頭の悪い人の特徴19選。頭が悪くなる原因を改善して賢くなる方法とは

「もしかして自分は頭の悪い人かも?」と思ったことはありませんか?本記事では、頭の悪い人かどうか自己診断できる特徴19個から、頭が悪くなってしまう原因や、頭が悪い事によるデメリットまで解説!さらには、頭が良くなる方法や頭が悪い人への対処法までお教えします。

自分が頭が悪いかどうか知りたい方へ。

頭の悪い人の特徴19選

難しいことをやっているわけじゃないのに、なぜか上手くいかなかったり、仕事の悩みが多かったり、時には人から「頭悪いんじゃないの?」と指摘されたことはありませんか?

今回は、頭の悪い人の特徴を徹底解説。頭が悪くなる原因や頭を良くするための方法もあわせて紹介するので、「ひょっとしたら自分は頭が悪いのかも…」と心当たりのある人はチェックして改善してみてくださいね。


【自己診断】頭の悪い人の特徴に自分が当てはまってるかチェック!

何となく「自分は人より頭が悪いのかも」と思ったことはありませんか?ここでは、頭の悪い人の特徴を19個紹介していきます。

自分に当てはまる特徴がないか、一つずつチェックして自己判断してみましょう。当てはまる特徴が多かったら要注意ですよ。


頭の悪い人の「性格」の特徴とは

頭の悪い人といえばどんな人を思い浮かべますか?頭の悪い人には、その性格に特徴があるはずで。ここでは頭の悪い人の性格に注目していきます。

どんな性格をしているのか5つの特徴をピックアップしたのでさっそく見ていきましょう。


性格の特徴1. 自己中心的な考え方をしている

頭の悪い人には自分の事しか考えられない自己中心的な人が多いです。いわゆる「自己中」と呼ばれる性格ですが、他人のこと顧みない自分勝手な行動ばかりするので周囲の人からは嫌われています。

頭がキレないのは、自分の事しか考えられないから。だからこそ周りが見えず、自己中心的な考え方になってしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


性格の特徴2. 向上心がなく、現状に満足している

頭の悪い人は、もっと勉強しようとか、物覚えを良くしようとか、頭の悪さを変えたいというような向上心がありません。

他人から見るともっと努力して、自分を変えた方が良さそうなところがたくさんあるのに、本人は現状に満足しています。

頭の悪い人は向上心がなく、現状に満足しているのでいつまでたっても頭が悪いままなのです。

【参考記事】はこちら▽


性格の特徴3. 理解力が低く、習得するのに時間がかかる

他の人が簡単に習得できるようなことでも、習得するのに時間がかかってしまうのは、頭の悪い人の特徴です。効率が悪いことが原因で、仕事が遅い人と思われている人が多くなっています。

物事に対する理解力が低いことから、何度教えてもしっかりと物を覚えるための理解力が弱ので、いくら教えられてもしっかりと物事を覚えることができません。


性格の特徴4. 自分の解釈で物事を決めつけてしまう

頭の悪い人は視野が狭く周りのことがあまり見えていないため、自分が正しいと思い込んでしまいます。多くのことを受け入れられるキャパシティーも持ち合わせておらず、人の意見を受け入れることもできません。

周りのことを悪いと思うことはあっても、自分が間違っているとは思いもつかないので、自分の解釈で物事を決めてしまう特徴があるのです。


性格の特徴5. 飽き性で、集中力がない

頭が悪い人は気が散りやすいので一つの物事に集中できない特徴があります。本を読み始めても、他のことが気になってしまい、気が付いたら別のことをしているなど長続きしません。

