なんでもできる人に共通する特徴とは?多才な人になる6つの方法を解説

頭がよかったり、運動神経がよかったり、なんでもできる人っていますよね。そこで今回は、なんでもできるマルチな人の特徴から、才能がある人ならではの悩みや、なんでもできる人になる方法まで詳しくご紹介します。多才な人に憧れてる方は、ぜひ参考にしてみてください!

1人で何でもできる人ってかっこいいですよね。

なんでもできる人に共通する特徴

運動も勉強も両方とも完璧にこなせてしまう人を見て、羨ましいと感じる人も多いでしょう。そんな、なんでもできるかっこいい人に共通しているポイントはあるのでしょうか?

今記事では、なんでもできる器用な人の特徴から、多彩な人ならではの悩み、なんでもできる人になる方法まで、詳しく解説していきます。

仕事やスポーツなど、なんでもできる男性や女性に憧れている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


誰もが憧れる!なんでもできる人の共通点や特徴

なんでも簡単そうにこなしてしまう人を見ると、自分も同じようになりたい、と羨ましい気持ちになりますよね。

では、多才な人にはどのような特徴があるのでしょうか。

ここからは、なんでもできる人の共通点や特徴について、詳しく紹介していきます。


特徴1. ストイックな性格で、実は努力家

なんでもできる人を見ると、才能があるから何も苦労しなくてもできている、と勘違いしてしまいがち。

しかし、実は何でもできるように見える人ほど、陰で圧倒的な努力をしています。

例えば、毎日仕事や家事をこなしながら、スキマの2時間だけを活用して、資格を次々に取る女性もいるのです。

少しの時間も無駄にせず、自分磨きをするために努力を惜しまないのは、なんでもできる人の特徴といえます。

【参考記事】はこちら▽


特徴2. 自分の長所や短所をしっかり把握している

なんでもできる人ほど、自己分析の大切さを理解していることが多いです。

そのため、自分の欠点を補う方法や、長所の伸ばし方を的確に定めることができます。

例えば、勉強は得意だから、空いた時間で苦手な筋トレに励もう、というように、自分のことを十分に理解しているからこそ、なんでもできるようになるのです。


特徴3. 頭の回転が速く、フレキシブルな対応ができる

多才な人は理解が早いからこそ、場合に応じて臨機応変に対応できたり、すぐに行動に移せたりするのです。

常に物事をシンプルに捉えていて、考え込み過ぎないのもなんでもできる人の特徴といえます。

選択肢に優先順位をつけることで、やるべきことから次々とこなせるため、様々な分野で高い能力を発揮することが可能になります。

【参考記事】はこちら▽


特徴4. 常にポジティブでネガティブな言動を口にしない

なんでもできる人ほど辛かったり、忙しい状況を楽しめるものです。

例えば、努力することで自分が成長することに喜びを感じていたり、勉強や運動が心から好きだと思える人は、それを何時間続けても苦しいとは感じません。

純粋に頑張れるからこそ、愚痴を言わずに、いつも前向きな気持ちで目標を次々と達成できる、というのもなんでもこなせる人の特徴といえます。


特徴5. 自己肯定感が高く、立ち振る舞いが堂々としている

なんでもできる人には、誰に何を言われても絶対に成功できる、と信念を貫き通せる人が多くいます。

そのため、常に強い意志を感じさせる生き生きとした表情や、力強い立ち振る舞いをしているのが特徴です。

成功した時のイメージができているから、困難な状況でも不安そうな表情はあまり見せないでしょう。

自分を信じているからこそ、努力をし続けられるのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴6. チャレンジ精神が旺盛で行動力が高い

