本当の愛情とは何か?男女の愛情の違い&好きな人だけにする愛情表現を解説

カップルや夫婦で仲良しな関係を続けていても、真の愛情とは何?と思う時ってありますよね。そこで今回は、「愛情」の意味から、男女が思う愛情の定義、本当の愛情がわかる考え方を徹底解説。また、男女別に好きな人だけにする愛情表現や異性が嬉しい愛情表現の仕方まで紹介していきます。

本当の愛情って何なのでしょう。

男女の愛情の違い&好きな人だけにする愛情表現

愛情とは人を好きな気持ちと意味は知っていても、具体的にはどんな気持ちなのか分からない人も多いですよね。さらに、男性と女性で愛情の定義や表現方法、考え方も異なるのも事実です。

そこで今回は、愛情とは?の基本的な定義に加えて、男女別の愛情表現や考え方、異性に対する愛情表現の方法について紹介します。

愛情とは何かをもう一度考えたい人も、ぜひ参考にしてくださいね。


愛情とはどんなことを指すの?「愛情」の意味を解説

愛情の意味とは

愛情とは、何かに愛の気持ちを注ぐことと定義されています。愛を注ぐ対象は異性の場合もありますし、子どもや家族など周囲の人、人ではなく物へ向けられることもあります。

愛情は感情の一つなので、直接目には見えません。だからこそ正解がなく、人によって愛情に対する考え方も違いますし、愛情表現の方法も異なってきますよね。


よく聞く「愛情の裏返し」って?

愛情の裏返しとは、対象へ愛情を持っているのに慈しむ、優しく接するのではなく、愛情を持っているからこそ冷たく、ひどい対応を無意識にしてしまうことと定義されています。

例えば、男の子が好きな女の子に対して「構って欲しい」という気持ちからいじめてしまう、親が子供に「立派に育ってほしい」という親心から厳しく接してしまう、というのも愛情の裏返しに当たります。


男女で愛情の定義は違う?男女の愛情の違いを解説

男女の愛情の違いとは

愛情は目に見えないものだからこそ、人それぞれで考え方や表現方法は異なります。男女の間でも愛情の定義や考え方に差が出てくるのです。

次に、男性と女性別の愛情の定義や特徴をそれぞれ見てみましょう。


男性が思う愛情の特徴とは?

男性は直接自分の目で見たものから判断する、視野優位で合理的な考え方や行動をする気質を持っています。

よって、誰かに愛情表現する時には、目に見える物理的な方法で行うのが特徴です。

直接触れるスキンシップやプレゼントを贈るなど、目に見える形が男性にとっての愛情の定義であり、愛情表現になるでしょう。


女性が思う愛情の特徴とは?

女性は視界から見る情報だけでなく、雰囲気や空気も読んで物事を判断する、感覚的な行動や考え方を気質として持っている人が多いですよね。

誰かに愛情表現をする時も、目に見えない感覚的な方法で愛を伝えようとするでしょう。

愛しているなど言葉で伝える、相手の気持ちに寄り添ったり共感したりする、離れたところから幸せを願うなど、目に見えない形が女性にとっての愛情の定義であり、表現方法としても用いますよ。


本当の愛情とは?本当の愛情が分かる4つの考え方

本当の愛情は一緒にいるだけで安らぎを感じる

愛情は人によっても、男女によっても考え方や表現方法が違うと分かりました。

特に女性はあまり見えにくいものだからこそ、本当の愛情とは何かが分からない人も多いですよね。

次に偽りではなく、本当の愛情とは何か、本当の愛情が分かる4つの考え方を見てみましょう。


考え方1. 優しさに見返りを求めない

本当の愛情は、自分ではなく全て相手に対して注がれています。

メリットやデメリットを考えないで、ただ相手が愛おしい気持ちだけで行動したり、愛情表現をしたりするのは、本当の愛情と言えるでしょう。

例えば誰かに親切にする時も、「自分の評価を上げたい」「お礼が欲しい」などの見返りを全く求めず、ただ相手を愛している気持ちや、相手のためになりたい気持ちだけで優しくできます。見返りを求めず優しくできるのは、本当の愛情です。


