自分を好きでいてくれる女性が離れる理由|離れさせない方法とは?

好意を向けられていると感じていた女性が離れていき、戸惑っている男性へ。この記事では、離れていかないと思っていた女性が諦めてしまう瞬間から、その理由、離れていかないようにする方法まで詳しく解説します!

好きでいてくれた女性が離れていくと、急に魅力的に感じてしまいます。

shutterstock_1766105597.jpg

その女性に好意があろうとなかろうと、好きでいてくれる女性がいるというのは男性としてシンプルに嬉しいもの。

しかし、付き合うまでには至らず、なんとなくキープした状態のまま放置していると、女性が離れていくケースは少なくありません。

その時、

「引き止めたい」

「自分のことを好きなままでいてほしい」

と思うのが、素直な男性心理。

自分を好きでいてくれる人を失うのを実感した途端、離れていく女性を急に魅力的に感じるんです。


離れた女性ほど追いかけたくなる理由|男性の心理とは?

離れた女性ほど追いかけたくなる理由

「どうして自分を好きでいてくれる女性が離れると魅力的に感じるの?」

「好きでいてくれる人を失うのは辛い…」

離れていかないと思ってたのに、自分を好きでいてくれる人を失うのに気づくと、急に魅力的に感じてしまいますよね。

では、なぜそのような心理が働くのでしょうか。

ここから、離れた女性ほど追いかけたくなる理由を解説します。


理由1. ちゃんと向き合うきっかけになったから

自分を好きでいてくれる女性を失って初めて、自分の本心を知るんです。

  • 自分にとって大切な存在だったと気づいて、喪失感を覚える
  • 女性の想いを知っていたのに、きちんと「付き合おう」と言わなかった

など、好きでいてくれることが当たり前のように感じていた自分を後悔します。

いざ離れてみると悲しさがこみ上げてきて、「俺も好きだったんだ…」と気づいて追いかけたくなるんです。


理由2. 急に寂しさを感じてしまったから

自分を好きでいてくれたはずの女性が離れると、心にぽっかり穴が開いたように感じます。

  • 自分のことを必要とする人が、誰もいなくなったように感じる
  • 好意を寄せられることが当たり前だったのに、それがなくなった

など、好きでいてくれる人を失い、孤独感を覚えて寂しさや不安が襲ってくるんです。

好かれるのが面倒くさいと感じながらも、相手がいなくなってから必要な相手だったのだと気づいて後悔します。


理由3. 好きだったことに気づいてしまったから

追いかけられている時はなんとも思わなかったのに、女性が離れてから、客観的に嫉妬している自分に気づくんです。

  • 他の男性と付き合ったことを知ってがっかりする
  • 他の男性と仲良く喋ったり楽しそうにしていたり姿を見てイラッとする

など、「本当は自分も好きだったんだ…」と知ります。

想いを寄せられたり一緒にいたりするのが日常的だった頃を取り戻そうと、今度は自分から追いかけようとするのです。


理由4. 振られた気分になってプライドが傷ついたから

離れた女性ほど追いかけたくなる理由はプライドが傷ついたから

自分を好きでいてくれる女性を上から見て優越感に浸っていたのに、勝手に離れていったことに納得できないんです。

  • 横取りされた気がして、取り返さないと気が済まない
  • 「俺よりもあいつのほうが上ってこと?」と、自分が下に思われるのが嫌

など、傷つけられたプライドを守るため、もう一度好きにさせようとします。

女性に気があるというより、取り戻すことで自分の優位性を再確認したいのです。


理由5. 離れた女性よりいい相手がいないから

違う女性と付き合って嫌なことがあると、「あいつは違ったな…」と思い出して比較してしまいます。

  • 束縛がひどい女性と付き合い、「あの子はもっと信用してくれていたな」と思う
  • ご飯を奢っても何も言わない女性を見ると、「ありがとう」と言われていた頃を実感する
  • 自分の話ばかりする女性と接していると、話を聞いてもらっていた女性が素敵に感じる

など、他の女性と比べた時、離れていった女性が、実はいい女だったんだと気づくんです。

離れた女性が一番だったことを知り、もう一度関係をやり直したいと思います。


【あるある】離れていかないと思ってた女性が諦める瞬間とは?

離れていかないと思ってた女性が諦める瞬間とは?

