LINEの返信が遅い女性は脈なし?女性心理やLINEを続けるコツを解説

好きな女性からのLINEの返信が遅いと、不安になる時ってありますよね。そこで今回はLINEの返信が遅い女性の心理から返信を困らせてしまう内容、女性の脈あり・なし診断、LINEを続けるコツを大公開!悩んでいる男性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

LINEの返信が遅い女性っていますよね。

LINEの返信が遅い女性って脈なし?

LINEの返信がいつも遅い女性。相手の気を知りたいと思っているのに、いつも既読にならないとか返信をくれるのがとても遅いとなると、このままアプローチを続けても良いものかどうか、心配になってしまいますよね。

この記事では、LINEの返信が遅い女性が脈ありなのか脈なしなのかを判断するための基準について解説します。診断するためのチェック項目もありますよ。


もしかして脈なしかな…?LINEの返信が遅い女性心理

まず、LINEの返信が遅くなってしまいがちな女性の心理状態について深く知るようにしましょう。

女性の心理状態のタイプはだいたい5つ程度あります。それぞれの心理の返信しない理由について詳しく説明していきます。


女性心理1. 仕事や趣味など忙しいのでLINEの優先度を下げている

そもそも誰に対してもすぐに返信できないタイミングがあるという女性も多くいますよね。

仕事中にはもちろんするに返信することができないですし、誰かと一緒にいる時には、目の前にいる人を差し置いてLINEでの連絡をするということを躊躇するというケースもあります。

LINEの優先度がもともと低いので、恋愛の脈とは関係なくそもそも早く返信しなければならないという意識がないのです。


女性心理2. 男性からどう反応するか恋の駆け引きをしたい

女性の中には、意図的に返信を遅らせているというケースもあります。相手も男性側の反応を知りたいと思っていて、返信を遅くすることによるリアクションを確かめたいと思っているのです。

焦らされることで、こちらが待ちきれなくなり、もっと強めのアプローチをしてくれることを期待して、LINE上で駆け引きをしたいという心理になっています。


女性心理3. どう返せば良いかわからない

男性側のアプローチ気味のメールを、どのように受け止めるかをまだ決め切れていないという女性心理の場合もあるでしょう。

好意は持ってくれているとしても、今付き合うとまでは考えていないのです。

そのため、どんな返信をしたら良いのか、ちょうど良いメッセージを考えることができなくなってしまい、返信を躊躇しているという心理状態になっています。


女性心理4. 悩み事があり、LINEを返信する気になれない

そもそも、現在恋愛モードになっていないという心理状況の女性も返信をすぐに返してくれないということがありえます。

自分が今持っている悩みのことで頭がいっぱいになっていて、LINEの返信をするというどころではないのです。

脈があるかどうかはまだ定かではありませんが、いまの時点では、恋愛に積極的になれないことは確実ですね。


女性心理5. LINEを送ってくる男性に興味がないのでめんどくさい

脈なしが決定的な女性の心理状態は、めんどくさいという気持ちです。

こちらに対して一切の恋愛感情を持っておらず、LINEでアプローチ気味の連絡をされたとしても全然関心がないので、返信する気にもならないという心理なのです。

全ての男性に対してそうしているわけではないので、女性側がめんどくさいと考えているならば今回は脈なしだと言えるでしょう。


実は自分のせいかも?女性がLINEの返信に困る内容とは?

女性からのLINEの返信が遅くなっていることの原因が自分にあるということはないでしょうか。

女性にとって返信しにくい種類のメッセージがいくつか存在します。自分がそのようなメッセージを送っていないかチェックしてみましょう。


困る内容1. 男性の自慢話

好意があったとしてもなかったとしても、どのようにリアクションを取れば良いのか困ってしまうのが、自慢話です。

自分がどういう問題をどうやって解決したのかという武勇伝を送り付けられたとしても、どう返信するか難しいですよね。

褒めるにしても、どんなポイントを強調したら良いか、どの程度褒めるのかということが定まらず、送信できないまま時間が経過しまいます。


困る内容2. 下心丸出しの内容

相手の女性が好意を持ってくれているとしても、女性にとっては、付き合いに至るまでのプロセスも大切な要素ですから、一直線に下心丸出しのアプローチをされたら、成り立つ恋も萎えてしまいます。

