飲み込みが早い人の10の特徴|理解力を高めるのに必要なこととは?

飲み込みが早い人の特徴を知りたい方へ。本記事では、飲み込みが早い人のメリットから、飲み込みが早い人の特徴まで大公開!飲み込みが早くなる方法も解説していますので、気になった方はぜひ参考にしてみてください!

飲み込みが早い人とは?

飲み込みが早い人とは

飲み込みが早いとは、物事の理解力が高く、身につけるのが早いこと

例えば、

  • 一部を聞いただけで全体像や本質を理解できるような人

は、飲み込みが早いと言えます。

飲み込みの早さは、習慣や努力次第で誰でも身に付けられる能力です。

理解力が高い人との違いはなにか、どんなことを意識すればいいのかをきちんと把握すれば、自ずと飲み込みが早くなっていきますよ。


飲み込みが早い人のメリット|理解力が高いと何が良いの?

飲み込みが早い人のメリット

「飲み込みが早いと、どんな良いことがある?」

「仕事とかで飲み込みが早いと、サクサクこなせるイメージがある。でもそれだけじゃないよね?」

飲み込みの早いことには、実は多くのメリットがあります。

ここから飲み込みが早いことによるメリットを紹介していきます。


メリット1. 様々なスキルが身に付く

1日に働く時間は同じ。

なので、1つの作業を覚えるのに時間がかかれば、できることは限られてきます。

しかし、頭の回転が早ければ新しいことでも難なく器用にこなすことが可能。

飲み込みが早いことでいろいろなことを覚えられるので、様々なスキルを身につけられるのです。

仕事をする上で、スキルの数は出世にも直結するポイント。

飲み込みの早さは、昇格にも影響がしてくる能力と言えるでしょう。


メリット2. 即戦力になるのが早い

初めての作業をする場合、どのように行動すればいいのかわからないという人が多いと思います。

しかし、飲み込みの早い人は、すぐに全体を把握して自分がやるべきことを理解できます

何もわからなくてあたふたすることもなく、瞬時に作業に移れるから、会社としてはかなり即戦力。

飲み込みが早いと、できることが少ない新入社員でもすぐ仕事で貢献できるようになっていくのです。


メリット3. 職場で評価されやすい

飲み込みが早い人のメリットは職場で評価されやすい

飲み込みが早い人は、頭の回転が早く、要点を掴むのも上手。

そして、仕事を覚えるのも早いです。

そのため、どんどん他の人と能力差がついていきます。

当然、会社組織では評価につながる傾向に。

  • 出世に繋がりやすい
  • 給料が上がりやすい

など、大きなメリットが得られるでしょう。


メリット4. 大事なことを任される

飲み込みが早い人は、物事の習得レベルが高く、なんでも器用にこなせるのが特徴です。

例えば、売上アップなどお金に関わるような大事な作業でも、要領よくこなせる傾向に。

周囲からは、

「あいつに任せておけば安心」

と思われ、大きな仕事を任されるようになっていきます

しかも、仕事のやる気アップに繋がるし、より仕事に対して”やりがい”を感じられるようになりますよ。


メリット5. 自分の時間を確保できる

人よりも早く仕事を終わらせられます。

飲み込みの早いは、要領を掴むのが上手で、仕事をこなすのに無駄がありません

そのため、長時間残業をすることはなく、定時に仕事を終えられたりします

仕事が早く終わらせられる分、プライベートの時間をしっかりと確保できます。


メリット6. 高い集中力を保つことができる

飲み込みが早い人のメリットは高い集中力を保つ事が出来る

飲み込みの早い人は、全体像を理解しているので、効率のいいスケジュールを組むのが得意

  • どのくらいのペース配分でやれば終わるのか?
  • どこを集中してやれば良いのか?

しっかり把握しているので、ダラダラと作業することはありません

そのため、作業をする際は、高い集中力を保って取り組めるのです。


飲み込みが早い人の特徴|物覚えが良い人の性格や行動の共通点とは?

飲み込みが早い人の特徴

「飲み込みが早い人ってどんな人?」

「物覚えが良い人ってどういう特徴があるの?」

頭が良くて飲み込みが早いって、仕事などをする人からしたら、正直かなり欲しい能力ですよね。

では、そもそも飲み込みが早い人は、どんな特徴があるのでしょうか?

