恋愛がわからない男女必見!好きの感情がわからない原因や恋愛の仕方を解説

ふと「恋愛」って何だろうと考えることってありますよね。今回は、恋愛がわからない男女に向けて、恋愛感情の意味から好きの感情がわからなくなる原因、恋愛感情と人として好きの違い、恋愛感情を持った時に出してしまうサインを大公開!さらに、恋のきっかけや恋愛の仕方も解説します。

「恋愛」とは何かわからなくなってしまった男女へ。

好きという感情がわからない原因や恋愛の仕方

恋愛をした経験はあるけれど、恋愛って何なのかわからなくなったという人は、男女ともに増加しています。それだけではなく、単純に好きという感情がわからない、自分の気持ちがわからないという人もいるでしょう。

恋愛とは何なのかわからない状態に陥ってしまったら、どうしたらいいのでしょうか?

そこで今記事では、恋愛感情の意味や好きという感情がわからなくなる原因を徹底解説。恋愛がわからないという男女必見の「恋愛するための3つのステップ」も詳しくご紹介します。


恋愛がわからない…。そもそも恋愛感情の意味とは?

恋愛感情の意味とは、相手の価値を高く感じて、近づきたいと願う心理を指します。

例えば、恋愛感情がないのは「異性として魅力を感じない」のがほとんどで、愛情がないという意味ではないという側面があるのです。

もし、相手と接触するに至らない場合でも、付き合う異性として恋する感情が高まれば恋愛感情となるケースもあります。


好きという感情がわからない原因って何?

恋愛感情は異性として魅力があるかどうかが重要だとわかりました。

では、好きだから付き合うという意味や好きという感情がなぜわからなくなってしまうのでしょうか。

ここからは、好きという感情がわからない原因について、詳しく解説していきます。


原因1. 今まで恋愛経験をしたことがないから

単純に恋愛以外のことに興味があり、異性を意識していない人は、好きという感情がわからないでしょう。

例えば、日頃から仕事を優先していたり、スポーツや趣味に没頭している人は、「恋愛って何」というほど、全く恋愛を意識してこなかった人がほとんどです。

このように、今までに異性と付き合う恋愛経験がないのは、好きという感情がわからない原因といえます。


原因2. 異性と関わる機会がないから

異性が苦手で、自分から異性と出会ったり、付き合う行動をしない人も恋愛感情がわからなくなる傾向があります。

例えば、男子校や女子校、同性ばかりの職場を経験してきた人は、異性と関わることが少なく、異性に対する苦手意識が生まれやすいです。

その結果、自分から異性と関わることもなく、「恋愛の楽しさがわからない」状態になってしまって、好きという感情がわからない原因となるケースもあります。


原因3. 過去の恋愛がトラウマになって、恋愛自体を拒絶してしまっているから

失敗した苦い経験が強すぎると、それ自体が億劫になってしまうことも。恋愛に対して苦手意識がある人は、「恋愛の楽しさがわからない」という恋愛を受け付けなくなっている可能性があります。

その結果、異性を見ても好きという感情がわからないと感じて、それ恋とはなにかわからなくなった、という場合も多いです。

過去の恋愛がトラウマになって、「自分の気持ちがわからない」と恋愛自体を拒絶してしまっているのが原因という人も少なくないでしょう。


人として好きな人はいる。恋愛感情とは何が違うの?

恋愛感情は、二人だけの関係を構築したいという気持ちが働きます。具体的には、二人だけの秘密を共有し合ったり、二人でデートをして手を繋ぐなど、二人で何かをしたいと思っている相手には、恋愛感情を持っていると言えるでしょう。

反対に、人ととして好きは、尊敬であったり、価値観が合うから好きなどの感情で、友達以上恋人未満とも言われます。異性というよりは、仲の良い同性という感覚でしょう。


恋愛感情じゃなくても付き合うのはアリ?