大切にされていないという気持ちも芽生えてしまい、好意的に返信しようとしていたとしても、考えが変わってしまう可能性もありますので、注意が必要です。


困る内容3. 「今日は天気良いね!」など興味もない内容

逆に、全く恋愛の脈を感じさせないような内容のメッセージも返信しにくいと感じてしまいます。

恋愛アプローチを女性側にゆだねてしまっているようなイメージで受け取られてしまい、もっと脈ありの返信をするかどうするかで迷ってしまい、返信ができなくなってしまうのです。

「今日は天気が良いね!」というだけでは、困ってしまうので、一緒に出掛けるように誘ったり、アプローチ的な文言もいれるようにするべきでしょう。


困る内容4. 「うん。」「はい。」など冷めた内容

こちら側が会話を続けるような努力をしていないような文言では、相手側も返信しにくいと感じるはずです。

こちら側が相手に気が合ったとしても、いつも「うん」や「はい」などの文章で返信しているなら、会話を続ける気がないのかなと判断されてしまうでしょう。

冷めた内容の返信にはリアクションを取りにくく、返信を返せなくなってしまいます。

【参考記事】はこちら▽


好きな女性が脈ありかどうか診断してみよう!

ではここで、相手のLINEの返信が脈ありなのかどうかを判断するためのチェックをしてみましょう。

返信が遅い理由を分析して、遅くなってしまったといえる常識的な理由があるかどうかを判断するのです。4つのチェックポイントを押さえておきましょう。


診断1. 返信がない間に、TwitterやInstagramで投稿をしているかどうか

返信が遅くなっているのは、忙しくしていて返信したいと思っていてもできなかったというのが、表向きの理由であるはずです。

しかし、その間の相手の行動を、SNSでだいたい把握することができます。本当に忙しくて返信できなかったのかどうかを知れるのです。

相手のTwitterやInstagramのアカウントを確認してみてください。忙しくて返信できなかったと言っているのに、SNSでは投稿できているなら、忙しいのはウソ。残念ながら脈なしの可能性が高いです。


診断2. 返信に2〜3日かかっているかどうか

忙しくて返信できないという理由なら、1日程度返信がないという状況も理解できないことはありませんよね。

しかし、返信がない期間が2日や3日続いているとなると、脈があるのかどうか怪しいと考えなければなりません。

忙しいとしても、1日に1度もほっとする時間も取れないということはほどんどありえないからです。2日以上返信がないなら、脈があるとはいえない状況といえます。


診断3. その日によって返信が遅いかどうか

いつでも返信が遅いというわけではなく、たまに返信が遅くなることがあるという場合は、女性の側が焦らし効果を期待しているということが考えられます。

相手の女性も、こちら側の気を知りたいと思っていて、焦らした時にどういうリアクションをするかを見たいと思っているだけなのです。

この場合は、相手もこちらに気があり、脈ありである可能性がありますね。


診断4. 急に返信が遅くなったかどうか

相手がこちらのアプローチ意思に気づいてしまい、LINE上での態度を変化させてしまったということも考えられます。

普通の友達としてLINEしていたと思っていたのに、好意を持たれてると知ってしまうと萎えてしまうのです。

付き合う間柄にはなりたいと思っていないですから、距離を置くためにLINEの返信を遅らせるようにしてしまいます。この状況なら基本的には脈なしと考えておくべきでしょう。

【参考記事】はこちら▽


LINEの返信が遅い女性とLINEのやり取りを続けるコツとは?

LINEのメッセージに素早く変身してくれない女性とのやりとりを続けて、関係を深めていくためには、どのような努力ができるのでしょうか。

思いに留めておくべき4つのポイントがあります。詳しく解説していきます。


コツ1. あえてLINEの返信を遅らせる

相手が思っているペースより、こちらのメッセージタイミングや頻度が多すぎるということが問題になっている可能性があります。

わざとLINEの返信を遅らせて相手にある程度合わせてあげることで、双方の関係性により良いメッセージ頻度を探し出すことができるでしょう。

今まで相手のメッセージがあればすぐに返信していたのを、半日遅らせて送るようにしてみるのはどうでしょうか。相手に合わせすぎて遅くなりすぎるのも、アプローチとして正しくないので避けましょう。


