思慮深いの意味とは?思慮深い人の8の特徴&思考が深くなる方法を大公開!

思慮深いとはどういう人のことを指すのか気になる時ってありますよね。そこで今回は、思慮深いの意味から、思慮深い人の性格と行動の特徴、長所と短所、恋愛傾向、周りからの印象、思慮があるかどうかの診断テストを大公開!さらに、思慮深くなる方法も紹介していきます。

思慮深い人になりたい方へ。

思慮深い人の8の特徴&深くなる方法

人を評価する時に、「思慮深い」という褒め言葉を使うことがあります。冷静で判断力が高いイメージがあり、自分も思慮深くなりたいと考えている人もいるでしょう。

今回は、思慮深いという言葉の意味を解説した上で、思慮深いと言われる人の特徴や長所と短所、恋愛傾向などに加えて、思慮深い人になる方法についてご紹介します。

プラスの印象が多い思慮深い人になるヒントを見つけてみてくださいね。


「思慮深い」の意味とは

思慮深いとは、思慮が深い、つまり物事について深くじっくりと考えるさまを意味します。

冷静に物事をとらえて深く考えたり検討したりする様子を表現する言葉です。

つまり思慮深いとは、見えている表面的な部分だけに注目せず、物事の真の意味や内容について分析し、正しい判断をするための材料とする様子と理解しておくといいでしょう。


思慮深いの対義語って?

思慮深いとは、物事をじっくり深く考える様子をさしますが、その対義語として使われるのが「思慮が浅い」という言葉です。

言葉の表現からも分かる通り、思慮深いとは正反対で、物事を深く考えずにその時の感情や勢いで決める様子をさします。

考え方が浅く、相手の心情を汲み取らずに雰囲気に流されて発言や行動をする人に対して、配慮が欠けているという意味で使うのです。


思慮深い人とはどういう人?共通する8つの特徴を解説!

「あの人は思慮深い」といった表現は、相手を褒める際に使います。性格だけでなく、行動に対してもプラスの意味で使われることが多いでしょう。

思慮深い人とは具体的にどのような人なのか、共通する特徴について8つご紹介します。


思慮深い人の「性格」の特徴

友達や職場の同僚など、周囲にいる人の中で「この人は思慮深い人だな」と感じることがあります。特に性格において思慮深さを感じるケースが少なくありません。

思慮深いと言われる人にはどんな性格における特徴があるのか、主な特徴を4つご紹介します。


性格1. どのような状況でも落ち着いている

思慮深い人は、物事に対して感情的に対応することはありません。焦ったり気持ちに任せて怒ったりしても、課題が整理できず解決が長引くことを知っているからです。

問題が起きた時に、原因や経緯を客観的に見た上で適した対応策を出そうと冷静に考えます。

どういった状況であっても冷静で、落ち着いて対処するのが強みなので、周囲からすると頼りになる存在だと感じるでしょう。


性格2. 行動を起こす前に、しっかり計画を立てる

思慮深い人は、衝動的に行動すると失敗する確率が高いと思っています。

何かを新しく始める時や改善が必要な時は、きちんと計画を立ててから行動に移す習慣がついているのです。

仕事だけでなく、例えば勉強や旅行などでも同じで、スタートからゴールまでを俯瞰して見られるよう、計画を細かく立てて実行していくので、目的を達成する可能性が高いと言えます。


性格3. 物事に対しての追求心が高い

どんなことでも、思慮深い人はじっくり考えたいと思っています。

なぜそうなったのか、どうするのがもっとも適切なのか、いろいろと分析した上で計画を立てて実行したいのです。

何か質問されたり、相談されたりした時は、すぐに返答やアドバイスをすることはありません。

自分なりの回答が出たとしても、それだけでなく他にも方法があるのではないかとさらに追求し、最適な答えを導き出せるのが強みです。


性格4. 先のことを常に考える

思慮深い人の性格として特徴的なのは、物事を長期的な視点で考えるということです。

例えば仕事で新しい企画を提案する場合、A案を押しながらも、先々A案がうまくいかなかった時のためにB案やC案を準備しています。

この判断や行動を選んだらどうなるのかを常に考え、将来より良い結果を出す努力をしているといえます。今が良いだけではダメで、1年先3年先5年先まで見据えて行動しようとすることが多いでしょう。