飽き性で集中力がないため、仕事においても黙々と処理をするような業務は苦手としています。

勉強や仕事以外でも、会話にも集中できないため、人との会話についていけないこともあるのです。

【参考記事】はこちら▽


頭の悪い人の「行動や態度」の特徴とは

頭の悪い人が取る行動や態度は、時に人を不愉快にさせてしまうこともあります。頭の悪い人には「行動や態度」にどのような特徴があるのでしょうか。

ここでは頭の悪い人の「行動や態度」の特徴を5つピックアップして紹介します。


行動や態度の特徴1. 同じ過ちを何度も繰り返してしまう

頭の悪い人は、自分が何かしら失敗してしまった場合でも、その原因を解決しようと努力しません。その結果、同じような過ちを何度も繰り返してしまう特徴があります。

間違いを指摘しても、なぜ間違ったのか理解することすら難しいこともあるため、過ちの原因が改善されることはなく、同じような間違いを繰り返してしまうのです。


行動や態度の特徴2. 状況に合わせて柔軟な対応ができない

あまり深く考えずに行動してしまうところがあるため、頭の悪い人は機転が利かず対応力がありません

状況に合わせて臨機応変に対応できないため、急なトラブルが発生しても頭の悪い人では対応できないのです。

何をするにも頭を働かせずなんとなく行動しているがゆえに、状況に合わせた柔軟な対応ができなくなってしまいます。


行動や態度の特徴3. 勉強や読書をする習慣がない

頭の悪い人は集中して物事に取り組むのが苦手。集中するのが苦手なので、勉強や読書をする習慣が身につかないのです。

勉強や読書は、内容を知識として頭の中にインプットするためには、集中して取り組む必要があります。

しかし、頭の悪い人は文字を読むことにすら抵抗を感じるため、勉強や読書をする習慣がないのです。


行動や態度の特徴4. 自己弁護に長けており、言い訳をすることが多い

頭の悪い人は、自分が正しいと思い込んでいるだけでなく、頑固なところがあります。さらに、自己弁護に長けており言い訳が上手なので、自分の非を認められず、言い訳が多くなる特徴があります。

相手からの説明を理解し、自分に非があることを理解したとしても、自分が悪いと思われることを嫌うため、言い訳が多くなるのです。


行動や態度の特徴5. 計画を立てて行動ができない

物事をうまく進めるためには、先を見て計画を立てて行動することが大切ですよね。頭の悪い人は目先のことしか見ていないため、計画を立てて行動ができません。

例えば納期に合わせて仕事を進めるためには、いつまでにここまで終わらせなければならないというようなスケジュール管理もできないのです。

考えながら物事を進められないので、周りから頭が悪いと思われてしまいます。


頭の悪い人の「会話や話し方」の特徴とは

人と会話すると話し方や話している内容でその人のことがある程度わかりますよね。頭の悪い人の「会話や話し方」にはどのような特徴があるのでしょう。頭の悪い人の「会話や話し方」の特徴を5つ紹介していきます。


会話や話し方の特徴1. 話していることに矛盾が多い

頭の悪い人の話は、会話もあちこち飛んでしまうため、要点がまとまっておらずわかりにくいことが多いです。さっきと言ってることが違うという矛盾も多くなります。

何度も聞き返さないと要領を得ないような話し方をするので、話を聞いている方も何が言いたいのかわかりにくいため、頭の悪い人との会話に疲れを感じてしまう人もいるようです。


会話や話し方の特徴2. 不平不満など、ネガティブな発言が多い

頭の悪い人は、視野が狭く自分が正しいと思っています。些細なことに対しても不平不満を感じたり、ネガティブは発言をしてしまうことが多いです。

あまり考えずに思ったことを口にしがちなので、その発言を聞いて相手がどう思うかなどを考えることもありません。自分の感情のままに不平不満などのネガティブな発言が多くなってしまいます。

