かまってちゃんに共通する特徴や女性心理とは。上手に付き合う対処法も紹介!

かまってちゃんな女性は意外と多く存在します。今回はかまってちゃんの女性心理や共通する特徴だけでなく、メンヘラとの違いもご紹介。さらに、かまってちゃんと上手に付き合っていく対処方法を職場や彼女、友達など関係別にお教えします。

かまってちゃんの女性って多いですよね。

かまってちゃんの特徴

あなたの身の回りに「かまってちゃん」な女性はいませんか?周囲の気を引いて自分に注目を集めるため、不思議な言動をするかまってちゃん。彼氏や周囲の人から「かまってちゃんだよね」と言われたことがある人も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなかまってちゃんに共通する特徴と上手に付き合うための対処法をご紹介します。


そもそも「かまってちゃん」とは?

そもそも「かまってちゃん」とはどういう女性のことを指すのでしょうか?

かまってちゃんとは、他人からかまってほしいがために、様々なアピールをする人を指します。人間は誰しも「人から褒めてもらいたい」「認めてもらいたい」といった承認欲求があるもの。その承認欲求が人より強いと、知らず知らずのうちにかまってちゃんになりがちです。

また、寂しがりな女性もかまってちゃんになりやすい傾向があります。かまってちゃんの具体的な特徴や行動については、後ほどご紹介していきますね。


「かまってちゃん」と「メンヘラ」の違いとは

かまってちゃんとよく似た言葉で「メンヘラ」があります。これらは何が違うのでしょうか?

「メンヘラ」とは、一般的に「精神的に不安定な人」を指す言葉として使われています。かまってちゃんとほぼ同じ特徴を持っていますが、メンヘラは周りに公言しないので、かまってちゃんの方が周りへのアピールが激しいです。


【参考記事】意外と当てはまるかも?隠れメンヘラの特徴と紹介します!▽


かまってちゃんの心理とは

女性がかまってちゃんになる時の心理について見ていきましょう。かまってちゃんがどんな心理でアピールしているのかを知ることでより理解を深められますよ。


心理① 人に依存したい

かまってちゃんは、常に人に依存したがる傾向があります。具体的には、一人で居るのが耐えられなくていつも誰かと一緒に居たがったり、何をするにも誰かに相談しないと決められなかったりするのが特徴です。

とにかくあらゆることにおいて人に依存するので、一人だと何もできません。誰にも依存できないと精神的に不安定になりがちなので、自立とは程遠いタイプです。ひんぱんに友人や彼氏、家族など周囲の人にメールや電話をするなど、常に依存できる人を探していますよ。


心理② 常に誰かと一緒にいないと寂しい

かまってちゃんは、とても寂しがりな人が多いです。常に誰かと一緒にいないと寂しくなってしまうので、一人きりで過ごすのが苦手なんです。

最近は、女子の間でもカフェやショッピング、旅行などで一人の時間を楽しむ文化ができて、ずっと人と一緒に居るのは疲れる人も多いでしょう。しかし、それもかまってちゃんには無縁の世界です。「一人の時間なんて要らない!」というくらい、常に誰かと一緒に行動することを好みます。


心理③ 自分を褒めて欲しい

かまってちゃんは、承認欲求が強く、「自分を褒めてほしい」と強く願望しています。自分に自信がない人が多いので、「他人から褒めてもらうことで自分の価値を確認したい」という心理を持っているんです。

そのため、かまってちゃんは自分の話をするのが好きです。内容は自慢などが多く、褒めてもらいたいがためのアピールをよくします。他人の話を聞いていても、いつの間にか自分の話にすり替えていた…なんてこともよくありますよ。


男性に多いかまってちゃんタイプです。

このタイプのかまってちゃんは、女性だけではなく男性にも多いでしょう。男性はもともと褒められるのが好きな傾向があります。かまってちゃんな男性は、特にそれが顕著で、褒めてもらいたいがために会話の節々に自慢話が入り込んだりします。

