【短文】恋愛のひとこと名言25選|ワンフレーズで心に響く言葉のおすすめとは?

恋愛に悩んでいる方々へ。この記事では、覚えやすい恋愛に関する偉人の短い名言をたくさん紹介します!

【短文】心に刺さる恋愛のひとこと名言25選|背中を押してくれる言葉とは?

心に刺さる恋愛名言

「大好きな恋人に振られてしまった」

「好きな想いを伝えたいのに、なかなか勇気がでない」

恋愛は、人を楽しい気持ちにさせたり、悲しい気持ちにさせたりしますよね。

今回は、そんな恋愛をテーマに偉人が残した短文の名言をご紹介します。

勇気を与えてくれるものや、愛について深く考えさせてくれるものを選びました。

短い言葉で覚えやすいものばかりなので、ふとした時に思い出せ、あなたの背中を押してくれるでしょう。


恋愛名言1. 「愛に触れると誰でも詩人になる。」/プラトン

古代ギリシャの哲学者、プラトンが残した恋愛の名言です。

好きな人ができると、いつもの景色が違って見えたり、センチメンタルな気分になったりしますよね。

そんな気持ちを「誰でも詩人になる。」と短い文章で表現した素敵な言葉です。


恋愛名言2. 「ひと目惚れを信じることよ。」/サラ・ベルナール

自分が成功するだけでなく、若き芸術家の才能を見出したことでも知られるフランス出身の女優、サラ・ベルナールの一言です。

人の才能を見出した彼女が言うからこそ、説得力がありますよね。ひと目惚れで悩んでいる人の気持ちを前向きにしてくれるワンフレーズです。

もし、ひと目惚れした相手がいれば、ときめいたその気持ちを信じてみてください。


恋愛名言3. 「もっとも永く続く愛は、報われぬ愛である。」/サマセット・モーム

イギリスの劇作家、小説家であるサマセット・モームはこのような言葉を残しています。

「報われなかった愛」を悲観的に受け止めるのではなく、大切な思い出にしようという気持ちに切り替えさせてくれるでしょう。


恋愛名言4. 「愛とは、決して後悔しないことだ。」/エリック・シーガル

ニューヨーク生まれの作家、脚本家、小説家であるエリック・シーガル。

この言葉は、エリック・シーガルが制作した映画のワンフレーズです。

例え、付き合っていた人と別れてしまったり、恋人のことで落ち込むことがあったとしても、それ以上の幸せをもらったり、何か学びを得たはず。

人を愛したことを決して後悔してはいけません


恋愛名言5. 「真の恋の道は、茨の道である。」/シェイクスピア

「ロミオとジュリエット」「ハムレット」など、様々な傑作を残したシェイクスピアの言葉です。

恋をすると、ポジティブなことだけでなく、泣いてしまうほど辛いことや自分のことが嫌になるほど落ち込みこともありますよね。しかし、それは本当の恋をしているから

短い文章ながらも、恋をして辛い思いをしている全ての人を、前向きな気持ちにしてくれる、素敵な短文名言です。


恋愛名言6. 「人生で最もすばらしい癒し、それが愛なのだ。」/パブロ・ピカソ

現代でも、多くのファンをもつフランスの画家ピカソの残した言葉です。

好きな人にギュッとしてもらったり、褒めてもらえたり、ただ笑いあったりするだけで、心が癒され、元気になれますよね。 そんな感情を端的に一言で表した素晴らしい名言です。


