人間性とはどんな意味か?人間性が高い人/疑われる人の特徴を解説

人間性とは何か?自分には人間性があるのか気になったことはありませんか。本記事では、人間性の詳しい意味から、人間性を疑われる人の特徴と人間性が高い人の特徴まで大公開!さらに、自分の人間性がわかる診断テストや、人間性を高める方法も紹介していきます。

「人間性が高い」ってどんな人なの?

人間性が高い人と疑われる人の特徴

人間性という言葉を耳にしたことがある人は多いはず。では、人間性とはどのようなことを表しているのでしょうか?

今回は人間性について、言葉の意味から人間性が高い人や疑われる人の特徴を徹底解説していきます。

自分の人間性がどうなのか知りたいという人は、人間性がわかる診断テストも紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。


そもそも「人間性」とは何か?意味を詳しく解説!

人間性とは「人間らしさ」のことです。人間が生まれたときから備えている性質、人間特有の本性のことを表しています。

他人に対する思いやりの心や、自分以外の誰かに対しての愛情など、人間にしか持ちあわせていない感情や理性、倫理などがあるということです。

人間性とは反対に、動物のように本能のまま行動する人のことを動物的な人間と表現されます。


「人間性」と「人柄」の違い

人間性は、その人が持つ本質的な本性のようなものを表しています。一方で人柄は、本性はどうであれ、他人から見た時にどんな人に見えるのかという、他人からの評価の事を表しています。

「人間性」と「人柄」は同じような意味で取られがちですが、厳密には少し意味が違うのです。


「人間性」を疑う言動をする人の特徴5選

「常識がないな」とか「ちょっと変わっている人だな」など、なんとなく人間性を疑いたくなる行動をする人は身近にもいるでしょう。

ここでは人間性を疑う行動をする人の特徴を5つピックアップして紹介します。


人間性を疑う人の特徴1. 平気で人を傷つける言動を行う

人の悪口ばかり言う人など、自分の利益になるかどうか損得勘定で動くことが多いので、その結果、周りが見えなくなってしまうことも。相手と円満に関わろうとする気はなく、自分さえ良ければ良いと思う人が多い傾向にあります。

自分の利益になるのであれば、平気で人を傷つけるような言動を行って、友達すら簡単に裏切ってしまうなど、人間らしい思いやりの気持ちが足りない人が多いと言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


人間性を疑う人の特徴2. 人によって、コロコロと態度を変える

上司には礼儀正しく笑顔を振りまいて評判が良い人も、同僚や後輩の前では挨拶すらしない不愛想な態度になる人がいますよね。損得勘定で動いている人は、人によってコロコロと態度を変えます。

相手の身分によって自分の態度を変える人は、そもそも円満な関係を築こうとする態度ではないため、人間性がないと思われても仕方ないでしょう。

【参考記事】はこちら▽


人間性を疑う人の特徴3. ルールやマナーを破る

ルールやマナーを守れないと、道徳心がないことが人間性がないと疑う要因になります。

例えば、電車の中で大声を出したり、行列を無視して順番を抜かしたりするなど、他人が嫌だと思うことを平気で行ってしまう人がいれば、人間性を疑うでしょう。

いくら仕事ができたとしても、ルールやマナーを守れないような人は人間性が豊かだとはいえません。


人間性を疑う人の特徴4. 自己中心的で、自分さえ良ければ良いという考えを持つ

他人への思いやりがないので、周囲の状況など気にかけることもなく、自分勝手な言動を取る人がいれば人間性を疑うでしょう。

面倒なことがあれば誰かに押しつけてしまうような、自分さえ良ければいいという考えを持っているので、周りがどうなろうが自分が一番大事だと思っているのです。

他人は二の次というような態度からは、人間性を感じられません。

【参考記事】はこちら▽


人間性を疑う人の特徴5. 自分の失敗を認めず、人の責任にしようとする

損得勘定で動く人が多いので、自分が損をすることを人一倍嫌います。責任を逃れるためなら、人に責任を押し付けてまで自分の失敗を認めようとしません。

人の責任にしようとする人は、自分を守るためなら平気で人を傷つけるような言葉を吐いたりします。思いやりのかけらもないような行動を取れるのは、人間性が足りないからでしょう。

【参考記事】はこちら▽


反対に「人間性」が高い人の共通点とは?

