男女が恋愛をする意味とは?恋をして付き合うメリット/デメリットを解説

恋愛の意味について詳しく知りたい方へ。今記事では、恋愛の詳しい意味から、具体的に恋愛をしている状態や、恋愛をするメリットやデメリットまで詳しくご紹介します。さらに、恋愛に関するおすすめの本や名言も解説!恋愛に関する知識を深めたい方は、ぜひ参考にしてみてください!

良いこと尽くし!恋愛をする意味を紹介します。

男女が恋愛をする理由

恋愛をすると楽しいだけでなく、辛い経験をすることもありますよね。そんな時に恋愛をする意味を考えてしまうこともあるでしょう。

本記事では恋愛をする意味について徹底解説していきます。人を好きになると得られるメリットやデメリットにはどのようなことがあるのかなど、恋愛する意味を知りたい人はぜひ参考にしてくださいね。


大前提として「恋愛」の意味とは?

「恋愛」とは何となく意味を理解していても、いざ定義や意味を伝えるとなると、なかなか難しいですよね。辞書や広辞苑などによると「お互いに特別な愛情を感じて恋い慕うこと。また、その感情。」とされています。

つまり、恋愛は一人でするものではなく、お互いに好意を感じている二人でするものです。相手がいるからこそ、楽しいこともあればうまく行かないことがあるのも理解できるでしょう。


恋愛をするって具体的に何?人を好きになった時の特徴とは

恋愛をすると綺麗になると言われることがありますが、実際のところ、人は恋愛をすると具体的にどのような特徴がみられるのでしょうか?

まずは、人を好きになった時の特徴を7つピックアップしてご紹介します。


恋をした時の特徴1. 気がつくと、好きな人の事を考えてしまう

恋に落ちると男性女性に関わらず、相手のことが気になって仕方がなくなるもの。

一人で過ごしている時間はもちろん、友達と一緒にいる時や仕事中など、とにかく彼氏や彼女と一緒に居ない時にでも好きな人の事ばかり考えてしまいます

ふとした瞬間に「今何をしているのかな?」と相手のことを考えてしまうようであれば、それは相手に本気で恋に落ちている証拠です。


恋をした時の特徴2. LINEが返って来た時に嬉しいと感じる

好きな人とは出来るだけ繋がっていたい気持ちになりますよね。気軽に連絡が取れるLINEでは「おはよう」や「仕事頑張ってね」など、ちょっとした一言でも声を掛けたくなるもの。

恋に落ちると、本命の相手に送った些細なLINEに対して返事が返ってくると、相手との繋がりを感じられて嬉しいと感じるようになります。


恋をした時の特徴3. 相手のためなら自分を犠牲にできる

損得勘定抜きで自分が苦労してでも本命の相手に尽くしたいと思えるのも、好きな人ができた時に多い特徴です。

恋に落ちた時は、真剣に相手のことを好きであればあるほど、相手のために何かできることに意味や幸せを感じます。

男性女性に関わらず、相手を大切にしたいという気持ちから、自分にできることなら自分を犠牲にしてでも尽くしたくなるのです。


恋をした時の特徴4. 好きな人が他の異性と話しているのを見ると嫉妬する

嫉妬心は誰かに対して妬む気持ちから生まれる感情です。自分の好きな人が異性と話していると、好きな人の気持ちが自分以外の異性に向けられていると感じてしまうため、嫉妬心を抱いてしまいます。