思慮深い人の「行動」の特徴

思慮深い人というと、物事を落ち着いて考える印象が強いものです。そんな性格が行動に反映されている場合が少なくありません。

思慮深い人は普段どういった行動を取ることが多いのか、行動における主な特徴を4つご紹介します。


行動1. 考えがまとまった後の行動が早い

思慮深い人というと、じっくりと考えてから物事に取り組む分、のんびりした雰囲気で大人しい印象があるもの。しかし、実際には、思慮深い人は考えがまとまった後の行動がとても早いです。

状況を見ながら計画を立てたら、結果に関する成果を出したいと考えるため、すぐに計画の実行に取り掛かります。

途中で問題が起きたら素早く判断して計画を修正してまた取り組むので、事態が深刻になる前に解決することが多いのです。


行動2. 相手に伝わるよう説明しようとする

思慮深い人は、物事を冷静に見て判断する癖がついているため、自分の中で課題や解決方法について整理がついています。

例えば、仕事において何らかの問題が起きた時、部下に指示を出す際の説明が分かりやすくまとまっていることが多いです。

独りよがりの考え方を押し付けるのではなく、論理的に道筋を立てて説明できる強みがあるため、相手に伝わりやすく、好印象を持たれやすいでしょう。


行動3. 狭く深い人間関係を築こうとする

じっくりと物事を考えて進めることが好きな思慮深い人にとっては、人間関係も時間をかけて築き上げたいものの一つ。

広く浅く人と知り合いたいというよりも、狭く深い繋がりを持った関係を好みます。

お互いの考えや価値観を理解し合えるのが重要だと思っているため、話が合うだけでなく、尊敬できる人や学びをくれる人と付き合いたいという気持ちが強いです。


行動4. 聞き上手で相手の話を最後まで聞く

思慮深い人は、状況をきちんと把握してから判断したいタイプです。事情を知らないまま見た目で決めつけたり、思い込みで判断するのは好きではありません。

相談を受けたら相手の話をしっかり最後まで聞いてあげて、的確なアドバイスをします。

「うんうんそれから?」などと相槌を打ちながら聞くので、話す側には安心感があり、異性にもモテると言えます。


【男女別】思慮深い人の恋愛傾向とは

男性でも女性でも、思慮深い人は常に冷静沈着です。その姿勢は恋愛に対しても変わることがなく、大人っぽい落ち着いた恋愛をする傾向があります。

思慮深い人はどのような傾向があるのか、男女それぞれについてご紹介します。


思慮深い「男性」にあるあるな恋愛傾向

思慮深い男性は、落ち着いた雰囲気で話し方も穏やかなため、誠実な印象を受けます。

やや堅苦しい感じがするものの浮わついた面がないので、女性は安心して付き合えるでしょう。

思慮深い男性ならではの、恋愛傾向のあるあるについてご紹介します。


男性の恋愛傾向1. 一途で思いやりのある男性が多い

物事に対してじっくりと取り組むのが思慮深い男性の特徴です。恋愛に対しても同じで、「こちらの彼女はかわいいしあちらの彼女も好み」などとふらふらすることはなく、一途に恋人のことを考えてくれます。

実直な性格で思いやりが深く、恋人にとても優しく接します。

真剣な姿勢で交際するため、落ち着いた恋愛をしたいと思っている女性にはモテるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


男性の恋愛傾向2. 会話が面白い男性が多い

思慮深い男性は、多くの情報を頭に入れて整理し、分析して活かすという作業が自然にできる人です。

いろんなことを知っている上にボキャブラリーが豊富なため、どんな話題であっても嫌味なく「これはこういうことだよ」と分かりやすい表現で教えてくれます。

知識量が人よりもかなり多いため、話題の引き出しの種類が豊富で、会話が弾みやすく、モテると言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


思慮深い「女性」にあるあるな恋愛傾向

思慮深い女性は、冷静で大人っぽい雰囲気を持っており、責任感が強くて仕事がバリバリできそうなしっかりした印象を受けます。

その上周囲への女性らしい配慮は欠かしませんから、集団の中で目立つ存在ではないものの好印象を与えることが多いです。

思慮深い女性ならではの、恋愛傾向のあるあるについてご紹介します。


女性の恋愛傾向1. どんな人に対しても見返りを求めない優しい女性

冷静に相手の状況を観察して、気遣いをするのが思慮深い女性の特徴です。

自分にできることはしてあげたいと思うため、見返りがあるかどうかを気にせず優しく接する姿勢を見せます。

困っているようだと判断すれば「何かできることがある?」と話を聞こうとしますし、落ち込んでいる様子を見ると「大丈夫だよ」と励ましたりといった行動を無意識にできる優しさがあるのです。