【参考記事】はこちら▽


会話や話し方の特徴3. 思ったことは何でも口にしてしまう

頭の悪い人は言って良いことと悪いことの区別がよく分かっていないので、思ったことを何でも口にしてしまう特徴があります。

本人は普通に会話をしているつもりでも、気がつかないうちに相手を悲しませたり、起こされたりしてしまうのです。

それだけでなく、なぜ相手が怒ったり悲しんだりしているのかが理解できないため、空気が読めない人と避けられてしまうこともあるでしょう。


会話や話し方の特徴4. 質問しても、質問の意図とは違った回答がくる

頭の悪い人は、他人の話を理解していないことがあるので、質問に対して相手が求めるような応えを返すことができない特徴があります。

そのため、相手から「そんなことが聞きたいんじゃない」とか「聞きたい答えが返ってこない」と思われてしまうのです。

質問しても、質問の意図とは違った回答がくるため、頭の悪い人とは会話が成り立たないことも珍しくないのです。


会話や話し方の特徴5. 知識や教養がなく、話が広がらない

頭の悪い人と会話をしていると、あまり会話が広がらないと感じることがあるでしょう。頭の悪い人は、知識や教養がないため話が広がらないことも多く、自ら何か話題を作る能力がありません。

会話が広がらないことから会話が長く続かず、話していても面白みがなく、頭の悪い人は他人とコミュニケーションを取るのに苦労しています。


頭の悪い人の「仕事」の特徴とは

仕事では様々な能力が求められるため、頭が悪い人は仕事でも苦労してしまうことが多いイメージがあります。

実際にはどのような特徴があるのか知るために、ここでは頭の悪い人の「仕事」の特徴を紹介していきます。


仕事の特徴1. 仕事の効率が悪く、無駄な残業をする

頭が悪い人は、仕事内容を覚えることが苦手な上、段取り良く仕事をこなすためのスケジュール管理も苦手です。そのため、仕事の効率が悪く、仕事が遅い特徴があります。

とにかく目先の仕事からこなしていこうというスタイルなので、効率が悪く、人より仕事を終えるのに時間がかかります。その結果、無駄な残業がすることになってしまうのです。


仕事の特徴2. 頼まれた仕事も忘れやすく、ミスが多い

集中力が続かず物事を覚えるのが苦手な頭の悪い人は、仕事でもミスが多く、頼まれた仕事を忘れてしまうことがあります。

ミスをしても反省せず、今後の対策を考えることもしないため、いつまで経っても改善されません。

仕事内容だけでなく、頼まれた仕事をうっかり忘れることもあるので、大切な仕事は頭の悪い人には任せられないでしょう。ミスが多いので周囲からの信用も薄くなってしまいます。