ここから、飲み込みの早い人の性格や行動の特徴を紹介していきます。

ぜひご自身との違いを見ていってみてくださいね。


特徴1. 全体像を見ながら物事を進められる

飲み込みが早い人は、この作業が何に繋がるかなど重要なポイントを整理しながら作業しています。

自分や周囲の人がやるべきことをしっかり理解できるので、

  • 「この仕事は〇〇に任せよう」と割り振る

といった風に、周りのメンバーの指示を出すこともできるのです。

また、同じ結果にたどり着く工程でも、1つのやり方だけでなく、もっと効率のいいやり方を見つけたりできます。


特徴2. 全てを説明する必要がない

とにかく頭の回転が早いのが特徴的。

「1を聞いて10を知る」

という言葉の通り、ちょっとした説明でも持ち前の思考力や理解力で全体を把握できます

例えば、新しいプロジェクトを任された時には、

「〇〇を進めたいから頼んだ!」

なんてざっくり説明されても、

「××と△△をやればいけそうですが、どうでしょう?」

と最後まで話していなくても、自分のやるべきことを瞬時に想像することが可能です。


特徴3. 応用力に長けている

飲み込みが早い人の特徴は応用力に長けている

飲み込みの早い人は、日頃から幅広い仕事をこなしています。

だから、初めての作業でも今までの経験から似たようなポイントを見つけ、器用に立ち回ることができます。

例えば、職場は同じでも違う部署に異動になって、仕事の種類が変わったとしても、

「この仕事は前の部署でやったタスクを応用すればうまくできるな。」

など、過去の仕事をこれからの仕事に結びつけてスムーズに取り掛かっているのです。


特徴4. 物事の本質を見極めるのが上手い

性格的に洞察力が高く、情報を整理してシンプルな思考が得意。

そのため、無駄なものと必要なものを見分けるのが上手です。

仕事に取り掛かる時も

  • この仕事の本当の目的は何か?
  • 成果を最大化させるにはどんな作業をすれば良いか?
  • 無駄な作業は無いか?

などを思考しています。

そして、最も効率が良い計画を立てて、タスクをスムーズにこなしていくのです。


特徴5. 疑問点をすぐに解消しようとする

わからないことをわからないままにしておかないのも、飲み込みが早い人の特徴的な性格の1つです。

仕事に行き詰まったり、わからないと悩んだら

「これってどうやってやるんですか?」
「これはつまり〇〇ということですか?」

と質問して、すぐ解消しようとします。

たとえ、聞く相手が後輩であっても、自分の苦手な人であっても、関係ありません。

自分がしっかり理解できるまで何度も何度も質問するため、自然と仕事の理解が深まり、機転が利くようになっていくのです。


特徴6. 日頃からインプットする量が多い

飲み込みが早い人の特徴は日頃からインプットする量が多い

常に色々なことを思考する性格のため、思考力を高める材料として、様々な情報を取り入れるのが習慣になっています

例えば、

  • 読書が習慣になっている
  • YouTubeなどの動画をよく見る
  • セミナーや公演を聞きに行ってる

などなど、あらゆる所から情報を取得しています。

初めてこなす作業に対しても、

「あの本に書いてあったことに似てるな。」

などと照らし合わせられるため、何もインプットしていない人に比べて、飲み込みが早いのです。


特徴7. 視野が広い

飲み込みが早い人は、自分と異なる価値観や考え方があることを理解しています。

そのため、1つの意見に固執することがありません

たとえ、部署が違ったとしても仕事のためなら意見を聞きに行くことも。

また、全く職種の違う友達などにも話を聞いたりする人もいます。

このように、様々な知識や考え方を取得しているからこそ、どのような状況下でも瞬時に上手く立ち回れるのでしょう。


特徴8. 想像力が豊かである

次の展開を予見して物事を進めようとする性格を持っているので、様々な仮説を立てられるのも特徴的。

「こうしたほうが上手くいくかもしれない」

なんて、情報を得た時にいろいろ思考して考えられるため、瞬時に最適な手段が分かって行動に移せるのです。


特徴9. 行動力がある

飲み込みが早い人の特徴は行動力がある

飲み込みが早い人は、何事もやってみることで得られるものがあることを知っています。

そのため、失敗を恐れず行動するといった特徴も。

また、他の人より多くのことに挑戦することで、たくさんの経験値を積めるため、必然的に飲み込みが早くなっているのです。


特徴10. 素直さがある

飲み込みの早い人は、仕事に私情を挟むことが少なく、きちんと割り切れる性格の人が多いです。

どんなにプライベートで仲が悪かったり、新人で仕事があまりできない人からでも、仕事に関して自分が持っていないものがあれば吸収しようとします

だからこそ、色々な知恵が身について、物事を理解する力が培われていっているのです。


飲み込みが早くなるための方法|理解力を高めるのに必要なこととは?

飲み込みが早くなるための方法

「理解力が高くなりたい…。」

「どうしたら飲み込みが早くなるのか知りたい!」

仕事で成果を上げたり、周りに置いていかれたくないという人も多いでしょう。

具体的にどんなことに気をつけて行動すれば、飲み込みが早く、そして理解力が高くなれるのか?

最後に、飲み込みが早くなる方法を解説していきます。

今すぐ始められるものもあるので、ぜひ参考にしてみてください。


方法1. インプット量を増やして、思考力を高める

自分の中の知識が少なければ、仕事に対するアプローチの仕方も限られてしまいます。

逆に、知識が増えることで、いろいろなやり方があることを理解できるようになるため、必然的に物事を理解するスピードが早くなります。

  • 読書
  • テレビ
  • 職種の違う友達と話す
  • 通勤時間はYouTubeで動画を見る
  • 月に1~2回、セミナーや講演を見に行く

など、常日頃から視野を広く持ち、様々な情報を仕入れることを習慣にするのが大切。

興味のない本や番組であっても、何かの役に立つ可能性はあります。

仕事につながるかは別として、とにかく知識を増やすことから初めてみましょう。


方法2. 話をしっかり聞く

興味がなかったり、面白くないと感じると、話半分に聞いてしまったりしていませんか?