「少しうざいな…」と感じても、どんな簡単な褒め言葉でも素直に受け取って喜んでくれるので、大人になって対応するのが良いでしょう。


心理④ 自分の優先順位を上げて欲しい

かまってちゃんは、自分の優先順位を上げて欲しいと考えています。特に彼氏に対しては、「自分が一番じゃないと納得できない」というかまってちゃんの彼女が多いんです。

誰しも彼氏に対しては、「自分をもっと大切にしてほしい」「何よりも優先してほしい」と一度は考えたことがあると思いますが、かまってちゃんはそれがとくに顕著。他の予定よりも自分をいちばんに優先してもらうことで、自分は愛されていると実感しているんですよ。


心理⑤ 自分に自信がない

かまってちゃんは、基本的に自分に自信がありません。人の話を聞かず自分のことばかり話したり、自慢話をよくしたりといった特徴から、「自分のことが大好き」と思われがちです。

しかし、実は自信がないゆえの行動なんです。自分の評価が信じられず、他者からの評価でしか自分の存在価値を認められないので、褒められ続けたいがゆえに自分のことばかりを話すといった行動をします。一人で居ることを嫌い、他の人に依存しがちなのも、自信のなさの表れです。


かまってちゃんの行動の特徴を大公開

かまってちゃんの心理がわかってところで、かまってちゃんがよくする行動の特徴を見ていきましょう。周りで以下に紹介する行動をしている女性がいたらかまってちゃんの可能性が高いですよ。


1. 「仕事忙しくて、昨日ほとんど寝てないんだよね」という頑張ってる自慢をする。

かまってちゃんに多いのが「寝てないアピール」です。「仕事が忙しくて、昨日ほとんど寝てないんだよね」「最近忙しくて徹夜続きで」といった、寝ていないことを自慢する言動をよくします。

この言動は、「頑張っていることを認めてほしい」という気持ちの表れなんです。かまってちゃんは、他者から褒められたり認められたりすることが大好き。そのため、寝ていないことをアピールすることで、「大変そうだね」「頑張っているね」という言葉を期待しています。


2. 悪気はないが、基本的に人の話を聞いていない

かまってちゃんは、基本的に人の話をあまり聞いていません。自分の話をするのが好きな女性は多いですが、かまってちゃんは特にその傾向が強いんです。悪気はないのですが、自分の話を聞いてほしい欲望が強いため、人と話していても自分のことで頭がいっぱいになってしまいます。

自分の話を聞いてもらったら満足してしまうため、人の話にはあまり興味がなく、「うんうん」「へー」といった気の抜けた相槌しかしなくなるんですよ。


3. 物事が自分の思い通りに進まないと、不機嫌になる。

かまってちゃんは、感情を隠すことなくすべて表します。嬉しいときや楽しいときはもちろんのこと、不満なときも表情や態度にすぐ出るので、とても分かりやすいんです。

そのため、物事が自分の思い通りに進まないと、不機嫌になりますよ。「こうじゃなきゃ嫌だ」と言葉で不満を伝えてきたり、「大きなため息をつく」「無視をする」など行動で示したりすることもあります。少しめんどくさいと感じることもあるかもしれませんが、我慢して爆発されるよりは良いかもしれませんね。


4. 「どうせ私なんて」「死にたい」が口癖で悲観的。

かまってちゃんは、前述した通り自分に自信がありません。そのため、「どうせ私なんて」「消えたい」など悲観的な口癖が多いんです。

こういった口癖は本心の場合もありますが、周囲の反応を試すためにわざと言っていることもあります。「そんなことないよ」と否定してもらいたい、励ましてもらいたいという気持ちの表れです。悲観的な言動をするのは精神的に不安定な人が多いため、かまってちゃんというよりはメンヘラ気質に近いですね。


5. 派手なものが好きで、着飾っている。

かまってちゃんは、派手なものが好きで、自分を着飾っている特徴があります。自分の外見に自信がないため、「地味なものを身に着けていたり、着飾っていなかったりすると周囲から馬鹿にされるのではないか」という不安を抱いているためです。

かまってちゃんは、プライドが高いことが多いので、人に馬鹿にされることを嫌います。派手なもので着飾ることで、少しでも自分の外見に自信を持って、安心を得ようとしているんですよ。


