ドタキャンする人がよく使う心理とは?嘘の見抜く方法と対処法を解説

ドタキャンする人っていますよね。本記事では、ドタキャンの意味から、ドタキャンする人の心理と特徴、よく使われる言い訳や理由、嘘を見抜く方法、ドタキャンされた時の対応を大公開!さらに、ドタキャンを防止する方法も解説します。振り回されないように、ぜひ参考にしてみてくださいね。

平気でドタキャンしてくる人って多いですよね。

ドタキャンする人の心理&よく使う理由

いきなりされるとつい困ってしまうドタキャン。ドタキャンする人には、どういう特徴があるのか気になる人も多いはず。

この記事では、「ドタキャンとは」という意味の解説からドタキャンする人の心理、さらにはドタキャンする人の特徴から言い訳について解説します。

さらにドタキャンされたときの対応の仕方もご紹介しているので、ぜひ参考にしてうまく対応してみてくださいね。


そもそもドタキャンとは?意味を詳しく解説!

ドタキャンとは、デートや遊びなどで約束を取り付けていたものを「土壇場でキャンセルする」という意味。昔はテレビ業界や旅行業界でよく使われていましたが、1990年頃からは多くの人に使われています。

ちなみにドタキャンの定義は、人によって異なることもしばしば。前日や当日がドタキャンだと思う人もいれば、一週間前のキャンセルをドタキャンだと感じる人もいます。


なぜドタキャンするの?ドタキャンする人の5つの心理

急にドタキャンされた時、相手が何を思っているのか気になる人も多いのではないでしょうか。ここでは、ドタキャンする人の心理について解説します。

ぜひ参考にして、ドタキャンされたときはどの心理に当てはまっているのか考えてみてくださいね。


ドタキャンをする心理1. 会う相手に魅力を感じない

付き合っていない異性とデートする時などに起こりやすい心理です。会う相手に魅力を感じない時、「ちょっと微妙かも」と会うことに対してやる気が起きません。

会っても有意義な時間にならないと思っており、会う時間が「もったいない」と感じていることもしばしば。迷ったあげく、つい「ごめんなさい」とドタキャンしてしまうのです。


ドタキャンをする心理2. 外出するのが面倒くさい

夏の暑い時期や冬の寒い時期などに起こりやすい心理だといえます。ものすごく会いたいと思っていないので、外出がめんどくさいと思えば「また今後でいいや」とドタキャンしてしまうことも。

外に出て人に会うよりも家にいたいと思っており、基本的に自分の気持ちや状況を優先してしまうのでついドタキャンしてしまいます。

【参考記事】はこちら▽


ドタキャンをする心理3. 相手のことを舐めている

彼氏などとデートなどの待ち合わせをドタキャンする人は、相手への配慮を苦手としているケースも少なくありません。自分がドタキャンすれば相手がどう思っているのか考えておらず、独りよがりな行動をとってしまうことも。

相手のことを下に見ている時にする場合が多く、ドタキャンしても「許してくれるだろう」と軽く考えています。


ドタキャンをする心理4. 予定を忘れていた

スケジュール管理が苦手な人に起こりやすい心理だといえます。手帳に予定として入れていたとしても、予定がしっかり管理できないために、当日までその予定を忘れていたなんてことも。

その日に重要な予定を入れている場合も少なくなく、ずっと前から約束していても、「ごめんなさい、どうしても外せない用事があって…」とドタキャンしてしまいます。

【参考記事】はこちら▽


ドタキャンをする心理5. 遊ぶお金がもったいない

損得勘定でドタキャンする人も少なくありません。相手に対してあまり「会いたい」という感情が強くないので、ある程度の出費が生じる場合であれば、ついお金がもったいないと考えてドタキャンしてしまいます。

そのお金をもっと有意義なことに使いたい」と考えていることも多く、反対に相手から「おごるよ」と言われたときは行こうとするケースもあるでしょう。


ドタキャンする人によくある8つの特徴

ドタキャンする人には、様々な特徴が垣間見れます。ここでは、ドタキャンする人のよくある特徴について解説します。

ぜひ参考にして、周りにドタキャンする人がいれば、当てはまっているか確かめてみてくださいね。


ドタキャンする人の特徴1. 自分勝手でマイペースな性格

マイペースな性格をしている人は、いつも自分を中心に行動しています。自分の欲求を最優先しているので、スケジュールが合わせられないこともしばしば。

もともと予定していたことであっても、「ごめんなさい、この日は他の予定があって…」といきなりドタキャンしてしまう可能性も。相手に合わせることが苦手で、いつも自分をのことしか考えていません。

