“恋のABC”の意味とは?その先に続く“DEFZ”と“HIJK”の内容がやばい!

恋の「ABC」の意味を知りたい人へ。本記事では、恋のABCの意味から、その先のステップ「DEFZ」「HIJK」まで解説していきますので、ぜひチェックしてくださいね!

恋のABCの意味とは?恋愛をスムーズに進める3つのステップ

恋の「ABC」の意味とは

恋のABCという言葉は、10代~20代前半の若い世代だと知らない人も多いでしょう。それ以上の年代の方は、懐かしいと感じるのではありませんか。

というのも、恋のABCは1980年代に流行した言葉

恋のABCとは、恋愛の進み具合を表現した隠語で、ABCというアルファベットそれぞれに意味があります。

当時は友人と恋愛について話すときに「エッチ」とストレートに話すのは恥ずかしいと感じている人が多かったのです。

そんな時にABCという単語に意味を持たせることで、気軽に話すことができるようになったと言われています。

ここからは、恋のABCの意味と恋愛を進める順序について紹介します。

恋のABCの意味とは
タップすると移動します

A:「キス」

恋のファーストステップがキスなのは、ちょっと不思議に思うかもしれません。

でも、最初のアルファベット「A」はキスのこと。キスは恋人になってからの最初の一歩ととらえられていました。

というのも、手を繋ぐ、肩を抱かれる、は恋愛関係に入る前の状態でも経験できるので、恋のABCには含まれないのです。

ファーストキスは恋愛経験においてとても大切にとらえられていますが、恋人同士が恋愛を進める上でキスは特別なもの。

恋のステップは最初のキスから始まると覚えておきましょう。


B:「ペッティング」

ペッティングと言われてもわからない人も多いくらい、最近では使われない言葉ですが、「B」はペッティング(愛撫)を意味します。

具体的に言うと愛撫=挿入のないのセックスのことをさしています。

胸をもむなど、セックスで挿入する前段階に行う性的刺激を伴う行為全般のことだと思ってください。

Bのペッティングも、お互いの愛情を深める大切な行為ですよね。


C:「セックス」

「C」はセックス

「C」は挿入を伴う性行為のことで、恋を上手く進める上で最後のステップ、セックスのことを意味します。

当時セックスという言葉は、人前で話すのは恥ずかしく感じる人が多く「C」と表現することで、友達とも照れがなく話すことができました。

今でもセックスという直接的な表現はなかなか使わないですが、特に1980年代は性的な関係をあからさまに話すのは避けられていたのです。

恋愛のステップABCはキスして愛撫してエッチすることだということがわかりましたね。


“恋のABC”の続きと言われる「DEFZ」の意味とは?

恋の「ABC」の続きと言われる「DEFZ」とは?

恋愛のステップを表す言葉はABCで終わりと思っている人も多いですが、実はその先のステップ「DEFZ」があります。

DEFは順番通りですが、最後にいきなり飛んで「Z」が来るのも気になりますよね。

ここでは、ABCの続きのDEFZにはどんな意味があるのかを解説しましょう。

ABCの続きのDEFZの意味とは
タップすると移動します

D:「妊娠」

恋人のステップとしてABCは順調に進んで、次に来る「D」は妊娠のことを表しています。セックスの後の段階が、妊娠というのはちょっと意外に感じますね。

実はDの妊娠には、注意喚起の意味があります。1979年に放映されたドラマ「金八先生」では中学生が妊娠するというテーマを扱い、1980年代は学生の妊娠が社会現象になりました。