躊躇したり、やるべきか迷っている暇があるなら、実際に取り組んだ方が早いという人も多いです。

例えば、音楽やスポーツ、ゲームなど、あらゆる分野に対して苦手意識がないため、純粋な気持ちで物事に興味を持てるのもなんでもできる人の特徴といえます。

様々なことに興味を持つことで、適応能力が高くなり、他のことをしても応用しやすくなるため、初めてすることでも理解するスピードが速くなるのです。


特徴7. 夢や目標を高く設定しており、向上心が強い

常に上を目指している人は、どんどん成長していくことができます。なんでもできる人は、どんなことでも高い目標を掲げて、それを納得できるまでやる人が多いです。

例えば、制作物を作成する場合に、並みの出来では満足せず、誰よりも優れた物を作り上げようとします。

その結果、周りの評価が上がるだけではなく、努力した分だけ自分の能力も高くなっていくのがなんでもできる人の特徴です。

【参考記事】はこちら▽


特徴8. 運動神経がよく、頭や性格もいいなど、欠点が見当たらない

なんでもできる人は努力している面もありますが、元から高い能力を持っている人もいます。

例えば、聞いたことを短時間で覚えてしまう女性や、高い反射神経からやったことのないスポーツでも人並み以上にできてしまう男性など、優れた才能の持ち主も多いです。

その能力の高さに加えて、欠点を補うように努力を重ねるので、文武両道で人柄までいいような万能な人になるのでしょう。


職場で一目置かれる、仕事でなんでもできる人の特徴

何でもできる人は、元からの才能に加えて、目標を達成するために努力を惜しまない、という特徴があるのが分かりますね。

では、職場でなんでもできる人はどのようなタイプの人なのでしょうか。

ここからは、仕事でなんでもできる人の特徴について、詳しく解説していきます。


特徴1. 物覚えがよく、一度の説明で仕事や流れを把握できる

何でもできる人は、物事を理解する能力が高いことが多いです。

例えば、立ち話をしながら何気なく約束をしても、話した内容はもちろん、日時や時間、その時の天気まで鮮明に覚えていることも。

そのため、職場では少しの言葉から多くのことを感じとり、簡単な説明を受けただけで初めての仕事でもこなせてしまえる人もいます。


特徴2. 自分に求められている役割を瞬時に理解して、しっかり提供できる

視野が広い人は自然と周りを見ていて、自分中心ではなく、臨機応変な考え方ができます。

そのため、職場では自分の立ち位置や役割、やるべきことをいわれなくても把握していることが多いです。

常に自分を客観的に見ることができるため、求められているものを間違いなく提供できる、というのも何でもできる人の特徴といえます。


特徴3. 集中力が高く、仕事をさばくスピードが速い

なんでもできる人には、時間を効率的に使える人が多くいます。どんなことでも興味を持って取り組めることから、常に集中して仕事に向かうことができるのです。

また、時間配分も上手なことが多く、他の人が遅くまで残業してやっと終わらせている仕事を、就業時間内にサッとこなしてしまうことも。

能力が高いだけではなく、仕事に取り組む姿勢が違うケースも多々あります。


特徴4. タスクにしっかり優先順位をつけて、大事な業務からこなしている

到底終わらないような量の仕事を前にすると、大抵の人は気が滅入ってしまうでしょう。

しかし、仕事でなんでもできる人は、やるべきことを細分化して、本当にやるべきことからコツコツと取り組むことができる人も多くいます。

なぜなら、普段から自分を客観視できていて、物事を冷静に判断する能力が身についているため、慌てることなく一つずつ解決していくと、より落ち着いて業務ができることを分かっているからです。


特徴5. 周囲で困っている人がいたら声をかけるなど、視野が広い

会社では、自分一人だけが効率よく進んでいても、事業が成功するとは限りません。

職場でなんでもできる人は、仕事は全体を動かすのが大切だとよく理解しているため、常に周りのこともよく見ているのです。

例えば、他の担当の仕事が詰まっている場合、円滑に進むようにアドバイスをしたり、実際に業務を手伝うことも自然とできてしまいます。


特徴6. 任された仕事は必ずこなすなど、約束や納期はしっかり守る

仕事ができる人は優先順位をつけて、計画的に仕事ができる人がほとんどです。

そのため、予めスケジュールをしっかり作成して、やるべきことを忘れずにこなしていくことができます。

大抵は期日から逆算して予定を考えているので、締め切りに近くなってから慌てるといったことはほとんどなく、確実に約束を守れる人が多いです。


特徴7. コミュニケーションスキルが高く、どんな人ともすぐに打ち解けられる

なんでもできる人は、好き嫌いをすることが少ないという特徴もあります。

食べ物や趣味だけではなく、人間関係においても偏見が少ないため、大抵の人と平等に接することができるのです。

また、人に合わせるのも得意なため、交友関係が広くなりやすく、どんな人とも仲良くなれてしまう性格の人も多いという特徴もあります。

【参考記事】はこちら▽


なんでもできる人って欠点とかあるの?多才な人ならではの悩みとは?

仕事でなんでもできる人は、効率良く仕事ができるのに加えて、コミュニケーションをとるのも得意だと分かりますね。

では、なんでもできる人には少しも短所がないのでしょうか?

ここからは、多才な人ならではの欠点や悩みについて、詳しく解説していきます。


悩み1. オールマイティー過ぎて、“これ”といった強みが実はない

実は、なんでもできる人は器用貧乏になってしまうという悩みがあります。

どんなことにでも興味を示し、すぐにこなせてしまう反面、1つのことに集中して専門的な技術を磨くケースが少なくなってしまうのです。

その結果、特別な強みのなさから大成できない人も多く、スキルがないことで万能とはいい難くなってしまう場合もあるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


