嫉妬心を抱いた男女の特徴とは?嫉妬の原因&妬みをなくす方法を解説!

好きな人や恋人にはもちろん、同性に対しても嫉妬をする瞬間ってありますよね。そこで今回は、嫉妬心の意味から嫉妬をしてしまう原因、嫉妬心を抱きやすい人の特徴を紹介していきます。もし自分が嫉妬しやすい性格の持ち主であれば、克服方法も紹介しますので参考にしてみてくださいね。

嫉妬心を抱きやすい人っていますよね。

嫉妬心を抱いた男女の特徴

仕事や恋愛でいつも誰かを嫉んでしまう、嫉妬心が強い人。女性はもちろん、男性の嫉妬心が強い人もいるでしょう。

また、嫉妬心が強いからこそ自己嫌悪になってしまう人も多いですよね。

ここでは、嫉妬心の意味や抱いてしまう原因、嫉妬心をなくす方法をご紹介します。

独占欲や嫉妬心を上手にコントロールしたい人も、ぜひ参考にしてくださいね。


そもそも「嫉妬心」の意味とは?

嫉妬心(しっとしん)の嫉妬とは、仕事などで自分よりも優れている誰かを嫉む、恋愛では愛している人が自分以外の誰かに気持ちが向くのを憎んだり恨んだりする様子を意味します。

嫉妬心とは、嫉妬の感情を抱いている心理状態のこと。仕事でも恋愛でも、すぐに他人へ嫉妬をしてしまう人は、嫉妬心が強い人といえるでしょう。


「嫉妬」と「ヤキモチ」の違いは?

嫉妬とヤキモチ両方とも、愛している人が自分以外の誰かに気持ちが向くのを憎む意味を持っていますが、ニュアンスが微妙に異なります。

嫉妬は憎む、恨むといったネガティブな感情が強いのに対して、ヤキモチは大切な人への愛情が強いあまりに焼いてしまう健気な様子を指していますよね。

なお、ヤキモチは主に恋愛に対して使いますが、嫉妬は恋愛以外の仕事などの状況に対しても使う違いもありますよ。

【参考記事】はこちら▽


嫉妬心を抱く主な原因とは?