誰にでも分け隔てなく優しく接する様子に惹かれる男性は多いでしょう。


女性の恋愛傾向2. 男性への気配りが上手い

思慮深い女性は、周囲の状況をよく観察しているため、場の空気を読んで控えめに行動します。

恋人を立てることもあれば、悩んでいる様子を察知して「どうしたの?」と話を聞いてあげるため、相手はいつも気遣いをしてくれることに感謝するでしょう。

単に尽くす女性ではなく、恋人の気持ちを汲んでフォローしてくれるので、男性は一緒にいて居心地の良さを感じます。

【参考記事】はこちら▽


思慮深い人の長所&短所を徹底レクチャー!

思慮深いと周囲から見られている人は、大抵好意的な人物として見られていることが多いです。

ただし、物事を深く考えてじっくりと取り組むという特徴が、長所になることもあれば短所になることもあります。

思慮深い人が持っている長所と短所について解説していきます。


思慮深い人の長所とは

思慮深いということは、物事の本質をきちんと見ようとしていることの表れです。噂や感情に流されず、客観的な視点を持って分析しようとするので、周囲からの信頼も厚いでしょう。

思慮深くなりたいなら、思慮深い人の長所をつかんでおくことは大切なので、主な長所を5つご紹介します。


長所1. リスク管理が上手い

思慮深い人は、最適な結果を出すために計画し、行動しようという考えを常に持っています。

計画が100%その通りにいくわけではないことも分かっているため、突発的な問題が起きた場合を想定したリスク管理も忘れません。

計画を変更せざるを得なくなったらどうするか、計画がスムーズにいかず損害を被らないためにはどうしたらいいかを考慮して行動します。

自分のことだけでなく、相手のことも考えて、リスクを最小限にするよう努力するのです。


長所2. とても誠実である

偏った視点で判断したり、情報が少なく思い込みをベースに決めつけたりすることを、思慮深い人は好みません。

問題が起こったら客観的な視点で分析しようとしますし、複数の立場が絡んだ問題なら全員の意見をきちんと聞いてから判断します。

適当にはぐらかしたり、嘘をついて利益を得ようという考えがなく、冷静に対応する姿勢を貫くのです。これは、誠実で信頼できる人という印象を周囲に与えられるメリットとなるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


長所3. イレギュラーなことが起きても、冷静に対処できる

思慮深い人は、どんなことに対しても計画的で、落ち着いた姿勢で対応します。突発的な問題が起きたとしても慌てず、原因を客観的に分析して対応策を素早くとるのです。

感情的になって怒鳴ったり、イライラしたり、過剰に下手に出て泣き落としを図ったりすることはありません。

自分がすべきことを淡々と進めるので、問題をスピーディーに解決する傾向が強いです。

【参考記事】はこちら▽


長所4. 集中力がとても高い

深くじっくりと物事について考える傾向がある思慮深い人は、多くの情報を集めて分析することが多いです。

物事を判断する際には、集めた多くの情報についていろいろな視点から考えなければならないため、高い集中力を発揮して対応します。

情報の内容を精査し、注意深く比較したり分析したりといった複雑な作業を行いますが、のんびりと時間をかけてもいられませんから、他人よりぐっと集中して取り組む習慣がついているのです。


長所5. 問題分析の力がある

思慮深い人は、情報を客観的に見て冷静に判断していく作業を自然に行います。

問題の解決方法を導き出すために必要な分析力があるため、集めた情報のどの部分が重要か、どのように活用していけばその情報が活かせるのかといった判断が的確にできるのです。

普段から物事を俯瞰して見る癖がついていることは、分析力を高めるメリットと言えます。


思慮深い人の短所とは

冷静で的確な判断ができる思慮深い人は、男性女性にかかわらず魅力的です。しかし、感情をできるだけ抑えて行動する傾向があるため、人間味に欠ける面があります

思慮深くなりたいなら、思慮深い人の短所を知っておくことは効果的。思慮深い人の短所について、代表的なものを2つご紹介します。


短所1. 考えすぎて行動できないことがある

行動する前にまず考えたいと思うのが、思慮深い人の特徴です。問題が起きた時、まず現状を把握して情報を集め、分析してから行動計画を決めるため、すぐには行動しないでしょう。