仕事の特徴3. メールの返信がとにかく遅い

頭が悪い人は、仕事においても優先順位がつけられないため、急ぎのメールにも気がつかず返信が遅くなることがあります。

急ぎにかかわらず、返信をつい後回しすることも多いため、相手にはいつも返信が遅いと感じさせてしまうことがあるでしょう。

忘れっぽい一面もあるため、メールを受信して後で見ようと思っているうちに、メールが来ていたことすら忘れてしまうケースもあるようです。


仕事の特徴4. 常に受け身で、指示をされないと行動ができない

自分でやるべき仕事が何なのか判断出来ないのも頭の悪い人の特徴です。何も考えずに仕事をしているため、指示されるまで何をしたら良いのかすら判断できません。

頭の悪い人は、相手が何を求めているのか理解することを苦手としています。何を求めているのかわからないため機転が利かず、常に受け身の姿勢になってしまうのです。


頭が悪いのはなぜ?頭の悪い人になってしまう4つの原因

頭が悪い人は最初から頭が悪かったわけではないでしょう。頭が悪い人になってしまったのには何か原因になるようなことがあったはず。

ここでは、頭の悪い人になってしまった原因を4つピックアップして紹介していきます。


原因1. 何かを乗り越えるような、辛い経験や努力をしていない

大人になると知識だけでなく、辛いことも楽しいことも含め、様々な経験をすることで頭の良さが身についていきます。

頭が悪い人は、あまり深く考えて行動してこなかったため、これまでに何かを乗り越えるような、辛い経験や努力をしていない人が多いです。

自分を成長させる経験が不足していることが、頭が悪くなってしまった原因だと言えるでしょう。


原因2. 人と関わる事が少なかった

たくさんの人と関わることで、人の数だけ様々な意見を知る機会になります。

関わった人が多ければ多いほど、視野の広い考え方が身につくものですが、頭の悪い人は人と関わる経験が少ないため、つい視点が自分中心になりやすくなってしまいます。

自分中心にしか物事を考えられないことから、考え方が限られ頭が悪くなってしまうのです。


原因3. 自分自身と本気で向き合う事がなかった

頭の悪い人は、何も考えずになんとなく生きてこれてしまったため、自分と向き合い努力するきっかけがなかった人が多いでしょう。

物事に対して一つ一つしっかりと考えながら努力してきた人は、それだけ知識や経験が身につくため頭が鍛えられます。

頭の悪い人は、自分自身と本気で向き合う事がなかったことから、頭が鍛えられず頭が悪くなります。


原因4. 問題解決を今まで人任せにしていた

これまでに自分で問題を解決してこなかった人は、自分の失敗を反省したり、原因を探ったりしたことがないため、問題が起きたときに上手く対処できません。

誰かが問題を解決してくれるだろうと今まで人任せにしていたことにより、問題を解決するために頭を使ってこなかったため、頭が悪くなる原因になったと言えるでしょう。


賢くないと何が大変なの?頭の悪い事による4つのデメリット

頭が悪いと他の人が普通にできることができなかったり、色々とデメリットになることがありそうです。

ここでは、頭が悪い事によるデメリットを4つピックアップして紹介していきます。実際にはどのようなデメリットがあるのか見ていきましょう。


頭が悪いデメリット1. 周囲から信頼されない

頭の悪い人は、視野が狭く自分が正しいと思っています。視野が狭いと人の意見を取り入れられないため、自己中心的な考えになってしまうのです。

自己中心的な人は自分以外の人のことを信用できないので、周囲からも信頼されません。信頼関係が気付けないと円滑な人間関係を築くことも難しいためデメリットとして上げられるでしょう。


頭が悪いデメリット2. 大きな仕事を任せる事ができない

仕事を覚えるのが苦手で、ミスを繰り返してしまう特徴のある頭の悪い人。スケジュール管理も苦手なため、大きな仕事を任せられないと思われています。

容量が悪く仕事のスピードも遅いので、大きな仕事を任せられるどころか、日常的な仕事でも周りに迷惑をかけてしまうことが多く、周りにとってもデメリットとなるでしょう。


頭が悪いデメリット3. 思い通りの成果を上げる事ができない

頭の悪い人は、普段から何も考えずに目先の仕事ばかりに取り組んできたため、成果を上げられるような仕事ができません。

成果を上げるどころか、同じミスを何度も繰り返してしまうことも多く、作業の効率が悪くなかなか仕事を上手く進められない様々な特徴があります。 思い通りの成果を上げる事ができないのも、頭の悪い人のデメリットです。


頭が悪いデメリット4. 人間関係でトラブルが多い

自己中心的で空気が読めないところがある頭の悪い人は、人間関係でのトラブルも耐えません。

自分の感情で動いてしまうクセがあるため、無意識で相手が嫌がることをしてしまうこともあります。

仕事でもミスが多かったり、期日が守れなかったりなど、人に迷惑をかけること多く、人間関係でもトラブルが多いのは大きなデメリットでしょう。


賢くなりたい!頭の良い人になるための6つの方法

頭が悪い人の特徴がいくつも自分に当てはまってしまうと「自分は頭が悪かったんだ」などショックを受けてしまいますよね。出来れば頭の良い人になりたい人も多いはず。

ここでは頭の良い人になるための方法を6つピックアップして紹介します。


頭が良くなる方法1. 明確な目標や目的を持ち、向上心を維持する

目標や目的を設定することで、それに向かって努力を重ねることができますよね。頭の良い人は、明確な目標や目的を持っているので、向上心を維持できるのが特徴です。

頭の良い人になるためには、目標や目的を達成するのに、今の自分がやるべきことをハッキリすることが大切。効率良く自分の能力を使ってスキルアップを図れるので、頭の良い人に一歩近付けるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