嫉妬心とは恋愛や仕事を始め、様々な状況で人が抱いてしまう感情の一つ。

嫉妬心が強い人も弱い人もいますが、どのような時に嫉妬心を抱くのでしょうか。

人が嫉妬心を抱く具体的な原因を恋愛、仕事、学校、プライベートの4つの状況に分けて見てみましょう。


恋愛において嫉妬心を抱く原因

嫉妬心を抱く代表的な状況といえば、恋愛ですよね。恋愛において女性や男性の嫉妬心はどんな時に抱くのでしょうか。

今恋愛中の人も知りたい、恋愛において嫉妬心とはどのような原因で生まれるのかを解説します。


原因1. 好きな人が自分以外の異性と仲良くしている

嫉妬心は、好きな人が自分以外の誰かへ気持ちを向けてしまい、自分への好意を失ってしまうのを恐れるあまりに生まれる感情といえます。

好きな人が自分以外の誰かに取られてしまうかもしれない、と怖くなることから憎しみや恨みの気持ちが出てしまうのです。

好きな人が自分から離れる不安感が出るので、嫉妬心を抱く原因の一つでしょう。


原因2. 元彼、元カノの話をしている

嫉妬心が生まれるのは、直接異性と好きな人が接触している様子を見るだけでなく、感情的につながっているのかもしれないと感じたときにも生まれるでしょう。

今好きな人は自分の目の前にいるのに、自分ではなく他の人に気持ちが向いていると、そちらに行ってしまうかもしれないと思いますよね。

別れた元彼や元カノや、仕事場の異性の話を嬉しそうにしていると、そちらに気持ちが向いているのではないかと嫉妬心を抱く原因に。


原因3. 異性からチヤホヤされる人がいる

男性でも女性でも、周りの人からモテやすい性格や外見の人がいますよね。

異性からモテる要素を持っている人は、自分の好きな人も虜にしてしまうのではないか、と危惧する人も少なくありません。

さらに複数の異性からモテる人なら、恋愛において自分よりもその人の方が優れていると思い、嫉妬心を抱く原因にもなるでしょう。


仕事において嫉妬心を抱く原因

自分よりも優れている人に対しても、憎しみや妬みとして抱いてしまう嫉妬心は、周りと比較されやすい仕事においても生まれやすくなっています。

具体的には、仕事において嫉妬心を抱く原因にはどんなものがあるのかを見てみましょう。


原因1. 職場で活躍していない人が評価されて自分が評価されない

自分はどんなに頑張っていても、正当な評価が受けられないと悔しい気持ちが生まれますよね。

一方で、自分よりも明らかに仕事をしていないのに、要領の良さや上司への取り入れ方が上手い人が評価されてしまうことも。

正当な評価を受けられない自分への悔しさに加えて、理不尽さや不公平感が憎しみとなり、嫉妬心の原因になるでしょう。


原因2. 自分だけ仕事を押し付けられる

自分だけが不利益な状況にあるのに、誰も自分のことを気にかけてくれない時も、嫉妬心を抱きやすい状況の一つ。

例えば、仕事でも自分だけが仕事を押し付けられて残業しているのに、他の人は定時で帰っているとします。

不公平感から定時で帰っている人にも、その状況を気にかけない上司にも憎しみが生まれて、嫉妬心の原因になりますよ。


学校において嫉妬心を抱く原因

仕事場の上司と部下のような縦の繋がりではなく、同級生や友達と主に接する横の繋がりが強い学校も、嫉妬心を抱きやすい環境と言えるでしょう。

学校において嫉妬心を抱く原因はどのようなものがあるのかを、順に解説していきます。


原因1. 勉強ができる人が周囲にいる

学校で人の優越をつける、評価される要素といえば勉強の成績ですよね。

自分よりも勉強ができる人がいれば、当然その人は良い成績が付きます。良い成績の人の方が優秀な人と評価され、周囲からも一目置かれるでしょう。

学校では、自分よりも成績の良い人が優れていると感じ、羨ましさから嫉妬心を抱く原因となるでしょう。


原因2. 先生から特別扱いされる人がいる

学校で生徒の評価を決める存在といえば先生です。

勉強ができるわけでもないのに性格がひょうきん、外見が良いなどの理由で先生からいわゆるえこひいきをされる生徒もいるでしょう。

自分の方が勉強も生活態度も良いのに、特別扱いをされている人がいれば、不公平感を感じて特別扱いされている人も先生も憎くなり、嫉妬心を抱く原因に。