避妊せずにセックスをすれば、妊娠する可能性があるということを若い世代に注意喚起し、「気をつけなさい」という意味を伝えるために、Dが妊娠なのです。


E:「結婚」

「E」の結婚という意味は、妊娠の次に結婚が来ることから、できちゃった結婚を表しているといっていいでしょう。

今は授かり婚ともいわれ、あまり珍しくないパターンですが、昔は結婚の前に妊娠すると「順番が違う」と周りから言われる時代だったので、肩身の狭い思いをしました。

悪いことではありませんが、今でも子供は結婚してから作るものという考えは、多いかもしれないですね。

もし結婚から妊娠した場合、友達と話すときは「私はABCEDだった」などと話しますよ。


F:「家族」

「F」は家族

英語のファミリー(Family)のFでもあり、Fは家族を意味しています。

妊娠して結婚をし、家族になる状態のことで、恋のステップのラストと言っていいでしょう。

恋人同士が結婚をすることで家族になります。妊娠して結婚する場合は、子供が産まれて家族が増えるでしょう。

また、当人同士だけではなく配偶者の両親、兄弟、親戚なども新しい家族。

今までは二人で恋のステップを進んできましたが、最終的には多くの人と関わり家族が増えることを意味するのです。


Z:「終わり」

最後のZは、「終わり」を意味し、2人の関係が終わってしまうことを言います。

つまり、離婚、家庭崩壊、破局など様々な説がありますが、全て終わりを意味する言葉です。

終わりというと、どうしてもネガティブな印象を受けてしまいますが、別れることで前を向いて2人がお互いの道を歩いていくというとらえ方もあります。

Zは、終わりという意味ですが、その意味はカップルによっていくつもあると言えるでしょう。


恋のABCはもう古い!?最近は「HIJK」が多いらしい!

恋のABCの現代版は「HIJK」

1980年代によく使われていた恋のABC、そしてDEFZについて解説しましたが、実は現在でも恋のステップを表す「HIJK」という言葉があります。

ここからは現代版の恋のステップHIJKについて、意味を解説しましょう。

現代版の恋のステップHIJK
タップすると移動します

H:「エッチ」

Hは、読み方の通りエッチのことでセックスの意味があります。

先ほどの恋のABCでは、恋人同士の最後のステップだったセックスが、現代版ではいきなりHが始まり。

今は結婚前にセックスをするカップルは当たり前ですが、昔は結婚してから初めてエッチをするというケースが多かったのです。

時代が変わることで、付き合ってすぐにセックスすることも珍しくなくなったことから、最初にHとなりました。

このHには挿入前のAとBも含んだ範囲と考えられています。


I:「愛」

Iは「愛」という意味で、読んだままの意味があり、Hと同様に隠語という感じではないですね。

セックスの後に愛という順番は、セックスの後に愛情が生まれるということ。昔と今の価値観の違いは大きく、付き合う前からセックスするのもあり、という考えがあります。

もちろん、愛情があるからセックスをするという順番でステップを進めていくカップルは多いですが、その反対のケースもあるということです。

昔と違い、セフレ(セックスフレンド)という関係もあることから、性に関して昔よりオープンになっていると言えるでしょう。


J:「ジュニア」

「J」はジュニア

Jはジュニア、つまり子供という意味があります。

妊娠して子供ができたという状態を表しますが、恋のABCのような妊娠の注意喚起の意味は含まれていません。

『授かり婚』という言葉は、ここ数年で言われるようになりましたが、芸能人でもできちゃった婚は多く、それだけ一般的になったと言えるでしょう。

もちろん結婚してから妊娠する人も多いですが、順番が逆だからといってとやかく言う人が減ってきてると言えます。


K:「結婚」

恋のABCでも結婚が恋愛のゴールとして出てきますが、HIJKのラストも結婚という意味があります。

結婚をしないカップルもいますが、男性も女性も多くの人が恋愛で最終的にたどり着くのが結婚。

ただ現代のHIJKの結婚というのは、広範囲を意味しています。

婚姻届けを出して結婚の契約をするだけではなく、事実婚など様々な愛のカタチを含んだ言葉と言えますよ。


恋の「ABC」から「HIJK」に変化した理由とは?

恋の「ABC」から「HIJK」に変化した理由は?