頭が良くなる方法2. 頭の良い人と一緒に過ごす時間を増やす

人間は一緒に過ごす時間の多い人から影響を受けやすいものです。頭の良い人になりたいのならば、既に頭の良い人と一緒に過ごす時間を増やしてみるのもおすすめ。

ただ一緒に過ごすだけでなく、頭の良い人が取り入れている習慣を、一緒に試していくことが大切。少しずつ頭の良い人の習慣を身につけられるでしょう。


頭が良くなる方法3. 毎日読書をするなど、学ぶ事を習慣化する

頭を良くするためには、頭の中に知識を増やしていく作業が必要です。毎日読書をするなど、学ぶ事を習慣化できれば、少しずつ確実に知識を身につけられますよ。

頭の悪い人は、本を読んだり勉強したりするのが苦手でしょうが、無理のない範囲で、頭の良い人の習慣を自分の中に取り入れて知識を身につけるようにしましょう。


頭が良くなる方法4. なぜ人よりも頭が悪いのか分析する

頭の悪い人は、頭が良くなる方法を試すのも良いですが、なぜ自分が人よりも頭が悪くなってしまったのかについて良く考えてみましょう。

単純に勉強したり本を読んだりするのが苦手で知識を身につけられなかったからなのか、何でも人任せにしてきてしまったからなのか、原因は人それぞれです。

なぜ頭が悪いのか分析できれば、頭を良くするための改善点も見つかりやすいでしょう。


頭が良くなる方法5. 多くの人とコミュニケーションを取り、様々な価値観を学ぶ

頭の悪い人は日頃から視野が狭く、自分が正しいという主観的な考え方をしてしまう特徴があります。頭の良い人になるためにも、たくさんの人とコミュニケーションを取ることが大切にし、様々な価値観を学ぶのが効果的でしょう。

多くの人とコミュニケーションを取ることで、新しい価値観に触れることができるでしょう。


頭が良くなる方法6. 毎日日記やブログを書く

直感的に思いついたことを口に出してしまうような頭の悪い人は、人とコミュニケーションを深めたり、言いたいことを伝えたりできるようになるためにも、論理的な思考を身に付けるのがおすすめ。

頭の良い人には日記など文章を書くことを習慣化している人が多いため、頭の悪い人もそれを取り入れて毎日日記やブログを書いてみましょう。文章を書く事で、自然と論理的な思考になっていきます。


もし周囲に頭の悪い人がいたら?場合別で対処法を解説!

特徴からみると頭の悪い人と接するためには、少しコツが必要になりそうですよね。周囲に頭の悪い人がいたときに役立つ対処法を、職場編と友人や恋人編の場合別で紹介していきます。

