【男女別】結婚相手の決め手とは?結婚前に確認すベきポイントも解説!

人生でとても大きな決断となる結婚。そんな結婚の相手を決める時の基準は、どうすれば良いのでしょうか?そこで今回は、結婚相手の決め手を既婚者の男女の意見を参考に徹底解説!また、後悔しない結婚をするために、結婚前に確認すべきことも合わせて紹介していきます。

結婚相手の決め手って難しいですよね。

結婚相手の決め手

恋愛中や婚活中で将来の結婚相手選びに悩んでいる人も少なくないと思います。大好きな相手と幸せな結婚生活のためには、自分にふさわしい結婚相手を選ぶことが何よりも大切。では、男性と女性の場合で結婚相手の条件に違いはあるのでしょうか。

ここでは、実際に結婚生活を送っている人の意見も参考にしながら、結婚前に悩みがちなパートナー選びで確認すべき基準をご紹介します。


知識として知っておきたい平均初婚年齢は?

平均初婚年齢は男性31歳、女性29歳

日本人の初婚年齢は年々高くなっているといわれます。大体の平均初婚年齢は男性が31歳、女性が29歳となっており、30歳が一つの目安になっています。

20台後半になると男女ともに結婚を意識して、婚活を始めるのはデータからも明らかだといえるでしょう。


【男性・女性別】結婚相手の決め手とは

結婚相手の決め手とは

ここから既婚の家庭生活の先輩たちが結婚相手をどういった理由で選んだのかを考えていきます。

「この人と結婚しよう」「あの人なら結婚して旦那さんになっても一緒に幸せに暮らせそう」そう思ったのはなぜでしょうか。

また、男性と女性で結婚を決めた理由に違いがあるのかについても見ていきましょう。


既婚者男性が思う今の奥さんを結婚相手に選んだ決め手とは

見た目や性格、価値観や雰囲気など、結婚相手に求めるものは人によってそれぞれです。

実際に結婚生活をしている男性は、今の結婚相手をどうやって選んだのでしょうか。具体的に男性が今の相手に決めた理由を見ていきましょう。


男性の決め手1. 顔や見た目が純粋にタイプの女性だった

男性は顔や見た目を重視しがちなため、最初の出会いで女性を外見から好きになることがとても多いです。

今の奥さんを結婚相手に決めたのも、一緒の生活をイメージして、この人ならずっと好きでいられるなと感じたという理由は少なくありません。

タイプの女性と一生暮らしたい。そう考える男性はたくさんいるみたいですよ。


男性の決め手2. 料理や掃除洗濯など、家事全般ができる人だった

男性の結婚相手の決め手は家事の出来る女性だった

男性は身の回りの世話を奥さんにしてもらいたいと考えて結婚をする場合があります。奥さんには家庭のことを任せたいという男性なら、料理や掃除、洗濯など、家のことを一通り手早くできる女性を結婚相手に選ぶのです。

専業主婦として家に入って欲しい、結婚後は勤めは辞めてパートで構わないなど、女性の仕事に対してそんな意識を持っている男性は家事ができることを伴侶選びの基準にします。


男性の決め手3. 自分と性格や価値観の相性が良かった

会話が弾んだり、一緒にいる時の過ごし方が一緒だったりなど、お互いの性格がマッチしていると居心地が良い生活が送れます。結婚後も価値観が同じなら生活スタイルや夫婦生活、育児や将来に対するイメージも近いので、気持ちよく過ごせるからです。

辛いときは励ましてくれたり、嬉しい時にシェアできたり、性格や価値観がぴったりかどうかで結婚相手を決める男性も少なくありません。


男性の決め手4. 堅実でお金の管理も任せられると思った

男性の結婚相手の決め手は堅実な女性

家計やお小遣いの使い方がズボラな男性なら、結婚後の家計を奥さんに任せてやりくりしてもらいたいと考えることがあります。お金の使い方がきちんとしていたり、節約志向の女性を結婚相手の決め手にする男性も多くいます。

共働きでお互いに稼いでいても、将来のために貯金をしてまさかの時に備えられる。今後を見越した金銭管理ができる女性を男性は選ぶ傾向があります。


男性の決め手5. 仕事や趣味に対する理解がある人だった

多くの男性は、結婚してからも仕事に打ち込みたいと考えています。また、女性にはなかなか理解してもらえない趣味を持っていても、結婚後も何も言わず続けさせてくれるかどうかも趣味を大事に生きている男性にとっては大切です。

