恋愛至上主義とは?恋愛が最優先な女性の特徴から恋愛に依存しないコツを大公開

自分が恋愛至上主義だと思う女性へ。本記事では、恋愛至上主義の女性の特徴から、メリット、デメリットまで大公開!

恋愛至上主義とは?どんな意味なの?

恋愛至上主義とは?

恋愛至上主義とは、自分の生活の中で恋愛を何よりも大切なものと考えることです。

恋愛至上主義を貫く女性は、愛し愛されるという行為こそが、人間が生きていくうえでもっとも価値が高いことだと信じて疑いません。

恋愛のためなら、仕事や夢など、他のものを犠牲にするケースもあります。

例えば、一日中相手のことばかり考えていて、仕事中や移動中などもボーっとしてしまうという場合は、恋愛至上主義になっている状態といえるでしょう。


恋愛至上主義な女性の“9つの特徴”|どんな恋愛観の女性が当てはまるの?

恋愛至上主義な女性の特徴

「彼氏のことばかり考えているのっておかしい?自分が恋愛至上主義者なのか分からない」

「恋愛を最優先する考え方の女性ってどんな人なの?」

このように、恋愛至上主義な価値観について興味がある女性は多いのではないでしょうか?

ここでは、恋愛至上主義な女性の特徴について詳しく解説していきます。自分の恋愛観と比較してみてくださいね。


特徴1. いつも彼氏が途切れない

恋愛至上主義な女性は、人生において恋愛を最重視しているので、恋人がいない状況は耐えられません。

そのため、いつも彼氏がいて、別れる時でさえも既に次の相手がいたり、間髪いれずに新たな相手が出てきたりするのが特徴。

例えば、彼氏との関係が低迷し始めると、既に水面下で他の男性と連絡を取り合っていることも多いです。

「もうすぐ彼氏と別れそうなんだ…」「実は、彼氏よりもあなたのこと気になってる」そんな流れから、恋愛至上主義の女性はすぐに新しい恋人ができます。


特徴2. 結婚願望はあるけど、結婚に向いてる相手と付き合わない

恋愛を第一に考える女性は、とにかくこの愛が全てなので、目先の恋愛を成就させることに全力を注ぎます。

将来を見越した行動を取るのは苦手であり、「幸せな結婚をしたい」という願望はあるものの、直感で相手を選ぶので、実際は転職を繰り返したり女遊びをしたりするようなダメ男と付き合うことが多いのです。

恋愛の始まりは「絶対この人!」と気持ちが盛り上がりますが、大抵は結婚に向かない彼氏なので、苦労してしまいます。


特徴3. 友達の予定を断ってでも、好きな人との予定を優先する

恋愛至上主義な女性の特徴は友達を断わり好きな人の予定を優先する

恋愛より大切なものは存在しないという断固たる考えが、恋愛に命をかける女性の特徴です。当然友情と恋愛を天秤にかけると、重いのは恋愛

たとえ、先に親友と一緒に有名店にランチを食べに行く約束をしていたとしても、好きな人との予定を優先してしまいます。

その結果、恋愛ばかりで予定が埋め尽くされ、友達関係が気薄になることも多いのです。


特徴4. 恋愛関係で病むと会社や学校を休む

「恋愛が上手くいかなくなるとこの世の終わり」という心理になり、精神的に不安定になることが多い恋愛至上主義の女性。

例えば、彼氏と大喧嘩をしたり失恋したりすると、全てにうんざりして仕事どころじゃなくなってしまい、会社を休むこともあります。

何も手につかなくなるだけでなく、一日中泣いて過ごすなど、自分の気が晴れるまで会社には戻れない女性が多いです。


特徴5. 自分の強みがわかっていて魅せ方がうまい

恋愛至上主義な女性に常に彼氏がいるということは、それだけ男性からモテるということ。

あなたの周りにも顔はそんなに可愛くないのに常に彼氏がいる女性っていませんか?

