結局、恋って何なの?いま自分が恋に落ちているか確かめる方法を紹介

恋って何かを詳しく知りたい方へ。今記事では、恋の定義はもちろん、恋をしているか確かめる方法を詳しくご紹介します。恋愛の意味や定義がイマイチ分からないとお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください!

恋って具体的に何?一般的に言われる“恋愛の定義”を徹底ガイド

恋って何?

「私、〇〇君に恋しちゃったみたい。」

「あの瞬間、俺、恋に落ちたんだと思うんだよね。」

などと、恋愛トークで必ず出てくる「恋」。

この恋って、一体なんなのでしょうか?

まずは、一般的にいわれている恋の定義や意味について、一つずつ詳しくご紹介。

「恋愛とか、恋とか、好きになるとか、よく分かんないんだよね。」という方、その疑問をここで解決しちゃいましょう。


恋の定義1. 相手について深く知りたいと思う

誰かに恋をすると、今現在の恋人の有無はもちろんの事、家族構成、誕生日、職業など、自己紹介の時によく話す事から、仕事以外の時間にしていること、行きつけのお店、小さい頃のあだ名なども知りたくなってしまいます。

そして、他の人は知らない一面を発見すると、とても嬉しくなってしまうもの。

なぜなら、その人は自分にとって特別な存在であり、自分とその人しか知らない秘密を共有できると、それだけで自分もその人にとって特別な存在になれるから。

そのため、恋をすると、その人の事を隅々まで全て知りたいと思ってしまうのです。


恋の定義2. 一緒にいると緊張する

怖い話をしているわけでもないのに、そばにその人がいるとそれだけで、なんだかドキドキ緊張するのであれば、それは、その人に恋をしている証拠。

その人の事を必要以上に意識してしまうため、「前髪、寝癖ついてないかな?」「さっきの挨拶、無愛想に思われなかったかな?」などと、その人の目に映る自分の姿をも意識しすぎて緊張してしまうのです。


恋の定義3. 相手の為だと努力しようと思える

恋愛感情は、どんな叱咤激励よりも自分を鼓舞してくれるもの。

「〇〇君、海外旅行が趣味だって言ってたから、一緒に旅行できるように英語の勉強頑張ろう!」

などと、その人のためなら、どんな努力だって辛く感じないのが恋愛感情なのです。

例え、それが一方通行な片思いだとしても、「いつか、この気持ちに気づいてくれるはず。」と、努力を続けていけるようなら、それはもう立派な恋ですよ。


恋の定義4. 自分だけを見てほしいと思う

恋に落ちると、自分の胸の真ん中にその人がずっといるように、相手の胸の真ん中にも自分がずっといて欲しいと願ってしまいます。

そして、自分以外の誰かと楽しそうにお喋りしているのを見るだけで、「なんで、あのコとそんなに楽しそうにしてるの?」とモヤモヤしてしまうのです。

しかし、そのお喋りの最中に、偶然でも自分とその人の目が合ったりすると、その一瞬だけでも、自分の事を考えてくれたように感じ、モヤモヤもパッと晴れていきます。


恋の定義5. 触れ合いたいと思う

恋って、実はとっても欲張りさん

「気になるあの人をそっと見ているだけで充分」などと思っていても、恋する気持ちが大きくなると、やがて「もっとそばに寄りたい」「もっと親密なお喋りがしたい」「体温が感じられるぐらい近くに居たい」などと思ってしまうのです。

ただの友達や知人には感じないこの感情。特定の相手にだけ、もっともっと密な触れ合いを求めてしまうのは、その相手に恋をしているからなのです。


恋の定義6. 会わないと寂しいと感じる

恋愛感情が心の中に芽生えてくると、人はなぜだかいつも以上に寂しがり屋さんになってしまいます。

「あれ?今日、〇〇さん有休とってんの?〇〇さんいなかったら、会社来る意味ないじゃん。張り合いないし寂しいじゃんよ〜。」

などと、その人と両思いになっていなくても、その人の事が恋しくて会えないだけで寂しくなってしまうのです。

そして、この寂しい気持ち、好きな人に会えるだけで嘘のようにパッと消えてしまうのも特徴ですよ。


恋の定義7. ずっと側に居たいと思える

「病める時も、健やかなる時も…。」とは、結婚式での定番の言葉。そして、この言葉は恋の定義にも当てはまるのです。

その人がエネルギーに溢れてキラキラ輝いている時だけでなく、不調で落ち込んでヨレヨレの時だって、ずっと側に居たいと思ってしまうのが、恋。

なぜなら、見た目の綺麗さや格好良さだけでなく、内面にも恋をしているため、いつだってどんな時だって側に居たいと思うのです。


今、自分が恋に落ちているのか確かめる方法とは?

自分が、今誰かに恋しているかどうかを知りたかったら、自分の感情の変化に注目してみましょう。

自分以外の誰かと楽しそうにお喋りしてると、何を話しているのか、話し相手との関係はどんな感じなのかなどを、気にしてしまう人がいたら、それはきっと今自分が恋している相手。

また、休みの日や、ぼんやりネットを見ている時など、何気ない瞬間に頭に浮かんでくる人がいるならば、それもその人に恋をしている証拠だといっても良いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


相手を気になる気持ちが本当に恋なのか、診断してみて。

恋の定義や意味は、実に様々。

今回、ご紹介した恋の定義に自分が当てはまった事がないと感じるのであれば、周囲のカップルに恋人の事を好きになった瞬間の事を聞いてみるのも良いでしょう。

また、恋に落ちたとしても、最初はそれが恋だとは分からない人もたくさんいます。

焦らず、のんびりと自分なりの恋を探してみるのも素敵ですよ。

【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事