コツ2. LINEを自分から切り上げる

グダグダと「さよなら」や「おやすみ」のメッセージを送るというよりも、サクッとメッセージを終わらせた方が好印象を残せることも多くあります。

メッセージのやりとりを自分のメッセージで終わらせるようにしたいと思う男性も多いかもしれません。

意識的にダラダラメッセージを続けないようにしてみることで、相手の返信態度が変化することもありますよ。サクッとLINEをやめて、印象を高めましょう。


コツ3. 二択の質問で返信しやすい内容に工夫する

返信しやすいメッセージにする努力も、相手の返信意欲に大きな影響を与えることができますよ。

どのように返信して良いかわかりにくいようなメッセージを送っていたなら、相手を困らせていたということになります。

分かりやすく二択などで、簡単に返信できるようなメッセージの構成になるように意識してみてください。思った以上に速い返信に、びっくりしてしまうような結果になることも。


コツ4. デートなど日程を切る場合は、いつまでに返信してほしいか伝える

LINEのメッセージの返信が遅くなってしまうのは、いつまでに返信しないといけないかの期限がないことにも起因します。期限がないと返信を後伸ばしにしてしまいがち

デートのお誘いなどの大切なメッセージには、「いつまでに返信ちょうだいね」などと、期限を明確に指定しておくことで、返信しないといけないという意識を持ってもらえますよ。


LINEの返信が遅い女性とLINEをする時の注意点

LINEの返信が遅い女性とのLINEのやり取りを続けていくうえで覚えておくべき注意点がいくつがあります。

5つのポイントにまとめてここで一気に紹介しますから、タブーを踏まないで楽しくLINEのやり取りを続けられるようにしましょう。


注意点1. 女性からのLINEの返信を気にしない

アプローチしている女性からの返信が来たかどうかは常に気になってしまうものですよね。でも相手の返信がいつも遅いと、気が滅入ってしまいかねません。

メッセージを送ったあとも、気長にメッセージを待てるような心構えでいなければなりません。

ずっとメッセージをチェックしているようだと、楽しみに待っているはずが、イライラや不安の気持ちに変わってしまうこともあります。あまり期待しすぎないようにしましょう。


注意点2. 「返信まだ〜?」などLINEの返信を催促しない

返信が遅いのはこちらのアプローチが足りないと感じるべきではありません。送信したメッセージは確実に送られており、彼女が然るべき時に閲覧して、返信することを待つのみです。

催促しないと返信してくれないのではないかなどと考える必要はありませんし、考えすぎると不安に変わります。なるべく返信はまだかなと考えないようにしましょう。


注意点3. 長文は送らない

相手への強い想いのゆえに、たくさんのことを伝えたいと思ってしまう気持ちになることがありますね。それでも、送るメッセージがとても長くなってしまうことは避けるようにしましょう。

長文を送ることは、それを読む相手にとって、大きな負担となってしまいかねません。

また、長文を送られると、その返信もそれに合わせたような文の量にしないといけないという心理が働き、余計に返信が遅いというサイクルになりかねないため、注意しましょう。


注意点4. 時間を空けて連続で送ったりしない

メッセージやメールを送ってからの返信が遅いと、届いたのかなという不安が生じたり、返信をもらえないイライラした気持ちになったりしてしまいがちです。

同じメッセージを何度も送るなら、返信を催促しているように感じ取られてしまい、印象を悪くしてしまいます。

返信遅いけど返ってくるなら、相手のペースで返信をしてくれていると理解しましょう。何度も同じ内容のメッセージやメールを送り続けたりしないように注意してくださいね。


注意点5. 脈なしと判断したら、次の恋を探すこと!

脈なしと判断できる要素がいくつもあるなら、アプローチを諦めるということも肝心です。

いつまでも脈なしが分かっているのにLINEをし続ければ、自分の恋が前に進まないだけんでなく、相手の女性にとっても迷惑と思われてしまう可能性があります。

自分自身にとって、実りのある恋愛を探しましょう。別の女友達にもアプローチをしてみたりして、新しい恋を探すようにしてみてくださいね。


LINEの返信が遅い女性の心理を読み取って、実りある恋をしていきましょう。

返信が遅いとか既読になるのが遅いというのは、不安になったりイライラしたりしてしまいます。

1日なら待てても、2日も3日も返信を待たないといけないなら、脈なしと判断して、違う女友達へのアプローチに切り替えましょう。

返信が遅い女性の心理をよく知って、脈ありかどうかを正しく判断し、実りのある恋愛を楽しんでくださいね


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事