実は、異性として受け入れられる人のタイプは変動することがあります。最初は魅力を何も感じていなかった人でも、恋愛感情がわからないのに付き合うことで、何らかのきっかけで恋愛感情が生まれるケースは多いもの。

なぜなら、容姿やイメージといった外見だけではなく、性格や声といった相手の内面に惹かれる場合があるからです。

付き合っているうちに「一緒に居たい」「毎日が楽しい」と感じることもあるので、恋愛感情がわからないのに付き合うのはアリといえます。


恋愛感情を知る3つの方法

好きという感情は付き合ってから変動することがあると分かりました。では、どうやって異性に対する恋愛感情が芽生えていくのでしょうか。

ここからは、積極的に恋愛感情を知るための方法を3つ厳選してご紹介いたします。


方法1. 異性との出会いの場に行ってみる

恋愛感情が知りたいなら、まずは異性と交流するのがおすすめです。

例えば、男女が同席する飲み会やスポーツイベント、ライブなどといった異性と出会える場所に積極的に参加するようにしましょう。

恋愛感情がわからないという人ほど、「魅力的な異性に出会ったことがない」という人が多いものです。

よって、自分から異性との出会いの場に行ってみることが、恋愛感情を知るために良いといえます。


方法2. 少女漫画を読んだり恋愛映画を視聴したりする

疑似的な恋愛体験をすることで恋愛感情がわいてくる場合もあります。

少女漫画や恋愛映画には、理想的な恋愛の仕方や恋愛の魅力が詰まっているものが多いです。登場人物の感情の動きや恋愛をした後の気持ちの変化が理解できれば「自分もしてみたい」という気持ちが生まれやすいといえます。

実際に体験していなくても、好きという感情を知るきっかけになることも多いです。


方法3. 友人の恋愛話を聞いてみる

漫画などの疑似体験に近いですが、もっとリアルに恋愛感情を知りたい時は身近な人の体験を参考にするのも手です。

特に、親しい友人の恋愛話は、相手がどのような人か自分が知っていることも多く、より鮮明に好きになる気持ちを学ぶことができます。

友人に恋愛話を聞いてみるのも、リアルな恋愛感情を知るためには良い方法といえますね。


それって恋かも!恋愛感情を抱いた時に自然と出てしまう5つのサイン

恋愛感情を知るには、自発的な行動が大切だと分かりました。では、実際に恋愛感情を抱いたらどのような変化があるのでしょうか。

ここからは、恋愛感情を抱いた時に自然と出てしまう5つのサインについて、詳しく解説していきます。


サイン1. 仲の良い異性が他の人と仲良くしていると嫉妬してしまう

異性としての魅力があった訳ではなく、友達感覚で仲良くしていた人を「好きかも」と意識してしまうこともありますよね。

もし、仲良くしていた異性が他の人に取られてしまうと感じたら、それはもうあなたの中で恋愛に近い感情が芽生えている証拠でしょう。

仲の良い異性が他の人と仲良くしていると嫉妬してしまうのは、恋愛感情を抱いているサインといえます。


サイン2. 異性と二人きりになりたいと思う

もっと相手のことを深く知りたいと感じるのは、恋愛相手として好きになっている証拠です。

例えば、気になっている異性と二人きりになれれば、プライベートのことや相手の好みなどをより深く聞けるチャンスが増えます。異性に「今すぐ会いたい」「ずっと一緒にいたい」という感情が生まれたら、紛れもなくその人を好きになっているサインといえるのです。

もし、気になる人と二人きりになりたいと思えるなら、それは恋愛感情を抱いているのでしょう。


サイン3. 異性と一緒にいるシーンを想像してしまう

ふとした瞬間に相手のことを考えてしまうのも、恋愛感情を抱いているといえます。

「二人で○○に出かけたら楽しそう」「○○さんと一緒にいると楽しくなれそう」など、自然と二人きりのシーンを想像してしまうのは、本当に好きな相手だけです。

本人は気付いてないかもしれませんが、自然と意識してしまっているのは好きな気持ちがある証拠といえますね。


サイン4. 仲の良い異性の前で緊張してしまう

気兼ねなく笑って話せていたはずが、なぜか見るだけでドキドキするようになった。もし、それが異性の友達なら、相手に対する意識が友達から恋愛相手へと変化している可能性があります。

