好きな人が冷たい時ってどうする?素っ気ない理由や上手な対処法を解説!

好きな人に素っ気ない対応をされて、お困りの方へ。今記事では、女性が冷たい態度を取る理由や上手な対処法から、NGな対処法まで詳しく解説します。相手の心にきちんと寄り添って、意中の女性と円満な関係を築きましょう!

好きな人が冷たいと感じる男性へ。

好きな人が冷たいを感じる男性

今まで普通に接していたのに、最近なんだか好きな人が冷たくなった気がする。片思いをしている時って、相手のちょっとした態度で不安に感じてしまうもの。とはいえ、好きな人に素っ気なく対応されたときって、どう対象していいか頭を抱えてしまう方もきっと多いはず。そこで今回は、好きな人が冷たい態度をとる理由から対処法まで女性心理に基づいて解説していきます。素っ気なくされてもスマートに対応して、意中の女性と素敵な関係を構築しましょう!


好きな人が冷たい態度をとってしまう7つの理由。

好きな人が貴方へ冷たくするのには、必ず理由があります。ここからは、女性が冷たい態度はとる主な7つの理由をご紹介します。女性側も察して欲しい気持ちがあるので、きちんと相手の気持ちを汲み取ってあげましょう。


好きな人が冷たい理由1. 貴方への好意を隠したいから

好意を隠したくて冷たい態度をとる

好きなのに冷たくしてしまう、いわゆる「好き避け」という行為です。貴方のことは好きだけれど、好きだと悟られたくない。そんな複雑な思いからつい冷たい態度を取ってしまう女性もいます。好き避けしてしまう女性は、恋愛経験が少ない奥手な人が多いです。きっと、好きな男性とどう距離を縮めて良いのか悪戦苦闘をしているのでしょう。


【参考記事】好き避けしてしまう女性心理を解説していきます▽


好きな人が冷たい理由2. 気を引こうとしているから

気を引こうとして冷たい態度をとる

好き避けする女性と同じく、素直じゃない女性はつい冷たい態度を取りがちです。わざと冷たい態度を取って貴方から「どうしたの?」という言葉を待っているのかも。小学生の男子が好きな女の子にわざと意地悪する心理と似ていますね。冷たいツンツンした態度も貴方への愛情表現の一つでしょう。


【参考記事】男性も、ツンデレを上手く使えると恋愛で有利かも▽


好きな人が冷たい理由3. 貴方に対して怒っているから

好きな人が怒っていて冷たい

冷たい態度を取ってくるのは、貴方に対して何か怒りを感じているからかも。すぐに解決できることなら、相手から理由を話してくれはずです。貴方が気づいてくれるのを待っているのですから、速やかに関係修復を行いましょう。約束を破ってしまったり、相手のプライドを傷つけてしまったりなど。まずは相手が怒っている原因を突きとめる事から始めましょう。


【参考記事】ちょっとした一言で、相手をイラっとさせているかも?▽


好きな人が冷たい理由4. 嫉妬しているから

好きな人が嫉妬していて冷たい

好きな人が嫉妬しやすいタイプの女性なら、素っ気ない理由は嫉妬が原因かも。好きな女性の前で、他の女性について言及してはいませんか?貴方に悪気は無くても、女性から見れば面白くないはず。自分の感情を素直に出すタイプなら、プリプリ怒って嫉妬をアピールしているのかも。


【参考記事】嫉妬深い女性の特徴とは?▽


好きな人が冷たい理由5. 相手が距離を置いているから

相手が距離を置いていて冷たい

恋愛経験が少ない女性によく見受けられるのが、相手が勝手に諦めてしまうパターン。お互いに意識していたのに、進展がないままでると、相手が独断で見切りをつけて距離を置いてしまうケースがあります。「もう進展が見込めないなら、この恋はいいや」と不貞腐れモードに突入しているのでしょう。けれど、貴方の対応次第でいくらでも挽回できるので、気付いた際は早めに気持ちを打ち明けましょう。


【参考記事】奥手な女性ほど、恋愛には一喜一憂しやすいもの▽


好きな人が冷たい理由6. 生理が近くてイライラしているから

生理が近くて冷たい

女性特有の生理前のイライラ。生理前になると、ちょっとしたことでも悲観的になったり誰かに怒りをぶつけたくなったりする女性も多いです。もし該当する場合は、感情的にならず広い心で相手のことを受け止めてあげましょう。


