人間関係がうまくいかない5つの原因|人付き合いが楽になる改善方法とは

自分の気持ちが伝わらなかったりすると、人間関係がうまくいかないと悩みますよね。そこで今記事では、人間関係がうまくいかない人の特徴や原因、人付き合いを楽にするための対処法をレクチャー!さらに、人間関係の悩みを解消するおすすめの本も紹介します。

人間関係がうまくいかないと感じる時ってありますよね。

人間関係がうまくいかない原因とは

職場や学校その他。人が生きていく上で人間関係は大変重要なことです。人間関係がうまくいっていれば日々の生活は充実します。しかし、人間関係がうまくいかない人も多いでしょう。

そこで今回は、人間関係がうまくいかない人の共通点や原因、対処法までお送りしていきます。

人生をより良いものにするために、人間関係を改善するためにはどうすればいいのか徹底解説します。


人間関係がうまくいかない人に共通する特徴

円滑な人間関係を築けない人には特徴があります。自己中な性格はもちろんですが、真面目な性格でも実は意外な落とし穴があるのが現実。

ここでは、どのような人が人間関係がうまくいかないのかを取り上げていきます。


特徴1. 頑固な性格で自分の意見を曲げられない

ブレない自分の軸を持つのは良いことです。しかし、自分の考えに固執し過ぎて柔軟性を失い、自分が常に絶対正しいと他人の意見を受け入れられないようになり、周囲からネガティブなイメージを持たれてしまって人間関係がうまくいかない人も。

柔軟な姿勢をとらないと周囲に合わせられません。周りに合わせないと人間関係に支障が出ます。昔ながらの、いわゆる頑固親父タイプと言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


特徴2. 相手によって接し方や態度を変える

好意がある人とそうでない人、または自分にとって利益になる人とそうでない人などを分けて接し方・態度をコロコロ変える人がいます。自分がどのように振る舞えば不利にならないかを常に考えているのです。

このような姿勢があからさまになると、「腹黒い人」という印象を持たれて、他人からの信用が得られにくくなり、人間関係もうまくいかなくなります。

相手によって態度を変えると、人間関係はうまくいきません。


特徴3. 真面目すぎて人に対しても厳しく接してしまう

根が真面目すぎる人は自分に厳しく生きているだけではなく、他人にも厳しくなる傾向があります。

自分が完璧主義なだけに他人にも完璧を求めてしまうのです。些細な過ちを許せない姿勢で人と接すると、周囲が窮屈な気分になり、うっとうしさが出てしまいます。そのせいで人間関係に亀裂が出やすくなります。

【参考記事】はこちら▽


特徴4. 空気が読めず、職場や学校の雰囲気に馴染めない

場の空気が読めない、いわゆるKY。職場や学校など多数の人が集まる場での人間関係は、その時その時の場の雰囲気や流れがあります。

雰囲気や流れを読めない、あるいは読まないと、集団に馴染めず浮いた存在になってしまうのです。

それでも自分はこれでいいんだという気持ちが強い場合、周囲から「扱いにくい人」と思われることもあります。


特徴5. 警戒心が強く、人に対して心を閉ざしている

元来の性格からか、または過去に人間関係のトラブルがあったためか理由は様々ですが、必要以上に警戒心が強い人がいます。他人と比べて自分は劣っているという自己評価の低さを持っているタイプ。