仮説を立てて計画し、どうなるかシミュレーションを繰り返したり、考えられるリスクを回避する方法を準備した後でやっと行動に移すので、スピード感はありません

急いで対応しなければいけないような状況だと、「あの人はいつも行動が遅いな」と否定的に見られることもあるでしょう。


短所2. 羽目を外すのが苦手

思慮深い人は、冷静で落ち着いた雰囲気が魅力的な反面、生真面目すぎて面白みがないのが短所です。

友人同士で出掛けたり、飲み会に参加したりしても、ワイワイと大人数で盛り上がるノリは苦手で、端で静かに過ごしていることが多いでしょう。

ストレスがたまっていても羽目を外すことはなく、愚痴もあまり言わないので、「つまらない人」というイメージを与えやすいです。


思慮深いって褒め言葉?気になる周りからの印象とは

じっくりと物事について考え、的確で冷静な判断をする人に対して「あの人は思慮深い」といった表現をします。

どちらかというと相手を好意的に見ている時に使うので、褒め言葉としてとらえるのが自然です。

思慮深いと言われる人は周囲からどんな印象を与えているのか、代表的な印象についてご紹介します。


印象1. 知的で頭が良さそう

てきぱきと行動するわけではありませんが、時間をかけて物事の本質を見極めるのが得意な人は、思慮深いという印象が強いもの。

知識の量が豊富なこともあり、知的で頭がよさそうに感じます。

実際に学生時代に勉強ができていた人も多いはずですが、テストの点が良いという意味での頭の良さではなく、物知りで状況判断力が高いという面から頭の良さを感じさせるのです。


印象2. 仕事ができそう

物事に対してじっくりと深く考えをめぐらせるのは、思慮深い人の特徴です。

冷静に分析して結果を導き出し、根拠がはっきりとした的確な改善策を出してくるため、そもそも大きな失敗をほとんどしません。

問題が起きた場合でも、説得力のある指示を周囲に出して状況を好転させていくため、仕事ができるという印象は強いでしょう。


印象3. 信頼できる

思慮深い人は、物事を客観的にとらえて分析していくことが得意です。

どちらか一方に肩入れしたり、自分の思い込みで判断したり、衝動的な発言をして混乱させることはありません。

堅苦しく生真面目な雰囲気なので少し怖い印象を与えがちですが、発言はや行動がしっかりしているので、頼りがいがあり安心して仕事を任せられるのです。

【参考記事】はこちら▽


印象4. 気難しそう

思慮深い人は、計画的に物事を進めていきたいという意識が強く、淡々と対応することが多いです。

感情を挟まずに冷静に分析や指示を行うため、頼りがいがある一方で気難しい印象を与える可能性があります。

責任が伴う仕事においてはメリットとなりますが、恋人や友人などのプライベートな関係においては「融通が効かない」「一緒にいてもリラックスできない」などと言われることがあるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


思慮深い人診断!自分が思慮深いかチェックしてみよう!

恋人や友人、職場の同僚など近くに思慮深い人がいると、その魅力に惹かれて「自分も同じようになりたい」と感じるものです。

ただし、自覚していないだけで実は既に思慮深い人である要素を持っている可能性があります。

そこで、自分が思慮深いか、思慮深くなるにはどんなポイントを押さえるべきかをチェックできる診断項目を5つご紹介します。該当する項目が多いほど思慮深い傾向が強いですよ。


診断1. 物事を深く考えてしまうことがある

人は、考えるよりもまず行動するタイプと、事前にしっかりと考えを整理してから行動するタイプの2種類に大きく分かれます。

もし、物事を一つ一つじっくりと深く考える傾向が強いなら、思慮深い人と見られている可能性が高いでしょう。

いろいろ考えて計画を立ててから行動する方が、自信を持って動けるという気持ちが強いです。

【参考記事】はこちら▽


診断2. メモを取る癖がある

打ち合わせや会議、初めて担当する仕事を始める時などに、話し合った内容や上司からのアドバイスをメモに取る習慣があるなら、思慮深さがあると診断できます。

物事を深くじっくりと考えるにあたって、聞いたことや調べたこと、気が付いたこと、気になったことなどを全てメモにしておけば、計画を立てる時に見返せて、より的確な改善法を見つけられるという気持ちが強いです。