6. 流行りものが好きで、自慢することが多い

かまってちゃんは流行りものが大好きです。流行に敏感で、流行りものを身に着けていることをよく自慢します。かまってちゃんは目立ちたがりなので、流行りものを身につけることで、周囲の注目を集めたいと考えているんです。前述した「褒めてほしい」という心理にも繋がりますね。

また、自分に自信がないゆえに、「常に流行りものを追いかけていないと、周囲の人に飽きられてしまうのではないか」という不安を抱いていることも多いんですよ。


気づいてオーラを出す人も

ただ流行りものを身に着けているだけでなく、相手から気づいてほしいオーラを出す人もいます。自分から話すのではなく、あくまで相手に気づいて褒めてほしいのがこのタイプ。

プライドが高いがゆえに、自分が褒めてほしいと思っていることを悟られたくないんですね。ちらちら見たり、遠回しにそこに目が行くような話をしたり、相手に気づいてもらえるように必死でアピールします。


7. 話を必要以上に盛りがち。

「周囲の注目を集めたいがために話を盛ってしまった」という経験がある人は多いのではないでしょうか。会話を広げて面白い話をするためには、たまには必要なことですよね。

しかし、かまってちゃんは注目されたい欲求が人より強いので、どんな話でも必要以上に盛りがちです。「もっと自分を褒めてほしい」「もっと心配してほしい」という気持ちから、不幸話やちょっとしたトラブル、仕事できるアピールなど何でも盛って話します。


気を引くことで嘘をつくことも

かまってちゃんは、ときには嘘をついて気を引くこともあります。特に多いのが、SNS上で嘘をつくタイプ。

SNS上なら、嘘をついていたとしてもバレにくいですよね。「39度の熱があってしんどい…」「今日芸能人と遭遇した!」など、周りの気を引きたいがためにさまざまな嘘をつきます。もし気づいたとしても、深く突っ込まず「すごいね」と適当に流しておけば良いでしょう。


8. 異性同性かかわらず、嫉妬しやすい。

かまってちゃんは、プライドが高いので、自分が一番じゃないと気が済みません。異性同性関わらず、自分より注目されていたり楽しそうにしていたりすると嫉妬しがちです。

特に、恋愛関係においては嫉妬しやすい傾向にあります。自分の好きな人や彼氏が他の人と仲良くしている姿を見ると、些細なことでもすぐに嫉妬してイライラしてしまうんです。異性の友達と二人で食事なんてもってのほか。「自分だけを見てほしい!」という気持ちが人一倍強いんですよ。


9. 豆知識を披露したがる。

かまってちゃんは、誰もが知っているような小さなことでも、やたらと豆知識を披露したがります。周囲の気を引いたり自分がすごいことを認めてもらいたかったりするために、新しく知ったことはつい誰かに話したくなってしまうのです。

プライドが高いかまってちゃんは、「そんなこと誰でも知ってるよ」などと言ってしまったら、途端に不機嫌になって対処がめんどくさくなります。もし自分が既に知っていることをドヤ顔で披露されても、適当に話に付き合ってあげるのがおすすめ。


10. なにかと言い訳が多い。

かまってちゃんはプライドが高いため、自分が失敗したり間違ったりしても認めたがりません。素直に謝りたくないがために、うだうだと言い訳をしてきます。

例えば友達と遊ぶ予定で遅刻をしたときも、本当は寝坊だったとしても「電車が遅延して…」「お母さんの具合が悪くて…」ともっともらしい言い訳をするんです。「ごめん」と一言言えば済むことでも、周囲の目を何よりも気にするかまってちゃんは、素直に自分の非を認めたくないのです。


11. 質問をすると、質問に関係ない話を永遠としてくる。

かまってちゃんは、人から会話を振られるのが大好き。少しでも長く話していたいので、質問をすると質問に関係ない話を永遠としてきます。自分の話に夢中になって、そのうち何を質問されたのかすら忘れてしまうことも。

質問をした側からすると、「いつになったら答えてくれるんだろう」とモヤモヤするかもしれませんが、かまってちゃんには悪気がある訳ではありません。「あなたと少しでも長く話したい」という気持ちの表れなので、気長に話を聞いて、タイミングを見てもう一度質問してみると良いでしょう。