【参考記事】はこちら▽


ドタキャンする人の特徴2. 物事を楽観的に考えがち

マイペースな性格以外に、「ドタキャンしてもなんとかなる」と考えている可能性も高いといえます。たとえ自分がドタキャンしたとしても、「その後に何もトラブルにならなければ大丈夫」と考えることもしばしば。

常にポジティブに考えようととしていますが、ドタキャンされた人がどう思っているかまで考えていないことが多いです。


ドタキャンする人の特徴3. 気分屋ですぐ気が変わる

すぐに気分が変わりやすい人は、その時の自分の感情で物事を決めてしまうことが多いです。いつもドタキャンする人を誘った時、最初は「楽しみ!行く!」とテンションが上がることも少なくありません。

ですが直前になって、テンションが下がってしまうと「ごめんやっぱり行かない」と返信して態度が変わってしまうことも。基本的にその時の自分の感情で物事を決めてしまいます。

【参考記事】はこちら▽


ドタキャンする人の特徴4. 自宅で没頭できる趣味がある

思わずハマってしまうものがある人も、ドタキャンしやすい人の大きな特徴だといえます。家で何か没頭している趣味がある時、つい時間を忘れて熱中してしまいがち。

その日に他の人と待ち合わせをしていたとしても、時間を忘れて取り組んでいるので気づいたら待ち合わせに間に合わなくなり、ドタキャンしてしまいます。


ドタキャンする人の特徴5. 自分に甘く、責任感がない

いつもドタキャンする人は、いつも自分のことしか考えていません。自分にいつも甘やかしていることが多く、どんなことに対してもルーズになってしまいがち。

待ち合わせ時間にも適当に考えており、「行かなくても大丈夫でしょ」と軽く考えてドタキャンすることも。遅刻するくらいなら、ドタキャンして行かない方が楽だと思っています。

【参考記事】はこちら▽


ドタキャンする人の特徴6. 交友関係が狭い

友達が周りにあまりいない人も、ドタキャンする人の大きな特徴だといえます。友達をあまり作ろうとは思っておらず、人間関係を構築することに対してめんどくさいと思ってしまいがち。

そのため新しく知り合った人とご飯に行く時など、「はじめまして」から仲良くなるのが煩わしく感じてしまうことも少なくありません。


ドタキャンする人の特徴7. すぐに言い訳をしがち

ドタキャンする人の場合、キャンセルする時内心では「めんどくさい」と思っていることも多いでしょう。

ですが、もっともらしい理由にするために、「外せない大事な仕事が入って」などと返信して嘘をつくこともしばしば。

自分のなかで言い訳をする癖がついているため、すぐに思ってもいないことを言って言い逃れようとします。


ドタキャンする人の特徴8. 人の気持ちが考えられない

ドタキャンする人は、相手がどう思っているのか、先回りして想像するとができません。基本的にはいつも自分のことを最優先に考えており、「ドタキャンしたら相手がどう思うのだろう」といったことが考えられないこともしばしば。

人の気持ちがわからないので相手に対してうまく配慮できず、相手からの信用を失うケースも少なくないでしょう。

【参考記事】はこちら▽


ドタキャンする人がよく使う言い訳や理由

ドタキャンする人は、様々な理由もしくは言い訳をしていますよ。ここでは、ドタキャンする人がよく使う言い訳や理由について解説します。

ぜひ参考にして、ドタキャンされた経験がある人は当てはまっているものがないかチェックしてみてくださいね。


言い訳や理由1. 体調不良で行けなくなった

約束の当日になって、「朝起きたら体調が悪くて」と返信して言い訳するケースも考えられます。お腹を壊したり高熱が出たり、様々な理由をつけて体調の悪さを訴えてくる可能性も。

体調不良は自分でなかなかコントロールできないことなので、つい許してもらいやすいです。そのため行きたくない時でも、体調不良を言い訳に使うことも。


言い訳や理由2. 急な仕事が入った

体調以外に、仕事を言い訳にするケースも少なくありません。例えばシフト制の仕事だった場合、「他の人が急に風邪をひいてしまって…」などと言い訳をするケースもしばしば。

突然のトラブル感を出せば、相手も「それならどうしようもない」と許してくれるので、仕事をドタキャンの理由にする人も多いといえます。


言い訳や理由3. 身内が不幸にあった

自分のこと以外に、自分の周りで何かあったことを言い訳にするケースも少なくありません。身内の不幸の場合、自分ではどうやっても防げないことですよね。

「実は身内に不幸があって…」など身内を理由に出せば、ドタキャンされた人も「それなら仕方がないな」と思ってくれる可能性が高いです。相手に許してもらいやすいので、言い訳としてよく使われています。