相手が異性だと強く認識させられる瞬間やきっかけがあると、一気に好きという気持ちに変わることも多いです。

もし、友達感覚だったはずの相手に緊張するようになったら、恋愛感情を抱いているサインといえますね。


サイン5. 仲の良い異性のことを目で追ってしまう

常にいるかどうかを探してしまったり、いつも相手のことを考えてしまうのも、立派な恋愛感情といえます。本人はそんなつもりがなくても、自然と目で仲の良い異性を追ってしまうのは、その人のことを無意識に考えている証拠です。

さらに、その人のことを考えていて幸せに感じたら、恋愛において好きという感情が生まれているといえます。

もし、無意識に自然と見つめてしまうのは、恋愛感情を抱いているサインといえるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


どんなことで好きになる?恋愛のきっかけって何?

異性の友達から好きという恋愛感情に変わることがあるのが分かりましたね。でも、どんなきっかけで異性を好きになってしまうのでしょうか。

ここからは、恋愛のきっかけになった出来事をいくつか紹介していきます。


きっかけ1. 仕事など異性と何かを成し遂げる

社内で同じ仕事をする時や学生同士の活動など、共通の課題を抱えた異性というのは恋愛に発展するチャンスといえます。

何かを一緒に成し遂げた、というのは、同じ瞬間にドキドキする高揚感を感じやすいというのがポイントです。そのドキドキが恋愛感情へとすり替わることで、好きになってしまうことも。

また、二人きりで残って残業や作業をすると、相手のことを観察する機会が増えて、お互いをより意識する可能性が上がります。


きっかけ2. 第一印象で恋が始まる一目惚れ

突然の出会いで強い衝撃を受けると、一気に恋愛へと発展しやすいものです。

王道ではありますが、一目見た時に笑顔が可愛く見えたり、外見や雰囲気に惹かれてしまうというケースは多くあります。

一度「この人は素敵!」と思い込んでしまうと、少しくらい変な部分には目をつぶって、良い所ばかり見てしまうことも。

初対面のインパクトが恋愛のきっかけになることも多いです。


きっかけ3. 好きと言われて好きになる

全く意識していなかった異性でも、意識させられる出来事があれば、途端に恋愛へと変わることも多いです。

「好き」と告白されたり、相手から良い感情を向けられていると、自然に嬉しくなって「自分も好きかも」と考えやすくなるでしょう。

単純ではありますが、好きと言われて好きになるというのも、立派なきっかけといえます。


きっかけ4. 普段とのギャップを見る

恋愛において、良い感覚のズレはプラスに働くことが多いです。

例えば、普段は真面目で冷たい印象の男性が、実は動物好きでとても優しいのが分かったり、いつもボーっとしている可愛らしい女性が実はスポーツ万能でカッコいい一面もあったり。

いつも感じていた印象との良いギャップがあると、それだけで好きになってしまうこともありますよね。


きっかけ5. 悩み相談を真剣に乗ってくれて好きになる

自分の弱みをさらけ出して、それを否定せずに受け止めてくれる人は、恋愛対象になりやすい傾向があります。

自分の悩みというのはデリケートなもので、ある程度信頼できる人にしか話せないものです。

さらに、それを真剣に聞いてくれて、相談にも真摯に答えてくれると、一気に心を許せる相手になる可能性が上がります。


きっかけ6. 共通の話題で盛り上がって好きになる

異性と好きな作品や地元が同じだった時、自然と会話が盛り上がることもありますよね。そこから恋愛に発展することも少なくないでしょう。

なぜなら、好きというプラスの気持ちを共有することが、お互いを好きと思いやすい状態へ変化させることになるからです。

よって、話が合うことが恋愛のきっかけになることも多くあります。


恋愛の仕方がわからない!一般的な恋愛の3つのステップを大公開!