人間性が疑われる人がいる一方で、人間性が高いとか豊かだと感じられる人もいますよね。ここでは人間性が高い人の共通点を紹介します。

人間性の高い人の共通点を参考に、自分自身の人間性も高められるよう自分を磨く努力をして心がけていきましょう。


人間性が高い人の特徴1. 他人へ思いやりを持って接する

自分よりも他人のことを考えて行動するのは、ストレスにもなり大変なことです。他人に対して思いやりを持てる人は、周りを良く見ているため周囲に対して良く気が付くからこそ。

人のことを考えて行動できる人は人間性が高いと言えるでしょう。自分に厳しく他人に優しい一面がある人なので、他人への思いやりを持って接することができます。

【参考記事】はこちら▽


人間性が高い人の特徴2. 人の意見をしっかりと聞ける

反抗したりせず、受け止められることが、人間性が高い要因になります。

人間は誰しも好き嫌いがありますが、たとえ相手が嫌いな人だったとしても、頭ごなしに話を聞かずにシャットダウンするのではなく、素直に意見を聞くことが大切です。

人の意見をしっかりと聞けるのは、心が豊かな人間性の高い人の特徴なのです。


人間性が高い人の特徴3. 相手を許せる

人間性が高い人は、誰にでもミスがあることを理解しています。

誰かがミスをした時には、「自分がそれを許せば相手が傷つかないだろう」という思いやりの気持ちを持っているので、他人のミスも許せるようになります。

また、自分がミスをした時には素直に反省できるため、他人がミスした時にも許せるようになるのです。


人間性が高い人の特徴4. 他人に対して悪いと思ったことには、指摘ができる

人間性が高い人は、道徳心があるため、悪を善にしようとする行動に人間らしさが出ています。

他人に対して悪いと思ったことは、見て見ぬ振りをせずに悪いと思ったところを相手に指摘します。

指摘された人は自分の悪いところに気がつけるため、同じ過ちを繰り返さないよう気をつけて行動が出来るようになるのです。人間性が高い人は、結果的に相手のことを考えた行動ができます。


人間性が高い人の特徴5. 仕事など途中で投げ出さず、最後まで諦めない

人間性が高い人は、何事も最後まで諦めずに取り組みます。途中で投げ出すと自分以外の誰かに迷惑がかかることがわかっているので、どんなに困難でも最後まで諦めない特徴があります。

最後まで諦めないことで、自分の責任を果たすことになるため、その姿に多くの人が魅力を感じ、人間性が豊かだと感じ取るのです。

【参考記事】はこちら▽


自分の「人間性」が高いかどうか分かる5つの診断テスト

自分では「人間性」が高いかどうか判断するのは少し難しいですよね。ここでは自分の人間性が高いかどうか分かる診断テストをご紹介します。

当てはまる項目が多いほど人間性が高いと判断できるので、自分の人間性についてチェックしてみましょう。


診断テスト1. 困っている人を助けようとする

人間性が高い人は、相手の立場になって物事を考えられる人が多いです。周囲に困っている人がいれば当たり前のように助けようとします。

困っている人を助けるということは、自分よりも相手のことを優先して考えられるからこそできる行動です。相手のことを思いやる行動からは、人間性の高さを感じることができるでしょう。


診断テスト2. 自分が困った時に、周囲の人が助けてくれる

普段から周囲のことを考えて、困っている人を助けるなど行動をしている人は、いざ自分が困った時に、周囲の人が助けてくれます。それは、日ごろから社交的な性格をしているからこそです。

日ごろから思いやりのない行動をしている人のことは、たとえ相手が困っていても助けたいとは思えないですよね。困った時にお互いを助け合う行動には人間性の高さを感じるでしょう。


診断テスト3. 自分の中で強い芯を持っている

人の意見にコロコロと流されないため、人から信用されやすく、人間性があると見られることが多いです。

どんなに思いやりがあって優しいと思われる人でも、いつも人の意見に振り回されている人はなんだか頼りないと感じるでしょう。

自分の中で強い心を持っていて、意見や考え方に一貫性のある人は人間性が高いと感じられます。

【参考記事】はこちら▽


診断テスト4. 向上心を持っている

何事にも向上心を持って行動するのは、より良い自分になりたいと思うからこそ。向上心がなく、現状維持のままでいいと思っている人には人間性を感じないですよね。

どんなに大変な仕事でも、どんなにきつい逆境でも向上心を持って取り組める人は人間性が高いと言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


