裏切られやすい人の特徴|裏切る人の共通点や見分け方とは?

裏切られやすい人の特徴を知りたい人へ。本記事では、裏切られやすい人の特徴や診断方法から、裏切りやすい人の共通点や見分け方まで解説します。

裏切られやすい人の特徴|性格や考え方の共通点とは?

裏切られやすい人の特徴

「私って騙されやすいタイプ?自己診断したい!」

「裏切られやすい人にはどんな共通点があるの?」

なぜか騙されやすくてすぐに裏切られてしまう人は、周囲に一人くらい入るのではないでしょうか。

ここからは、裏切られやすい人の特徴や共通点を詳しく解説します。

「自分って裏切られやすいかも?」と気になった方も、ぜひ自己診断してみてくださいね。


特徴1. 素直で人を疑わない

人に貸したお金がなかなか返ってこない時、「もう返す気がないんじゃないか」と疑う人は多いもの。

しかし素直で人を疑わない人は、「次に会った時に返すから!」と言われると、本当に「返してもらえるんだ」と信じてしまいます。

相手から言われたことをそのまま受け入れる傾向にあるので、嘘をつかれたりごまかされたりしているとは夢にも思いません。

相手から「この人は何を言っても信じてくれる」と思われるため、裏切り行為をされやすいのです。


特徴2. とにかく優しすぎる

優しすぎる人は、めったなことでは怒りません。

明らかに嘘をつかれたと分かった時でも、笑って「いいよ、気にしてないよ」寛容な態度で許してしまいます

「過ぎたことは仕方ない」「謝ってくれたからそれで良い」と考えるため、相手を責めることがありません。

しかし、時にはその優しさを利用されてしまい、不誠実な人やすぐに嘘をつく人から何度も狙われてしまうのです。


特徴3. 恋人に依存してしまう

恋人ができるたびに、恋人中心の生活になってしまう人もいますよね。

「週末は必ず家に来て」と言われると、自分の都合や友達との付き合いを全て犠牲にしてでも恋人の言う通りにするでしょう。

自分の軸や考えを持たず、なんでも相手の言うことを信じて合わせるため、他人から簡単にコントロールされやすいのです。

そのため、恋人に依存しがちな人は、裏切りにも遭いやすいタイプだと言えるでしょう。


特徴4. 幸せオーラを出しすぎてしまう

幸せそうな人を見ると、足を引っ張ったり陥れてやりたいと考えたりする人がいるのも事実。

「宝くじが大当たりした!」と言いふらしていると、そんな人たちは素直に祝福できず「あいつばっかり良い思いをしてずるい」と考えます。

嫉妬心がイライラに変わり、「騙してやろう」と思われることも。

妬みや怒りを買ってしまい、裏切って嫌な気持ちにさせたいと思われてしまうのです。


特徴5. 正義感が強すぎて敵が多い

曲がったことが嫌いな性格で、いつでも正論を言ってしまうのも裏切られやすい人の特徴です。

例えば同僚がサボっている現場に遭遇した場合、正義感の強い人は「仕事中にサボるのは良くないと思うよ」と注意をしたくなりますよね。

しかし、言われた側にとっては面白くないので、思わずイライラしてしまうことも。

目障りな存在だと疎まれやすいため、「騙してやろう」と悪だくみされてしまうでしょう。


特徴6. 弱みを曝け出しすぎる

困ったことや悲しいことがあると、いつも誰かに話を聞いてもらっていませんか。

「彼氏が浮気しているみたいで心配なの」

「仕事でミスが続いて凹んでいる」

