好きな人に避けられてると感じる人へ。脈ありor脈なしの見分け方を解説

少し冷たい態度を取られたりすると、好きな人から避けられてるのでは?と感じる時ってありますよね。そこで今回は、避ける人の主な3つのパターンと避ける人の理由や特徴を徹底解説!さらに、避けられる原因や、避けられてるかもと思った時の対処法も詳しく解説していきます。

もしかして好きな人から避けられてるかも?と悩む時ってありますよね。

避けられて不安な時の脈ありor脈なしの見分け方

好きな人から避けられてる。

彼氏や彼女、片思いの相手から避けられてる気がすると、とても不安になりますよね。もし、本当に避けられてるとしたら、その原因や理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

今回は、避ける人の主なパターンから、見分け方や原因、上手な対処法まで、詳しく解説していきたいと思います。

「好きな人から避けられてるかもしれない」と感じている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


前提として避ける人には主に3パターンある

彼氏や彼女、片思いの相手から避けられる気がすると、「もしかしたら嫌われてる?」と不安になってしまいますよね。

ですが、避けられる理由には、嫌われる以外にもいくつかのパターンが。

ここでは、避ける人の主なパターンについて解説していきます。


パターン1. 『好き避け』

相手のことが好きだからこそ避けてしまうのが、「好き避け」の特徴。目を合わせるのが恥ずかしくてパッと逸らしたり、嫌われるのが怖くて相手を避けたりします。

「よく目が合うのにいつも逸らされる」「複数でいる時は親しく接してくれるのに二人っきりになると素っ気ない」というような場合は、好き避けの可能性が。

片思いの状態だけでなく、彼氏彼女の関係になって間もない時期にもよくあるパターンです。


パターン2. 『嫌い避け』

好意を持たれていることを不快に感じている場合に起こるのが、「嫌い避け」です。

相手にだけ冷たい態度をとったり、無視をしたりと、分かりやすい行動をとるのが特徴。これ以上親しくなりたくない心理が強く働くため、表情や態度からとげとげしさが伝わってきます。

話しかけると嫌そうな顔や不機嫌そうな態度を露骨に出すので、嫌い避けのパターンは比較的判断しやすいです。


パターン3. 『ごめん避け』

相手の好意に気付いているものの、気持ちに応えられない申し訳なさから避けてしまうのが、「ごめん避け」です。

「グループで遊びには行くけど二人っきりで会うのは断られる」「恋愛の話題になると話を逸らす」、などがよく見られる特徴です。

「友達としては好きだけど異性としては見られない」という心理から、遠回しに付き合えないことを伝えようとしている場合も多々あります。


それぞれの特徴を把握してしっかり見極めたい!避ける人の主な理由や特徴とは

避ける人のパターンには、主に「好き避け」「嫌い避け」「ごめん避け」の3つがあります。

彼氏や彼女、片思いの相手がどのパターンに当てはまるのか、気になっている人も多いのではないでしょうか。

ここでは、避ける人の主な理由や特徴について、詳しく分析していきます。


「好き避け」で避けているパターン

相手のことが好きだからこそ避けてしまうのが、好き避けの特徴です。好きな男性や女性がこのパターンに当てはまるなら、避けられてると感じても安心ですよね。

まずは、好き避けしているパターンについて解説していきます。


好き避けの場合1. 相手の好意を抱いているのをバレたくないから

好きな人に好意がバレるのは、やっぱり恥ずかしいものです。また、好意がバレたことによって、相手とギクシャクした関係になるのも困ります

好きな人だけでなく周囲の人にまでバレてしまうようなことになれば、冷やかされて気まずい思いをするかもしれません。

特に、好きな人の前で分かりやすい態度を取ってしまう自覚のある人は、バレないように気をつけすぎて、つい相手を避けるような行動をとってしまいます。


好き避けの場合2. 恋愛経験が少なく、どう接していいか迷ってしまうから

どれだけ歳を重ねても、恋愛に不慣れな男性や女性はいるものです。

相手を妙に意識してしまい、上手く話しかけることができなかったり、恥ずかしくて目を合わせられなかったりします。

「変に思われたくない」「醜態を晒したくない」という心理から、相手のことをつい避けてしまうのでしょう。

恋愛の経験が少ないゆえに、好きな人の前でどんな態度をとっていいのか分からず、消極的になるのが特徴です。


好き避けの場合3. 話そうと思うと緊張してしまうから

好きな人に良く思われたい気持ちが強い人ほど、相手の前で緊張しがち。いざ会話をするとなると、「緊張して上手く話せないかもしれない」と不安な気持ちが強く、無意識のうちに好きな人を避けてしまいます。

