“鬱陶しい”の意味とは?鬱陶しい人の特徴&上手な対処法を4つ紹介

何かと絡んでくる鬱陶しい人っていますよね。苦手とは思っていても、職場などにいる場合、できる限り大人の対応を心がけたいところ。そこで今回は、鬱陶しい人の特徴や上手な付き合い方や接し方について、詳しくご紹介します。ぜひ参考にして、鬱陶しい人への対処法を習得しましょう!

鬱陶しい人との関わり方って悩みますよね。

鬱陶しい人の特徴&上手な4つの対処法

職場や学校で、何かと絡んでくる鬱陶しい上司や友達っていますよね。

しかし、苦手だと思っていても、先輩や上司が相手である場合は、慎重に大人な社会人としての対処法を心がけるべきです。

ここでは、鬱陶しい人の特徴や、上手な付き合い方や接し方について詳しく解説します。ぜひ参考にして、しつこい鬱陶しい人への対処法を習得してくださいね。


そもそも鬱陶しいの意味とは?

前提として、鬱陶しいという言葉は、「気分が晴れやかでなく、わずらわしさを感じている状態」を意味する言葉です。

広義では天気やモノを表現する時にも使われる言葉ですが、「うるさくて、不快な人」といった意味合いが強いでしょう。

その人の会話や行動、性格などが邪魔に思っていて、できれば関わりたくないと思う時に使われます。


どんな人を指すの?鬱陶しいと言われる人の特徴とは

鬱陶しい人をもっと深く理解するため、また自分がそうならないため、鬱陶しがられる人の特徴を把握しておきましょう。

ここでは、鬱陶しいと思われやすい人の「性格」「行動」「会話」に分けてそれぞれご紹介します。


周囲に鬱陶しいと思われやすい人の「性格」の特徴

鬱陶しいと思われがちな人は、実は性格や考え方の部分において、共通したものを持っていることが多いです。

ここでは、そんな周囲に鬱陶しがられている人によくある、代表的な性格の特徴を4パターンご紹介します。


性格の特徴1. 寂しがり屋でかまってちゃん

職場の部下や後輩など、限られたコミュニティの限られた何人かしか、自分の話を聞いてくれないため、しつこく関わろうとしてくるタイプです。

基本的に寂しがり屋な性格をしているのが特徴で、逆らいにくいのをいいことに、相手にしてくれるまでちょっかいを出してしまうため、鬱陶しいと思われやすい傾向があります。

【参考記事】はこちら▽


性格の特徴2. 自信家で調子に乗りやすい

自信に溢れている姿は、時として魅力にみえることもありますが、そんな態度が暑苦しく、鬱陶しいと感じることも多いです。

そのため、いつも根拠のない自信に溢れている人や、自分の調子のいい時だけ強気になる人は、鬱陶しがられる傾向にあります。

自分のことをより認めて欲しいという自己顕示欲は、周囲からの反発を買いやすいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


性格の特徴3. 執着心が強く嫉妬しやすい

小さいことにこだわり、何をするにも暗くてネチネチした方法で物事を進めようとするのも、鬱陶しい人のよくある特徴の一つ。

嫌な経験をしたことをいつまでも根に持ったり、他人の成功を嫉妬しやすい性格をしていることが多いです。

一般的な感覚を超えて、他人をコントロールして、支配しようとするという傾向があります。

【参考記事】はこちら▽


性格の特徴4. 気分屋で感情のアップダウンが激しい

鬱陶しいと思われがちな人は、職場や学校など公共の場で、あからさまに苛立ったり、大声を出すことも珍しくありません。

気分屋で感情の起伏が激しいので、周りはその人の機嫌やテンションを気にして、合わせようとする負担が発生します。

そんな自分の感情を隠そうとせずに振る舞う人は、自分勝手な印象がつき、鬱陶しいと思われがちな傾向にあるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