メモをしておけば、後々資料として何度も活用できますし、忘れてしまった時のリスク管理にもなるという堅実な考えを持っています。


診断3. 周りが見えないくらい集中することがある

思慮深い人の要素の一つとして、集中力の高さは外せません。

物事を分析するための情報整理にかかる作業や、適切な計画を立てる作業をするには、高い集中力が必要だからです。

普段は他の人と変わらない働きぶりでも、いざという時には周りが見えなくなるほど集中することがあるなら、思慮深さを持っていると言えるでしょう。


診断4. 約束を必ず守る

思慮深い人は、物事の計画が今後どう展開していくのかを常に気にしています。

計画通りに行かないこともあると分かっているため、問題が起きた時のリスク管理もしっかりしていて、きちんと実行することを目指すのです。

こうした性格ですから、約束を反故するといったこともしません。

約束を守れなくて、相手に迷惑がかかることを避けたいので、守れる約束しかしないのなら思慮深さがあると診断できるでしょう。


診断5. 質問などに対して、返答に時間がかかってしまう

思慮深さを持っている人は、安易に話を進めることはありません。

物事の状況や関わっている人たちの意見などをきちんと聞いて、よく考えた上で返事やアドバイスをしたいのです。

そのため、話を聞いたその場で結論を出すことはほとんどないでしょう。「あの人の意見も聞いてからね」などと、一旦返答を保留することがほとんどです。


思慮深い人になりたいと思ったらどうすれば良い?

穏やかで落ち着いた雰囲気が魅力的な思慮深い人。人からいい印象を持たれやすいこともあって、思慮深くなりたいと思っている人は少なくありません。

思慮深くなるためにはどうしたらいいのか、おすすめの方法をご紹介します。


方法1. 些細なことでも「なぜ?」と疑問に思う習慣をつける

思慮深くなるには、話を鵜呑みにせず、自分で考える力をつけることが重要です。

聞いた話でも本やインターネットなどで読んだ話でも「なぜそうなるのか?」と疑問を持って考え、自分なりの答えを出してみる練習をしましょう。

正解かどうかというよりも、自分で考えて答えを出す作業が思慮深さを身につけることにつながるのです。


方法2. 本やニュースなどマメに情報収集をする

思慮深くなるためには、考える癖をつけるために様々な情報に触れることが大切です。

もし、考える前にすぐ行動するタイプなら、本や新聞など情報量の多い媒体に触れるようにしましょう。

例えば漫画や写真集といった本よりも、小説や自己啓発本など、文字が中心の本を選ぶと、絵や写真に頼らず自分の頭で物事をイメージする力がついてきます。


方法3. 人の立場になって考える

職場や学校などでは、様々なタイプの人と関わりを持ちます。

その中には考えや価値観が合わない人や、あまり好きになれない人もいますが、そういった人と付き合うことが学びになります。

自分とは違う考えや価値観に触れることで、「なるほど、そういう捉え方もあるのか」という気づきが得られるので、自分自身の見識の幅が広がるだけでなく、その後の人間関係において、相手の立場に立って考えられる思慮深さが身につくでしょう。


方法4. 未来を常に見据えて行動する

思慮深くなりたいなら、物事を落ち着いて捉える癖をつけなければいけません。その瞬間の感情や、一方から見ただけの情報で判断すると、大抵偏りのある不公平な結果になりやすく、希望が持てないでしょう。

物事を俯瞰して見るようにすると、その先の未来がどうなるかがおぼろげでも見えてきます。

未来が見えてくるようになると前向きになり、積極性が高まるでしょう。


方法5. 複数の角度から物事を考える

思慮深い人になるには、一つの視点からの判断をすることをまずやめたいもの。

共感を得ることよりも、違いを認め合う姿勢を持つよう心がけると、考えが深まって違う立場の人の心情が理解できるようになります。

「あの人のアドバイスは的確だ」などと周囲からの評価が上がり、信用を集められるようになるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


思慮深い人になって人間関係をスムーズにしましょう。

思慮深いというのは、視野が広く状況を正しく判断して意見を出せる人に対する褒め言葉です。

じっくり考える習慣をつけることで、自らの考えも見直してみたり、相手の気持ちを察する力が高まる可能性は大いにあります。

後先考えずにすぐ行動してしまうのが嫌で、思慮深くなりたいと思っているなら、この記事を参考に思慮深さを身につけて、視点や人間関係の幅を少しずつ広げていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事