プライベートにおいて嫉妬心を抱く原因

恋愛のように愛する対象がいなくても、仕事が学校のように自分と比較されやすい対象がいなくても、嫉妬心を抱いてしまうことがあります。

プライベートではどのような原因で嫉妬心を抱くのか、主な2つの状況から見てみましょう。


原因1. 自分より容姿が整っている人がいる

人間の優越をつける要素に外見があり、生まれ持ったもののためどうしても努力では補えないものでもあります。

外見が自分よりも整っているイケメンや美人は、何もしないだけでも周囲からモテることも多いでしょう。

容姿というどうにもならない要素で自分よりも優れていることに対して、不公平感から嫉妬心を抱く原因に。


原因2. 生活の格差を感じる

人間の優越をつけている要素の一つに、生活内容や収入があります。

自分と同い年くらいの人や友達と比較して生活の格差を感じて、自分の方が劣っていると思うと、良い生活を送っている人に対して嫉妬心を抱く原因になるでしょう。

独身に対して結婚して子供もいる、収入が高い、持っているものがブランド品、良い車に乗っているなど、裕福な生活を送っている人に対しても嫉妬心を抱きがち。


嫉妬心を抱きやすい人の特徴とは

嫉妬心は人間が持っている感情の一つですが、嫉妬心が強い人もいれば弱い人もいますよね。

嫉妬心が強い、抱きやすい人の持つ4つの特徴を見てみましょう。

嫉妬心をなくすにはどうしたら良いか悩んでいる人も、自分に当てはまる特徴がないかぜひチェックしてくださいね。


特徴1. 自己中心的である

常に人よりも高い場所にいたい、優越感を持っていたいと思う人は、少しでも人より自分が劣っていると思ったら怒りや悲しみを感じやすい特徴があります。

自己中心的であり、いつでも自分が中心に居たい人も、自分が話題から外れたり、他に注目される人がいると、周囲の気持ちが自分から外れてしまう不安感から、嫉妬心を抱きやすいといえますね。

【参考記事】はこちら▽


特徴2. 他人からの評価を常に気にしてしまう

人から良い人だと思われていたい、異性からはモテていたいと思う人は、自分が周りからどのように思われているのかを気にしてしまいがち。

仕事や恋愛でも、常に人と自分を比べて劣っていないか不安を持っているでしょう。

他人からの評価が落ちてしまうと、自分は劣っている人間だと感じてしまい、自分よりも優れている人に対して嫉妬心を抱く特徴がありますよ。


特徴3. 相手に対する期待が高い

自分の都合の良いように解釈する人や、思い込みが激しい人は常に良い結果を期待して生きています

例えば自分が意見を言えば、周りの人は全て賛成してくれるだろう、と期待するなどです。

ところが、実際には自分の期待通りの結果にならないことが多いですよね。

他人への期待感が強いあまりにうまくいかないと、思い込んだ自分ではなく期待通りに動かなかった他人が悪い、と感じて嫉妬心を抱きやすいでしょう。


特徴4. プライドが高い

自分のことが大切で大好きな人は、自分が思い描いている理想の自分と現実の自分との間にギャップを感じることもあります。

ところがギャップを受け入れられず、悪いのは周囲であると責任転嫁してしまうでしょう。

プライドが高くて自分が大好き、自己顕示欲の強い人も、理想と現実のギャップから周りへの嫉妬心を抱きやすい特徴がありますよ。

【参考記事】はこちら▽


嫉妬心を抱いた時の男女の違いとは?

嫉妬心が強い人には共通した特徴がありましたが、実は男性と女性で嫉妬心を抱いた状態に違いがあります。ここからは、男性の嫉妬心と女性の嫉妬心の特徴の違いを見てみましょう。


嫉妬心を抱いた「男性」の特徴

彼氏や友達、そして自分自身が嫉妬心を抱きやすい男性だと感じていませんか。

男性の嫉妬心はどのような姿で現れるのか、6つの特徴を解説します。

男性の嫉妬心で振り回されている人や、自分の嫉妬心をコントロールしたい人も、当てはまる特徴がないかチェックしてみましょう。


男性の特徴1. 嫉妬を言葉に出さずに無口になる

嫉妬心とは自分が他人より劣っている、または好きな人が離れる不安から現れる感情のため、男性の中では嫉妬心を表に出すのが情けない、恥ずかしい事だと感じている人が多いです。