考え方2. 一緒にいるだけで安らぎを感じる

本当の愛情は、相手に対しての見返りを求めていません。ただ愛している人が存在しているだけで満足できるのです。

例えば毎日、甲斐甲斐しく夫の世話を焼く妻が、夫からの見返りや感謝の言葉を期待せず、「ただ一緒にいるだけで幸せ」と感じるのも本当の愛情と言えるでしょう。

見返りがなくても、同じ時間を共有しているだけで安らぎや平穏、幸せを感じる人は本当の愛情を分かっている人たちでしょう。


考え方3. 相手の幸せを心から願っている

愛情とは相手の幸せを心から願っている

本当の愛情は、たとえ相手の愛が自分に向かなかったとしても、自分にとってデメリットしかなかったとしても相手に愛を注げます。

親が子供に対して何でもできる無償の愛もそうですよね。異性間なら失恋した相手に対して、隣にいるのが他の女性だったとしても幸せになって欲しいと心から願えるのも、本当の愛情と言えるでしょう。


考え方4. 相手のダメな部分も愛することができる

人を好きになる気持ちは、その人の魅力や長所に惹かれて持つことが多いですが、相手と付き合う期間や信頼関係が深くなるにつれて、嫌なところやダメなところも分かってきますよね。

長所や魅力はもちろん、短所やダメな部分が見えても、その人らしさや個性として愛しているのが本当の愛情です。

奥さんが料理に失敗しても、責めずに「頑張ってるなあ」と思ったり、逆に怪我がなかったかを心配したりする旦那さんなどがあたりますね。


【男女別】好きな異性にしてしまう愛情表現の方法をご紹介

好きな異性にする愛情表現の方法

愛している相手に対して、自分が愛情を持っていることを伝える手段が愛情表現です。

特に恋愛では、自分では意識していなくても愛している相手には自然と愛情表現をしてしまうことも。

恋愛において、好きな異性に対してついついしてしまう愛情表現を、男性と女性別でみてみましょう。


男性が好きな女性にしてしまう6つの愛情表現

男性が女性に対して愛情を持つと、意識しなくてもついついやってしまう行動や態度があります。

視覚優位である男性は好きな女性に対しては、無意識の行動や仕草など、直接的な方法で愛情表現をする傾向にありますね。

まずは男性が好きな女性に対してどんな愛情表現をするのか、具体的な行動や方法を6つ紹介します。


愛情表現1. じっと目を見つめる

男性は本能的に、好意や興味を持っている対象を視線で追ってしまう特性を持っています。

特に用事がないのに、離れているところからでも好きな女性をついつい目で追ってしまうでしょう。

また、視線でそのまま愛情を相手に伝えようとします。好きな女性と目が合ったら、逸らさずにそのままじっと目を見つめてくるのは、男性の愛表表現の一つです。


愛情表現2. 食事をご馳走する

男性が好きな女性にする愛情表現は食事をご馳走する

男性は愛している女性に対しては、動物的な本能として自分は男性としての高い魅力を持っていることをアピールしようとします。

人間にとっての男性の能力の高さを決める指標の一つが、経済力ですよね。

好きな女性に対しては、経済力が高い男性であるアピールをしたいがために、一緒に食事に行ったら女性に払わせず、進んでご馳走するでしょう。好きな女性に対して頼りやすさや経済力をアピールしたい男性の気持ちが隠れています。


愛情表現3. プレゼントを渡す

目に見える直接的な方法で愛情表現をする男性は、相手が直接喜ぶ方法でも愛情を表現しようとするでしょう。直接男性側の好意を伝えられますし、女性の喜ぶ顔も見られる方法といえば、贈り物です。

好きな女性に対しては、誕生日や好みをリサーチしてプレゼントをしたり、出張や旅行に行ったら特別なお土産を渡したりするでしょう。

プレゼントで気を引こうとするのも、好きな女性に対してだからこそ。


愛情表現4. 家族や信頼している友人を紹介する

男性が好きな女性にする愛情表現は家族や友達に紹介する

男性にとって女性は自分の所有物という認識もあり、自分のステータスを決める大切な存在でもあります。

愛する女性は男性にとっては理想の女性でもあるので、周りの人に見せびらかしたくなるでしょう。

自分の実力を誇示したい気持ちから、好きな女性を家族や友人など周囲の信頼できる人に紹介するのも愛情表現方法の一つと言えます。


愛情表現5. LINEでマメに連絡を取る

好きな人のことは、無意識についつい考えてしまい、気になりますよね。離れている時にもつながっていたいという気持ちから、好きな女性にはマメに連絡を取ってしまいがちなのも男性の愛情表現と言えるでしょう。