「恋愛のステップは何で昔と違うの?」

「恋を上手く進めるために、今の恋愛事情が知りたい」

昔と今とでは恋愛の進め方に変化があったのなら、どんな理由なのか知っておきたいですよね。以前のABCからHIJKに変化したのは、どんな意味があるのでしょうか。

恋愛を上手く進めるためにも、恋のステップがどのように変化したのか見ていきましょう。


理由1. 自由恋愛が一般化して、順序のこだわりがなくなった

一昔前の日本では、男女の出会いはお見合いで、結婚相手が決まった状態から恋愛を進めることが少なくありませんでした。

現代でもお見合いという文化はありますが、ほとんどが自由恋愛となり、男性も女性も好きな人を自分で選んで結婚まで進めていきます

そして、デートする前にセックスをし、身体の相性を見てから付き合うなど、恋の進め方も変わりました。

出会い方や恋愛のスタイルが多様化したので、どうやって恋を進めていくのが正解なのか、というこだわりがなくなったのが理由の一つです。


理由2. 異性との出会い方が変わった

ネット文化が発達して男女の出会いも、出会い系アプリ、婚活アプリなどネットを介して行われるのが当たり前の時代。

昔はお見合いという堅苦しいものだけではなく、友達の紹介、仕事の上司からの紹介で異性と出会うことも多かったのです。

そういった出会いの場合、周囲の関係者を気にして恋愛を進めなければいけません。

でも、現代は、誰に気兼ねすることがなく自分のやり方で異性と出会い、恋愛をステップアップすることが可能

付き合う前にセックスをして相性を確かめるということもできるようになり、出会い方が変化したのです。


理由3. SNSの普及によって、恋愛の多様性が可視化された

SNSの普及によって、恋愛の多様化が可視化された

恋愛の在り方や順序は人それぞれですが、可視化されていなかったので、恋愛初心者はどうやって恋をして進めていけばいいのかわからず、手探り状態でした。

でも、現代ではTwitterやインスタなどSNSが急速に発達することで、誰でも手軽に自分のことが発信できるため、様々な恋愛のやり方や順序、恋愛観が拡散されたのです。

恋愛の多様化が可視化されたことによって、出会い方や進め方に色々な方法があるということがわかり、それを周りが真似して実行するようになったといわれていますよ。


恋のABCから学ぶ恋愛の進め方|好きな人と関係を深める3つのコツとは?

恋のABCから学べる恋愛のコツ

「好きな人がいるけどなかなか関係が進まない」

「デートより先に行きたいけど、上手くいかない」

男性でも女性でも、恋愛を思い通りに進めるのは難しく、次のステップに進むタイミングがわからないという方も多いはず。

でも、恋愛をステップアップするために、順序や考え方など恋のABCから学べることがたくさんありそうですよね。

恋のABCそして現代のHIJKを参考に、恋愛のコツをつかんでいきましょう。


恋愛のコツ1. 人によって恋愛の価値観は違うことを理解する

上記で解説してきたように、恋のABCからHIJKと時代とともに、様々な恋愛の形があることが浸透してきました。

恋愛の価値観が多様化したことで、順番や出会い方まで色々。

HIJKのようにデートする前にセックスし、そこから気が合って付き合うカップルもいます。そして、DEFのように、結婚する前に妊娠するのも今は少なくありません。

恋愛の形は100人いれば100通りあるので、お互いの価値観を分かり合うためにもよく話し合ったり、自分の価値観を押し付けないことで2人の関係が深まるでしょう。


恋愛のコツ2. どの順序を踏むかで恋の結末は変わると覚えておく

恋のABCでは、結婚の前に妊娠がありましたし、HIJKではいきなりエッチが一番先でした。

今は恋愛をする上で、順番が大切なのではなくいろいろな形から自分で選べるということがわかったでしょう。

ただ、順番次第では恋がいきなり終わってしまうことも全然あります。例えばいきなりエッチをして妊娠すると、相手の出方次第では別れなければいかない状態にもなりかねません。

恋の順番に正解はないですが、お互いの価値観に合う順序を踏まないと破局に繋がりやすくなるということは覚えておかないといけませんよ。


恋愛のコツ3. 理想だけ追い求めないで、自分磨きを怠らない

自分を高める努力を怠らない

相手ばかりに自分の理想を追い求めても、自分が魅力的でなければ恋愛に発展しづらいでしょう。

「こういう人になって欲しい」「理想の彼女が欲しい」と自分の理想を過剰に要求していないでしょうか。まずは自分からという意識を大事にして、自分磨きを怠らないことが大切。

二人の関係をベストにするためにも、思いやりや気遣いなどの人間力を高めていきましょう。

【参考記事】はこちら▽


恋のABCを参考に、素敵な恋愛のステップを踏んでみて。

恋のABCは80年代に流行した恋愛の進め方でしたが、今の恋愛にも通じる面がありました。

現代版のHIJKには、時代とともに恋愛の価値観が多様化しているのが現れていましたね。

恋愛を上手く進められない、異性の考え方がわからないと悩んでいる人は、お互いの価値観を理解することが大切

自分を磨きながら、相手の気持ちを理解して、大事に恋愛のステップを進めてみましょう、きっとうまくいきますよ。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事