仕事や趣味に熱中してもあたたかい目で見守ってくれる女性だったから結婚を決めた男性も多いですよ。


男性の決め手6. 気配り上手で男性を立てられる女性だと思った

男性は周囲に対して常に自分の存在感をアピールしたいと思っています。控え目で、特に外では男としての顔を立ててくれるのを期待するのです。

結婚後も家の中や外出した時はもちろん、様々な人間関係で男のプライドを守って欲しいと考えています。

自分だけでなく実の両親や兄弟、親戚、友人知人に配慮ができる女性と感じて、結婚相手に選ぶ傾向にありますよ。

【参考記事】はこちら▽


男性の決め手7. 礼儀作法がきちんとしており、周囲に紹介しても恥ずかしくない

男性の結婚相手の決め手は礼儀作法がしっかりしてる女性

誰に対しても笑顔で挨拶ができたり、食べ方や歩き方、姿勢がきっちりしていたり、礼儀やマナー、身のこなしを重視する男性は多いです。自分が選んだ妻がどこに出しても恥ずかしくない心得があれば、家族や親戚、職場や友人にも安心して紹介できます。

恋愛では少々がさつな感じで良くても、結婚相手を選ぶ時には礼儀作法やマナーが身についているかはとても重要です。


男性の決め手8. 誠実で一途に尽くしてくれると思った

「自分のことだけずっと見つめていて欲しい」

「どんなことがあっても嘘をつかず夫をサポートしてもらいたい」

など、男性の多くは女性に健気なサービス精神を求めます。妻としてまっすぐ向き合ってくれることや、ひたむきな姿勢に男性は惹かれるのです。

妻として夫を立て続けられると感じた女性を結婚相手に選びやすいといえます。

【参考記事】はこちら▽


男性の決め手9. 疲れた時や落ち込んだ時に優しい言葉をかけて鼓舞してくれた

パートナーがいると「嬉しいことは2倍に、悲しいことは半分に」なるといわれます。大きな出来事が起きてもお互いシェアできるという幸せは結婚の大切なポイントです。

自分が仕事で大変なことがあったり、人間関係で悩んで辛かったりしても、安心感で包んでくれる女性にほっとします。辛い時期だからこそ励ましてフォローしてくれそうな相手が理想的です。

【参考記事】はこちら▽


男性の決め手10. 面倒見がよく、良い母親になる気がした

男性は妻に対して母親として理想的なイメージを抱きがちです。「良妻賢母」という言葉があるように、子供にとっても素敵なお母さんでいてもらいたいのです。

育児では自分のことより子ども優先の生活になるので、 優しく世話をしてくれる女性であることが大切です。男性の中の良い母親像にマッチする相手と結婚したいと感じます。


既婚者女性が思う今の旦那さんを結婚相手に選んだ決め手とは

女性の結婚相手の決め手

実際に結婚している女性はどういった理由で結婚相手の男性を決めたのでしょうか?

外見、それとも経済力や学歴、性格など後悔しないためのポイントとは?

ここからは、今の旦那さんとの結婚に踏み切ったポイントを具体的にご紹介します。


女性の決め手1. 子供を産んでも安心して育児ができるくらいの経済力があった

子供ができた後、しっかり安心して育てられるかというのは、女性が結婚にあたって非常に重視する大きなポイントです。

生まれて来た大切な子供を守るため、安定した生活ができるだけの収入が男性にないといけません。お金持ちでなくても、結婚して夫婦と子供が貧乏で苦労することのない程度の稼ぎをしてくれる男性かどうかが大切です。


女性の決め手2. 誠実な人柄で今後もずっと愛してくれると思えた

女性の結婚相手の決め手は誠実な男性

「私のことだけをずっと見ていてくれる」

「結婚しても一途に好きでいてくれそう」

と、女性は、恋愛中の時と同じような温度で結婚してからも愛してくれると感じた男性を選びたいと思っています。

まっすぐな性格で人間性の良い男性なら、浮気の心配もしなくて済みます。結婚してから年を取っても愛し続けてくれると感じる男性かどうかは結婚相手選びを大きく左右します。

【参考記事】はこちら▽


女性の決め手3. 仕事に対する向き合い方など、尊敬できる部分が多かった

仕事に対して、一生懸命に打ち込んでいる男性の姿を格好良いと感じる女性はとても多いです。仕事以外にも友人関係や趣味に真面目な男性を素敵と感じて、ずっとついていきたいと思える結婚相手を選ぶ傾向があります。