好きな女性に対しては、特に用事がない時でも「今何しているの?」と様子をうかがうようなLINEをちょくちょく送る男性も多いですね。

LINEをマメに送ってくるのも、男性の愛情表現の一つですよ。


愛情表現6. 愛情の裏返しで、女性にちょっかいを出す

愛情を持っている相手に対して「構って欲しい」「受け入れてほしい」という気持ちから、逆に冷たくしたり、ひどい態度をしたりしてしまうのが愛情の裏返し。

男性は直接的な愛情表現を好む傾向にあるので、好きな女性に対しても愛情の裏返しから来る行動をしてしまいがち。

構って欲しいからちょっかいを出す、自分の方を見て欲しいからわざと冷たくあたるなど、愛情の裏返しとして愛情を表現する男性もいますよ。

【参考記事】はこちら▽


女性が好きな男性にしてしまう6つの愛情表現

目で見える直接的な愛情表現が多い男性に対して、感覚的な考え方を持っている女性は、愛情表現も感覚で訴える、目に見えない方法が多くなっています。

目に見えないからこそ、男性からは愛情表現が分からないことも。

女性の気持ちを知るために、無意識含めて女性が好きな男性にしてしまう6つの愛情表現を見てみましょう。


愛情表現1. ストレートに言葉で好意を伝える

女性が好きな男性にする愛情表現はストレートに言葉に出す

女性が自分の気持ちを表現する方法として主に用いるのが、言葉です。

ところが男性は感覚的に物事を考えるのが苦手なため、回りくどい表現では伝わらないことも。

自分の愛情をはっきりと相手に伝えたい気持ちから、女性は好きな男性に対しては「愛している」など、ストレートな言葉で愛情や好意を伝えることが多くなっていますよ。


愛情表現2. 自分からスキンシップを取る

女性は自分の愛情を伝えるために、男性にも理解されるようにあえて男性が行う直接的な愛情表現を用いることも多いですね。

男性の愛情表現の一つであるスキンシップも、女性が好きな男性に対しての好意を伝えるためなら積極的に用いるでしょう。

二人きりになったら甘える、肩や手に触れるなど、目に見える形で距離を縮めてきますよ。好きな人だからこそ近づきたい、触れたいという女性の愛情が裏に隠れています。


愛情表現3. 特別扱いをしようとする

女性が好きな異性にする愛情表現のは特別扱いする

女性にとって好きな人は、ただ見ているだけでも幸せになれる、いるだけで大切な存在ですよね。

周囲の人とは違った存在のため、それを本人も伝わるように、好きな人だけ特別扱いしようとするのも女性の愛情表現の一つ。

自分の秘密を好きな人にはこっそり打ち明けたり、旅行のお土産を好きな人にだけ特別に買って来たりすることも。好きな人へは特別扱いしようとする姿が見られますよ。


愛情表現4. 好きな人の話に共感する

悩みを相談すると、直接的な考えをする男性は解決方法を提示しようとしますが、感覚的な考えをする女性は相手の気持ちに寄り添おうとします。

女性にとっての承認とは、相手の気持ちに寄り添うことのため、好きな人の話には共感することが多いでしょう。

好きな人から悩みを相談されたりすれば、「分かる分かる」「辛いよね」と、共感の言葉をかけて気持ちに寄り添った対応をしますよ。


愛情表現5. 笑顔が多く楽しそうに振る舞う

好きな人と一緒にいて楽しい、嬉しいと思った時、女性は言葉だけでなく雰囲気や空気でも伝えようとします。

好きな人と会話をしている時は、いつでも笑顔を絶やさない、一緒にいる時は楽しそうな女性も多いでしょう。

表情や雰囲気など、目に見えない手法で愛情を伝えようとするのは、感覚的な考えを持つ女性ならではの愛情表現です。


愛情表現6. 会うたびに男性を褒める

女性の愛情表現として、言葉や発言を用いた方法も多くあります。中でも、相手を喜ばせてあげたいという気持ちから、好きな男性はよく褒める女性も少なくないでしょう。

好きな人に会うたびに、「かっこいい」「すごい」「男らしいね」など色々な表現方法を使って、ファッションや仕事の成果など、様々なポイントを見つけて褒めてきますよ。会うたびに好意的な声をかけてくれるのも、女性からの愛情表現です。


【男女別】異性にされたら嬉しい愛情表現の方法とは?