周囲に鬱陶しいと思われやすい人の「行動」の特徴

職場にいる上司や、女性のプライベートに介入しようとする男性など、生活の中で鬱陶しいと感じるタイミングは多くあるでしょう。

ここでは、そんな周囲に鬱陶しいと思われやすい人の特徴的な「行動」を4つご紹介します。


行動の特徴1. 返信してないのにLINEを連投してくる

鬱陶しい人は、あらゆる場面でマイペースで自分勝手です。

そのため、LINEやメールなどの連絡手段においても、受け取る側の都合や感情を無視して、連続で送ってくることもよくあります。

大した内容でもなく、返信していなかったとしても、何かしらのリアクションが来るまで送り続ける人は、鬱陶しいと思われがちです。


行動の行動の特徴2. 必要以上にお節介をする

その人にとっては優しさでやっているかもしれないことでも、鬱陶しいと感じる時があります。

仕事や恋愛において、頼んでもいないのに世話を焼き、何かしらの見返りを求める人も、相手の感情を無視していると言えます。

男性と女性のこだわりの違いや、上司と部下の仕事に対する進め方の違いなどで、頻発するケースです。


行動の特徴3. デリカシーがなく、プライベートに土足で入り込んでくる

男性関係、女性関係などの恋愛に関わる部分や、年収などの金銭的な部分はある程度親交があっても触れない、というのが暗黙の了解です。

しかし、そんな社会人としてののデリカシーが足りていなく、プライベートを侵してしまいがちなのも、鬱陶しい人の特徴。

多くの人にとっては隠しておきたいことを、平気で聞いてくることがよくあります。


行動の特徴4. 繊細ですぐに拗ねる

鬱陶しいと思われがちな人は、異常にプライドが高く、怒りの沸点が低いという特徴もあります。

何か少しでも人に否定されたり、そっけない態度を取られると、塞ぎ込んで拗ねたり、怒ったりしてしまいます。

実は繊細で傷つきやすいため、自分が悪く言われることを我慢できず、笑い飛ばせいない性質を持っているのでしょう。


周囲に鬱陶しいと思われやすい人の「会話」の特徴

鬱陶しい人は行動だけでなく発言も独特で、会話相手や周囲の人たちを不快にしてしまうことが多いです。

ここでは、鬱陶しいと思われやすい人の「会話」の中でよくある、代表的な特徴を4パターンご紹介します。


会話の特徴1. マイナス思考でネガティブな言動が多い

鬱陶しいと思われがちな人は、何気なく発する言葉によって、周りのやる気も削いでしまうことが多いです。

具体的には「どうせ私なんて」「無理だ」「疲れた」などのワードを多用し、職場の雰囲気を悪くします。

そんな人が一人でも存在してしまうことで、全体的にネガティブになってしまうので、陰気で鬱陶しいと思われがちです。

【参考記事】はこちら▽


会話の特徴2. 同じ話を繰り返すなど、しつこい一面がある

上司や先輩の話を聞くのは、後輩としての仕事の一部ではありますが、面白くない話を聞くのは辛いもの。

しかし、鬱陶しいと思われがちな人は、そんな面白くない話をしつこく繰り返ししてしまうため、嫌われがちです。

当の本人は過去に話した記憶がなく、会話相手の表情も汲み取らないため、気がついていないことが多いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


会話の特徴3. 人の話に耳を傾けず、自分の話ばかりする

鬱陶しいと思われがちな人は、自己中心的な感覚が強く、他人の感情を推し量れません。

そのため、自分が話したいことがあれば、「それを話したい」という考えしか湧いて来ず、聞き手に回らないというのもよくある特徴の一つ。

人が話している途中であっても、平気で腰を降り、自分の話したいことを話そうとする傾向があります。

【参考記事】はこちら▽


会話の特徴4. 自慢話や過去の武勇伝を語りやすい

相手が男性でも女性でも、仲が良い友達であっても、自慢話を楽しいと思う人は少ないでしょう。

しかし、鬱陶しいと思われがちな人は、自信過剰で自己顕示欲も高いため、頻繁に自慢話や武勇伝を語ってしまうことが多いです。

相手がつまらなそうにしていても、それに気がつかず突っ走って話し続けてしまうという傾向があります。


職場や友達など、身近に鬱陶しい人がいる時の対処法

日々の生活のなかで、鬱陶しいと思う人がいる時に、どうしていいかわからない人も多いでしょう。

ここでは、そんな身近に鬱陶しい人がいる時の、おすすめの対処法を4つご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。