妻として結婚後も尊敬できる夫であるかどうか。一生のパートナーとしてふさわしい相手の決め手になります。


女性の決め手4. 一緒に居て落ち着くと思った

最近では、些細な気持ちのすれ違いから離婚してしまうカップルも少なくありません。異性として、人間として、そばにいるとほっと安心できる相手と一緒暮らすことは、結婚を考える大切なポイントです。

精神的な安らぎを相手に求められるかを見て、一生のパートナーにしようと考えるのが女性の心理だからです。

ずっと一緒に暮らし続けることになるので、相手から得られる安心感や充足感を結婚相手の判断基準にする人はとても多いですよ。

【参考記事】はこちら▽


女性の決め手5. 彼の親とも良好な関係を築けそうと思えた

女性の結婚相手の決め手は彼の親ともうまくやれそうだと思った

結婚すると、相手の両親との付き合いが生まれます。義理のお父さんやお母さんと仲良く交流することは、安定した結婚生活に欠かせません。

彼の実家と離れて暮らすにしても日常の連絡はもちろん、帰省の際には直接やりとりもしなければいけませんので、気を遣うことがいっぱいです。

義理の両親になる彼の親と会った時、うまくやっていけそうと感じるかも結婚相手を選ぶ大切な要素になります。


女性の決め手6. 決断力があって頼りになると感じた

女性は、いざという時正しい判断ができるかを頼もしい男性を求めています。辛い時、迷った時、正確な決断力で道を切り開いてくれる頼りがいのある男性を結婚相手に決めたいと願っているのです。

結婚して一緒に暮らしていくなかで、小さなことから大きなことまでどちらにしたらいいか迷う場面は多く訪れます。そんな時、決断力のある男性なら妻として安心して人生を送ることができます。


女性の決め手7. 笑いのツボが似ており、一緒に過ごしていて楽しい

「笑いの絶えない家庭を作りたい」そんなふうに結婚のイメージ語る人は少なくありません。

一緒に会話していて共通の話題が多くいつも笑えたり、お互いのことがわかり合えるのであっという間に時間が過ぎたり。2人でいるのが楽しいというのは夫婦になっても安心して暮らせるサインです。

同じバラエティ番組やお笑いのネタ、日常で起きた出来事で一緒に笑い合えるかどうかで幸せな結婚になるかも決まります。


女性の決め手8. いつでも優しく受け入れてくれる包容力に惹かれた

女性の結婚相手の決め手は男性の包容力

自分が精神的に辛いときでも愚痴を黙って聞いてくれたり、必要なフォローをしてくれたりといった男性は結婚相手にふさわしい存在です。男性も仕事やプライベートで色々あるかもしれません。

しかし、どんな時でも安心して甘えさせてくれる器の大きさは、結婚してからも家族を守ってくれると感じられます。男性ならではの包容力で見守ってくれる男性に女性は惹かれます。

【参考記事】はこちら▽


女性の決め手9. 出会った瞬間から一目惚れだった

顔や見た目だけで好きになったり、少し会話をしただけなのになぜか初対面の男性に懐かしい感覚を覚えたりすることがあります。第一印象で相手の見た目や話し方、雰囲気に惹かれて好きになってしまう女性も多いです。

素敵な第一印象の見た目がお付き合いしている間も消えずにいると、きっと運命の人と思って結婚を決める大きな要素になるのです。


女性の決め手10. 性格や価値観が自分と近いと感じた

人生を共に送ることになる結婚で、そばにいて疲れない相手であることが大切です。頑張り屋、朗らか、真面目、明るいなど、性格による相性は人間関係にとって心豊かに過ごせるかに大きく影響するからです。

また、生きる上で何を大事に感じるかという価値観が似ていることも、結婚相手に求める大切な条件だといえるでしょう。性格や価値観といった内面の部分が似ている男性を選びます。


【男女共通】後悔しないよう結婚前に確認しておきたいポイント

結婚前に確認しておきたいポイント

ここからは、結婚してから「やっぱり思っていた相手と違っていた」というような後悔をしないために必要なチェックポイントについて考えていきましょう。

男性、女性に関わらず、彼氏や彼女が人として結婚相手にふさわしいかどうか、まっすぐ見つめること。そのポイントになる視点をいくつかご紹介します。


確認したい点1. すぐ怒ったりしないか?また、怒った時どんなアクションを起こすか?