異性にされて嬉しい愛情表現は

男性と女性は考え方も違うため、愛情表現もそれぞれで異なります。それでも、好きな人には喜んでもらえる愛情表現をしたいですよね。

次に、男性と女性それぞれで異性からされたら嬉しい愛情表現について見ていましょう。


男性が女性にされたら嬉しい3つの愛情表現

積極的な愛情表現をするのは、男性からというイメージがありますよね。けれども、愛情表現を女性からされたら当然男性も喜びます。

まずは、男性が女性にされたら嬉しい3つの愛情表現を見てみましょう。

彼氏や旦那さんはどんな愛情表現をしたら喜ぶのかが分からない女性の人も、上手な愛情表現の参考にしてくださいね。


方法1. 二人きりの時に可愛く甘える

男性にとって、女性から特別な存在であると優越感を得た時も嬉しく感じる瞬間の一つです。

人前では普通に接している女性が、二人きりになったとたんに異性を感じさせる行動をしたら、女性にとって男性は特別な存在になりますよね。

二人きりになったら可愛く甘えるなど、自分の前でしか見せない女性を感じさせる愛情表現に、喜ぶ男性も多いですよ。

【参考記事】はこちら▽


方法2. 辛い時や落ち込んでいる時に、さり気なく支える

男性が女性にされて嬉しい愛情表現は辛い時に支えてくれる

男性は本能的に女性は自分よりも弱い存在と思っているため、自然と自分が支えるべき、守るべきと思っている人も多いです。ところが、男性でも辛い時はあり、支えて欲しい時もあるでしょう。

辛いことを隠していても、女性が気づいてLINEでさらっと励ましてくれた時など。

男性のプライドを傷つけることなくさり気なく女性が支えてくれた時には、愛情の深さを感じて嬉しくなる人も多いですね。


方法3. 女性からキスをする

女性からの積極的な愛情表現も、男性がドキッとして嬉しくなることが多いです。

普段男性からするキスやスキンシップを女性からしてきたときも、女性の積極性を感じてドキドキするでしょう。

特に自分からキスをしようかと思っていたときに、不意打ちで女性からキスされたら、さらにドキドキ感は増して嬉しくなりますよ。

【参考記事】はこちら▽


女性が男性にされたら嬉しい3つの愛情表現

男性が女性からされたら嬉しい愛情表現と同じく、女性も男性からされたら嬉しい愛情表現はあります。

けれども、考え方の違いから男性としてはどんな愛情表現が女性は喜ぶのか分からない、という人も少なくありません。

次に、具体的な女性が男性からされたら嬉しい3つの愛情表現を紹介します。彼女や奥さんへの愛情表現に悩んでいる人は、チェックしてみてくださいね。


方法1. レディーファーストで大切に扱ってくれる

女性が異性にされて嬉しい愛情表現はレディーファースト

女性は男性から特別扱いをされたり、大切に扱われたりすると、優越感や安らぎ、安心感も得られます。

普段は男らしく頼れる人が、自分を壊れ物のように繊細に大切に扱ってくれると、嬉しくなる女性も多いです。

一緒に行動する時にはさりげなく手を引いてくれたりドアを開けてくれたりと、女性として大切にされると喜ぶ女性も多いですね。


方法2. ギュッと強くハグをする

女性にとってやっぱり嬉しくなるのが、やや強引な男性らしさを感じる行動や態度です。

自分を丸ごと守ってくれているような頼りがいと、強引な男性の力強さに加えて、強い愛情を同時に感じられる愛情表現である、強いハグに喜ぶ女性も多いでしょう。

二人っきりになった時だけ、やや強引な強いハグをすると、いつもとは違う男らしさを女性にアピールできますよ。

【参考記事】はこちら▽


方法3. 好きの気持ちを言葉にする

男性は「言わなくてもわかっているだろう」と考えて、なかなか愛や感謝を言葉にして出しません。

恥ずかしがってなかなか言わない男性も多い、「愛している」などの愛の言葉も、女性が喜ぶ愛情表現の一つ。

照れや恥ずかしさなどを乗り越えて、本当に自分を愛してくれているのが伝わるため、喜ぶ女性も多いですね。

【参考記事】はこちら▽


男女が思う愛情の違いを理解して、恋愛に活かしていきましょう。

男女の愛情表現の違いを理科しよう

愛情とは目に見えない、形のないものだからこそ男性と女性で考え方も表現方法も異なります。

異性が喜ぶ愛情表現を身に着ければ、大切な人にも上手に愛情を伝えられるようになるでしょう。

本当に愛せる人が見つかれば、異性という間を乗り越えて、その人そのものを愛せる本当の愛情を持てるようになります。大切な人との愛情を育んでくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事