好きがわからない!人を好きになるタイミング&恋愛感情の気付き方とは

しばらく恋愛から遠ざかっていると、「好きな気持ちがわからない」と思う時ってありますよね。そこで今回は、好きがわからない人に向けて、異性を好きになる瞬間やタイミングと恋に落ちた時の症状を大公開!自分が今恋をしているかどうか、恋愛感情を理解する方法も併せて解説していきます。

好きがわからないと感じている男女へ。

人を好きな時の感情&恋愛感情を理解する方法

友達の彼氏・彼女を見てもいまいちピンとこなくて、恋愛感情とはどんな気持ちなのか分からず悩んでいませんか。

人を好きになる意味がわからないと、恋に落ちるのも、恋愛経験も積めませんよね。

そこで今回は、好きがわからない人のために恋愛感情とは何かを紹介します。また、モテない理由と恋に落ちるタイミングや恋愛感情を理解する方法も徹底解説するので、参考にしてみてくださいね。


好きの感情が分からない人必見!人を好きな時の主な症状とは

彼氏や彼女が欲しい、人と付き合うことを経験したいと思っても、そもそも好きがわからないと恋愛感情は持てませんよね。

まずは、人を好きになるとはどんな状態になるのか、恋愛感情を持つと出る8つの症状を見てみましょう。


好きの感情1. 会うと不思議と嬉しくて笑顔になる

人を好きになると、その人のことを考えるだけで楽しく幸せな気分になれます。

さらに、好きな人本人に会うと、一緒の時間を過ごせるという喜びが自然とあふれてきて、会えただけでさらに嬉しくなってしまうのです。

恋愛感情を持っている相手に対して、直接会えた嬉しさから自然と笑顔になってしまうのも、人を好きになっている状態の一つですよ。


好きの感情2. 反対に会えないと思うと寂しく感じる

直接会えば嬉しい反面、なかなか会えないと、今度は好きな人のことがどんどん心配になってしまいます。

会えない間に他の男性や女性が好きになっていないか、自分から気持ちが離れていないか心配になったり、事故や病気になっていないかなどの不安が募るのも、恋愛感情を持っているからこそですよ。


好きの感情3. 他の異性と親しげに話していると、ヤキモチをやいてしまう

彼氏や彼女はもちろん、好きな人が自分から気持ちが離れていくのはとても怖いし不安です。

もしも好きな人が自分以外の人に気持ちを向けてしまいそうなら、自分から離れる不安から嫉妬心を抱くことになるでしょう。

他の異性を親しげにしているだけで、なぜかイライラしたり不安になったりするのも、好きの感情から来ていますよ。


好きの感情4. LINEを返信する時、送る前に内容を細かく再チェックしてしまう

恋愛感情を持っている相手に対して、できるだけ自分の悪いところや悪い印象は与えたくないと思うでしょう。

少しでも相手の気分を害することがないかと、行動や言動、さらにLINEやメールの内容も細かくチェックしがちに。

相手に嫌われたくない、少しでも良い印象を与えたいという気持ちから、ついついLINEも送信前に細かくチェックしてしまうのも恋愛感情を持っているから。


好きの感情5. 相手の前だと弱い部分やダメな所を隠したくなる

好きな人ができれば、いつでも100%の自分を見せていたいと自然と思うでしょう。自分の長所や魅力だけを相手に見せていれば、相手が自分から気持ちが離れることはありません。片思いの相手だったら、自分の長所や魅力に気づいて好きになってくれる可能性がありますよね。

自分の方だけ見て欲しい、好きになって欲しいという気持ちから、恋愛感情を持っている相手に対して「嫌われたくない」と思って自分の悪いところや嫌な部分は隠しがちな人は多いですよ。


好きの感情6. 会うと分かっている日は、服装や身だしなみに気合が入る

好きな人に見られることがあらかじめ分かっている時も、常に100%の自分の魅力を相手に見せられるように努力する人がほとんど。

いつでも魅力的な姿を見せることで、相手がこちらを見てくれる、好意を持ってくれる可能性も広がりますよね。

いつもはジャージやすっぴんといった人でも、好きな人に会える時はガーリーなファッションにメイクもばっちり、ということも多いです。


好きの感情7. 相手のことをもっと知りたいと思ってしまう

恋愛感情を抱いた相手に対しては、もっとその人の違った姿を見て、違う魅力の発見につなげたいと思うでしょう。

さらに、良い面だけでなく悪い面を見ようとして、その人自身を理解したいと考える人も少なくありません。

趣味や好きな事など、話題を合わせるための情報から、その人自身を理解する目的まで、相手のことをもっと知りたいと考える人も多いですよ。


好きの感情8. 相手から連絡の返信が来ないと不安になる

恋愛感情を抱いている相手に対しては、嫌われるのが一番怖いです。

相手に嫌われているかもしれない、と感じた時には不安になったり、自分に何か悪いことがなかったか後悔したりする人も少なくないでしょう。

LINEなどの返信が来ない時も、「もしかして嫌われるような内容を送ってしまったかも」と不安になってしまう傾向にありますよ。


人を好きになる瞬間やタイミングってどんな時?