よって嫉妬心を抱いている時には、できるだけ嫉妬心を抑えたいと思って言葉に出すことはしないでしょう。

言葉には出なくても無口になったり、イライラしたりと態度になって現れる特徴がありますよ。


男性の特徴2. 自慢をし始める

男性が嫉妬心を抱いた時には、男性としての威厳を保つために、自分は他人よりも劣っていると認めない行動に出るでしょう。

自分の方が優れていると周りに誇示して、劣っていないと思い込むために自慢話をしたり、過去の栄光にすがったりといった特徴があります。

自慢話などをすることで、自分が他人よりも劣っていることから目を背け、現実逃避をするのです。


男性の特徴3. 不機嫌になる

男性は嫉妬心を抱くこと自体がとても恥ずかしいと思うので、表面上は嫉妬心を抑えたいと努力します。

ただ、嫉妬心を抑えたいのに、心の中ではどんどん嫉妬心が生まれていくため、外と内側との葛藤に苦しむことになるでしょう。

表に出せない嫉妬心を抑えたいのに抑えられないことから、イライラしたり、不機嫌になったりするのも男性の嫉妬心の特徴です。


男性の特徴4. 文句を言う

嫉妬心は他人が自分から心を離れる不安からも出る感情ですが、男性は嫉妬心が怒りや憎しみの形で出やすい特徴があります。

嫉妬心を抱いた対象に対して攻撃的になるため、対象が悪いわけでもないのに文句を言ったり、暴力をふるったりすることも。

物に八つ当たりする、恋愛での嫉妬なら暴力的になるなども、男性の嫉妬心の特徴ですよ。


男性の特徴5. 付き合っている彼女に「俺のこと好き?」と聞く

男性が恋愛で嫉妬心を抱いた場合、彼女が自分から気持ちが離れていくのに対して不安を感じている状態です。

男性は彼女がまだ自分のことを愛してくれていると確認したいと思い、具体的な愛されている証明が欲しいと思うでしょう。

彼女に対して直接好きか聞き、安心したいのも男性の恋愛における嫉妬心の特徴の一つ。


男性の特徴6. 浮気をされると彼女の責任にする

男性は本能的に女性が自分のものであると誇示したい、独占欲の強さを持っています。

独占欲の強さから、浮気をされると責任は彼女にあると考えます。浮気相手ではなく彼女に嫉妬心からの怒りをぶつけやすい特徴がありますよ。


嫉妬心を抱いた「女性」の特徴

他人よりも劣っている、好きな人が離れそうな不安から嫉妬心を抱くのは女性も同じです。ただし、女性の嫉妬心は男性の嫉妬心とは違った形で現れるでしょう。

嫉妬心を抱いている女性の、6つの特徴を見てみましょう。


女性の特徴1. 嫉妬した相手の悪口を言ったり嫌がらせをしたりする

女性は友達や職場の仲間など、同性よりもできるだけ優位に立っていたい本能があります。

もしも周囲の女性よりも自分が劣っていると感じた時には、嫉妬心を抱いた対象に対して憎しみを抱くでしょう。

自分が劣っている憎しみや悲しみから、嫉妬した対象に対して悪口や嫌がらせなどの形で、攻撃するのも女性の嫉妬心の特徴ですよ。


女性の特徴2. 男性を束縛しやすい

女性が恋愛で嫉妬心を抱くと、彼氏の気持ちがこれ以上自分から離れないようにしようとするでしょう。

彼氏の気持ちが離れていく不安は、強い独占欲としても現れます。

常に男性の行動を監視したり、メールやLINEの返信を必須にしたりと、自分から話さないように束縛するのも、女性が抱く嫉妬心の特徴の一つですね。

【参考記事】はこちら▽


女性の特徴3. 自分を責めて落ち込みやすい

論理的な考え方をする男性に対して、女性は感覚的な考え方をします。男性よりも感受性が高く変化に敏感なため、嫉妬心も当たり前の感情として抱きやすいのです。

男性と違って、自分に自信がない女性でも嫉妬心を抱いてしまいます。

嫉妬しても何も変わらないのに、また嫉妬を繰り返してしまうため、自己嫌悪に陥ってしまうのも少なくありません。


女性の特徴4. 嫉妬したことをすぐ友人に話す傾向にある

女性は本能的に嫉妬心を抱くのが当たり前のため、嫉妬心を抱いている状態であると周りに知らせたがります。

彼氏が浮気をした、仕事場で同僚に抜かされたなど、嫉妬心を抱くきっかけがあれば言葉として吐き出すでしょう。

嫉妬した経験や状況を、親しい友達や家族にすぐに言葉として話す傾向にあるのも、女性の嫉妬心の特徴ですよ。