そのタイプの女性は自分のことを客観的によく理解しているので、自分の魅せ方が上手いのです。

特にそんなにモテるタイプではない平凡な男性の場合、まんまとそのアプローチにハマってしまいます。


特徴6. 確実に落とせる相手を狙っていく

恋愛至上主義な女性の特徴は落とせる相手を狙う

自分の人生の中で、彼氏が途切れたら生きていけないという心理から、常に何人かの男性をキープしていたい恋愛至上主義の女性。

男性は自分の恋愛を充実させるためのコマでしかなく、とりあえず「この男性なら絶対にモノにできる」と思えるような確実な相手をターゲットにします。

決して、高嶺の花のようなモテる男性には手を出しません。自分と同レベルか、自分よりも少し劣るレベルの男性をターゲットにするでしょう。

もし、その男性と上手くいかなかったとしても、次のキープを落とせばいいと思っているのです。


特徴7. 感情の起伏が激しい

恋愛のことばかり考えている女性は、彼氏との関係性によって振り回されることが多いです。

全てが順調にいっている場合は人生バラ色と思えるほどテンションは高いですが、愛されていないと感じたり浮気されたりした場合は、不幸のどん底にいるような気持ちに。

ヒステリックになって泣き叫ぶなどおかしい言動をし始めるなど、感情のアップダウンの差が激しくなることが特徴です。

【参考記事】はこちら▽


特徴8. 口を開けば男の話ばかりする

恋愛至上主義の女性は、仕事や趣味に没頭することもなく、恋愛以外にはあまり興味がありません。

友達同士で集まったとしても、「今の彼氏、会うたびにプレゼントくれるんだけど~」など、付き合っているダメ男の話ばかり。

周囲からは「男のことしか考えてなくて、ちょっと話がうざい…」と、そんなふうに思われることも少なくありません。


特徴9. インスタのストーリーでの”匂わせ”がすごい

恋愛至上主義な女性の特徴はインスタで匂わせがすごい

自分が幸せいっぱいであることをみんなに知ってもらいたいという、かまってちゃん的な心理が強い恋愛第一優先の女性。

インスタのストーリーでは、二人分の手作りご飯を上げたり、彼氏の手が写ってる画像を使ってみたりして、「私の幸せを想像して」と言わんばかりの内容を投稿します。

あまりにもしつこいと、「押し付けがましいし、もううんざり…」とうざいと思われて友達が離れていくことも多いです。


恋愛至上主義な女性でいるメリット&デメリットとは?

恋愛至上主義な女性のメリット&デメリットは?

ここまでは、恋愛至上主義の女性の心理や特徴について説明してきました。

恋愛に夢中になり過ぎる女性は、彼氏のことで頭がいっぱいになってしまい、行き過ぎた行動が目立つことも理解できたのではないでしょうか。

でも、恋愛至上主義でいることは悪いことばっかりではありません。

ここからは、恋愛を第一と考える女性のメリットとデメリットについて詳しく解説していきます。

メリットとデメリット
タップすると移動します

恋愛至上主義な人のメリット

「恋愛が一番大事な女性のプラス要素が知りたい」

自分が恋愛至上主義っぽい傾向にあるなら、この価値観で居ることのメリットが知りたいですよね。

ここでは、恋愛至上主義な人のメリットについて見ていきましょう。


メリット1. 色々な男性と出会うから、たくさんの恋愛経験を積める

一般的な女性は、彼氏と別れたら一定期間一人でいたいと思う場合もあるでしょう。

しかし、恋愛至上主義の女性は、恋愛している時の気持ちや自分が好きなので、彼氏がいない期間というのがほとんどありません。

その分、様々な性格の男性とやりとりをし、恋愛の修羅場などもくぐることから、心の成長にも繋がります。

失敗や成功など全てひっくるめて、恋愛の偏差値が高くなることがメリットです。


メリット2. 常に女子力が高い状態だから、可愛い自分でいられる

恋愛至上主義な人のメリットは可愛いじぶんでいられる

いつも恋愛にハマっていたい女性は、美への追及も怠りません。スキンケアやメイクも念入りにし、ダイエットをしたりジムに通ったりして特に外見のケアには気を付けています。