中には、好きな人と向かい合うだけで、ドキドキして頭が真っ白になってしまう人もいるようです。

特に、恋愛経験が少ない人や自分に自信がない人に多く見られる「好き避け」のパターンと言えます。


好き避けの場合4. シャイな性格で駆け引きをして相手の気を引きたいから

素直に好意を伝えるのが恥ずかしくて、「好き避け」してしまう人もいます。

わざと好きな人に素っ気ない態度をとったり、視線を逸らしたりして、関心を集めようとしているのです。

「避けられてるかもしれない」と感じた方は、良くも悪くもその相手のことが気になってしまいますよね。

昨日は素っ気ない態度を取られたかと思えば、今日は笑顔で話しかけてきたりと、戸惑うような行動をとる特徴があります。

【参考記事】はこちら▽


嫌い避けで避けているパターン

とても辛いことですが、好きな男性や女性から嫌われてることが原因で、避けられてるパターンもあります。

嫌い避けしている場合の理由や特徴には、どのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、嫌い避けしているパターンについて、解説していきます。


嫌い避けの場合1. 話しかけても必要最低限の挨拶しかしてくれない

必要最低限の挨拶しかしてくれないのは、「これ以上親しくなりたくない」という意思表示でもあります。

相手に興味がなく、話をする必要もないと思っているので、非常に素っ気ない態度で接するのが特徴です。

それでも何とか振り向いて欲しくて何度も話しかけると、あからさまに不機嫌そうな顔をされたり、「話しかけないで」とハッキリ拒絶されたりしてしまいます。


嫌い避けの場合2. 視線を合わせようとしてくれない

全く視線を合わせてくれないのは、もしかしたら本気で嫌われてる証拠かもしれません。

何らかの理由によって、好意を抱いている相手のことを心から嫌っていたり、軽蔑していたりする場合、その相手を徹底的に避ける人もいます。

例えば、「視線を合わせてくれない」「自分が近付くとその場を去る」、などの行動が挙げられます。

好意を抱かれていること自体を不快に感じ、関わりを一切持ちたくないと考えている場合も多いようです。


嫌い避けの場合3. LINEを送っても既読無視される

何度LINEを送っても返事が来なければ、どんなに鈍感な人でも避けられてることに気付くもの。LINEを既読無視することで、相手に全く興味がないことを察してもらおうとしているのかもしれません。

また、単純に相手が嫌いだから、深く考えずにLINEを既読無視している可能性もあります。

相手との関係が気まずくなったり、嫌われたりしても構わないと思っているため、LINEの返事をしないのでしょう。

【参考記事】はこちら▽


ごめん避けで避けているパターン

好意に応えられないことを遠回しに伝えるために、相手の男性や女性をやんわり避ける人もいます。

友達としては付き合えるけど彼氏や彼女としては難しい、と考えているのが特徴です。

ここでは、ごめん避けしているパターンについて、解説していきます。


ごめん避けの場合1. 恋愛の話題を振っても流される

相手から告白される展開を避けたくて、極力恋愛の話題に触れないようにしているのです。

もし、告白されれば断ることになり、その後の関係が気まずくなってしまうことが考えられます。彼氏彼女としては無理だけど、良い友達としてずっと付き合っていきたい場合によく見られる行動です。

「恋愛の話題を振るとすぐ話を逸らす」「深い話はするのに恋愛の話だけは避ける」などが当てはまるなら、「ごめん避け」の可能性が高いと言えるでしょう。


ごめん避けの場合2. デートに誘っても2人きりで会おうとしてくれない

2人っきりでデートをすれば、相手に希望や期待を持たせてしまうことに繋がります。

2人っきりで会おうとしないのは、「恋愛対象として見れない」という意思表示でもあるのです。

代表的な例としては、「グループでは出かけるのに2人っきりで会うのは断られる」「いつも忙しそうな雰囲気を出している」などの特徴が挙げられます。


ごめん避けの場合3. 「〇〇くん(さん)なら、いい人みつかるよ!」と恋愛で応援される

好きな人や気になる人には、恋愛で応援なんてしないもの。

つまり、相手の好意に勘付いている状態で恋愛を応援されるということは、「あなたに恋愛感情はありません」と言っているのと同じなのです。

また、共通の友達の名前を挙げて、「〇〇みたいな人と上手くいきそうだよね」と、他の異性をすすめられるのも、「ごめん避け」でよくあるパターン。

恋愛を応援したり、他の異性をすすめたりして、自分にとって恋愛対象ではないことをアピールしているのです。

【参考記事】はこちら▽


3パターン以外で考えられる避けられている原因とは?

好きな男性や女性から避けられてるかもしれない原因には、主に「好き避け」「嫌い避け」「ごめん避け」の3つがあることをお伝えしました。

もし、それ以外の原因があるとしたら、一体どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、3パターン以外で考えられる避けられてる原因について挙げていきます。