12. LINEでレスが無いと連投したり、電話がかかってくる。

かまってちゃんは、常に誰かと繋がっていたいので携帯をよく見ています。そのため、LINEや電話はすぐに反応するのが基本。自分だけなら良いのですが、厄介なのはそれを他人にも要求してくるタイプです。

LINEでレスが無いと連投したり、電話がかかってきたりします。特に、彼氏が相手だとすぐにレスを求めてしまう人が多く、束縛されているように感じてしまいますよね。毎回律儀に対応せず、ときには軽く流して縛られないことが大切です。


13. SNSでの投稿が多い。

かまってちゃんは、前述した通り携帯をよく見ています。そのため、SNSの投稿も多い傾向があります。多数の人に自分を見てほしいという気持ちの表れなんです。

「こんなものを食べた」「友達と遊んだ」などといった日常の些細なことを呟き、充実した生活を他人にアピールします。また、「もう疲れた」「消えたい」などといったネガティブ発言を呟くことも。

かまってちゃんは精神的に不安定になりがちなので、そんなときに周囲に心配してほしくてネガティブなことを呟くんですよ。


リプを飛ばすこともしばしば

自分がSNSに投稿するだけでは飽き足らず、他の人のSNSにリプを飛ばすこともしばしばあります。とにかく常に誰かと繋がっていたいかまってちゃん。たくさんの人の投稿にリプを飛ばすことで、誰かにかまってもらおうとしているんですよ。

リプに返信が来たら、それに対してまた返信をして…とやりとりが延々に続くのもかまってちゃんの特徴です。


【関係別】かまってちゃんの対処方法

かまってちゃんの特徴がわかりました。軽度のかまってちゃんなら可愛いと思えるかも知れませんが、行き過ぎるた行動はただの迷惑に感じることも。そこで、かまってちゃんと出会ったときにどんな対処方法をすればいいのかお教えします。


職場のかまってちゃんの対処方法

まずは職場から。職場にいるかまってちゃんにはどのような対処方法があるのでしょうか。関係性によっては会社単位のトラブルになりかねないので、しっかり把握しておきましょう。


① 適切に褒めてあげる。

友達や顔見知り程度のかまってちゃんなら、めんどくさいと思えば距離を置けば良いのですが、職場の関係となるとそう簡単にはいかないですよね。

職場のかまってちゃんと上手く付き合っていくには、まず適切に褒めてあげることが大切です。かまってちゃんは承認欲求が強いので、褒めてあげることで精神的に安定して、かまってほしいアピールも落ち着きます。


② 自分のことを好きなペットだと思う

「かまってちゃんが常にそばに居るのがしんどい」という人は、認識を変えてみましょう。自分のことを好きなペットだと思えば、気持ちが楽になります。

例えばペットの犬は、あなたを見るとかまってほしくてしっぽを振って近づいてきますよね。それを同じようなイメージで接しましょう。ペットだと思えば、無理して感情を表す必要もないので楽に付き合えますね。


③ 仕事をしているから話しかけないで雰囲気を出す

ずっと一緒に仕事をする関係だからこそ空気を悪くしたくはないけれど、常にかまってちゃんのペースに合わせていると仕事に支障が出てしまいますよね。

そこで、仕事中は「仕事をしているから話しかけないで」という雰囲気を醸し出しましょう。少し怖い顔で、作業に集中しているオーラを出すと、よっぽどのことがない限りかまってちゃんも話しかけては来ないはずです。


彼女がかまってちゃんの場合の対処方法

続いては彼女がかまってちゃんの場合。彼女がかまってちゃんだからこそ言いにくいこともあると思うので、ぜひ対処法を知って上手に付き合っていってくださいね。


【参考記事】男性が「彼女でいてほしい」と思うような女性になりましょう▽


① 不快に思うことは指摘してあげる。

不快に思うことは、その都度指摘しましょう。かまってちゃんは場の空気を読んだり相手の気持ちを察したりするのが苦手なので、不快に思っていることは言わなければ気づきません。

「今だけ不機嫌にならないように」と我慢していても、そのまま結婚となれば一生我慢し続けるのは大変ですよね。不快に思うことは早めに伝えて、お互いが心地よく過ごせるような関係を築きましょう。