好きがわからない人にとっては、そもそも恋愛感情がどんな時に湧き上がってくるかや、恋に落ちる瞬間も分かりませんよね。

好きがわからない人にぜひ参考にしてほしい、人を好きになる瞬間やタイミングを7つ紹介します。


タイミング1. 初めて会った瞬間に「一目惚れ」した時

男性でも女性でも、初対面の人と会う時は何の情報もないため、第一印象がその人を評価する重大な要素になりますよね。

もしも初対面での第一印象が、理想の男性や女性のタイプだったりすると、初めて会ったインパクトも加わって、その人への好意がより湧き上がりやすくなるでしょう。

第一印象がタイプに合致など、初対面で一目惚れするのも恋に落ちる瞬間の一つですよ。

【参考記事】はこちら▽


タイミング2. 気が強い人が優しくしてくれたり、ギャップを目にした時

普段見せる印象とは全く違った一面を見せて、良い面でのギャップを感じるとギャップ萌えとなります。

その人の魅力をさらに高め、普段異性として意識していなかった人でも恋愛感情を持つことも。

男性なら怖そうな人が実はとても優しかった、女性ならサバサバしている人が実はとても家庭的だったなど、ギャップ萌えも恋に落ちる瞬間ですね。

【参考記事】はこちら▽


タイミング3. 一緒にいると落ち着くし、安心すると感じた時

普段一緒に過ごしている友達や職場仲間の中でも、自分と同じ価値観があったり、似ている部分を見つけたりすると、友達としての好意が恋愛感情に発展することも。

同じ価値観を持っている相手とは気を遣わずに過ごせますので、ありのままの自分として付き合える相手を見つければ、生涯のパートナーとしての選択肢にも入ります。

異性の友達や職場仲間と一緒にいると、普段の自分のままでいられて落ち着くことに気が付くと、友達から恋人へステップアップするきっかけにもなりますね。


タイミング4. 自分の本心を見抜かれた時

相手のことを理解するためには、その人のことを誰よりも知っていなければいけませんよね。

もしも自分が隠していた本心を相手に言い当てられたなら、相手が自分のことを理解し、自分のことを知っているから。

他人を理解できるのは、その人に対して特別な感情がないとできませんよね。相手が自分に特別な感情を持っていることが分かるため、自分の気持ちを見抜かれたときも、恋愛感情を持つタイミングの一つ。


タイミング5. ボディタッチなど、軽いスキンシップがあった時

人間が相手との距離を取る、いわゆるパーソナルスペースは親密度が高ければ高いほど間が縮まりますよね。

もしも異性から直接触れられたりしたら、それだけ相手は親密度が高いと思っているから。

隣に立った時に男性や女性からさりげなく腕や肩に触れられるなど、軽いスキンシップがあれば、距離の近さを感じて一気に異性として意識するきっかけにもなりますよ。


タイミング6. 相手の一生懸命な姿を見て応援したいと思った時

好きな人に対しては、自分は何でもいいから力になってあげたいと自然と感じます。

もしも誰かが何かを頑張っている姿を見て、自分が力になれることがないかと考えているのなら、それはその人が好きだから。

一生懸命な相手を応援したいと思った時に、自分が恋愛感情を持っていることに気が付いて、そのまま恋に落ちることもありますよ。


タイミング7. ストレートに相手から好意を伝えられた時

普段友達として接している男性や女性に、友達としてではなく異性として見られていることに気が付いた瞬間も、自分が相手を異性として意識するきっかけになるため、恋に落ちる瞬間の一つ。

相手が友達としてではなく異性として好き、などストレートな告白を受けた時は、一気に相手を異性として意識し、友達から付き合うきっかけになることも少なくないですよ。

【参考記事】はこちら▽


好きの感情がわからない主な理由

恋に落ちる瞬間やタイミングを知ると、もしかすると既に自分は好きな人がいるのかも、と気が付く人もいるかもしれませんね。

一方で、全く好きがわからない人は、タイミングを知っても恋愛感情そのものが理解できません。

実は、好きがわからない人の裏には、好きがわからない元となっている理由があります。主な5つの好きがわからない理由を見てみましょう。


理由1. そもそも異性と付き合った経験がないから

元々好きがわからない人でも、異性と付き合う、カップルになることで徐々に恋愛感情を経験していくことも少なくありません。

好きがわからないままノリで付き合っても、どんどん相手が好きになるということもあるのです。

経験によって恋愛感情を学ぶことができますが、そもそも恋愛経験をつまないと、好きがわからないままですよね。付き合う経験がない、彼氏や彼女を持ったことがないのも、好きが分からない理由の一つです。