好きな人には自分だけを見ていて欲しい気持ちがあるため、自分以外の異性と話しているのを見ると嫉妬するのも恋をした時に多い特徴なのです。


恋をした時の特徴5. 二人きりで会うのを想像すると緊張する

好きな人とは二人きりで会いたいと思うもの。しかし、実際に二人きりになったことを想像すると、嬉しい反面、緊張を感じるのは相手のことが好きな証拠です。

好きな人を前にするだけで頭が真っ白になるほど緊張するのは珍しくないこと。

付き合う前ならもっと自分を好きになってもらいたいがために、自分を良く見せたいと思う気持ちも緊張に拍車を掛けてしまうのです。


恋をした時の特徴6. もっと自分の事を知ってほしいと思う

恋に落ちると自分が相手のことを好きであるように、相手にもありのままの自分を好きになって欲しいと思う傾向にあります。

自分の性格や価値観を相手と共有することで、もっと自分を知ってほしいと思うのです。

自分の体験談や興味のあることなど、積極的に自分を話をしたくなるのは相手に恋をしているからこその特徴といえるでしょう。


恋をした時の特徴7. 相手のことをもっと知りたいと思う

付き合う前でも後でも、本命の相手には自分のことを知ってほしいだけでなく、相手のことを深く知りたいと考えるのも恋をした時の特徴です。

相手が何を考えているのか、どんな時に幸せを感じるのかなど、相手の全てに興味が湧くのは、相手のことを深く理解したいからこそ。

相手とさらに仲良くなるためには、相手のことを深く知ることが恋愛には大切なのです。

【参考記事】はこちら▽


恋愛をする意味は何?恋をすると得られるメリットとは

恋愛をするとフリーの時より毎日がキラキラと輝いて見えるという例えもあるように、様々なメリットがありそうです。

ここでは恋をすると得られるメリットを5つピックアップ!恋愛をする意味を探している人はぜひ参考にしてくださいね。


恋愛のメリット1. 自分磨きに力が入る

好きな人ができると、もっと相手に好きになってもらいたいという気持ちから、自分磨きに力が入ります。

自分から意識して自分磨きに取り組む人もいれば、相手を意識する気持ちから自然と自分が磨かれる人もいるでしょう。

特に女性は「恋をすると綺麗になる」と言われることがあるように、魅力的に変化していくのです。

【参考記事】はこちら▽


恋愛のメリット2. 人を思いやる力が身につく

恋愛をすると、自分だけでなく相手のことを考えるようになるため、人を思いやる力が身につきます。

好きになった相手には、相手のことを大切に思う気持ちがあるからこそ、自分を犠牲にしてでも相手のために何かをしてあげたい気持ちになるものです。

相手を思いやる力が身につくと人の気持ちに敏感になり、優しくなることができます。

【参考記事】はこちら▽


恋愛のメリット3. 恋人がいれば、苦楽をともにできる

恋人がいると二人で一緒に過ごす時間が多くなります。同じ時間を一緒に過ごすことで、楽しいことを共有できるだけでなく、時には辛いことも一緒に支え合うこともできるでしょう。

恋人とはお互いに思いやりをもって付き合う者同士なので、一人では乗り越えるのが難しいことでも、彼氏や彼女が支えになってくれることで、心強さを感じられます。


恋愛のメリット4. 仕事へのモチベーションが高まる

恋をすると好きな人とデートができるなど、プライベートな時間が充実したものになりますよね。

その分オンオフのメリハリがつくため、男性女性に関わらず、恋をすると仕事にも精が出る人は多い傾向にあります。

プライベートが充実すると明るく前向きな気分になれるため、仕事に対しても前向きな気持ちで取り組めるようになり、モチベーションが高まるのです。


恋愛のメリット5. 日々の生活が楽しくなる

恋愛をすると好きな人のことを考えるだけで、ドキドキして楽しい気持ちになれます。好きな人と挨拶ができたとか、LINEができたなど、些細なことにも喜びを感じられるので、高揚感のある毎日を送ることができます。

フリーの時は自分のためにやってきたことも、「彼氏や彼女のためにやろう」と思えるだけでも人生に張り合いが出て、日々の生活が楽しくなるのです。


恋は盲目?恋愛をすると起こり得るデメリット

恋愛すると毎日が充実した気分で過ごせるなど様々なメリットがあります。しかし、恋は盲目という言葉があるように、デメリットになることもあるのです。

ここからは、恋愛すると起こり得るデメリットを3つピックアップしてご紹介します。恋をしてから自分の身体に起こる変化を確認してみてくださいね。


恋愛のデメリット1. 好きだからこそ、嫉妬しやすくなる

恋愛をすると些細な出来事がきっかけで嫉妬心が生まれてしまいます。

男性女性に関わらず、好きな人が異性と会話をするだけでも嫉妬心が生まれるなど、好きだからこそ相手を独占したい気持ちから嫉妬しやすくなるのです。

嫉妬すると好きな人に「他の人と話をしないで」とか、話し相手だった異性に対して悪い感情を抱いてしまうなど、自分自身も辛い気持ちになってしまいます。

【参考記事】はこちら▽


恋愛のデメリット2. 独占欲が湧いて、干渉や束縛をしてしまう

好きな人ができると自分だけを見ていて欲しいと思いたくなりますよね。自分に自信がない人ほど、相手を自分の方に向かせるために、干渉や束縛をしてしまう傾向にあります。

本来は、恋人同士であれ、お互いに一人の人間なので、認め合わなければいけません。相手を自分の物であるかのように行動を制限してしまうと、次第に相手は息苦しさを感じて離れてしまう原因にもなるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