女性の特徴5. 男性の趣味などを否定する

恋愛で女性が嫉妬心を抱くときは、自分を嫉妬させた相手に対して悲しみや憎しみとして向く傾向にあります。

よって、彼氏が趣味や仕事でなかなか自分との時間が取れない場合は、その原因となっている趣味や仕事に対して嫉妬心を爆発させるでしょう。

彼氏が趣味にしているのなら趣味を否定する、仕事が忙しいなら仕事と自分を比較するのも、女性の嫉妬心の特徴ですよ。


女性の特徴6. 浮気をされると浮気相手を恨む

男性の嫉妬心は怒りや暴力として出る傾向があるのに対して、女性の嫉妬心は悲しみや恨みとして出る傾向にあります。

さらに、本能的に同性に対して優越を得たいため、女性に対して嫉妬心をぶつけやすいです。

もしも彼氏に浮気をされた場合は、浮気をした彼氏に対して嫉妬心を怒りとしてぶつけるのではなく、彼氏と自分を引きはがした同じ女性である浮気相手に対して、悲しみや恨みをぶつけるでしょう。


嫉妬心をなくすにはどうしたら良い?嫉妬心をなくす5つの方法

自分では嫉妬をしたくないのにいつも嫉妬してしまい、自己嫌悪に陥っている人も少なくありません。

嫉妬心をなくす方法を知れば、嫉妬心を抑えることも可能になりますよ。

嫉妬心をなくすにはどうしたら良いのか悩んでいる人も役立ててほしい、嫉妬心をなくす方法を5つご紹介します。


方法1. 自分を褒める習慣を作る

嫉妬心をなくすには、自分が周りと比べて劣っていると感じる機会を減らすのが有効。

自分に対して理想を掲げすぎなら、自分に対するハードルを下げてあげると、周りと比較しても劣っていると感じることも少なくなるでしょう。

小さな目標を作って達成できたら自分を褒めてあげるなど、自分を受け入れるのも嫉妬心をなくす方法ですよ。


方法2. 自分磨きをする

周りばかりを気にするのではなく、自分のことを一番気にするのも、嫉妬心を抑える上で大切です。

ジムに通ったり、美容院に行ってイメチェンしたりなど、自分磨きに懸命になれば、周りを見ている暇はなくなりますよね。

また、自分磨きをすれば自分に自信を持てるようにもなるので、周りと比較しても嫉妬心を抑えることができるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


方法3. 他人と比べる癖を直す

自分が他人から良く思われたい、人の評価が気になってしまう人も嫉妬心を抑えるのが難しい気質ですよね。

周りからどう思われているのか気にしないようにするのも、嫉妬心をなくすには有効な方法ですよ。

自分は自分とマイペースを貫いて、他人と比べるのをやめれば、嫉妬心をコントロールできるようになるでしょう。


方法4. 恋人の気持ちを試してみる

恋愛での嫉妬心をなくすには、恋人に自分が愛されているという安心感を得るのが一番でしょう。

本当に彼氏や彼女は自分から気持ちが離れていないか、恋人の気持ちを試してみるのがおすすめ。

自分のことが好きなのか聞いて見る、将来のことを二人で話し合うなど、愛されている実感が得られれば恋愛の嫉妬心をなくせるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


方法5. 妄想する癖を改善する

実は嫉妬心は実際に起きていることではなく、単なる想像や予測から生まれてしまうこともあるのです。

特に感受性が強い人や、どうしてもマイナスに考えてしまいがちな人は、自分は他人からの評価が低い、恋人が浮気しているのではないか、と悪い方向へ予測して嫉妬心になってしまうでしょう。

嫉妬心をなくすにはすぐに妄想するのではなく、目の前の現実を直視する癖をつけるのも有効な方法ですよ。

【参考記事】はこちら▽


嫉妬心と上手に付き合っていきましょう。

人は誰でも上に立ちたいと思いますし、大切な人からはずっと愛されていたいと望んでいます。

嫉妬心は人間が生まれ持った本能的な感情ですが、理性もある人間だからこそ、嫉妬心に気持ちを乱されるのが辛い人も少なくないでしょう。

嫉妬心を抑える方法を知れば、上手に自分の感情のコントロールも可能。より生きやすく恋愛も楽しめるようになりますよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事