など、自分の弱みをありのままさらけ出してしまう人も多いはず。

しかし、騙す人間にとっては弱みがあるのは隙があるのと同じです。

誰彼構わず弱い面ばかりを見せていると、弱みに漬け込まれて裏切られてしまうのです。


特徴7. 義理堅く、誠実さを大事にしすぎる

なぜか、誠意をもって対応するほど裏切られてしまう人もいるでしょう。

そんな人は、

  • 上司の顔は常に立てないといけない
  • 目上の人に恥をかかせてはいけない

など、義理を人一倍大切にしている人もいるかもしれません。

裏切られる可能性に気付いていても、義理を貫くべきという価値観を持っています。

そんな誠意のある姿は、時として性格の悪い人から良いように使われてしまい、裏切られてしまうのです。


特徴8. 明らかな嘘も信じてしまう

裏切られたと分かったら、「まさか!」というよりも「やっぱり」という気持ちが大きい時もあるでしょう。

「典型的な詐欺のパターンだ!」と感じたとしても、「いや、嘘をつかれているはずはない」と自ら疑う気持ちを振り払ってしまいます。

じっくり考えて適切な判断をする前に、何でも信じ込もうとしてしまうのです。

そのため、口が上手い人からは簡単に裏切られてしまいますよ。


特徴9. 責任感がなく人のせいにしがち

自分の非を素直に認められない人もいるでしょう。仕事でミスをした時、

「この指示が分かりにくかったから」

「教えられた通りにやっただけです」

など誰かのせいにしてしまった経験はありませんか。

そんな人は、自分は悪くないと思ってしまう性格のため、人の反感を買いやすい傾向にあります。

周囲の人の恨みや復習心を掻き立ててしまい、その結果裏切られてしまうのです。


特徴10. 自分の意見を主張するのが苦手

なんとなく周りの流れに合わせて行動してしまうこともありますよね。

  • 飲み会は一次会だけでも十分だけど、みんなが二次会に行くならなんとなくついていく
  • 本当はのんびり過ごしたくても、遊びに誘われたら断れない

このように、意見を主張するのが面倒に感じて流れに身を任せた経験がきっとあるはず。

そんな人は、相手の言う通りに行動する傾向にあるため、「気が付けば裏切られていた」なんてケースに陥りやすいですよ。


特徴11. すぐに人の顔色や反応を伺う

相手の些細な言葉や行動が気になって仕方がない人もいるでしょう。

  • 目の前で黙り込んでいる人がいると、「何かしちゃったのかも」と気になる
  • LINEの返信がなかなかないと、変なことを送ってしまったのではないかと何度も見直す

このように、自分の行動が原因で嫌われてしまったのではないか、必要以上に心配した経験があるはず。

そんな人は、相手に嫌われたくない気持ちが人一倍強いため、良いように利用されやすいのです。


特徴12. 自分に自信がなく悲観的

それまで仲が良かった友達から裏切られるのは、あなたの性格が原因かも。

  • 「どうせ自分なんて…」が口癖
  • 「私ブスだから」と自虐ネタをよく言う
  • 「きっと自分にはできっこない」とやる前から何でも諦める

このように、自信のなさが態度や行動に表れていませんか。

そんなネガティブな性格の人は、ポジティブな言葉をかけることで簡単に騙せてしまうのです。

ネガティブ発言のしすぎは要注意ですよ。


裏切る人の特徴や心理|共通点から見分け方を理解しよう!