診断テスト5. 自分の意見を押し付けたりしない

自分勝手にならず、周りの意見をしっかり聞けるのは、人間性がある人だからこそできること。自分の意見を押し付ける人は、結局のところ周りが見えておらず、自分のことしか考えていません。

自分だけでなく、人の意見をしっかりと聞いて、周囲のことを考えた行動を取れる人からは、人間性の高さを感じられるでしょう。


「人間性」を高める大きな3つのメリット

人間社会で生きていくためには、どんな時にも人間性が大切になってきます。人間性を高めるとどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは「人間性」を高めると得られる大きな3つのメリットを紹介するので、参考にしてくださいね。


メリット1. 良好な人間関係を築きやすい

人間性を高めると、自分の意見をしっかりと持った芯のある人になれます。自分の考えをしっかり持っている人は人から信頼されるため、良好な人間関係を築きやすいです。

また、周囲のことを考えた思いやりのある行動も良好な人間関係を築くためには大切。人間性が高い人は、周囲の人から認められる存在だからこそ、良好な人間関係を築きやすいのです。


メリット2. 同性からも異性からも信頼される

人によって態度を変えなかったり、ぶれない芯を持っていたりすると人から信頼されます。相手によって態度をコロコロと変える人は、他人からしてみると何を考えているのかわからず、信頼できません。

人間性の高めると、自分の損得よりも周囲のことを考えた行動がとれるようになるので、同性からも異性からも信頼される存在になるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


メリット3. 仕事で評価される

人間性の高い人は、周囲の人よりも向上心があったり、社会性があります。

例えば、ミスをした場合でも、自分の責任をきちんと認めるところから始まり、次に同じ間違いを繰り返さないためにも、向上心をもってその原因を一つ一つ潰していきます。

人間性を高めることで、向上心や社会性が身につくため、仕事でも評価されやすくなるでしょう。


「人間性」を高めるには?具体的な10個の方法を大公開!

「人間性」が高まると、日常生活を送っていく上でも様々なメリットがありますね。自分も人間性を高めたいと思った時のために、「人間性」を高めるために具体的な10個の方法を紹介していきます。


人間性の高め方1. 人の立場になって物事を考える

人間性が高い人は、思いやりの心が豊かです。思いやりを身に付けるためには、相手の立場で物事を考えられなければなりません。人間性を高めるためには、人の立場になって物事を考えるクセをつけていきましょう。

相手の立場で物事を考えられれば、相手の顔色で考えが察知できるようになり、思いやりのある行動を取りやすくなるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


人間性の高め方2. 人のためを思った行動をする

人間性を高めるには、思いやりの気持ちを持って、自分よりも周囲の人のために相手を優先にした行動をすることが大切です。

自分よりも相手を優先にした行動ができれば、周囲に良く気が付けるようになります。誰に対しても思いやりの行動を取る余裕が生まれるため、人のためを思った行動によって人間性を高められるでしょう。


人間性の高め方3. ポジティブシンキングを癖付ける

周囲の人から認められたり、信用されたりすると人間性が高まります。人に認められるようになるためには、人に対して寛容になることが大切

そのために効果的なのは、ポジティブシンキングを心掛け、常に前向きな生活を送ること。ポジティブな気持ちがあれば、思いやりが持てたり、人に寛容になる気持ちが持てますよ。

【参考記事】はこちら▽


人間性の高め方4. 嘘をつかず、自分の思いを素直に口に出す

嘘をつく行為は人間性を疑われる行動です。嘘をつかない素直さこそ、人間性の高さになります。

周囲から好かれたいからとか、自分にとって都合よく物事を進めたいからなどの気持ちから嘘をつくと、結局は自分を傷つけることになってしまいます。

どんなことに対しても嘘をつかず、自分の思いを素直に口に出すことが人間性を高めるためにも大切です。

【参考記事】はこちら▽


人間性の高め方5. 友達といる時に、思いっきり楽しむ

せっかく友達といるから楽しもうと考えることに、人間性の高さが感じられます。”せっかく”という言葉からも、友達と一緒に過ごせる時間は限られていることがわかりますよね。