悩み2. 期待を裏切った時に、手のひらを返されやすい

周囲の評価や印象が良いほど、大きな失敗した時に失望されやすいでしょう。

才能がある分、なんでもできる人はミスしないだろう、と勝手に思われていることが多く、極端な場合、評価が真逆になってしまうことも。

大抵は、できない人のやっかみや嫉妬ですが、普通の人よりは期待の裏返しで批判の的になりやすいのが悩みといえます。


悩み3. 嫉妬が原因で嫌われるなど、人間関係がうまくいかない時もある

羨ましいと思われるうちはいいのですが、妬みや劣等感といった負の感情に変わってしまうこともあります。

他人と比べてあまりにも完璧過ぎてしまうと、嫉妬ややっかみから、嫌な思いをさせられたり、攻撃の対象にしようとする人が出てくるのです。

なんでもできる人自身は性格が良いとしても関係なく、あらぬ噂を立てられたり、評価を下げようと妨害されることもあるでしょう。


悩み4. 必死に努力しても「才能」「天才」の一言で片付けられてしまう

なんでもできる人ほど、他人が考えられないほど努力をしているものですが、理解してもらえないことも多いです。

特に、普段から器用にできる姿を知られていると「あなたは才能があるから」「天才で羨ましい」などといわれ、頑張りを認めてもらえないこともあります。

どれだけ苦労しても当たり前にように扱われるのは、本人にとってはかなり辛いことですね。


万能になりたい!一人でなんでもできる人になる方法

いくら万能な人でも器用貧乏になってしまったり、嫉妬されたりする悩みがあるのが分かりました。それでも、なんでもできるかっこいい人になりたい、という人もいるでしょう。

ここからは、羨ましいと思われるなんでもできる人になる方法について、ご紹介します。


方法1. 身近にいるなんでもできる人をロールモデルに、行動や立ち振る舞いを徹底的に真似てみる

成功者を見習うことが自分も成功できる一番の近道といえます。

もちろん、なりたい人を真似をするだけでは失敗してしまったり、中途半端になってしまうこともあるでしょう。

しかし、なんでもできる人が普段どのように行動しているのか、よく観察することで少しずつ成功する可能性が上がるものです。

できれば、仲良くなってアドバイスを貰ったり、一緒に行動してみると、より自分が目指している人物像へと近づけます。


方法2. 小さな成功体験を重ねて、自分に自信をつける

どれだけ自分を信じて努力を続けられるかどうかで、夢や目標を叶えられるかが決まります。

例えば、毎日ジョギングしたり、時間を決めて資格の勉強をするなど、すぐに実行できそうなことを継続して行うのが大切です。

次から次へと成功していくことで、何をしても失敗する気がしない状態になれれば、大きなことに挑戦する時も成功をイメージしやすくなります。

【参考記事】はこちら▽


方法3. 人との約束は必ず守り、信頼される人間を目指す

普段から時間を適当に過ごしてしまいがちな人は、スケジュールを立てることから始めてみましょう。

予め計画的に動けるように決めてしまえば、約束や納期を忘れることがなくなり、周囲の人の評価も徐々に上がっていきます。

また、仕事でも段取りを組んでから取り組めば、作業の効率が上がり、仕事仲間をサポートする余裕が出てくる場合も。

まずは、臨機応変に対応できる力をつけていくことが、なんでもできる人への近道といえるでしょう。


方法4. 現状に満足せず、常に自己研鑽に励む

常に新しいことにチャレンジする意思を持つことが大切。保守的な考えを捨てて、挑戦してみたい、自分を磨きたいという気持ちで、なんでもやってみるようにしましょう。

当然ながら、最初は失敗したり、思っていたのと違ったと感じることも多々あります。

しかし、恐れずに挑戦したことは、決して無駄にはならないので、次に進むための経験値となるのです。


方法5. 好き嫌いせず、何事も積極的に取り組んでみる

やる前から苦手意識を持っていたり、失敗するかもしれない、と考えてしまうと成功しないことが多くなります。

自分が得意なことばかりするのもいいですが、なんでもできる人になりたいなら、選り好みせずに、自分に足りない苦手な分野に挑戦してみるのも手です。

多才な人を見習うなら、消極的な気持ちを抑えて、色んな事に興味を持ってみると、自然と視野が広がるでしょう。


方法6. 自分の強みや弱点をしっかりと自己分析する

自分を改めて見つめ直す時間を作ることが、なりたい自分になるための第一歩。

理想とする人物像と比較して、今の自分に何が足りないのか、どこを伸ばせばいいのか、冷静になって考えてみましょう。

なんでもできる人になるのは簡単ではありませんが、少しでも近づけるように、自分で考えて行動するのが大切です。


なんでもできる人になるために、積極的に自分改造をしていきましょう。

誰もが羨ましいと感じる、なんでもできる人は、見えないところで努力を重ねているからこそ、才能を発揮できています。仕事や勉強、スポーツはもちろん、コミュニケーション能力が高いなど、一見すると完璧な存在にも感じられます。

しかし、多才だからこそ、努力を認めてもらえなかったり、嫉妬されてしまうこともあるでしょう。

それでも、なんでもできるかっこいい男性や女性になりたいなら、常にチャレンジ精神を持ち、積極的に物事に取り組むのが大切です。

少しでも、羨ましいと思われる人に近づくために、理想とする人を真似したり、アドバイスをもらうようにしましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事