ファッションについても流行に敏感で、男性の目を引くようなビジュアルを保つ努力をする女性が多いです。

いつも恋愛モードなため、気が緩みにくく、魅力的な女性でいるためのモチベーションが維持しやすいのも良い点と言えるでしょう。


メリット3. (恋愛の調子が良い時は)仕事がうまくいく

特に彼氏と付き合いたての頃は、これ以上にないほどの幸せな気分になる恋愛至上主義の女性。

そんな時は、ポジティブオーラに包まれているため、仕事も順調に進みやすいことが特徴です。

新たなプロジェクトをまかされたり結果を残したりと、何をやっても上手くいきます。

人生の軸に恋愛を置いているため、恋のアルゴリズムが上手く作用すれば、やる気も上昇して仕事にも良い影響が出るのです。


メリット4. 毎日が楽しい気分でいられる

恋愛を最優先にする女性は、「彼氏今どうしてるかな?」「前のデート最高だった!」「次に会う時はこんなふうに甘えたい」など、常日頃から恋愛のことばかり考えています。

そのため、仕事の悩みなどは、恋愛のことを妄想しているうちにかき消されることも多いでしょう。いつも今を楽しみ、アクティブな行動にも直結しやすいと言えるでしょう。

先のことを考えすぎることもなく、恋愛に集中しているので、基本的に人生を楽しむことに長けているのもメリットです。


メリット5. 人から好かれるコツを身につけられる

恋愛至上主義な人のメリットは人から好かれるコツを身につけられる

男性経験が多いことからコミュニケーション力も高く、愛想もいいのが恋愛至上主義の女性。どうすれば相手から気に入られるかを意識した振る舞いができることも特徴です。

気遣いもよくできて「大丈夫?」「手伝おうか?」といった言葉も自然に出るようになるため、周囲とも違和感なく馴染めます。

恋愛の時に必要な愛されるテクニックは、職場や他の人間関係でも応用できるので、無駄にならないことも嬉しいポイントです。


恋愛至上主義な女性のデメリット

ここまでの恋愛至上主義な女性のメリットを読んだあなたなら、「恋愛にハマるのは最高のこと」と感じるのではないでしょうか。

しかし、ダメ男に夢中になることも多いため、注意しなければ恋愛に疲れることも…。

ここからは、恋愛至上主義な女性のデメリットについて確認していきましょう。


デメリット1. 自分が結婚したい年齢で結婚できない

恋愛を最優先してしまう女性は、結婚適齢期になっても、スリルのある恋愛を楽しむことが多いです。

彼氏は一緒にいて楽しいけれど、定職につかずにフラフラしているなど、なかなか結婚という二文字を現実的に意識することができません。

だから、気づけば周囲の友達はみんな結婚していき、自分だけは独身のまま年を取ってしまうという状況になりやすいでしょう。

自分が30歳までに結婚したいと強く望んでいたとしても、結婚に不向きな男性ばかりを選んでしまいがちで、思い通りにいかないのがデメリットです。


デメリット2. 良い男を見分けらずにダメ男に引っかかり続ける

恋愛至上主義な女性のデメリットは良い男性を見分けられない

見た目のカッコよさや乗っている車など、男性の外面的要素に惹かれて気持ちが盛り上がることもある恋愛至上主義の女性。

内面をそこまで見極める力がなく、相手に尽くして利用されることも少なくありません。

理想的な男性が現れるのを待つという考えはなく、常に彼氏がいる状態を維持することのほうが大切と思ってしまいます。

結果的に、金銭感覚がおかしい男性や私生活がだらしないダメ男ばかりを選んでしまうことになるのです。

【参考記事】はこちら▽


デメリット3. 冷めたら別れるし、離婚もする

恋愛が何よりも大切と考える女性は、常に楽しい状態でいたいという気持ちが大きく、同時に刺激を求めていることが特徴です。

そのため、1ヶ月前に付き合い始めたばかりの彼氏と突然別れたり、結婚してたったの3ヶ月でスピード離婚したりすることも。

トキメキがなくなって冷めると、高い確率で「また燃えるような恋愛をしたい」と思い、比較的短いスパンで別れにいたってしまいます。


デメリット4. 周りから「軽い女」と思われて、結婚相手として見られない

恋愛至上主義の女性はいつも彼氏がいるので、周囲の男たちも「ちょっと声かければいけるんじゃないか」と思っている節があります。

そのため、ワンナイトラブやセフレの対象として見られやすいことも特徴です。

付き合ったとしても、「他の男と遊ぶに違いない」「すぐに心変わりするんじゃないか」と男性も思ってしまうので、それなりの扱いしかされません。

結局、本命彼女や結婚相手としては見られないこともデメリットです。

【参考記事】はこちら▽


デメリット5. 歳を重ねるごとに、訳ありの相手としか付き合えなくなる

恋愛至上主義な女性のデメリットは訳ありの男性としか付き合えない

若いときはいろいろな男性との恋を楽しめる恋愛最優先の女性。

しかし、30代を過ぎたあたりから独身男性は減ってしまい、既婚者が不倫目的でアプローチしてくることが増えます。

それ以外では、結婚には向かないダメ男など、徐々に付き合う男性の質も下がってくることが特徴です。

先のことを考えずに目の前の恋愛ばかり楽しんできた結果、付き合える相手が限られ、一般的な幸せが手に入りにくいのも残念な点と言えます。


恋愛に依存しすぎない“5つの方法”|恋愛で自分の身を滅ぼさない予防策とは?