「自分のことを好きでいてくれるから…」と安心していると、いつの間にか女性の心が冷めてしまって黙って去ることは少なくありません。

女性が離れるのを決意する瞬間は、

  • 新たに恋人や気になる人ができた時
  • 友達から「もう追いかけるのやめた方がいいよ」と忠告された時
  • 両親から「早く結婚しなさい」と煽られた時
  • 新しい趣味ができてプライベートが充実し、恋愛に関心が薄くなった時
  • 好きな男性と付き合えないと確信した時
  • 好きな男性の嫌なところが見えた時

など、様々。

恋愛に絶対はありません。離れていかないと思ってた女性が、ふとしたことで去ることもあるので気を付けましょう。


自分を好きでいてくれる女性が離れる理由|黙って去る心理も解説!

自分を好きでいてくれる女性が離れる理由

「自分を好きでいてくれる女性が離れるのには、どんな理由がある?」

「好きだったはずなのに黙って去る原因が知りたい!」

自分を好きでいてくれる女性が離れるのは、どんなきっかけがあるのか知りたいですよね。

そこでここから、自分を好きでいてくれる女性が離れる理由や心理を解説します。

複雑な女性の心理を知って、離れさせないための参考にしてみてください。


理由1. いくら努力をしても振り向いてもらえなかったから

好きな男性を追いかけることはドキドキしますが、それが長く続くとどうしても諦めの気持ちが湧いてくるもの。

  • 好みの髪型や服装、メイクにしたのに、対応が変わらない
  • 同じ趣味を持って共通の話題を増やしたのに、「一緒にどう?」と誘われない

など、好きな男性のためにした努力が報われないと、時間が無駄に思えてくるんです。

どんなに男性の好みに寄せても一向に実る気配がないと、恋が辛いと感じ離れていきます。


理由2. 他に付き合えそうな人が現れたから

実りそうもない恋を追いかけるより、付き合える可能性が高い方を選んだほうが効率的だと思うんです。

「愛される方が楽で幸せかもしれない…」

「自分のことを好きでいてくれる男性に尽くした方がいいのでは…」

など、気持ちが揺れ動いてしまいます。

積極的にアプローチしてくる魅力的な男性が出現することで、現実路線に切り替えた方が得策だと感じるんです。


理由3. そもそも別に好きじゃなかったから

女性からすると、友達の一人であったりちょっとだけ「いいな」と思っていたりしただけなのに、男性が勘違いしているケースもあります。

  • LINEなどでハートマークを多用してくる
  • やたらと目が合う
  • 「〇〇君と一緒にいると楽しい」という社交辞令を真に受ける

など、ポジティブな思考回路により、女性が自分に気があると思い込んでいただけなんです。

「自分を好きでいてくれる女性」と男性が勝手に思っているだけなので、残念ながら「離れる」とか「諦める」とかいう次元ではありませんよ。


理由4. 転勤などで離れることが決まったから

自分を好きでいてくれる女性が離れる理由は転勤になったから

男性のことがどんなに好きでも、物理的な距離が広がって会えなくなるのをきっかけに離れようと決意する女性もいます。

転勤や引っ越しなどで遠距離になることがわかったら、現実的に追いかけ続けるのが厳しいと感じるんです。

なかなか諦める踏ん切りがつかない時に、環境の変化を良い機会と捉えて新しい一歩を踏み出そうとします。


理由5. 男性のタイプが当てはまらないことに気がついたから

好きな男性を振り向かせようとリサーチしていくなかで、自分とはかけ離れたタイプが好みだと知ってしまうと諦めようとします。

  • ぽっちゃり体型だけど、男性は痩せた女性が好き
  • 自分は男性より年下だけど、男性は年上が好き