恋愛名言7. 「恋。普通の娘を女神と間違うこと。」/メンケン

アメリカのジャーナリストである、ヘンリー・ルイス・メンケンはこう言っています。

「恋は盲目」という言葉もありますが、この言葉を素敵に表現した名言ですよね。

周りからは「そんなに良い人?」と思えるような人でも自分にとっては女神なような人に見える

…それはきっと恋をしている証拠です。


恋愛名言8. 「人生は愛という蜜をもつ花である。」/ヴィクトル・ユーゴー

「レ・ミゼラブル」の著者として有名なヴィクトル・ユーゴーの残した言葉です。

人生を花と例え、愛を蜜と例えたこの名言。人生の中で「愛」こそが最も甘く、幸福をもたらしてくれるものなのだと教えてくれます。


恋愛名言9. 「本物の愛の物語には、結末なんてない。」/リチャード・バック

アメリカ生まれの飛行家、作家であるリチャード・バッグが残した言葉です。

あなたのする恋愛はフィクションなんかではありません。だからこそ、失恋も結婚もゴールではなく、物語の一部にすぎないのです。

自分の恋愛が終わってしまったと気分が落ち込んでしまっている人に、届いてほしい一言。

それはまだ、物語の途中なのだから、全ては気持ちの持持ちようです。

気持ちを切り替えて、物語の続きを楽しみましょう


恋愛名言10. 「愛について語ることは、愛することである。」/バルザック

19世紀のフランスを代表する小説家であるバルザックが残した名言です。

きっと、誰かを愛さないと愛については語れないのでしょう。

あなたが愛について語っている時、それは既に誰かを愛してる証拠なのかもしれませんね。


恋愛名言11. 「愛することは、愛されること。」/ジャン・コクトー

詩人、小説家、劇作家として有名なだけでなく、画家、映画監督としての活動も行い、多彩な才能を発揮したジャン・コクトーの残した名言です。

恋愛をしていると、「どうして私ばっかり…」と思ってしまったり、「本当に自分のことを好きなのか?」と不安になってしまうことも。

しかし、愛されるためには、まずは自分から愛すること。自分から愛すると相手からも愛されると教えてくれる名言です。


恋愛名言12. 「君のいない天国よりも、君のいる地獄を選ぶ。」/スタンダール

フランスの小説家、スタンダールが残した言葉です。

どこへ行くかより、誰といるか。好きな人がいるのならば天国よりも地獄を選ぶというこの言葉は、好きな人がいることの素晴らしさを感じさせてくれる、素敵なポエムです。


恋愛名言13. 「恋は全て初恋です。相手が違うからです。」/中谷彰宏

日本の著作家として活動している中谷彰宏。

恋愛していると、相手のことで悩むことや戸惑うこともたくさんありますよね。しかし、それで当然。なぜなら、それは「初めての恋」なのだから。

恋愛がうまくできないと悩んでいる人におすすめの短文名言です。


恋愛名言14. 「誠の恋をするものは、みな一目で恋をする。」/シェイクスピア

シェイクスピアの名言は一つだけではありません。

相手のことを全く知らないのに、なぜか心が引かれてしまう。そんなことってありますよね。

周りからすれば軽率に見えるかもしれませんが、きっとそれは「誠の恋」なのです。

ひと目惚れの恋に勇気を与えてくれる素敵な短文の名言です。


恋愛名言15. 「妻は目ではなく耳で選べ。」/トーマス・フラー

イギリスの聖職者、歴史家であるトーマス・フラーが残した言葉です。

この言葉は、結婚する相手は容姿ではなく、周りの評判で選べという意味だそう。

付き合う相手はついつい「顔がタイプ」「かわいい」などで選んでしまいがちです。

しかし、結婚相手を選ぶときは外見よりも女性の内面に目を向けようと思わせてくれる言葉です。


恋愛名言16. 「恋愛とは二人で愚かになることだ。」/ポール・ヴァレリー

フランスの詩人、劇作家、小説家のポール・ヴァレリー。

恋愛をすると、普段は考えられないような言動をしてしまうことも。

しかし、それは自分だけでなく、相手も同じかもしれません。

2人ともが愚かになること、それが恋愛なのだと教えてくれるポエムです。


恋愛名言17. 「恋の悲劇は、無関心である。」/サマセット・モーム

イギリスの劇作家・小説家のサマセット・モーム。

好きだからこそ、相手にイライラしてしまうことや、相手の言動に傷ついてしまうこともありますよね。そんな時にこそ、思い出して欲しい言葉です。

そのイライラや辛いという感情は好きであるからこそ

「無関心」になってしまった時こそが、恋心がなくなってしまった時なのでしょう。


恋愛名言18. 「愛せなければ通過せよ。」/ニーチェ