それって実はかなりもったいない!

以外にも必要ではないと思っていた情報があることによって、物事の理解力は変わってきます。

どんなことでも、まずはしっかり聞くこと。

例えば

  • 頭の中で要点をまとめながら聞く
  • 人の失敗談なら、自分だったらどう解決するかイメージする
  • 必ず興味を持って聞く

といったことを意識してみましょう!

特に、自分が経験したことない話であれば、聞いて考えるだけで経験値として蓄えられてGOODです。

人の経験を自分のものにできれば、仕事時間は同じでも周りと差がつけられますよ。


方法3. メモを取ることを習慣づける

飲み込みが早くなるための方法はメモを取る

色んな人に話を聞いて、わかったつもりになっている人も多いと思います。

その一瞬は理解できても、後から思い出せないなんてけっこうあるある。

そこで大切なのが、しっかりメモを取りながら聞くことです。

  • 要点だけをまとめる
  • 全体の流れがわかるようにする

など、最低限ポイントさえ押さえるようにすること。

重要な情報だけが残り、一度説明されたことでもすぐ本質を理解できたりします。

自分だけが理解できれば問題ないので、綺麗に書くことより習慣として身につけましょう。


方法4. 分からないことは、その場ですぐに質問をする

わかったフリはするだけ時間の無駄。

結局後々に効率が悪くなってしまいます。

飲み込みを早くするには、やはり質問をして疑問点を潰していくこと

  • 何がわからないのか具体的に聞く
  • わかるまで何度も質問する
  • 質問する相手を選ばない

これらを意識してみましょう。

そうすれば、話の理解度が上がって、仕事でもスムーズに成果が出せるようになるはずですよ。


方法5. 始める前にシミュレーションをする

行き当りばったりで仕事を始めると、無駄が多くなり時間がかかってしまいがち

スムーズに仕事をこなすためには、一度頭の中でシミュレーションするといいですよ。

  • 上手くいく想定だけでなく、悪い想定もする
  • 一つだけではなく、何通りもパターンを想定する

などを意識するのがポイント。

特に、初めてする仕事などの場合わからないことが多いはずです。

最初にいろいろと考えておけば、作業に対する理解が早く深まって、より効率よく仕事が進められるようになるでしょう。


方法6. やるべきことは後回しにしないで、計画的に取り組む

飲み込みが早くなるための方法は計画的に取り込む

やるべきことを後に回してギリギリになってしまうと、慌ててしまいがち。

思考力が落ち、正常な判断ができなくなるので、計画的に取り組む習慣を身につけることが重要です。

特に最初にプランを練っておけば、無駄なことをしなくなるので、効率が良くなります

周りから見ても

「飲み込みが早い子だな。」

なんて好印象を抱かれるようになるから、ぜひ意識してみて。


方法7. なぜ飲み込みが遅いのか自分の原因を考えてみる

「どうしてすぐ理解できないんだろう?」
「やっぱり頭が悪いのかな…。」

なんて考えていても、何も改善しません。

それどころか、このままの状態でたくさん仕事をこなしても、理解力は高くならないことも。

飲み込みを早くするには、自分の中にある原因を把握して解決すること

飲み込みが遅いのが、”知識がないだけ”なんてこともあったりします。

まずは自分のことを理解するようにしてみましょう。


方法8. 自分より仕事ができる人を参考にする

仕事ができる人と自分の違いは何かを理解し、マネをするのも理解力を高めるのに有効です。

周りを観察する時は、

「なぜそうしたのか?」
「自分だったらどうするのか?」

を考えながら見ると、新しいタスクをこなす時などに観察した人と同じ思考で考えられるようになります。


方法9. 自分で調べる癖をつける

飲み込みが早くなるための方法は自分で調べる癖をつける

周りに教えてもらってばかりでは、本当の意味で自分の知識になりにくいです。

自分で苦労して調べ、考えた方が忘れにくいし、理解度も深くなってGOOD。

  • 気になった瞬間にインターネットで調べる
  • すぐに調べられない場合はメモしておき、寝る前に調べるようにする

など、わからないことが出てきたら、まずは自分なりに考えてみるのが大切。

習慣として自分で調べる癖をつけることで、物事を理解するスピードや思考力が高くなり、結果的に飲み込みが早くなりますよ


飲み込みが早い人を目指してみましょう!

飲み込みが早くなると仕事が早くなり、

  • 出世しやすい
  • プライベートの時間を作れる
  • 新しい作業でも悩むことなく進められる

など、様々なメリットがあります。

ぜひこの記事を参考にして、飲み込みが早い人を目指してみましょう!


よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事