【参考記事】はこちら▽


理由2. 人に対して興味や関心が薄いから

好きがわからない人の中には、そもそも異性だけでなく同性も含めて、人そのものとの付き合いが苦手、周りの人が気にならないと言う人も少なくありません。

人そのものに興味や関心がないと、当然好意をもたないため、付き合うことも恋愛感情を持つこともないですよね。

興味がないと人の長所や魅力に気づかず、逆に告白されても付き合いが面倒と思ってしまうでしょう。

【参考記事】はこちら▽


理由3. プライドが高く、人を好きになるハードルが高すぎるから

人が好きになるのは、その人の内面から外見まで魅力的だと思うポイントを踏まえてですよね。

ところが、人を魅力的に感じるポイントがなければ、当然人を好きになることはありません。理想が高く、カップルや恋人にロマンばかり追い求めていると、なかなか自分の理想に合致した人は現れませんよね。

異性に対して求めるハードルが高すぎるため、理想通りの相手に出会えず、好きがわからない理由となるのです。

【参考記事】はこちら▽


理由4. 誰かにときめいたり、キュンとしたりした経験がない

初対面での一目惚れや、ギャップ萌えなど、恋に落ちたり人を好きになったりするきっかけは実は身近にたくさんあります。

ところが、人よりも感情の起伏が少なかったり、人に対しての関心が薄かったりすると、人に急激に好意を持つ機会を自分から失ってしまうでしょう。

一目惚れやときめきを実際に経験したことがないため、感情として理解できないのも恋愛感情が分からない理由の一つ。


理由5. 異性に対して苦手意識を抱いているから

その人の内面や性格に触れず、ただ異性と言うだけで警戒してしまい、壁を作ってしまう人もいますよね。

元々女性が多い環境で育ってきたため男性が苦手、など、異性に対して苦手意識を持ってしまうと、おのずと自分から異性を遠ざけようとしてしまいます。

異性に警戒心がある、接触できないためおのずと恋愛感情が持てず、好きがわからない状態となるでしょう。


好きの感情が分からない人に最適!恋愛感情を理解する方法

好きがわからない理由は人それぞれにあります。今は好きがわからない状態でも、いつかは素敵な恋人と恋愛経験を踏みたい、カップルらしいことがしたい、と望んでいる人も多いですよね。

次に、好きが分からない人のために恋愛感情を理解する5つの方法をご紹介します。


理解する方法1. 恋愛映画を鑑賞してみる

恋愛経験がない、ときめきを感じたことがない場合は、客観的に恋愛感情を体験してみるのも有効な方法です。

恋愛感情とはどんなものなのか、カップルとは何かを客観的に見る方法の一つが、恋愛映画です。

今は国内外問わず豊富なジャンルの恋愛映画があります。映画の主人公たちを客観視したり、自分と立場を重ねてみたりすると、恋愛感情を疑似体験できるでしょう。


理解する方法2. 恋愛小説を読んでみる

映像とは違って、文字で読むことで想像力を働かせ、自分らしい恋愛感情の理解につながる方法が、恋愛小説を読むこと。

主人公や風景は挿絵がなければ文字からの情報を読み取らなければいけないため、読む人によって全く違った情景を思い浮かべながら読み進められるでしょう。

想像力を働かせるため、恋愛感情やカップルの姿を自分に投影しやすいのも特徴ですよ。


理解する方法3. ラブストーリーのドラマを観てみる

身近なシチュエーションから恋愛感情を理解できる方法が、ラブストーリーのドラマ鑑賞です。

オフィスものや家族ものなど、よりリアリティのある設定で恋愛模様が繰り広げられるため、自分と似た状況の主人公や舞台のドラマを選べば、より作品に感情移入しやすいでしょう。

ジャンルも豊富にあるので、リアルな恋愛感情の理解にぜひ役立てて下さいね。


理解する方法4. 仲のいい友人と恋愛トークをしてみる

既にカップルになっている、付き合う回数が多く恋愛経験豊富な友達に、好きな感情とは何かを聞くのも有効な方法です。

人によって恋愛感情の持ち方や恋に落ちるタイミングは異なるので、色々な友達から恋愛話を聞けば、自分も人が好きになれる瞬間やタイミングを見つけるきっかけになるかもしれません。

身近な人からの体験談でサンプルも多いため、自分の好きがわからない理由や原因が分かることもありますよ。


理解する方法5. 異性と接する機会を増やしてみる

そもそも異性に苦手意識を持っている間は、自分から異性を遠ざけてしまっているため、人を好きになるのは物理的に無理ですよね。

異性に苦手意識を持っている場合は、気軽な気持ちで少しずつ異性と触れ合う機会を増やし、だんだんと慣れていくのがおすすめ。

異性と触れ合う機会が増えれば触れるほど、より多くの異性の魅力や長所の発見や、自分と価値観が合う人に出会える可能性も高まり、人を好きになれる可能性も高くなりますよ。


好きがわからない時は、理解する方法を試してみて。

好きが分からないと、恋愛が楽しめないだけでなく、人との深い信頼関係を築く上でも障害になってしまいます。

好きが分からない理由は人それぞれ。まずは恋愛感情とは何かと、自分の好きが分からない理由を知るのが第一歩です。

少しずつ人が好きになれる方法を試してみれば、いつか恋人と素敵な恋愛ができるようになりますよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事