心をオープンにして他人と関わることができないことから良好な人間関係を築くことが困難で辛い気持ちに陥り、ますます心を閉ざしてしまうのが特徴です。


特徴6. 人見知りで人とコミュニケーションを取るのが苦手

大人になっても人見知りという人はいます。人見知りにより他人とうまく密な関係を作れず、それにより人見知りは改善されないままに。

この悪循環により他人とのコミュニケーションをとれずうまくいかない、という特徴を持った人がいます。

いつも失敗を恐れる気持ちが強く、リスクを冒すのを避けたいと思う心理が働いています。

【参考記事】はこちら▽


特徴7. 控えめな性格で自分から話しかけたり出来ない

出過ぎた言動は周りから嫌がられるという昔からの日本の風潮が原因なのか、とても控えめな性格の人がいます。

他人に話しかけることに関しても消極的で、積極性がほとんどない人です。

自己評価が極端に低い・自信がないという心理の表れでもあります。控えめという美徳も度が過ぎると、結果的に人間関係を築きにくくなってしまいます。


特徴8. 人の話にきちんと耳を傾けない

自分のことだけ・自分が言いたいことだけを話して他人の話を聞かないという、コミュニケーションが一方通行の人は、良好な人間関係を作りにくいです。

他人の意見に一切聞く耳を持たないので、せっかく作り上げた人間関係を壊してしまう場合も多々あります。

自己愛を持つのは悪いことではありません。しかし人の意見に耳を傾けないのは、他者を重んじることを疎かにしているので、人間関係はうまくいきません。


なぜか人間関係がうまくいかない主な原因や理由とは

人間関係がうまくいかない場合に考えられること。

それは配慮が足りなかったり、無理なことをしていたり、あるいは考え方が間違っていたり性格的問題などが挙げられます。ここでは主な原因・理由を考察していきます。


原因1. 人との上手な距離感が見極められていない

目の前にいる人が自分にとってどれくらい親密なのか、立場はどのように違うのか、という距離感を見極められないと相手との付き合いはうまくいきません。

例えば、さほど親しくない人に馴れ馴れしくしたり、逆に親しい人が相手でも遠慮が過ぎたり。上の立場の人にズケズケと物申したりするのも良くないですね。相手に不快感を与える場合があります。

人間関係がうまくいっている人は、他者との距離感の取り方が絶妙です。人との距離感をうまく掴めないと、人間関係を構築するのに時間がかかってしまうことも。


原因2. 自分と合わない人とも無理に仲良くしようとする

人間同士、どうしても相性というものがあります。いくら周囲と仲良くなりたいといっても、誰にでも好かれるようにと、無理をしてまで八方美人に振る舞えば自分を苦しめるばかり。

どう頑張っても無理な相手と無理に仲良くしようとすれば当然、人間関係がうまく運ぶというのは無理という結果になります。ストレスも蓄積されて良いことはありません。


原因3. 過去に人間関係でトラウマになるような経験をしている

いじめなど、対人関係で大きなトラブルを経験した人は、それを理由に人間関係に対して臆病になったり億劫になったりしている場合があります。

他人と深く付き合うと、また心に傷を負うようなことをされるのではないかという恐怖心から積極的に人の輪に入っていけないので、どうしても人間関係を作りづらくなるのです。


原因4. 自己肯定感が低く、すぐ人の目を気にしてしまうから

人と比べて「自分は劣っている」と思ってしまう自己肯定感が低い人は、人の目を気にして本来の自分をさらけ出すことが苦手です。

いつも周りからの視線を気にし過ぎて恥をかきたくないという願望も強い傾向。

対人恐怖気味で、不安を取り払おうとするほどかえって不安が増幅されるので、本人としては辛い状態に置かれています。

【参考記事】はこちら▽


原因5. 何事も自分ばかり優先して思いやりが足りないため

誰でも自分が一番かわいいものです。自分を優先させたいのは人情というものです。しかし、それのみに終始して他人への思いやりに欠ける言動をとると、人間関係は途端に難しくなります。

基本的に人間は社会において助け合って生活する生き物。何事も自分を優先させて他者への配慮を怠ると、当然社会における人間関係はうまくいかないことになってしまうでしょう。


人付き合いが楽になるための対処法とは?

これから解説するうまくいかない人間関係を改善して直す対処法は、性格や考え方を改善する方法でもあります。

素直な気持ち、人の話を聞く、笑顔の効用、周囲の人を観察して見極める、自信を持つなど、今日からでも実践できる普遍的な方法です。


対処法1. 自分の素直な気持ちを少しずつ周囲に打ち明けてみる

なぜ人間関係がうまくいかないかという悩みを改善するには、自分のことを少しでも人に知ってもらうのが第一歩です。よく分からない者に対して人は心を開いてくれません。

自分の素直な気持ちをオープンにするというのは勇気が要ります。しかし、周囲に少しずつでも本当の自分の気持ちを伝えていけば、信用が得られてお互いの距離を縮めることができますよ。


対処法2. 人の話はきちんと聞くように意識する

人は誰でも潜在的に「自分の話を聞いてほしい」「興味を持ってほしい」「認められたい」などの自己顕示欲を持っています。

仲を深めたい相手がいるならぜひ、その人の話を聞きましょう。付き合い上手は聞き上手。人の話をよく聞いて、その内容を肯定することができれば、人間関係の悩みは自然に解消に向かいます。


対処法3. 親しみやすいよう日頃から笑顔で過ごすのを心がける

笑顔は最高の表情です。男女問わず愛嬌が大事な時代。笑顔を見せて好まれることはあっても嫌がられることはありません。

笑顔でいることにはさらに良い効果があり、いつも笑顔で生活している人は辛い気持ちになりにくく、性格もいっそう明るくなるそうです。まさに一石二鳥。人間関係の改善に絶対必要な最強の妙薬と言っても過言ではありません。