周りに頭の悪い人がいそうだったら、しっかりとチェックして普段の生活に役立ててくださいね。


職場に頭が悪い人がいる場合の対処法

職場では頭の悪い人だけでなく、様々な特徴のある人と接する機会があるかと思いますが、その中に頭の悪い人がいたらどう接すれば良いのでしょうか。

職場に頭の悪い人がいた場合の対処法を4つ紹介していきますね。


職場の人に対する対処法1. 指示をした時に理解しているか確認をする

職場で頭の悪い人がいた場合、仕事頼まなければいけないシーンがどうしても出てくるでしょう。

頭の悪い人に仕事を頼まなければならない場合、最初に指示をする際には仕事内容や手順を理解しているのか、しっかりと確認しておくことが大事です。

頭の悪い人は理解しているようで理解できていないことも多いため、念を押して確認しておくくらいが丁度良いでしょう。


職場の人に対する対処法2. 必ずメモを取ってもらう

頭の悪い人は記憶力が悪い特徴があります。何か説明をしてもすぐに忘れてしまうため、説明する時は必ずメモを取ってもらう習慣をつけましょう。

メモを取っておけば、後々忘れてしまった時に見返して確認したい時にも役立ちます。書くことで頭を整理する効果もあるため、必ずメモをとってもらうようにしましょう。


職場の人に対する対処法3. こまめに進捗を管理する

スケジュール管理が苦手なのも頭の悪い人の特徴です。計画的に進めなければならない仕事であれば、頭の悪い人だけにスケジュール管理を任せておくのは危険。

頭の悪い人は先のことを予測して動けないため、仕事の効率が悪く作業が遅れがちな傾向があります。こまめに進捗を確認することで、作業が遅れることがないようにフォローしてあげましょう。


職場の人に対する対処法4. 具体例を混ぜながら分かりやすく説明する

頭の悪い人は、人の話を理解する力が足りません。そのため頭の悪い人の対処法としては、話を正確に伝えたい場合は、具体例を織り交ぜながらわかりやすく説明することを心掛けましょう。

普通の人に話すような感覚では頭の悪い人には話が通じないため、最初から伝わる言葉を選びつつも噛み砕いた説明をしてあげることが大切です。


友達に頭が悪い人がいる場合の対処法

シチュエーションとして、友人が頭が悪い人の場合も考えられますよね。職場の人よりもプライベートで親しくお付き合いをするためにも、うまく対処していくことが大切です。

ここでは友人の場合の対処法を4つピックアップして紹介していきます。


友達に対する対処法1. 同じ目線で会話する事を心掛ける

頭が悪い人は、話を聞いても理解力が足りないため、普通の人と同じように話していると会話についていけないことがあります。まずは、同じ目線でわかりやすく会話をしてあげることを心掛けましょう。

この場合、相手は友達なので、上から目線になると嫌な思いをさせてしまいます。円満に関係を続けるためにも、同じ目線で会話をするようにしましょう。


友達に対する対処法2. 複数の頼み事をする場合は優先順位を伝える

友達には日常的にもいろいろと頼み事をしなければならないシーンがありますよね。その場合には、頭の悪い人が上手くできるように、優先順位をつけて伝えてあげましょう。

頭の悪い人は物事の段取りを考えるのが苦手です。最初に何をして、次に何をするというように、わかりやすく優先順位をつけてあげることで、スムーズに対処できるでしょう。


友達に対する対処法3. 一緒に学ぶ機会を設ける

頭が悪い人は、勉強したい気持ちがあったとしても、なかなか1人で取り組めません。一緒になって学ぶ機会を設けることで、少しずつ勉強していくようにしましょう。

一緒に行動することで、1人では出来ないような苦手なことにもチャレンジするきっかけになります。勉強や読書など、一緒に試して習慣化できれば理想的な対処法になるでしょう。


友達に対する対処法4. 友人関係の場合は距離を置くのもあり

頭の悪い人の特徴には様々悪い部分があることも事実。本音をいうと出来ればあまり関わりたくないと思う人もいるでしょう。

恋人の場合は簡単に別れることができないでしょうが、友人関係であれば頭の悪い人と少し距離を置いた付き合い方をして様子をうかがうのもアリですよ。

気になる部分が改善されれば、少しずつ友人関係を戻していくのも一つ方法です。


頭が悪い人の特徴を知って、上手に付き合っていきましょう。

今回は頭の悪い人に注目して徹底解説しました。もしかしたら自分も含め、世の中にはどこにでも頭の悪い人は存在しています。

できればあまり関わりたくないと思うこともあるでしょうが、職場ではどうしても上手く付き合わなければならない場面があります。

そんな時に、頭の悪い人と上手く付き合うためにも、今回紹介した内容をぜひお役立てくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事