そもそもどうして人を裏切る人がいるのでしょうか。

裏切る人の特徴や理由が分かれば、悲しい思いをさせられる前に見分け方が分かり、避けられるようになりますよ。

ここからは、裏切る側の共通点や心理を解説します。


特徴1. 一見愛想が良くておしゃべり好き

悪意をもって人を裏切る人は、表面的には人当たりが良くて人付き合いがうまいタイプが多い傾向にあります。

誰に対しても愛想がよく、トークも上手です。

一見すると、裏切りそうもない人柄だと言えるでしょう。

しかしそれは、初めから「相手を良いように使ってやろう」という気持ちがあるからなのです。

愛想を良くすることで相手を油断させようというのが裏切る人の心理です。


特徴2. 自己中心的な言動が多い

裏切る人は、基本的には「自分さえ良ければあとは気にしない」と考えています。

そんな考えが態度や行動に表れるようになると、平気で人を見下した態度や発言をしたり、悪気もなく嘘をついたりするでしょう。

例えば、食事に行く約束をしていても、直前に行く気がなくなったら自分の気持ちを優先させて平気ですっぽかします。

いつでも自分の利益が最優先なので、自己中心的な行動を繰り返すのです。


特徴3. すぐに他人を妬む

嫉妬心が強く、すぐに他人を妬む人は、自分より優秀な人を素直に認めることができません。

追いつくために自分が努力をするのではなく、相手を落として自分を上げようと考えます

例えば、職場で自分より出世している同期に対しては、協力するふりをしてわざとミスをするように仕組むこともあるでしょう。

「足を引っ張ってやりたい」という心理から、裏切り行為をすることがあるのです。


特徴4. 長いものに巻かれがち

権力のある人や、影響力が強い人と一緒にいると、自分も美味しい思いをできることがあります。

自分が少しでもそんな人たちと関係を築くためなら、何を犠牲にしてでも取り入ろうとするでしょう。

例えば、今までさんざん上司の悪口を言い合ってきた仲でも、自分の出世が近くなると急に上司と仲良くし始めます。

人間関係を損得で捉えているので、付き合う相手は自分が利用できそうな人を選んでいるのです。


特徴5. 大好きな自分が一番大切

自分のことが可愛くて仕方がない人は、周囲の人のことなど眼中にありません。

自分を守ることが一番大事なので、他人を平気で傷つけたり嫌な思いをさせたりできるのです。

そのため、自分が上手くいっていたり、現状に満足していたりする場合は、すすんで他人を裏切ることは少ないでしょう。

初めから騙してやろうと企むよりは、自分を守るために結果的に相手を騙したり裏切ったりするタイプです。


特徴6. 八方美人でええかっこしい

他人をすぐに裏切る人のなかには、周囲からどう見られているかを常に気にしている人も少なくありません。

自分なりの確固とした考えがなく、「誰にでもよく見られたい」という心理からすぐに相手の調子に合わせます

Aさんの前ではBさんの悪口を言い、Bさんの前ではAさんの悪口を言うなど、一貫性のない言動が目立つ傾向にあるでしょう。

自分の信念や軸を持っていないため、その場しのぎの行動をしているうちに他人を裏切ってしまうのです。


裏切られた時の対処法|どのような考え方や接し方をするべき?

「裏切られたらどう対応したらいいの?」

「関わり方で気を付けることを知りたい!」

信じていた相手から突然裏切られたら、ショックですし悲しいですよね。

裏切られた後の関わり方を間違えると、かえって傷つく結果になることもあるので要注意。

毅然とした態度で冷静に対応したほうが早く立ち直れますよ。

ここからは、裏切られた時の対処法を紹介します。


対処法1. 直接話し合って解決する

相手が裏切った理由を知ることで、謝ってもらえたり、今後は良好な関係が築けたりする可能性があります。

直接話をすることができるなら、連絡を取り合って会う日時を決めましょう。

  • どうして裏切ったのか
  • 裏切られて、自分がどう感じたか

などを面と向かって話すことで、お互いの気持ちがよく分かるはず。直接思いを伝えることで、相手が心を入れ替えるかもしれませんよ。

裏切られた時に、最も平和的に解決できる方法だと言えます。


対処法2. 友人や上司など第三者に相談する

裏切られたことに対してまだ心の整理がつかない場合は、自分一人で対処しようと思っても上手くいかないもの。

どんどん怒りやショックが大きくなってしまい、感情的になってしまうことがあります。

そんな時は、友人や上司など、信頼できる第三者に相談してみるのもおすすめの対処法です。

客観的な意見を聞くうちに冷静さを取り戻し、気持ちの整理ができるでしょう。

裏切った相手に対してどうしたいのか、しっかり考えて今後の対応を考えられますよ。


対処法3. キッパリ諦めて深追いはしない

他人を裏切る人は、何度も裏切り行為を繰り返している可能性があるのも事実。

今後も付き合いを続けていても、また裏切られるかもしれないのです。

縁を切っても構わない相手であれば、きっぱり諦めて深追いはしないのも一つの対処法です。

最初は悔しい気持ちでいっぱいになるかもしれませんが、時間が経てばだんだん落ち着くはず。

「また裏切られるかもしれない」疑心暗鬼にならずにすむため、長い目で見ればメリットが大きい方法です。


対処法4. やられた分はやり返す

平気で他人を裏切る人は、裏切られる側の気持ちや辛さを考えられていない場合が多くあります。

そんな相手に対しては、裏切り行為をそのまま返すのも効果的な対処法です。

自分が相手に与えたショックや悲しさを実際に味わうことで、どれだけひどいことをしてしまったのか気付けるはず。

自分の行いを見つめなおすきっかけになるため、反省して心を入れ替える人もいるでしょう。

逆上される可能性もゼロではありませんが、「同じ気持ちを感じてみてほしい」と思うなら試してみるのもおすすめです。


対処法5. 自分にも落ち度がなかったか思い返してみる

裏切られたことに気が付いたら、相手を責める気持ちが大きくなってきて、怒りや復讐心でいっぱいになることがあります。

そんな時は、一旦自分にも悪いところがなかったか振り返ってみるのが効果的。

「あの発言が相手を傷つけたのかも」

「もしかしたら、相手も裏切られたと思っているのかも」

など、自分を見つめなおすことで、落ち着きを取り戻せるかもしれません。

裏切り行為に繋がるきっかけに思い当たる可能性もありますよ。


裏切られないようにする方法|日頃から気をつけることは?

