対処法1. 素直に謝ってその場を収める

彼氏が嫉妬心を抱いて不機嫌や無口になっている場合は、そのまま放っておいてもいいですが、長期戦になるのも面倒ですよね。

そこで、素直に「他の男性と連絡を取ってごめんなさい」などと謝り、楽しく過ごせるように場を収めることも一つの手段。

その時に、勘違いされたままでいるのも嫌なので、理由などを述べて浮気や下心がないことも伝えましょう。


対処法2. 「あなたが一番だよ」と愛情を伝え、安心させる

男女問わず嫉妬をしている時は、自分に劣等感を抱いており自己評価が低くなっていることが多いです。

そこで、「○○くんが一番だよ」「○○くんのことを一番大切に思っているよ」などと言って、安心させてあげましょう。彼女の気持ちが分かることで不安や恐怖心が消えて、いつもの彼氏に戻ってくれるはずです。

【参考記事】はこちら▽


対処法3. 彼の良いところを褒め、承認欲求を満たす

嫉妬心は「他の男性ばかり見ている」という、認めてもらえない気持ちから来ていることも少なくありません。

彼氏の自尊心を高めるためにも「○○くんのこういうところが好き」「○○くんはいつも私のことを分かってくれている」などと、褒められて嬉しいポイントを言葉にして伝えましょう。彼女から言われる言葉で、嫉妬心も吹き飛ぶはずです。


対処法4. 自分の友人や家族を紹介し、本気度を見せる

本当に彼氏のことを一番大切に思っているという気持ちを、行動にして示してみるのも一つの手段です。

将来を考えている相手なら、彼氏のことを兄弟や家族、友達に紹介しましょう。自分の身内や友達に、大切でない人を紹介することはありません。この行動を見れば、彼の不安も和らぐはずです。


対処法5. こまめに連絡をとり、心配をさせない

彼氏のことが大切で心配や不安を与えたくないと思っているなら、彼氏を安心させてあげられる行動を取りましょう。

例えば、出かける時や帰宅時に電話やLINEをしたり、出かけている時にも連絡を入れるように、とこまめな連絡を心がけてみるのもおすすめ。

彼女の様子や行動が分かることで、不安に感じることもなくなります。


対処法6. 嫉妬が酷いようであればはっきりと指摘する

彼氏の嫉妬に堪えられないと思ったら、そのまま我慢している必要はありません。行動や言動が制限され窮屈な思いをするようになり、ストレスが溜まります。

そこで、はっきりと「私のことを信じて欲しい」「全てに嫉妬されても困る」などと思いを伝えましょう。


嫉妬深いのが酷い場合は一度距離を置くことも考えましょう

彼氏の束縛や嫉妬が酷くなりなかなか改善されない場合は、一度距離を置くことも対処法です。

そのままの距離感でいても、なかなか彼女の気持ちを分かってくれません。一度距離を置いて、どうして嫉妬するのか考えてもらうようにしましょう。

【参考記事】はこちら▽


彼氏が嫉妬している理由を知って、上手に対処していきましょう。

今回は、嫉妬深い彼氏の心理や行動や言動、そして対処法をまとめてご紹介しました。彼女のことが大切なあまり嫉妬をしてくれるのは嬉しいですが、行き過ぎた嫉妬は様々なところで支障をきたします。

あまりにも嫉妬が酷い時には彼氏と話して、改善策を求めるのも一つの手段。お互いが心地良い関係を保つことが大切です。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事