言い訳や理由4. 家の用事が入った

もし実家に住んでいる場合だと、「突然家の用事ができて行けなくなった」と言ってドタキャンする人も。

幼い兄弟や甥っ子、姪っ子の子守をしなければならなかったり、祖父母の看病をしなければならなかったり、突発的な用事であれば相手も納得しやすいと考えています。

ちなみに、どのような用事か聞いた時、ごまかされるケースも少なくありません。


ドタキャンの嘘を見抜く方法をレクチャー

相手にドタキャンされた時、相手の理由が本当かどうか気になる人も多いのではないでしょうか。ここでは、ドタキャンの嘘を見抜く方法について解説します。

ぜひ参考にして、ドタキャンが嘘かどうかチェックしてみてくださいね。


嘘の見抜き方1. 別日に埋め合わせしようとするかどうか

ドタキャンした後の行動で、そのドタキャンが嘘かどうかわかることが多いです。

「他に空いている日はないかな?」と相手に他の日程を聞いたり、埋め合わせの日程を相手から提案されたりした時は、ドタキャンの理由が本当の可能性も。

一方で埋め合わせも何もない時は、ただ会いたくなくてドタキャンしたことになるので、嘘の場合が多いでしょう。


嘘の見抜き方2. 問い詰めた時に話をはぐらかそうとするかどうか

相手が「どうしても外せない用事ができて」と曖昧な理由を言ってくることも少なくありません。その時に相手に理由を詳しく問い詰めることで、嘘かどうかわかることも。

理由をはっきり言ってくれたときは本当の可能性が高いです。ですが、「ちょっとね…」などと話を濁したりはぐらかすような時は、ドタキャンの理由が嘘の場合もあるでしょう。


嘘の見抜き方3. 相手のSNSをチェックする

相手からの言動で嘘かどうか読み取れない時は、相手のTwitterやFacebookを見て嘘かどうか見抜けることもあります。

例えば「急な仕事が入って」と言ってドタキャンしたにも関わらず、SNSで他の人遊んでいる様子を投稿していることも。

ドタキャンした理由と違う様子であれば、嘘の可能性が高いといえます。


ドタキャンされた時の対応とは

ドタキャンされた時、どのように対応すればいいか迷ってしまう人も少なくないはず。ここでは、ドタキャンされたときの対応の仕方について解説します。

ドタキャンされることの多い人はぜひ参考にして、ぜひ対応を取り入れてみてくださいね。


対応の仕方1. 素直に会いたかった気持ちを伝える

相手に自分がどう思っているか伝えてみるよう意識してみてください。ドタキャンする人は、基本的に自分のことしか考えていないことも多いです。

相手に残念がる気持ちを伝えることで、相手も「そんな風に思っていたんだ」申し訳ない気持ちになってくれることも。「相手に迷惑をかけていたんだな」と反省して、ドタキャンをやめるようになるでしょう。


対応の仕方2. 丁寧な言葉で承諾する

間接的に怒っていることを相手に伝えるのも、おすすめの対応の仕方の一つ。あえて丁寧な言葉で承諾して、怒っている様子を伝えてみてください。いつもとは違う言葉遣いに、相手は罪悪感を感じてくれることもあるはず。

「ドタキャンはやめておこう」といった考えになり、今後に向けての防止策につながる可能性もあるでしょう。


ただし何度もドタキャンするようであれば、関係性を見直すこと

しかし、丁寧な言葉で承諾した時、なかには承諾してくれたことをいいことに何度もドタキャンしてしまう人も。

一方的にドタキャンを繰り返されれば、どんどんストレスが溜まってしまいやすいです。そんな時は関係性を見直すことも頭に入れておきましょう。


対応の仕方3. 相手のことを気遣う

ドタキャンされた時、「体調が悪くなって…」と風邪などが理由になることもあるでしょう。そんな時は、「元気になったら遊ぼうね」などと相手のことを気遣うことも大切なことです。

相手も気遣われることで、つい嬉しさを感じやすいはず。「次は会いたいな」と伝えられれば、相手に対してさらに好印象になることも少なくありません。


対応の仕方4. 他の用事を済ませることを伝える

ドタキャンした人の場合、相手の時間を無駄にしてしまったという罪悪感を抱いてしまう人も少なくありません。そんな時は、「他の用事を済ませるから気にしないで」と伝えてみるのもおすすめの対処法です。