恋愛のデメリット3. 嫌われないよう、相手に合わせてしまう

好きな人にはずっと自分を好きでいて欲しいと思うもの。そのためなら、嫌われないように自分が我慢して相手に合わせてしまうという人も多いでしょう。

「好きな人のためだから我慢できる」と思えるうちは良いですが、自分が本当に楽しいことを楽しめないことが続くと、次第にストレスを溜め込んで辛い気持ちになってしまいます。


恋愛について詳しく知りたい方へ読んで欲しいおすすめの本3冊

もっと詳しく恋愛をする意味について知りたい人は、本を読んで恋愛について勉強するとより知識が深まるでしょう。恋愛をする意味について考えるヒントになるおすすめの本を3冊ピックアップしてご紹介します。


おすすめの本1. 『愛するということ』エーリッヒ・フロム著

愛するということ 新訳版

愛するための技術や生きるためのヒントを学術的に学ぶことができます。

愛こそが人間にとってのオアシスだとして、愛についての理論や愛するための技術を習得することが大切など、とことん愛について掘り下げているので、愛にする意味について知りたい人におすすめです。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本2. 『恋愛とは何か―初めて人を愛する日のために』遠藤 周作著

恋愛とは何か―初めて人を愛する日のために (角川文庫 緑 245-5)

題名にある通り「恋愛とは何か」について恋愛初心者でもわかるように書かれています。

情と愛の違いについて、精神と肉体についてなど、昭和47年に書かれた恋愛論ですが現代でも恋愛について確認できる指南書としておすすめです。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本3. 『超恋愛論』吉本 隆明著

超恋愛論 (だいわ文庫)

夏目漱石の作品や著者自身の実生活を例に、文学的な視点から恋愛や結婚について考察するなど、著者独特の表現で恋愛について語られています。

恋愛文学論として少し違った視点から恋愛について考えたい人におすすめの1冊です。

Amazonで詳細を見る


知っておきたい!恋愛に関する名言や格言3選

恋愛について悩んだり迷ったりした時には、名言や格言によって気付かされることがあります。

最後に、恋愛に関する名言や格言を3つピックアップしました。シンプルにまとめられた偉人たちの言葉をぜひ覚えておきましょう。


おすすめの名言1. 『恋とは自分本位なもの、愛とは相手本位なもの。』美輪明宏

人生や恋愛について数多くの名言を残している美輪明宏さんによる名言です。

愛は相手本位なものなので、相手が幸せであればそれでいい。一方で、恋は自分本位なものなので、自分本位になったり相手本位になったりすることで苦しさを感じるという意味があります。


おすすめの名言2. 『男の幸せは「われ欲す」、女の幸せは「彼欲す」ということである。』ニーチェ

数多くいる哲学者の中でも広く知られているドイツの哲学者、フリードリヒ・ニーチェによる名言です。

男性の幸せはとことん自分を追求すること、女性の幸せには男性が必要であるという、男性と女性の差を表した名言です。


おすすめの名言3. 『恋愛は、チャンスではないと思う。私はそれを意志だと思う。』太宰治

走れメロスで有名な太宰治が残した恋愛の名言です。

恋愛に発展しそうなチャンスがあっても、それを活かすためには自分の意思がなければ恋愛には至りません。裏を返せば意思さえあればチャンスがなくても恋愛ができるという意味合いがあります。


素敵な人と出会って、最高の恋愛をしてみましょう。

恋愛は楽しいことだけでなく、相手を思うがあまり、辛い気持ちになることもあります。しかし、そんな感情を味わえるのも恋愛をしたからこそ。

恋愛で辛い気持ちになると「恋愛をする意味ってあるの?」と考えてしまうこともあるでしょう。そんな時に、今回の記事を読んで恋愛をする意味について考える参考にしてみてくださいね。

恋愛に対して苦手意識を持たず、素敵な恋をしていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事