「もう人から裏切られるのは嫌だ!人間不信になりそう!」

「裏切られないためには、どんなことに気を付けたらいいの?」

信じていた相手から裏切られる経験は、できれば二度としたくないものですよね。

では、どんなことに気を付けていると裏切られにくいのでしょうか。

ここからは、人から裏切られないようにする方法を紹介します。


方法1. 自分の目標を見えるところに書いておく

意志が強い人は、嫌なことをされた時にしっかり「NO」と言えるため、騙されにくくなります。

すぐに自分の考えを曲げたり、意見をコロコロ変えたりする人は、まずは強い意志を持つことから始めるのがおすすめです。

どんな内容でもいいので目標を立てて、

  • 自室の壁
  • キッチンの冷蔵庫
  • スマホの壁紙

など、毎日目に入る場所に掲げましょう。

「決めたことはやり抜くぞ!」という強い気持ちをキープできるようになれば、流されて裏切られることもなくなりますよ。


方法2. 「やってくれたらラッキー」くらいに思っておく

「何でもやってもらうのが当たり前」と思っているうちは、自分の思い通りにならなかった時に裏切られたと感じてしまいます。

相手への期待値を下げることで、一方的に期待して裏切られることはなくなりますよ。

  • 体調を崩したら心配してお見舞いに来てくれるはず
  • 頼みごとをしたらいつでも引き受けてくれるはず

などの考えは改め、「してもらえたらラッキー」くらいに考えておくと良いでしょう。

過度な期待をしなくなることで、裏切られたように感じることもなくなりますよ。


方法3. たくさんの人と関わって、人の本質を見抜く能力を身につける

他人を裏切る人は、優しかったり人当たりが良かったり、人から好かれやすい性格を装っていることが多いです。

人の本質を見抜くことができれば、表面上の性格に惑わされることなく、相手の本当の狙いに早い段階で気付けます。

裏切る人の見分け方を身に付けるには、とにかくたくさんの人と関わって、様々な経験を積むのが効果的。

「どんな考えを持っていて、どんな行動をとるのか」が見えてくるため、平気で他人を裏切る人を事前に避けられるようになりますよ。


方法4. 「でも」など否定的な言葉を使わないようにする

他人の考えや意見を否定してばかりいると、知らないうちにたくさんの敵を作ってしまいます。

「だって」「でも」など否定的な言葉が口癖なのは、自分と異なる意見を素直に受け入れられていない証拠。

そんなつもりはなくても、相手に「自分の意見を聞いてくれない人だ」と感じさせます。

相手の意見を聞いたら、「確かにそういう見方もあるよね。でも~」と、まずは受け止める姿勢を見せましょう。

なるべく敵を作らない言動を心がければ、裏切り行為のターゲットにされにくいですよ。


方法5. 利益を与え続けられるように努力する

他人を裏切る人は、損得勘定で付き合う相手を選んでいるケースがよくあります。

裏切られやすい人から脱却したいなら、相手に対してより多くのメリットを与える人になるのも一つの方法です。

  • 場を盛り上げるトーク力を身に付けて、周囲の人を楽しい気持ちにさせる
  • カフェに詳しいなら、最近できたカフェの情報やおすすめ店などを積極的に教えてあげる

など、周囲の人が嬉しくなるような行動を増やしてみましょう。

「一緒にいると良いことがある」と思わせることで、裏切られなくなりますよ。


裏切られやすい性格を抜け出して、平和な人生を送りましょう!

他人から裏切られやすい人は、その性格や考え方が原因になっていることが多いです。

裏切る人は相手を見て選んでいるため、そういった原因があると何度も裏切りに遭うことも。

裏切られてばかりの人生は悲しいですし、人間不信にもなってしまいますよね。

自己診断で「裏切られやすい人」に当てはまった方は、今記事の内容を参考にして、他人に騙されない平和な人生を送りましょう。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事