【参考記事】女性の生理の見分け方とは?▽


好きな人が冷たい理由7. 単純に貴方のことを嫌いだから

貴方のことが嫌いで冷たい

最悪なパターンは、相手に嫌われて冷たい態度をされる場合。貴方のアプローチの仕方に嫌悪感を感じた、もしくは女性関係で貴方のネガティブな情報を聞いてしまったなど。「私に話しかけないで」という態度を取ってくるなら、しばらく声をかけない方ががベターでしょう。距離をとっている間に反省して、様子を伺いましょう。無理に話そうとしても、火に油をそそぐだけですよ。


好きな人が冷たい時に効果的な5つの対処法。

好きな人が冷たい理由を確認したあとは、上手な対処法をチェックしていきましょう。上手に解決して、相手の事を安心させてあげましょう。


1. 冷たくされても感情的にならない

相手に冷たくされて、感情的になるのは避けましょう。難しいですが、平常心を保って笑顔で接するのを心がけましょう。相手も冷静さを取り戻せば、普通に接してくれるようになるはず。それでも状況の改善が見えてこなければ、違う原因がないか再確認してみましょう。


2. 心配していることを伝える

「なんか嫌なことでもあった?心配してるよ。」と声をかけてみるのも効果的。「なんで冷たいわけ?」とストレートに聞きたいところですが、そこはグッと我慢しましょう。まずは相手を鎮めるためにも気遣う姿勢を見せるだけ。「心配してるよ」の一言で、包容力を感じて相手も素直に理由を打ち明けてくれるかもしれませんよ?


【参考記事】どんな時も器が大きい男性なら、受け止めてくれると女性も安心します▽


3. 会話をしながら様子を探る

相手があまりにも元気が無く、冷たい態度を取り続けるなら「理由」を聞くのは後回しにしましょう。適度に相手を褒めて持ち上げつつ、世間話をして探りを入れてみましょう。会話のキャッチボールすら難しい場合は、しばらく時間を空けてからチャレンジする方が賢明な判断と言えそうです。


4. こまめにLINEしてみる

直接話すのが難しい状態なら、時間を置いてこまめにLINEしてみましょう。時間をおけば、相手も冷静になって心の内を話してくれる可能性大。直接面と向かって話すのが苦手な女性ほど、LINEなら素直に答えてくれるかも。


5. 好意を伝えてみる

冷たい時に好意を伝えるのは逆効果に見えますが、女性はが悩んでいる時、解決より安心を先に求める傾向があります。そのため、貴方がその女性をどう思っているか言葉に出してみるのが効果的なパターンも存在します。「好き」と伝えなくても、「大事な存在だから放っておけない」程度に好意を匂わせると相手に思いは伝わるはずです。


好きな人が冷たい時にNGな3つの対処法とは?

最後に、好きな人が冷たい時にやってはいけなNGな対処法について解説します。つい無意識にしている男性もいらっしゃると思うので、しっかり注意しましょう。


1. 同じく冷たい態度を取る

相手から冷たい対応を受けて、同じく冷たくするのは“大人の対応”とは言えません。喧嘩腰になって貴方までイライラした態度を取れば、関係が余計に悪化してしまう可能性も。理由も分からず、急に冷たい態度を取られても、ここは男らしくグッと耐えましょう。


【参考記事】すぐにイラっとすると、器の小さい人だと思われます▽


2. 「なんでそんな冷たいの?」と面と向かって聞く

ストレートに理由を訪ねるのも、意外とNGな対処法。相手の気持ちに寄り添わず、土足で相手の心へ入っていくのと同じです。人によっては「なんで怒っているかも分からないの?」と呆れてしまう恐れも。思ったとしてもストレートに言わず、オブラートに包むようにしましょう。


【参考記事】本当に優しく接するなら、相手の気持ちにきちんと寄り添ってあげましょう▽


3. 放置して様子をみる

「どうせそのうち機嫌なおるでしょう」と放置するのもNGな対処法。問題解決ではなく、それでは面倒事から逃げているだけです。しっかり相手の女性と向き合って、少しでも早い問題解決に努めましょう。


好きな人が冷たい時でも、謙虚な姿勢を忘れずにいたい。

好きな人が冷たい理由や上手な対処法

好きな人が冷たい態度をとるのには、きっと何かの理由が存在します。男性の場合は、すぐに理由の解明をしたいところですが、まずは相手へ寄り添う態度をアピールしないと、女性はさらに心を閉ざしてしまうもの。焦らず真摯に向き合って、好きな人の悩みをきちんと解決し、円満な関係を築きあげましょう。


【参考記事】ここぞという時に、包容力を発揮できるのがモテる男▽


【参考記事】女性の中には、本音を話すのが苦手な人も多いです▽


【参考記事】いい男は、好きな人を不安にさせないもの▽


お気に入り

注目の記事

関連する記事