異性を好きになるきっかけは、意外と些細なことであるとわかりますね。では、恋愛の仕方がわからなくなった人は、どうすればいいのでしょうか。

ここからは、一般的な恋愛の3ステップについて、詳しく解説していきます。

恋とは何かわからなくなった、恋愛の楽しさがわからない、という人でも簡単にできる方法から挑戦してみてくださいね。


恋愛の仕方1. 異性と出会って仲良くなる

いきなり恋愛をしようと構えるのではなく、まずは普通に異性がいる場所に行くだけでOKです。

きっかけとして一目惚れがあるように、出会った時から特別な感情が生まれることもあります。

そのため、まずはできるだけ多くの異性と出会える場所に自分から行って、気になる異性と友達になる所から始めてみましょう。最初のステップとして、異性と出会って仲良くなるのが肝心です。


自分磨きをして、相手に恋愛対象と思われるようにすることも大事!

人が一目惚れする時は、自分よりもどこかに価値を感じる相手なのがほとんどです。

それが何かは人それぞれではありますが、できるだけ自分を磨いておくことで、より多くの異性から恋愛対象に見られる可能性があがるでしょう。

出会いが多いほど恋愛感情を抱く関係に繋がりやすいといえます。普段から自分磨きをして、相手に恋愛対象と思われるようにすることが大事ですよ。

【参考記事】はこちら▽


恋愛の仕方2. 異性に好きという感情を抱く

まずは相手のことを好きにならなければ恋愛には発展しません。難しく考えずに、出会った異性や気になる異性の良い所をいくつか挙げてみましょう。

あまり思いつかないなら、そこまで魅力を感じていない証拠だといえます。

もし、相手のことを考えるだけで楽しくなったり、幸せに感じたら好きという感情が芽生えているといえるでしょう。異性に対してここが好き、という感情を抱くことが大切です。


人として好きでもOK!

この段階では、自分の気持ちがわからない相手でも問題ありません。なぜなら、最初は友達から始めて、次第に良い所が増えていく場合もあるからです。

また、恋愛が始まるきっかけとして、人として好きだから一緒に居たい、という気持ちがあるだけでも十分発展の余地があるといえます。

最初は人として好きでもOKなので、深く考え過ぎずに相手の良い所を探してみましょう。


恋愛の仕方3. 異性に告白して付き合う

相手のことを考えていて、楽しくなったり、幸せに感じたら想いを伝えましょう。最初は上手くいくかいかないかをあまり気にせずに、自分の素直な気持ちを告白してみて。

もし、相手はあなたのことを恋愛の相手をとして意識していなかった場合でも、こちらが好きという気持ちを伝えると好きになってくれるケースも多くあります。

勇気を出して異性に告白して付き合ってみるのが大切です。


相手から告白されて恋愛が始まることも!

友達として一緒に居たつもりでも、相手は最初から恋愛感情があった、もしくは相手の方が早く恋愛感情に気づいた、というケースもあります。その場合、相手から告白されて恋愛になることもあるでしょう。

チャンスを増やすためにも、友達でもいいので異性と仲良くなっておくのは、恋愛したい人にとってはプラスだといえます。

相手から告白されて恋愛が始まることもあるので、恋愛の仕方がわからない人は覚えておきましょう。


恋愛感情を理解して、恋を始めてみましょう。

付き合う意味や恋とは何なのかわからないという男女が増えています。始めは好きという感情がわからない場合でも、友達として一緒に居るうちに、恋愛へと発展する場合もあるのです。

しかし、恋愛がわからない状態に陥ってしまうと「結局恋愛って何」という些細な疑問がわくのも仕方ないものです。もし恋愛をしたくても方法がわからない場合は、恋愛の3ステップを参考にして、簡単なことから始めてみましょう。

まずは、恋愛がわからない状態を脱出して、恋人と楽しい毎日を過ごしてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事