恋愛に依存しすぎない方法

「彼氏ができた時はいつもテンションが上がるけど、すぐに嫌いになって良い恋愛ができない…どうすればいい?」

「一日中恋愛のことばかり考えてしんどい…」

そんなふうに、恋愛に執着しすぎている自分に対して不安を感じている人もいるのではないでしょうか。

ここからは、恋愛に依存しすぎない方法について解説していきます。


コツ1. 『尽くす恋愛』より『尽くされる恋愛』をする

相手に与えるばかりの恋愛は、いつも顔色を伺って振り回されるなど、精神的に疲れることも多いです。

一方で、相手から「愛情をたっぷり注ぎたい」と思われるような尽くされる女性は、承認欲求が満たされて幸せ度も高いと言えます。

尽くされる恋愛をするためのポイントは以下を参考にしてください。

「海に連れてってくれたら嬉しいな」など、わがままは言わずに可愛くお願いする - 自慢の彼女と思われるように彼好みのメイクや服装などブラッシュアップを怠らない

また、自分からグイグイいくと男性は尽くされることを期待してしまうため、ツンデレ程度の態度で接するくらいがおすすめですよ。


コツ2. 仕事や趣味に熱中して、恋愛だけを軸にして生きない

恋愛のみの狭い世界観の中で生活していると、男性との関係に全て左右されてしまいます。相手と喧嘩をすれば一日中ブルーな気持ちが持続して、何も手がつかないことも。

そうならないためには、恋愛以外のことにも興味を向けてみましょう。

例えば、

ヨガやジョギングなど運動を始めるキーボードや歌など音楽を習う絵やフラワーアレンジなど創造性の高い趣味を作るキャリアアップにつながる資格の勉強をする

など、新たな彼氏を探すことが目的にならないように、自分が打ち込めるものを見つけましょう。

【参考記事】はこちら▽


コツ3. 女友達と遊ぶ時間を増やす

恋愛に依存しすぎない方法は女友達と遊ぶ時間を増やす

恋愛に依存している時は自分では気づきにくいため、第三者の意見を聞くことは大切。そんな時、女友達は大変頼りになります。

恋愛至上主義の女性は、恋人ができると女友達との約束をおろそかにしてしまいがちなので、もっと女友達と一緒に過ごす時間を増やしましょう。

LINEでは頻繁に連絡を取り、会う回数も彼氏と5回会ったら女友達に1回会うなど、定期的に恋愛について相談できる関係性を築くことがおすすめ。

たとえ少し押し付けがましいと思える意見でも、あなたのためを思って言っているので、女友達のアドバイスは真摯に受け止めましょう。


コツ4. 1人の時間を楽しむようにする

恋愛に依存していると、彼氏の存在なくしては楽しいことが何もないと感じて、次から次へと恋に走ってしまいます。

一人では気持ちが落ち着かないという状態になっているので、少しずつでも自分で楽しめる時間を増やしていきましょう。

例えば、

映画館に行く - ちょっとおしゃれなカフェでコーヒーを飲みながら読書する近所を散歩してみる気になる展示の美術館に行く

このように、一人で時間を過ごしてみるのがおすすめ。

一人時間を楽しむ時は、男性との連絡は取らないと決めておくと、より新鮮な時間の使い方ができますよ。

【参考記事】はこちら▽


コツ5. 将来を考えられる相手と付き合う

アプローチされてとりあえず付き合ったり、すぐに落とせそうという理由だけで男性を狙ったりすると、深く考えていないので長続きしない可能性が高いです。

結局、すぐに嫌いになったりうざいと思ったりして、別れてはまた別の男性を探すというループにはまってしまいます。

自分に合う相手と付き合うためには、理想の男性の条件を以下のように明確にしておくことが大切です。

時間や約束を守ってくれる結婚願望がある自分を持っている

また、付き合うまでに友達期間を長くして、お互いを知るようにすれば上手くいきやすいですよ。

【参考記事】はこちら▽


恋愛至上主義で悩んだら、恋愛依存から早めに脱出しよう!

恋愛に依存しすぎない方法を参考にして将来を想像できるような男性を引き寄せていきましょう

恋愛至上主義の女性の特徴や心理、メリットやデメリットなどをご紹介してきました。

「ダメ男にばかりひかかってしまう自分が嫌い…」「いつも恋愛が上手くいかなくてうんざり…正直疲れる」という女性も、客観的に自分の行動を見直すことができたのではないでしょうか。 

恋愛に依存しすぎない方法を参考にして、安心して将来を想像できるような男性を引き寄せていきましょう!


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事