些細なことでカッとなったり、声を荒げたりする相手は注意しましょう。もちろんカップルで付き合っていると喧嘩をすることもありますし、虫の居所が悪いことだってあります。

ただ、彼氏や彼女が機嫌が悪いときにかんしゃくを起こすような怒り方をする相手は、結婚後も夫婦でトラブルがあった時、精神的に追い詰めるばかりか、手を上げてしまう可能性も考えられます。怒りをどう表現するのかは結婚相手の人間性を見る上で優先したいポイントです。


確認したい点2. 相手の親御さんを紹介してもらい、仲良くなれそうか見極める

相手の両親の性格や人間性、会話の雰囲気を見ると、結婚相手のことをさらに理解することができます。

どういった育ち方をしたのかがわかれば、相手はもちろん結婚後に必要になる義理の両親との関係性もイメージできるからです。

ある程度お付き合いが深まって結婚を意識し始めたら、ぜひお互いの実家を訪問し合ってみましょう。


確認したい点3. 同棲して生活リズムや家の使い方を把握しておく

結婚前に確認しておきたい事は同棲し手生活のリズムを知る

同棲を始めた途端、うまくいかなくなったというカップルはたくさんいます。どんなに好きな相手とはいっても、一緒に暮らすのは他人同士なので朝の時間の使い方から食事のタイミング、夜の過ごし方など、生活のスピードによっては相手に合わせないといけないことも出てきます。

また、部屋をはじめトイレやバスの使い方によっては性格が表れたり、マナーに対する意識の違いが明らかになることもあります。

長い結婚生活を気楽に過ごせるのかどうか、後から後悔しないためにも、できるだけ同棲することをおすすめします。

【参考記事】はこちら▽


確認したい点4. 四六時中一緒に過ごして苦に感じないか確認する

お互いに会いたい時だけ会う関係なら、ずっと一緒にいるわけではないので距離感もあって細かなところが気にならないかもしれません。ですが、泊まりがけの旅行や同棲を始めると、何日もそばで過ごすことになります。

もしかすると丸一日以上いるとなぜだかしばらく放って置いてもらいたくなったり、1人になりたくなったりするかもしれません。一緒の時間を過ごし一緒の場所にいても大丈夫な相手かを確かめましょう。


確認したい点5. 食の好みが自分と合っているか

結婚すると普段の食事はどちらかが作って一緒に食べることになります。外食するにしても同じお店を気に入るかによってデートの楽しさは違ってくるはずです。

好きな食べ物や料理、お気に入りの飲食店で共通点が多いほど、一緒にいて過ごしやすいといえます。人間にとって食事はとても大切な問題なので、好みがあまりに違うと結婚してから苦労するかもしれません。


確認したい点6. 自分と性格や価値観が似ているかは“確実”にチェックしておきたい

結婚前に確認しておきたい事は性格や価値観

一緒に人生を歩む時、のんびりしている性格の人がガンガン突き進むような性格の相手と一緒になると、いずれ合わせるのが辛くなるでしょう。

また、生きる上での重大な選択肢を前に、意見が食い違ってしまえばしこりを残すばかりか、最悪な場合、離婚の危機に見舞われます。似たような性格かどうか、もし正反対でもお互いのない部分を補える関係になれそうかどうかを確かめてください。

また、人生で大切な場面で判断をしなければいけない時、何を優先するかといった価値観が似ていることもポイントです。


確認したい点7. 相手の意見を聞き入れる柔軟性があるか

どんなに好き同士であっても、もともと別々の環境で育った他人なので意見や考え方が異なるのは当たり前です。しかし、もし大切なシーンで譲れないことが出てきても、まずは相手の話を聞いて良いと思ったところは受け入れる努力をしたり、違うことは素直におかしいといって話し合えるかどうかを振り返ってみましょう。

たとえ100%同意できなくても、お互いに譲り合える気持ちの余裕がある相手であると相性も抜群で結婚後も幸せに暮らせます。


結婚相手の決め手を知って、彼との結婚を考えてみましょう。

結婚相手の決め手を知って結婚しよう

男性、女性別でカップルが結婚相手を決めた理由や、結婚相手を決める時の確認ポイントを合わせてご紹介しました。男性、女性によって多少の見方の違いはあるものの、収入や見た目といった現実的な部分だけでなく、性格や価値観など心の問題も結婚相手を選ぶのに重要です。

また、お互いの両親を紹介し合って結婚後に仲良くなれるかを確かめたり、同棲で生活リズムが合わせられるかどうかも幸せな結婚ができるか判断する大きな条件になります。ぜひ、ここで紹介した情報を参考に、将来を意識している結婚相手選びに役立ててくださいね。


【参考記事】結婚相手の決め手をランキング形式にしてご紹介します▽

【参考記事】恋愛対象外から恋愛対象に入り込むには?▽

【参考記事】男性が結婚を決意するきっかけをご紹介します▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事