② 適度に構いつつ、たまにスルーする

かまってちゃんは常にかまってほしいので、全てのアピールに答えるのは大変。自分に無理のない範囲で適度にかまいつつ、たまにスルーすることも大切です。

LINEや電話、デートの約束など、全て相手の思うままにかまっていたら自分の時間が無くなってしまいます。たまにはスルーして一人の時間を楽しむことで、かまってちゃんも次第に一人で過ごす楽しさを知っていくでしょう。


女友達がかまってちゃんの場合の対処方法

女友達の場合は遠慮なく相手にかまってアピールをしてくる場合があります。そんな行き過ぎたかまってちゃんをうまくかわす対処方法をご紹介します。


① 適切に褒めてあげる

女友達がかまってちゃんの場合も、職場と同様、適切に褒めてあげると良いでしょう。自分の話ばかりしたり、自慢話が多かったりするとうんざりしてしまいますよね。

そこで、早めに褒めることでかまってちゃんの承認欲求は満たされて、アピールが少しマシになります。上手く付き合っていくために、些細なことでも気づいたら褒めてあげましょう。


② 「そうなんだ〜」と適当に相槌を打つ

あまりにかまってほしいアピールが強いと、疲れてしまうこともありますよね。そんなときは、無理に相手をする必要はありません。

いつでも律儀に対応しているとこちらが消耗してしまうので、「そうなんだ~」と適当に相槌を打ちましょう。無視をすると後々さらにめんどくさいことになりかねないので、半分聞き流すくらいの気持ちで対応するのがおすすめです。


かまってちゃんにやってはいけないこと

最後に、かまってちゃんと上手く付き合っていく上で絶対にやってはいけないことをご紹介します。以下に紹介する3つを必ず守ってかまってちゃんと良い人間関係を築いてくださいね。


1. かまってちゃんの悪口を言う

あまりにアピールが激しく自己中心的な行動が目立つと、ついかまってちゃんの悪口を言いたくなりますよね。

しかし、かまってちゃんは色々な人に話しかけるタイプの女性が多いので、もし悪口を言ってしまったらどこから悪口が漏れるか分かりません。悪口を言ったことがバレたら、「あの子に悪口を言われてた」「友達だと思ってたのに、ショック」と、他の人に話を広められる可能性も高いんです。

かまってちゃんの悪口は、本当に信頼できる友人に口止めして話すことをおすすめします。


2. 完全に無視をする

自慢話ばかり続くと、相手をするのに疲れて無視したくなることもありますよね。しかし、相槌すら打たず完全に無視してしまうと、怒りを買ってしまいます。

完全に悲劇のヒロイン気取りで、余計にめんどくさいことになりかねません。

かまってちゃんは話を盛りがちなので、あることないことを自分の都合の良いように周囲に言いふらされるのも厄介ですよね。対応に疲れたときは、無理のない程度に適当に相槌を打っておきましょう。


3. 相手のことを全てかまう

かまってちゃんは、依存できる相手を常に探しています。優しさからついかまってしまうと、その後ずっと相手をしなければいけなくなってしまうことも。深夜に電話をしてきたり、重い相談を延々としてきたり、かまってちゃんのアピールに全てかまっていると大きな負担になってしまいます。

あなたがかまわなくても、かまってちゃんは他に依存先を探すだけです。全てを背負おうとせず、ある程度のところで線引をして付き合うようにしましょう。


かまってちゃんを上手に対処して良い人間関係を築いてみて

今回は、かまってちゃんの特徴と対処法についてご紹介しました。身の回りに案外多いかまってちゃん。精神的に不安定で、不思議な行動が多いので、振り回されていると疲れてしまいます。疲れたときは距離を置くか、距離が置けないときは無理のない程度に上手く対処しましょう。

この記事を参考に、お互いに心地良く過ごせる関係を築いてくださいね。


【参考記事】かまってちゃんにも多いぶりっ子の実態とは?▽

【参考記事】男性が彼女にしたいモテる女になる方法を伝授▽

【参考記事】かまってちゃんが度を超えると痛い女に…▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事