原因1. 照れ屋な性格で単純に人見知りだから

照れ屋な性格で人見知りな人は、誰に対してもなかなか打ち解けられないものです。

人と話す時に緊張したり、目が合うだけで恥ずかしかったりするので、つい人を避けるような態度をとってしまいます。

特に、異性が相手になると照れが加わり、避けるような態度が顕著になることも。

相手のことが嫌いだから避けているのではなく、上手に振る舞う自信がなくて距離を置いてしまうのです。


原因2. 仕事が忙しすぎて、誰かにかまう余裕がないから

仕事が忙しい時というのは、精神的にも肉体的にも余裕がなくなるもの。自分のことで精一杯なので、周囲の様子に配慮できない状態になります。

つまり、意識的に避けているのではなく、単純に自分や周囲の気持ちに向き合える余裕がないだけなのです。

この状態になりやすいのが、一つの事に集中すると他が見えなくなるタイプの人。仕事モード全開になっている時期は、恋愛に目を向けることができません。


原因3. 相手に関わらず、人と接するのが得意じゃないから

人と接するのが苦手で、他人との距離の縮め方がよく分からない、という人もいます。

元々、積極的に人付き合いをするタイプではなく、恋愛においても奥手であることが多いです。

相手が自分に好意を持ってくれていそうな気はするものの、どう対応していいのか分からないため、避けるようになってしまいます。

また、「親しくなるのが怖い」という心理から、相手を避ける場合もあるようです。


原因4. あなたに嫌われていると好きな人が勘違いしてしまっているから

好きな人と目が合った時、恥ずかしくて思わず目を逸らしたり、素っ気ない態度をとったりしてはいないでしょうか。

あなたが無意識に好き避けをしてしまっていることで、もしかすると、相手も「避けられてる」と感じている可能性があります。

あなたから嫌われていると勘違いしていることが原因で、意識的に距離を置くようにしているのかもしれませんよ。


原因5. サバサバした性格なだけで、本人にとっては普通だと思っているから

「何だか接し方が冷たい」「いつも素っ気ない気がする」と感じたら、自分以外の人への接し方を観察してみましょう。

もし、他の人への接し方も同じような感じなら、避けられてるのは気のせいで、単純にサバサバした性格なだけだと考えられます。

淡々と人付き合いをするタイプの人は、冷たい人だとよく勘違いされがちですが、本人からしてみると全く悪気はなく、それが普通。意識的に避けているわけでもなければ、嫌っているわけでもないのです。

【参考記事】はこちら▽


好きな人に避けられてるかも?と思った時の上手な対処法は?

片思いの男性や女性、または彼氏や彼女に避けられてる気がすると、不安で胸がいっぱいになってしまいますよね。

ここでは、好きな人に避けられてるかもと思った時の上手な対処法についてレクチャーしていきます。


対処法1. 共通の友人がいる場合、代わりに理由の探りを入れてもらう

避けられてると気付いても、本人に直接理由を尋ねるのは勇気が要りますよね。また、相手も本人を目の前にすると、本音が言いにくいこともあるでしょう。

そんな時は、信用できる共通の友人に、それとなく探りを入れてもらうのがおすすめです。

探りを入れてもらう時は、「最近〇〇のこと避けてるような気がするけど、何かあった?」と、友人目線でやんわり聞いてもらうことがポイント。

「〇〇に頼まれたんだけど」と、頼まれた事を口にすると本音が聞き出せなくなるので要注意です。


対処法2. 本当に理由が思い浮かばない場合、相手に思い切って理由を尋ねてみる

しつこく付きまとったわけでもない、嫌なことをした記憶もない、それなのに避けられてる。いくら考えても避けられてる理由が思い当たらない場合は、思い切って直接本人に尋ねてみるのも一つの手です。

もしかしたら、想像を超える理由や原因があるのかもしれません。もしくは、相手に避けているつもりはなく、ただの勘違いと言う場合もあるでしょう。

相手に尋ねる時は、「何か嫌な思いをさせてしまってたらごめん」と低姿勢で臨むのがコツです。


対処法3. 一度アプローチするのをやめて、距離を置く

「嫌い避け」や「ごめん避け」の場合は、そのままアプローチを続けても、良い結果を生まないことが多いと言われています。

好きな人に振り向いてもらおうと頑張れば頑張るほど、相手から避けられたり嫌われたりする傾向があるからです。

「嫌い避け」や「ごめん避け」に当てはまると感じたら、一旦しばらく相手と距離を置いて、自分の気持ちと冷静に向き合ってみましょう。

時間や距離を置くことで、自分と相手の気持ちのどちらにも何か変化が生まれるはずです。


対処法4. 本気で好きな場合、自分が良いと思うまでとことんアプローチしてみる

避けられても諦めきれない、どうしても相手のことが忘れられない、というような場合は、自分の気が済むまでとことんアプローチするのもいいでしょう。

避ける相手を追い続ければ、さらに避けられたり嫌われたりしてしまうこともあるかもしれません。

しかし、もし上手くいかなかったとしても、好きな気持ちを出し切ればスッキリ忘れることができ、次の新しい恋に進みやすくなります。

また、初めは「嫌い避け」や「ごめん避け」だったとしても、熱心なアプローチの結果付き合えることになった、というような大逆転もあるかもしれませんよ。


好きな人に避けられてると感じたら、落ち着いて対処していきましょう。

避ける人の主なパターンから、見分け方や原因、上手な対処法まで、詳しくお伝えしました。

好きな男性や女性から避けられてる気がすると、嫌われてる気分になって動揺してしまいますよね。ですが、避けられる理由には、照れや好意による場合も多くあります

まずは相手の様子を伺いながら、落ち着いて今後の対応を考えていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事