その日は無駄にはなっていないということを伝えることで、ドタキャンした人は「時間を無駄にさせずに済んだ」と罪悪感も薄れやすいですよ。


ドタキャンされた時にやってはいけないこと

ドタキャンされた時、やってはいけない対処法も実は様々存在しています。ここでは、ドタキャンされたときにやってはいけないことについて解説します。

ぜひ参考にして、ドタキャンされた時には気をつけてくださいね。


NG行動1. 嘘だと決めつける

デートなどでドタキャンされた時、「怪しいな」と思っていてもその理由が本当である可能性もゼロではありません。そこで「そんな理由嘘でしょ」などと決めつけてしまえば、相手はショックを受けてしまうことも。

その後の関係性にも大きな変化を及ぼしかねないので、嘘だと決めつけるのはやめておくことをおすすめします。


NG行動2. しつこく残念がる

ドタキャンされたときに、「めちゃくちゃ行きたかったのに」と何度も言わないよう注意しておきましょう。しつこく残念がられることで、次第に相手は「めんどくさいな」と思ってしまいがち

ちなみに付き合う前にデートしている男性女性がいる場合、たとえいい感じになっても、しつこいことが原因で台無しになってしまうこともあります。


NG行動3. 今後の予定を自分からドタキャンする

相手からドタキャンされた時、「相手にも同じ目に逢わせてやろう」と考えてしまう人もいるかもしれません。だからといって自分も同じようにドタキャンしてしまうと、どんどんお互いの仲に亀裂が入ることも。

相手もいい思いはせず、悪い印象を持ってしまいがち。仕返しをしてもいいことはないのでNG行動だといえますよ。


ドタキャンされないための防止策

できれば相手からドタキャンされるのを防ぎたいと考えている人も多いはず。ここでは、ドタキャンされないための防止策について解説します。

いつもドタキャンされる人はぜひ参考にして、防止策を取り入れてみてはいかがでしょう。


ドタキャン防止策1. 前日と当日にリマインドをする

よくドタキャンする人は、スケジュール管理が苦手なケースも少なくありません。そこでおすすめしたいのが、予定を事前にリマインドしてあげること。

前日と当日に「ここに何時に集合だからよろしくね」などと送ってみてください。相手も「そうだった」と忘れず済みやすいので、ドタキャンする確率も低くなるでしょう。


ドタキャン防止策2. 基本的に複数人で遊ぶ

いつもドタキャンする人がいる場合、二人だけでなく複数人で遊ぶのもおすすめの防止策。2人きりでドタキャンされれば、一人にしか迷惑がかからないので相手もそこまで罪悪感を考えない可能性も。

ですが複数人で遊ぶとなると、ドタキャンした時に場合によっては2人や3人に迷惑がかかってしまいます。それだけ罪悪感も大きくなるので、ドタキャンしづらくなるといえますよ。


ドタキャン防止策3. キャンセルしたら、お詫びのルールを作る

お互いにルールを作っておくことも、ドタキャンを防止する方法の一つ。例えばカップルの男性女性どちらかがドタキャンした場合、「罰として好きなものを買ってもらう」などのルールを作ってみましょう。

ルール化することでドタキャンしづらい状況になり、ルールにしているので喧嘩に発展する可能性も少なくなるのでおすすめです。


ドタキャン防止策4. 会う目的に特別感を作る

相手のメリットを提供するのも、相手からのドタキャンを防げるおすすめの方法だと言えます。例えば「〇〇限定」や「あなたの好きな〇〇に行こう」など、相手にとって特別感が味わえるものを用意してみてください。

特別感を醸し出せば相手は興味を示すようになり、誘いに積極的に応じやすくなるのでドタキャンの確率も減るといえるでしょう。

【参考記事】初デートでドタキャンされないためのLINEテクニックを人気恋愛ライターが解説▽


ドタキャン防止策5. 自分を磨いて魅力を増やす

彼氏や彼女など、付き合っている人にドタキャンされたくない時におすすめしたい方法です。自分を磨いてより魅力を増やすことで、相手はときめきを感じて「もっと一緒にいたい」と思ってくれることも。

男性であればジムで筋トレをしたり、女性であればメイクの研究をしたり、魅力度が増せば相手も会いたくなるのでドタキャンに発展しにくくなります。

【参考記事】はこちら▽


ドタキャンを防止して、良好な人間関係を築きましょう。

ここまで、「ドタキャンとは」という意味から、ドタキャンする人の心理、さらにはドタキャンする人の特徴・言い訳から防止策について解説しました。

ドタキャンする人には、そうでない人と比較して様々な特徴があります。彼氏などからドタキャンされた時、嘘だと決めつけてしまえば仲違いしてしまうこともあるでしょう。

防止策もしっかりと参考にして、うまく付き合ってみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事