など、男性の好みに当てはまる部分があまりにも少なく、付き合える可能性を見いだせないんです。

メイクや服装などある程度は寄せることができても、根本的なところがタイプに当てはまらず「無理だな…」と思ってしまいます。


理由6. 友人から「やめた方がいいよ」と促されたから

片思いを自ら諦めるタイミングは意外と難しいもの。諦めきれないから、片思いし続けてきたわけですからね。

そんな時、信頼できる友人から「もう諦めた方がよくない?」なんて言われたら、決定打となるケースも少なくありません。

  • 男性には他に好きな人や恋人、奥さんがいる
  • 都合のいい関係を作られている
  • 脈がなさすぎる

など、第三者から見た客観的な指摘を受けて現実を知るんです。

そこから冷静になって考え、「バカだったな」と別れを決意します。


理由7. 周りが結婚し始めて現実を見たから

身近な人にハッピーな出来事があると、どうしても自分に置き換えてしまうもの

周りが結婚し始めると、

「私も幸せになりたい!」

「どうして私だけ片思いしてるんだろう」

など、焦ったり、現実を見ようとしたりするんです。

いつまでも夢を追いかけたりして時間を無駄にするのは将来的に良くないと感じ、諦める決意を固めます。


理由8. 好きな人に彼女や奥さんができたから

自分を好きでいてくれる女性が離れる理由は好きな人に奥さんや彼女ができたから

好きな男性のパートナーという席が埋まってしまい、もう現実的に付き合えないんだと思います。

「いつか私の方を振り向いてくれる」と信じていたのに、好きな気持ちを裏切られた気分になることも。

なかには、「奪ってやる!」と積極的な女性もいますが、多くの女性は誰かを傷つける恋には消極的。

特に、結婚だと「不倫」など大きなトラブルに発展する可能性が高いため、すっぱり諦めようとします。

「自分を選んでくれなかった」と辛い気持ちを抱えながら、もうどうしようもないと思い、黙って去るんですね。


理由9. 都合のいい関係になっていることに気がついたから

雑に扱われたり、都合のいい時だけ誘われたり、自分が男性から大切にされていないことに気づいてしまうんです。

  • 会うのは男性の都合に合わせてばかり
  • 外でのデートはなく、会うのは自宅やホテルばかり
  • 「付き合ってるよね?」と聞いても答えをはぐらかす

など、恋人に対する扱いとはかけ離れていることに不信感を抱きます。

「もしかしてセフレ?」などと感じ、我に返って別れを決意するんです。


理由10. キープにされていると知ったから

男性のことを信じていたのに自分が本命ではないと知ったらプライドが傷つき、悲しみや怒りがこみあげてきます。

  • 自分以外にも二人きりで会ったり体の関係を持ったりする女性がいる
  • 遊びの誘いはいつも急で、相手がドタキャンされた時ばかり

など、友達からの情報や男性の言動によって、自分がただのキープ要員だったことを知るんです。

好意を寄せていることを利用されているだけだと気づき、冷めてしまいます。


理由11. ドキドキからイライラに変わってしまったから

最初のうちは好きな男性のことを思うだけでドキドキしますよね。

しかし、男性が全く相手にしてくれない状態が続くと、「どうしてわかってくれないの!」とイライラに変わってしまうんです。

例えば、LINEの返信が遅かったり来なかったりすると、

はじめは「早く返信こないかな」とドキドキしていたのが、

何度も続くと「なんでいつもこんなに返信が遅いの?」と、イライラしてし始めます。

いつまで経っても気持ちを汲んでくれないことに怒りを覚えて、諦めようするのです。


自分を好きでいてくれる女性を離れさせない方法|キープするコツとは?