対処法1. 忙しいアピールをして、なるべく関わらない

鬱陶しいと思われがちな人は、基本的に自分勝手で、あまり相手の感情を読みとる気がありません。

そのため、じっと我慢していてもそのことに気付かれず、しつこい話やお節介が改善されることは少ないでしょう。

一旦相手にすると長いので、距離を置いて関わらないようにするというのが効果的な対処法です。


対処法2. 当たり障りのない返答をしてやり過ごす

鬱陶しい行動や会話を、なるべく早く終わらせるように仕向ける工夫をするのもいい方法です。

中途半端に会話に乗ってしまうと、余計に長引く危険性があるので、当たり障りのない返答にとどめておき、受け流しましょう。

とにかく相手を勢い付けるような、感動したりびっくりしたりするようなリアクションは厳禁です。


対処法3. 相手の長所を探してみる

「鬱陶しい」「嫌いだ」と決めつけることをやめると、意外といい部分が見えてくることも少なくないです。

そんな、相手の魅力的な長所に目を向けることができると、鬱陶しいと感じる機会が減る傾向にあります。

どうしても避けられない相手であれば、好きになろうとする努力をした方が効果的なこともあるでしょう。


対処法4. 嫌な時はハッキリと「NO」と断る

男性が女性にしつこく絡んでいる場合や、後輩や部下に対してのみ、好き放題している上司は、「反抗してこない」と思われている可能性があります。

そのため、プライベートに干渉されたりして不快に感じたときは、はっきりと嫌だという意思表示をすることも重要です。

きちんと自分の思いをぶつけることで、改善してくれることもあります。


反対に、周りから鬱陶しいと言われた時の対処法は?

鬱陶しい人が嫌いだとしても、自分が鬱陶しいと思われる行動をしてしまっていることも、残念ながらあるでしょう。

そんな鬱陶しいと言われた場合の、おすすめの対処法を4つご紹介しますので、念のため覚えておいてくださいね。


対処法1. なぜ鬱陶しいと感じたのか理由を聞いて改善する

鬱陶しいと思われてしまうことのほとんどは、悪気があってやった言動ではないはずです。

そのため、まずはなぜ自分が鬱陶しいと感じさせてしまったのか、原因を探るところからはじめましょう。

他人の目線からどう見えていたかをはっきりさせることが、解決策をたてて改善するのための最短ルートになるので、おすすめです。


対処法2. 適度な距離感を保つのを心がける

好意をもっている相手には、男性女性限らずに、テンションが上がってしまってついつい馴れ馴れしくなってしまうもの。

そんなことが思い当たるのであれば、その人と少し距離を置くことを意識してみるといいでしょう。

適度な距離感を心がけることで、相手の不快感を減らすことができて、関係性が改善することがあります。


対処法3. 相手の気持ちを考えて行動することを意識する

どんな人であっても、無意識のうちについつい自己中心的な考えや行動になってしまうこもあるでしょう。

鬱陶しいと思われてしまった以上、「ちゃんと相手の立場を尊重できていたか」ということを再確認する必要があります。

我慢させていたことや、しつこい行動をとってしまっていたことがあれば、素直に謝って改善してくださいね。

【参考記事】はこちら▽


対処法4. 恋人に言われた場合、無意識に干渉していないか見直してみる

恋愛関係においては、男性と女性の考え方や感じ方の違いで、関係性が悪くなることもあります。

そんな時は、無意識のうちに「恋人に対して過剰に干渉しようとしていなかったか」を見直してください。

プライベートを無視するような、度を超えた束縛は、息苦しく鬱陶しいと思われがちなので、嫉妬心が強い人は特に注意が必要です。


鬱陶しい人がいたら、上手に対処しましょうね。

鬱陶しい人の特徴から、そんな人に対するおすすめの対処法について解説しました。社会人であれば、職場にいる上司や先輩などが鬱陶しいと思うタイミングも少なくないでしょう。

また、女性と男性の感じ方の違いから、鬱陶しさを感じることもあります。

こちらを参考にして一旦冷静になり、うまく対処して、より素晴らしい大人になってくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事