世界的に有名で人気の高いドイツの哲学者ニーチェ。彼はこのような言葉を残しました。

「相手から告白をされて、好きではないけれども付き合ってみるか悩んでいる」「数年間一緒にいるけれども、好きなのかわからない」

恋愛の形は人それぞれですが、もしあなたが今、相手を愛せないと悩んでいる場合、もしかしたら相手とは離れた方が良いのかもしれませんね。

相手との関係に踏ん切りがつかない人の背中を押してくれる、おすすめの名言です。


恋愛名言19. 「変わらないのは、ときめく気持ち。」/シルヴィア・プラス

アメリカの女性詩人、小説家、短編作家のシルヴィア・プラス。

変わらない人なんていません。結婚、出産などの人生の大きなターニングポイントを超えればそれはなおのことです。

しかし、シルヴィア・プラスは「ときめく気持ち」は変わらないと言っています。

生涯、ときめきを忘れないでいられる相手と出会えることこそ、人生の幸福なのかもしれませんね。


恋愛名言20. 「わたしは今、愛の何たるかを知る。」/ウェルギリウス

古代ローマの代表的な詩人であるウェルギリウスの残した名言がこちらです。

愛がどのようなものであるか、それは愛を経験した人にしかわからないのかもしれません。愛は机上のものではなく、体験をしたからこそ知れるものなのでしょう。

片思いも両想いも成就した恋も、全て自分の糧になる大切な経験だと思えますよね。


恋愛名言21. 「恋はうぬぼれと希望の闘争だ。」/スタンダール

「もしかしたら、両想いかも?」

片思いをすると、そう思うことも多いでしょう。

その思いはあなたにとって「希望」である一方、ただの「うぬぼれ」かもしれません。

しかし、それで良いのです。

恋はうぬぼれと希望の闘争なのだから。短いながらに、揺れ動く心を端的にとらえたポエムです。


恋愛名言22. 「愛の輝きのない人生は、無意味だ。」/フリードリヒ・フォン・シラー

ゲーテと並ぶドイツ古典主義の代表者であるフリードリヒ・フォン・シラー。愛の輝きのない人生を「無意味だ」とまで言い切っています。

辛くても、傷ついたとしても、人を愛し愛されること、それこそがあなたの人生に意味を与えてくれるのかもしれませんね。

そう思うと、恋愛をしたいと、ポジティブな気持ちにさせてくれます。

人を愛することが怖くなってしまった人に、おすすめの短文名言です。


恋愛名言23. 「星は暗闇がなければ輝けない。」/クリス・メナス

「恋人といる時間が何よりも幸せで楽しい」そう思えたら素敵ですよね。

しかし、その時間を楽しく思えるのは、普段あなたが仕事や日々の生活を頑張っているからかもしれません。

辛い時間があるからこそ、楽しい時間が星のように輝く

どんな時間も、あなたにとって大切な人生だと、この言葉は教えてくれます。


恋愛名言24. 「結婚するのはたった一つの理由からよ。それは、愛。」/マリリン・モンロー

元祖「セックスシンボル」としても知られるアメリカの女優、マリリンモンロー。

結婚に悩んでしまった時に思い出して欲しいのが、この言葉です。

結婚に踏み切る前、仕事やお金、家族のことなど、色々考えてしまいますよね。

しかし、もっと単純な話なのかもしれません。

相手を愛していること、それだけで結婚の理由は十分なのです。

あのマリリンモンローが言っていたと思うと、結婚に前向きな気持ちになれます。


恋愛名言25. 「恋ほど素晴らしいものはないわ。」/オプラ・ウィンフリー

アメリカのテレビ番組の司会者、女優、慈善家であるオプラ・ウィンフリー。

様々な活動をしている彼女の言葉だからこそ、説得力があります。

人生は、仕事や趣味など、恋愛以外にも心を満たしてくれるものは多いでしょう。

しかし、「恋」でしか得られないものもある

「恋」こそが人生の糧になり、他のことも頑張れるのかもしれませんね。

そんな、恋することの素晴らしさを再確認させてくれる言葉です。片思いでも構わないから、誰かに恋をしたいと思わせてくれます。


恋愛に役立つ短文の名言を参考にしてみて。

恋愛をすると、新しい自分に出会えたり、ポジティブな気持ちになれる一方、落ち込むことや、不安になることもありますよね。

でも、そんな恋愛だからこそ、人生に彩りを与えてくれるのでしょう。

恋愛で立ち止まってしまうことや悩むこともたくさんあると思いますが、そういう時こそ、偉人たちの言葉を思い出して元気になってくださいね。

ぜひ、お気に入りのワンフレーズを胸にそっとしまってみてください。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事