自分を好きでいてくれる女性を離れさせない方法

「自分を好きでいてくれる女性の気持ちを保つにはどうすればいい?」

「できるだけ多く、好きでいてくれる女性をキープする方法はある?」

好意を寄せてくれる女性はできるだけ多い方が、男性としては嬉しいものですよね。

そこでここから、自分を好きでいてくれる女性を離れさせない方法を解説します。

離れてからでは遅いため、逃がしたくない女性をキープするテクニックを参考にしてみてください。


方法1. 男性から「LIKE」の意思を示す

対応が素っ気なさすぎると、女性が「私に関心がないのかな?」と思ってしまい次第に心が離れてしまいます。

とはいえ、「好きだよ」のような直接的な愛情表現は、「ただキープしたい」という目的からはズレてしまうもの。

ちょうどいい距離感を保てるよう、

  • 服装や髪型、ネイルなど、外見を褒める
  • 「優しくて明るいから一緒にいて楽しい」と、性格を褒める

のように、女性自身を好きというのではなく、遠回しに褒めたり好意を匂わせたりしましょう。

ポイントは「LOVEではなくLIKE」

中途半端な好意を伝えることで、女性が「脈あり?脈なし?どっち?」と思い、確信が持てるまで離れられないんです。


方法2. 徹底的に思わせぶりな態度で接する

直接的に「好き」と言わなくても、好意があることを匂わせれば女性はその答えを知りたがります。

「もしかして私のことが好き?」が積み重なれば、キープされたり都合のいい関係であったりしても好意的に捉え、なかなか気づかないんです。

  • 女性が体調を崩したりメンタルが弱っていたりする時「大丈夫?」と心配する
  • 好きなタイプや彼氏の有無を聞く
  • 頻繁に目を合わせる

など、「あなたのことを気にしてるよ」感を出しましょう。

特に、女性の体調や恋愛関係を心配したり気にしたりする素振りは、女性に「脈あり?」と感じさせるには効果的ですよ。


方法3. できるだけ体の関係にはならない

体だけの関係になってしまうと、「セフレ?」「体目的?」と女性は不信感を募らせます。

男性が軽い女性を嫌うように、女性もそれは同様です。

簡単に体を許す相手は信用できないですよね。

セフレになりたいと思う女性はいないので、「体目的じゃないよ」と思わせるようにするのが大切。

  • 会うたびにセックスするのではなく、手を出さない日も作る
  • ランチや昼間のデートなど、ちょっとした時間や夜以外にも二人きりで会う機会を作る

など、がっつかない態度を見せることで、あなたの価値や信用度を上げることができます。

特に、本命候補の女性に対しては付き合った後のことも考え、むやみやたらに体を求めない方が賢明ですよ。


方法4. 男性版「高嶺の花」を演じ切る

自分を好きでいてくれる女性を離れさせない方法は連絡の頻度を一定にする

片思いなのに自分を好きでいてくれる女性は、追いかけることが好きなタイプである可能性が高まります。

追われる立場になると一気に冷めてしまうため、女性に対する好意があっても、気づかれないようにすることが大切です。

  • LINEは2日に1回程度
  • 他の人と接し方を変えない
  • デートに誘うのは月1程度

など、好意を悟られないように心掛けましょう。

出会った頃と同じような雰囲気でいることがGOOD

女性との距離感を一定にすることで、なかなか振り向いてもらえない男性を演出できますよ。


方法5. 相手に彼氏ができても平然を装う

自分を好きでいてくれる女性に彼氏ができたとしても、キープ終了の合図ではありません。

焦らず余裕を見せておくことで「憧れの男性」としての印象を残し、女性にとって特別な存在であり続けることができます。

例えば、「おめでとう!ちょっと寂しいけど、何か相談に乗れることがあったら言ってね」のように、お祝いするくらいの度量を見せましょう。

ポイントは、相手に彼氏ができたからといって、関係が終わるわけではないという気持ちも一緒に伝えること。

彼氏とケンカしたり別れたりしたタイミングで、また連絡がくる確率が上がりますよ。


方法6. 女性に会う時は清潔感を意識する

いくら好きな男性であっても、会う時に不潔だったり明らかに手を抜いていたりするのを見ると、女性の気持ちは冷めてしまいます。

女性を蔑ろにしていないことをアピールするためにも、身だしなみには気を付けましょう。

  • シワのない服で、毎回同じ格好をしない
  • 髪型はきちんとセットする
  • ヒゲや眉毛の手入れをしっかりする
  • 爪は短く切っておく

など、デートを大切にしている感じを出すことが大切。

女性が「手抜きしてるな…」と感じたら、冷めるきっかけになってしまうので注意してくださいね。


方法7. 一人の女性として誠実に対応する

自分を好きでいてくれるからといって、雑に扱っていると女性は敏感に反応するもの。

大切にされて嫌な気持ちになる女性はいないので、一人の女性として接することが重要です。

  • 「髪切った?」「メイクいつもと違うね」など、女性の小さな変化に関心を示す
  • 家でばかり会わない
  • 時には自分から連絡したり、プレゼントを用意したりする

など、敬意を表すようにしましょう。

「ただのやりマンだから」などと思っていると、知らず知らずのうちに態度に出てしまいます。

キープ目的でも体目的でも、女性を適当に扱ったことを後悔しても、離れてからではもう遅いですよ。


方法8. 短所や弱みを適度に見せる

自分を好きでいてくれる女性を離れさせない方法は短所や弱みを適度に見せる

特別感に弱いのが女性

弱みや短所をあえて見せることも、「私だけに見せてくれる部分」と好意的に捉えてくれます。

特に、自分を好きでいてくれる女性なら「私が支えなくちゃ」と感じ、欠点すら受け入れるんです。

  • 仕事がうまくいかないと弱音や愚痴を言う
  • 料理ができずにいつも外食ばかりで、栄養が偏っていることをアピール
  • 「昔ひどいフラれ方をしたので恋愛に対して不安がある」ようなフリをする

など、つけ込む隙を与えて、女性の気持ちが盛り上がりやすいようにしましょう。

好きでいてもらえているので優位に立っているのは事実ですが、その優越感は抑えることが大切。

本来なら誰にも見せたくないマイナス面を見せることで、信頼関係が深まりますよ。


「自分を好きでいてくれる女性」が離れることのない、魅力的な男性を目指してみて。

少しでも多くの女性にモテたかったり、気になる女性はキープしておきたかったりするのは男性の偽らざる本音ですよね。

「そんなにうまくキープできない…」と思う男性は多いかもしれませんが、女性心理や離れさせないテクニックを活用すれば確率は上がります。

大切なことは女性への接し方で、それほど付き合う気がないとしても、一人の女性として扱うのが「いい男」のマナーです。

キープする時もキープをやめる時も自分の価値を下げないよう心掛け、理想の相手が見つかるまで、楽しんでみてください。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事