対処法4. 周囲の人を観察して何を求めているか見極める

円滑な人間関係を構築するためには気配りが大切です。特に職場では、同僚・上司・部下などが何を考えているのか、何を求めているのかを敏感に見極めるべき局面が多々あります。

まずは落ち着いて観察しましょう。他人に興味を持つという意味でも、観察は大事なことです。他人の言動の理由を考えたりするのは、自分の言動を振り返って改善する糧になるはずです。


対処法5. 自己肯定感を高めて、自分に自信を持つ

いつも自己肯定感が高い人は、「自分はやればできる」と考えて積極的に行動します。自己肯定感が低い人は、失敗を恐れて問題を解決しないままにしがちです。

積極的に行動すれば、結果はどうあれ自信を持つことに繋がります。さらに職場や学校でも堂々と振る舞うことが出来るようになり、人間関係が上手くいくようになります。


人間関係がうまくいかない時に読みたいおすすめの本5冊

なぜ人間関係がうまくいかないのかという悩みを、理由から直す方法まで詳細に解説した本を5冊おすすめします。

色あせない不朽の古典から、今の日本社会で問題になっていることを取り扱ったものまで幅広くご紹介。人間関係の悩みが和らぐ本ばかりになってますので、ぜひチェックしてみてくださいね。


おすすめの本1. 『人間関係が「うまくいかない!」とき読む本』樺 旦純

人間関係が「うまくいかない!」とき読む本

頭にきてうまく輪に入れない、気を遣うのもバカバカしい、もっと気の利いたことを言いたい、などの「人付き合いによるストレス」が消えていく本です。

無理をしないほうが好かれる、という著者の主張や、「人間関係のストレスが消えていくヒント」なども掲載。最新の心理学を現場に即して説く分かりやすい内容になっています。

販売サイトで購入


おすすめの本2. 『人を動かす』デール・カーネギー

人を動かす 文庫版

「人を動かす三原則」や「人に好かれる六原則」など、人に好かれて人の心を突き動かすための行動を促す本です。

シンプルで当たり前なことでありながらも、多くの人が実践していないテクニックを多数収録。

特に人を褒める、ということの重要性を説いています。この本を読めば、人を褒めずにはいられなくなるでしょう。褒められて嫌な気分になる人はいないので、人間関係構築に大切な要素が詰まった本と言えますね。

販売サイトで購入


おすすめの本3. 『仕事も人間関係も「全て面倒くさい」と思った時読む本』石原加受子

仕事も人間関係も「すべて面倒くさい」と思ったとき読む本

職場での人間関係が辛い人へ向けた本。仕事が楽しいと思えない、誰とも話したくない、という状況は心が無理をしている!と著者は言い切っています。

相手とのコミュニケーションに違和感を覚えたら、心の距離を取り直して必要以上にお互いの心に入り込まない、という主張を展開。

心を麻痺させず、明るい気持ちになる方法について考える内容になっています。

販売サイトで購入


おすすめの本4. 『自分のちいさな「箱」から脱出する方法』アービンジャー インスティチュート

自分の小さな「箱」から脱出する方法

身の周りの人間関係は全て自分が原因で引き起こしており、「箱に入っている状態」という論で展開されます。

ネガティブな状況において最善の振る舞いをするためにはどうすれば良いのか解説されているので、自分の言動を振り返ったり改善の糸口が見つかったり、気づきが得られる内容です。

販売サイトで購入


おすすめの本5. 『伝わっているか?』小西利行

伝わっているか?

人間関係がうまくいかない人のほとんどは、懸命に自分の思いを伝えようとしている方法に問題点があると著者は説きます。

職場などでなかなか自分の言いたいことが伝わらない人でも、日々の生活が一気に変わる驚異の方法が満載。伝えるのではなく、自然に伝わる方法を執筆しています。

言葉を変えるだけでいいという著者の考えが、ストーリー形式のエンターテインメントで語られている本です。自分の伝えたいことが上手く伝わらないと悩んでいる方は、ぜひ手に取って読んでみてくださいね。

販売サイトで購入


対処法を試して人間関係を円滑にしていきましょう。

人間関係がうまくいかない理由としては、主に「自己中」「真面目すぎる」といった性格が挙げられます。

しかし、これまで解説してきたように、ちょっとした考えのクセを治せば改善するのです。

人間関係の悩みは大変辛いですが、言い換えれば人とのコミュニケーションが円滑になれば生活はとても充実したものになります。ぜひ、良い人間関係を作って良い生活を作り上げていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事