人間性を高めるためには、友達と過ごせる時間に感謝して、その時にそのメンバーでしか体験できない時間を思い切り楽しんでみることも効果的です。


人間性の高め方6. 自分に厳しくして、他人には優しく接する

人間性を疑う人の中には自分に甘く自己中心的な人が多いです。人間性を高めるためには反対に自分に厳しくして、他人に優しく接するのが効果的。

他人に優しくできるということは、包容力を育てることになります。自分に厳しくして他人を受け入れられる優しさを身に付けることで、自分の人間性を高めることができるでしょう。


人間性の高め方7. 読書をする

読書をすることで視野が広がったり、人の気持ちがわかるようになります。本の中には様々な知識が詰まっていますよね。

たくさんの知識をつけることで、その知識が人との会話の中で役立つこともあり、コミュニケーション能力を上げるためにも効果的です。

豊富な知識をつけることは、それだけで人間性を高めることができるのです。

【参考記事】はこちら▽


人間性の高め方8. 自分磨きをして、内面を鍛える

自分磨きといえば外見を磨くイメージがありますが、ここでいう自分磨きは内面を磨くことがメイン。

例えば、物の考え方や態度などが挙げられます。ふとした時に出た態度で人間性を疑われないためにも、内面から鍛えて人間性を高められるように努力しましょう。

【参考記事】はこちら▽


人間性の高め方9. 感謝の気持ちを持って、口にして伝える習慣をつける

感謝を素直に伝えることに、人間らしさが表に出ます。日々の些細なことに対しても、つい当たり前だと思ってしまい、感謝の気持ちを忘れてしまうことがありますよね。

常に意識して感謝の気持ちを持ち、口にして伝える習慣をつけるようにしましょう。「ありがとう」の一言で、相手からも喜んでもらえるのはもちろん、人間性を高めるには効果的です。


人間性の高め方10. 精神的な余裕を持つ

心に余裕を持たないと、ストレスから人間性を疑う行動を取ってしまう可能性が考えられます。例えば、時間やお金に余裕がないと、不安な気持ちだけでなく、ストレスを感じてしまいますよね。

精神的な余裕を持つためにも、まずは自分の生活を見直すところから始めて、精神的にも物理的にも余裕のある生活を送れるようにしましょう。


「人間性」を高めるために参考になるおすすめの本2冊

人間性を高めるには、読書によって知識をインプットすることも効果的です。ここでは人間性を高める本のおすすめを2冊ご紹介します。

人間性を高める方法とあわせて自分を成長させるためにも。人間性を高める本を読んでみてくださいね。


おすすめの本1. 『人を動かす』 デール カーネギー(著)

人を動かす 文庫版

人を動かすための三原則や人に好かれる六原則など、人間が生きる上で身に付けておきたい人間関係の原則が説明されている一冊。

1937年に初版された本ですが、現在においても参考になる考え方となっているため、人間性を高める本としておすすめです。

内面から磨くことで心を豊かにし、自分を成長させたいと考える人はぜひ読んでみてください。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本2. 『一流の人生 人間性は仕事で磨け!』千田 琢哉 (著)

一流の人生 人間性は仕事で磨け!

「人生の成功者になるためには、高い人間性を持つことが大切。そのためには仕事に邁進しなさい」ということが書かれている本です。人間性の磨くためには仕事をすることが効果的と教えてくれます。

成功者になるためのヒントがまとめられている一冊なので、人間性を磨いて自分を成長させたいと思っている人はチェックしておきましょう。

Amazonで詳細を見る


人間性を高めて、周りから好かれる人になってくださいね。

今回は人間性について解説してきました。人間性を高めることで、相手に不快な思いをさせなかったり、相手の感情に気付いてあげられるなど、人間関係をスムーズに構築できます。

すぐに人間性を高めることは難しいですが、日々コツコツと積み重ねていくことで、人間性を高めることは可能。豊かな人生を送るためにも、人間性を高められるように心がけていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事